生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

国土地理院 「地理院地図3D」 

20140320-1_201403202104306c9.jpg

国土地理院3D地図サイト

昨日19日、国土地理院が日本全国どこでも3Dで表示できる機能をサイト上にリリースした。
最初に2Dで目的の地図を表示させて3D化ボタンを押すだけ。
PCのグラフィック処理能力によっては少し待たされた後、
地形図が3Dで表示される。
マウスで自由に拡大・縮小・回転が行える。
地形の3D表示は、グーグルをはじめ、カシミール3Dなんかでも
昔から実現できており、今さらあえておどろくような機能でもないかもしれないが、
あの唯一無二の正確な地形図を提供している国土地理院が提供しているので
3D表示もさぞ精密なことだろうと思う。
いま流行りの3Dプリンターで出力できるデータがダウンロードできるのは新時代的である。

20140320-2_2014032021043266a.jpg
まずは2次元地図で目的の地図を表示させる。(例:金剛山)

20140320-3_201403202104339e2.jpg
3次元化ボタンを押すことでマウスで自由に動かせる立体図となる。
金剛山(左)と葛城山(右)の間の水越峠の落ち込みがきびしい。。(≧∇≦)
Check [ 2014/03/20 21:07 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(4)
いつも国土地理院の測量行政に、ご理解いただきありがとうございます。
いや〜
こんな日陰の測量って分野に日を当てていただきありがとうございます。
ちなみに、3000m上空から撮影された写真も見ることができます。
滝畑ダムがなかったり、外環がなかったり、PLの塔しかなかったり、古い写真ですが、きっと新しいワクワクがありますので、どうぞ測量という地味ですが縁の下の力持ち的な成果を是非楽しんでみて下さい!!
泣けてきました(≧∇≦)
[ 2014/03/20 23:23 ] [ 編集 ]
いやーこれは画期的ですよね。
私もアクセスしてみたんですが、まだ辿りつけてません。
[ 2014/03/21 05:56 ] [ 編集 ]
測量士さんでしたね。
太古の昔から、どうやってあんな正確な地形図が描けたのか関心しきりでいくら考えても方法がわかりません。
現在は航空機からレーザーを当てて凹凸を読み取ってるみたいですが。
そんな昔の空からの写真も見ることが出来るのですね。
さっそく探してみます。
地図は眺めているだけでいろんな発見があって楽しいです。
いつまでも眺めていたいです。
[ 2014/03/22 23:02 ] [ 編集 ]
nikkor14dさんならどういう利用をされるのでしょうか。
3Dプリンタも安くなってきましたので、家庭用の普及機が出たらいろんな山をモデリングしてみたいです。
[ 2014/03/22 23:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
自分とのたたかい
カウントダウンタイマー
第43回チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ