生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

ティ・アール・エイ 『cheero Power Plus 2』 

20140304-1.jpg
cheero Power Plus 2    ★しっかりしたポーチやUSBケーブルも付いてくる



cheero(チーロ)」シリーズとは
機械部品の商社として約20年前から中国でのモノ作りを行っていて
大手の日本のメーカーへ納入してきた実績があり、
品質に対するこだわりがある日本の会社、ティ・アール・エイ株式会社が運営している
USBモバイルバッテリーのブランドで、ネットでは超有名である。
ダンボール箱を模したデザインのダンボーモバイルバッテリーもcheeroである。

もし、山で道迷い、転落、怪我等によって歩行困難となる遭難に至るようなことがあって、
スマホの電池が無くなったりしたら?→iPhoneなら5回(5日分)充電できます。
ヘッデンの電池が無くなったりしたら?→連続点灯一週間以上のLEDライト付いてます。(実験済み)
そう考えるとこれから紹介する製品は立派に山グッズ認定ということでよろしいでしょうか。(^^ゞ

スマートフォンは就寝前に充電器に繋いで電源をオフして眠りにつく。
電源オフにするのは充電に専念させるため。(電池の寿命にも貢献)
電源が入ったまま(消費しながら)充電するっていうのはなんだか落ち着かなくて。(^^ゞ
でもって、朝起きたら電源オンして電池残量100%から一日のスタート、という使い方。
この方法だと電池にも負担が少ない上にiPhone5sの場合は丸一日十分持つ。
電源オフして寝ている間にもし緊急地震速報などが入ったらどうするのか?
それはそれでまた別アイテムがある。

20140304-2.jpg
3セグメントの残量表示

iPhone5sにしてからは電波オンの状態で圏外の多い山中に一日中居ても
その日は夜まで電池が持つので、電池切れを心配することがなくなった。
コンセントが無くて困るような場所への長期出張や外出はめったに無い。
旧SANYOのエネループのラインナップで、現PanasonicのUSBモバイルバッテリーで
2年くらい前に買ったものを持っていて、無接点充電対応などで5,000mAhの容量で5千円もした。
これまでもあまり出番がなかったので、まだまだ現役で使えるわけではあるが、
5,000mAhだとiPhoneのフル充電でぎりぎり2回は無理ぐらいの容量。
考えてみると、USBモバイルバッテリーが常にフル充電状態にしているとは限らない。
スマホへの継ぎ足し充電を時々やっていると、
残量がヒトコマくらいになったところようやくフル充電をしたりするので、
5,000mAhの容量だと本当に必要となってフル充電したいときに残量が足らなかったり。

20140304-3.jpg
iPhone5sとの大きさ比較

そこで、巷のYouTuberからもコスト対品質で絶賛されているcheeroシリーズの最高峰、
10,400mAhの大容量で2.1アンペアというiPadなどのタブレットも充電できる出力ポートも備える。
iPadなどのタブレット機はバッテリー容量が大きいので、急速充電するには十分な出力が必要である。
1アンペアとかだと給電パワーが足らなくて充電すら行われないというわけ。
この大容量にはとても安心感があるが、残量が少なくなってくるとただ重たいだけである。
そうこうしていると、YouTube「カレーですよ」のはぴいさんが小さいほうをレビューされていて、
これホント買って良かった~、って、えらい嬉しそうにレビューされていたのにつられ、
小さいほうもすっかり欲しくなってしまったので、ポチっ!
しかもまたまたゴールド。
ちょっとしたきっかけが気づきとなったりして影響を受けるものだなぁと思った。
ちなみに本体色の”ゴールド”というのはまったく趣味ではない色である。
本来ならシルバーかブラックにしたいところであったが、はぴいさんの影響と、
ゴールドのほうは最近になって追加された新色なので中身の電池も生産ホヤホヤの気がするから。

Cheeroは家電量販店のヤマダ電気やビックカメラ店頭を探したが扱ってなかった感じ。
そうなるとやっぱりAmazonで買うのが手っ取り早い。
後から引き落としされるのがアイタタではあるが。

ところでこれらcheeroには白色LEDライトが内蔵されている。
残量確認スイッチをダブルクリックすることで点灯・消灯ができる。
ただし照度は低いのでオマケ的な機能ではあるが暗闇を照らして歩けるくらいは明るい。
先日の漆黒の闇の中の金剛山の下山で、このライトの明かりのみで歩いたがまったく問題はなかった。
LEDライトは大きい方のcheeroが白色とすると、miniのほうは昼光色という感じで少し黄色っぽい。
LEDの粒の大きさがそれぞれ異なるが、miniのライトのほうが明るいと思った。
たとえ家の中でも暗闇の中を手探りでcheeroを捕まえてライトを点けれるというのは便利すぎる。
いつどんな時でも手元に置いておけば1台2役なので決して無駄にはならない。
なんといってもこの容量、品質でこの価格は非常に魅力である。

※某有名メーカーの7,000mAhの製品だと7,000円もする。

さらに、マイクロUSBコネクタのUSBケーブルとポーチも付属している。
このポーチはオマケ程度の100均品質な安っぽさかと思いきやなんのその出来が良い。

「cheero Power Plus 2」
 容量:10,400mAh
 重量:290g
 目安:iPhoneだと約5回充電可
 実勢:3,330円(2014.2.29 現在 Amazon)

「cheero Power Plus 2 mini」
 容量:6,000mAh
 重量:160g
 目安:iPhoneだと約2.5回充電可
 実勢:2,550円(2014.2.29 現在 Amazon)

ついでに充電ケーブルの話。
iPhone用のLightningケーブルは純正品もサードパーティー製も非常に高い。
Apple社の認定品でない充電できないような仕掛けのチップが内蔵されているためである。
そこで、Andoroid機用に広く普及しているマイクロUSBケーブルであれば安いし、
cheeroにも付属しているので、先っぽに取り付けるLightningコネクタ変換アダプターを
買うだけで安く上がるうえにAndoroid機やモバイルWiFiルータの充電にも使えるので完璧だ。
20140304-6.jpg
ちっこいほうもポチってしまった!(@@;

20140304-5.jpg
大小を並べるとこんなかんじ。

20140304-4.jpg
充電ポートは小さいほうであっても2.1Aを確保!

20140304-7.jpg
LEDライトを点灯させるとminiのほうが黄色みがあって、何度テストしてもminiのほうがあきらかに明るかった。

迷ったら、二つとも買え!」ですね!


▼下のamazonリンクは、ボタンではなく写真のほうをクリックすれば色もいろいろ選べて迷えます!







Check [ 2014/03/04 20:50 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(6)
焚火で充電するグッズが欲しいなぁ〜
なんて考えていた矢先の、山版通販生活(≧∇≦)

安っ(≧∇≦)

またiPhone4Sなので欲しいです。
どうしても充電切れになっちゃうので、、、

山頂で、つぶやきたいだけですが(笑)
[ 2014/03/04 21:32 ] [ 編集 ]
さっそくのコメントありがとうございます。
「バイオライトキャンプストーブ」のことですね。
あまりにも変わり種なので私も買う動機を考えたのですが、火遊びは危険ということと、充電の勢いを考えると、キャンプならともかく山登りでは使えないと判定しました。
LEDライト付きなのも買いの決め手になりました。
[ 2014/03/04 21:45 ] [ 編集 ]
木曜日には届くようです。
金曜日には東京出張に行くので・・・
大きい方の、シルバーです。

さすがに両方は・・・(笑)
[ 2014/03/05 12:55 ] [ 編集 ]
なんだかこばちゃんの財布を緩めさせてばかりで申し訳ないです。
満足いただければいいのですが。
シルバーはアルミ本来の色でイイですね!
この時期、冷たいのが難点です。(^^ゞ
でかいほうをフルに活用できるような大きな旅行がしたいです。(≧∇≦)
[ 2014/03/05 19:57 ] [ 編集 ]
3,330円は安いですね。
更にコンパクトに、ケーブルなどいらないようになれば、言うことないんですが。
[ 2014/03/07 20:46 ] [ 編集 ]
この容量にしてはかなり安いですし、安かろう悪かろうではない点はかなり評価できます。
ケーブルが巻取り式で内蔵していればってことですね。
naminoriさん、バッテリー持って行かれてケーブルを忘れられた山行きがありましたね!
予備も含めて長さの違うケーブル2本とバッテリーと一緒にセットにしておくのがベストかもです。
[ 2014/03/09 20:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ