生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第346回 + 生石ヶ峰 (2014.2.22) 

20140222-0.jpg
生石ヶ峰(生石高原)にて

【動画編】


生石ヶ峰は思っていたより残雪があって二座目にしてはたいへんだった。

【ルート】
 <金剛山>
 登り:寺谷ルート
 下山:ババ谷ルート

 <生石ヶ峰>
 札立峠付近より
 登り:ハイキングコース
 下山:舗装路

【今日の狙いどころと結果】
 ・ドーシェルのパンを買う →達成
 ・森のパン屋さんのパンを買う →達成
 ・生石高原でパンを食べる →達成

かつてはバイクツーリングの目的地、経由地としてたびたび訪れた山奥のパン屋さんは健在だった。
久しぶりに食べるドーシェルのパン、森のパン屋さんのパンは本当に美味しかった。
こんなパン屋さんが近くにあればなぁと思うが大阪には無いんじゃないのかな。
ここに来てといつも思うのは、店っていうのは立地じゃないなぁと。
遠くて不便なところでも他府県からひっきりなしにやってくる。
わざわざ足を運びたくなる理由がそこにはあるのだ。

午前4時。
起きるのつらい、寒いのイヤ。。今日は山やめてゆっくり温かい布団で寝ていたい・・。
毎週こんな葛藤の繰り返し。
しかし、それに甘んじてしまうと外がすっかり明るくなった頃に無駄にした朝の時間を悔いるのが目に見えている。
だからがんばって起きよう。
途中の道路脇の電光表示はマイナス3℃。
金剛山ババ谷駐車場。
暗くてやっぱり寒い。路面は凍結。
車を下りた瞬間からチェーンスパイクアイゼンを装着。
百ヶ辻を通りかかると、毎日登山の常連さんの車ですでに一杯であった。
常連さんはそろそろ下山モードで一目散に下山をはじめていることだろう。
こんな時間でもポツリポツリと登ろうとしている人がいる。
すっかりカラダの暖機運転が完了して調子が出てくると、あんなに寒いと思っていた山が暖かく思えてきた。
行動してみないとわからないものだ。
先週のドカ雪の残雪がモナカ状になって表面だけが固くなった雪になっている。
寺谷ルートの途中、雪の重みで倒れたと思われるかなり大きな杉が登山道を塞いでいた。
倒れた当初は大きく巻いて迂回していたようだが、どなたかが枝を切り落としてくれたみたいで
鉄格子のように下向きに出ていた枝が無くなり、くぐることで通行ができるようになっていた。
山頂7時過ぎの気温はマイナス6℃。

20140222-0.gif

山頂でシネマグラフを撮影していたら、急激にカラダが冷えてきたのですぐに下山開始。
文殊尾根で小野寺昭改めヤマレコのexigaさんと遭遇。最近は本当によくお会いする。
穏やかな笑顔で優しそうな方である。
下山完了が8時前。
車を走らせ外環から阪和道へ。
空港バスなどは貝塚ICから阪和道に乗るが、岸和田ICのほうが少し逆方向であるが
乗っかるまでが近いのでそちらへ向かう。
テクノガーデンだったか工業団地の中を走っているとひときわ大きな施設が建設中だった。
気になったので確認してみると、ららぽーとができるみたい。
ららぽーとというと東京は京葉線の船橋にある船橋ららぽーとが超巨大だったのが印象深い。
今ではふなっしーですっかり有名になってしまっているが。
岸和田SAに立ち寄って有名な「コーヒーランド」を買おうとするも売り切れ。
紀の川SAでは「コーヒーランド」が買えたが岸和田のとはまた違うらしい。
しかしこれからもっと本格的なパン屋に行くのにSAでパンを買っている場合か?!
海南東ICで着陸し、高野山のほうへ向かってひた走り、釜滝の「ドーシェル」に到着は10時過ぎ。
5年以上ぶりくらいに来たけど良い意味で変わってなかったのがうれしい。
新しいパンも登場していたが、昔、気に入ってずっと食べていたパンたちもあった。
天然酵母なのはもちろん、素材や材料に徹底してこだわった作りはどれひとつとて手ぬきなし。
10種類ほど購入。
山で食べようと思っていたが、我慢できずに2つほど食らいついてしまった。(≧∇≦)
久しぶりに食べてみたら、やはりパンの概念が覆るほど美味しかった。
ドーシェルのパンを頬張りながら生石ヶ峰の登山口へと移動。
無料駐車場に車を止めて歩き出すも、案内板を見て愕然。
生石ヶ峰(生石高原)まで3時間半から4時間もかかるコースタイムである。
高低差は700m。
金剛山登山の後にしては時間も体力も厳しすぎるので数百メートル歩いて車まで引き返し。(^^ゞ
中腹からの約2.1kmを登ることにしたが、せっかくなので途中に通る「森のパン屋さん」にも立ち寄り。
昔は「森のトトロ」という名前でやっていた頃からよく行った。
昔食べた牛タンビーフシチューの味が忘れられない。どれも絶品!
当時は地図も詳細なものがなくて見つけるのに苦労したものだ。
道が細くてバイクでないと行きにくい山の中であることは今も変わりない。
久しぶりに訪れた森のパン屋さんもぜんぜん変わってなかった。
もとシェフだったオーナーが、娘さんのために空気の綺麗な
和歌山の山奥に移り住んでパン屋とカフェを初めてかれこれ10年以上。
ビーフシチューやピザも絶品であるが、今回はパンをあっちでもこっちでも買いすぎてるので断念。
森のパン屋さんでも5種類のパンを購入。
それぞれの店あわせて計3千円ほども買い込んでしまった。(≧∇≦)
なかなか簡単に来れる距離じゃないのでね。(^^ゞ
さて、再び車を走らせて生石高原のほうへと向かう。
札立峠の分岐を過ぎてからの県道184号線は道路にこってり残雪がこびりついて凍っている。
それにしてもこんなに車で登ったら生石ヶ峰なんてすぐではないか?と思ったが
結果的には金剛山ひとつ分登ったくらいに時間がかかった。
途中の生石神社(しょうせきじんじゃ)は存在感があったなぁ。
生石高原は車やバイクで来たことがあるが、駐車場周辺しか知らなかったので新鮮だった。
生石ヶ峰の山頂からはまさに360度の大パノラマ。
海も山も見える展望は想像以上に爽快だった。
時間が14時にも達していたので風の当たらないところに移動し、ポカポカ陽気の中、
さっそく珈琲を沸かしてのんびり美味しくパンを食したのであった。
下山は県道から。
凍結しているので車はほとんど通らないのであっという間に駐車地に戻ってこれた。
帰りは下道で高野山方向、だるま湯に浸かって帰り大満足の一日となった。

その他の写真は以下より。 20140222-1.jpg
<金剛山>午前6時ごろ。まだ明けやらぬ薄暗さ。凍てつく寒さ。

20140222-3.jpg
寺谷ルートを行く

20140222-4.jpg
大きな倒木で道が塞がれているが枝を処理してくれたようでくぐれる。

20140222-5.jpg
敷かれたレール(トレース)の上を歩くしか無い。

20140222-6.jpg

20140222-7.jpg
この冬の山頂かまくらはこの大きさが最大か?!

20140222-11.jpg

20140222-8.jpg
山頂広場はマイナス7℃

20140222-9.jpg

20140222-10.jpg

20140222-12.jpg
文殊尾根も敷かれたレールの上を行く

20140222-13.jpg
所変わって和歌山は釜滝にあるベーカリーテラス「ドーシェル
震災前は兵庫県は宝塚に店があった。

20140222-14.jpg

20140222-15.jpg
カフェメニューもあって店内でイートインできる

20140222-16.jpg
せっかくここまで来たのにこれじゃまだまだ買い足りない

20140222-17.jpg

20140222-18.jpg
<画像クリックで拡大できます> ドーシェルのパンメニュー

20140222-19.jpg
無料駐車場に止めて歩き出したはいいが・・

20140222-20.jpg
登山道は右、森のパン屋さん、生石高原は左。

20140222-42.jpg
森のパン屋さん」も変わっていなかった。
(営業は土日のみ)

20140222-2.jpg
今回の生石ヶ峰周回のGPSログ

20140222-22.jpg
カリッカリに凍っている県道。

20140222-23.jpg
ハイキング道は左へと少し下っていく。

20140222-24.jpg

20140222-26.jpg
生石神社(しょうせきじんじゃ)の後ろの岩は一夜にして盛り上がったとか

20140222-27.jpg
クライミングのハーケンが打ち込まれていた

20140222-28.jpg
展望のあるところがあったので山座同定してみた

20140222-29.jpg
iOSアプリ「AR山」で山座同定するも、知らない山が多い。

20140222-30.jpg

20140222-31.jpg

20140222-32.jpg

20140222-33.jpg

20140222-34.jpg

20140222-35.jpg

20140222-36.jpg
生石ヶ峰ピークにて

20140222-37.jpg
海も山も眺められる展望ごきげんの場所でおいしいパンを食す。

20140222-38.jpg
森のパン屋さんのコロッケパンはすべてシェフ自家製で見た目の想像を越えるうんま~。

20140222-39.jpg

20140222-40.jpg

20140222-41.jpg
県道はこんな状態だった。
Check [ 2014/02/24 21:54 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(4)
あの雪道を二座とは、さすがに健脚!
生石高原は、眺望のいい気持ちの良い所ですね。
キャンプ場もありますし、一度テン泊してみたいです。
最近はムラサキセンブリを見に秋に行きますので、その頃はススキが綺麗です。

今回は、そのパン屋さんが気になります。
少し遠いけれど、行ってみたいですね~。
あれもこれも食べてみたくなってしまいそう・・・。
キバラーさんはパンがお好きなんですね。
最高のお天気、最高の眺望、山頂でコーヒーを入れて美味しいパンをいただくなんて、贅沢なひと時ですこと(^o^)
[ 2014/02/25 19:45 ] [ 編集 ]
この時期は寒いので朝は布団から起きて
山に出掛けるかどうか自分との闘いですね。
もし行かなければ、その日中もそうだし、1週間が後悔の日々です。
だから、寝る前にモチベーションをあげて寝ないと起きられませんね。

パンはとても、美味しそうですね。
こう言う時って食べる量の限界があるのが残念に思います。
旅行の時なんて食べたいものがいっぱいで
何を食べるかの選択に苦労します。
[ 2014/02/25 21:43 ] [ 編集 ]
生石高原にキャンプ場ですか?
これまで何度か行ってるのに知りませんでした。
ムラサキセンブリという花も知りません。(^^ゞ
パンは大好きです。
ホームベーカリーで毎日パン焼いてますよ。
ドライイーストでは限界がありますし、天然酵母は家では手間。
これらのパン屋さんは別格です。
これらの近くにgakujin(岳人)というパン屋さんが新たに登場してるみたいです。
ただし土曜日のみの営業というハードルの高さ。
おいしいパン屋さん情報募集中です。
[ 2014/02/25 22:22 ] [ 編集 ]
おっしゃるとおり朝をいかに制するかです。
山に出かけてみると、来てよかったと思うのは保証付きですが温かい布団も捨てがたいですね。
orisさんは旅行の時にそれほどまでに迷われるほどいろいろ食べたいものがあるのですね。
パンがお好きでしたらわざわざ行く価値があるとおすすめします。
これら2店舗の中で特別に好きなパンはあえて書きませんでしたがこれだけは何が何でも必ず買うというパンがあります。
[ 2014/02/25 22:22 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ