生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

紀泉高原 奥山雨山自然公園 + 金剛山 第337回 (2014.1.25) 

20140125-0.jpg
奥山雨山自然公園 雨山山頂

【動画編】


真冬であることを忘れる陽気だった。
標高300m程度でありながらも雨山周辺は
展望あり、アップダウンありでたっぷり歩けてなかなか良いところだった。


【ルート】
<奥山雨山自然公園>
西ハイキングコース←→雨山
東ハイキングコース

<金剛山>
登り:ババ谷ルート1
下山:ババ谷ルート2


先日の水曜日は運転免許更新で公休を取ったので午後から金剛山。
今年に入って金剛山だけで異例の7回目となる。
昼食もままならないあまりに寒いところは苦手なので、低山をたっぷり楽しむのは今でしょ!
かねてより気になっていた熊取町にある紀泉高原「奥山雨山自然公園」を歩き倒した後、
まだ歩き足らなかったので金剛山へ。
この「奥山雨山」ってどう読むのかな?と思いを巡らせながらの道中。
「おーさんうーさん」とか中華風だったらどうしよう。。
帰ってから調べるまでわからなかったが、答えはそのまま「おくやまあめやま」だった。(^^ゞ
なんのひねりも無かったかぁ。。
さらに、「雨山」は地図上で確認できたが、「奥山」って何?どこ?って感じで見当たらなかった。
突っ込むのはまぁいいや。。歩けたらで。

山行きとなると早く起きれてしまうので駐車場到着は7時前でまだ暗かった。
明るくなってきたところで7時ちょうどにスタートしようと思っていたが実際には7時15分くらいに。(^^ゞ
知らない山は、行ってみなけりゃわからないことがたくさんある。
駐車場からすぐのところにある取り付きからまずは西ハイキングコースへ。
いきなりの登りであるが、肌に当たる空気がやわらかいというか温かい。
まるで春の国へ来たかのように空気感が違う。
今日のこの暖かさは特別だろう。
そんなこんなですぐに稜線に達し、小さなアップダウンの尾根伝いを歩き出すと
東ハイキングコースにある展望台(工事中)方向を眺めれる展望があった。
ほどなく西ハイキングコースから外れて雨山へ行く分岐に到達。
迷わず雨山方向へ。
その雰囲気と展望は、コンパクトながらも
紀泉アルプスや六甲の須磨アルプスなどのアルプスと形容しても良いくらいである。
展望を楽しみながらアップダウンを繰り返すことしばらくして「月見亭」に到着。
月見亭とは面白い名前である。
奥山雨山自然公園の中でも月見亭は癒やしの休憩場所として人気が高いようで
そこそこしっかりと歩いてこないと到達できないところにあるがゆえにまさに隠れスポット。
テーブルとベンチが1つだけ設けられていて食事もできるとっておきの場所か?
暑くなりすぎない程度にゆっくり写真を撮りながら歩いてきたが、さすがにここでソフトシェルを脱いた。
月見亭からほどなくして住民の森(千畳敷跡)というけっこう広いお弁当広場のようなところがあって
その先には岩稜ルート(鳥居がある道)への分岐があって、少し登ったところに避難小屋?
と思いきや、それがいきなり雨山山頂だった。
つまり、雨山山頂は小屋というより学校の教室風の建物の中にあるような感じ。
中にはたくさんのノートに筆記具が備えられていて、登頂への思いなどが綴られていたので
自分も自慢の汚い字でサインをした。(一文字書き損じたし。。)
あたりをうろつくと、石でできた祠があったり、なんとトイレ(それなりに綺麗)があったり、
地元の人に愛されてる山なんだなぁというのを実感した。
ここまでけっこうのんびりだったので、ここからは一目散に西ハイキングコースに復帰すべく帰還する。
復帰後はまた稜線のアップダウン続行であまり変わり映えのしないまま
最後には激下っていって永楽池とやらに着地した。
一旦、舗装路に戻って東ハイキングコースの取り付きへと移動。
環境センター(焼却場)や斎場への分岐があったりするのはちょっとがっかりであるが、
東ハイキングコースを歩き出すと西とはまたちょっと違うけど同じようなどないやねんな雰囲気を楽しめた。
東ハイキングコースの核心部である展望台が2つとも工事のため
ずいぶん手前から立入禁止だったのは非常に残念だった。
せっせと登り返したのに大きく迂回させられて舗装路に下り、途中で昼食を摂ってから
またまたコルまで100mほど登り返して永楽ダムへと下って舗装路へ。
ダムの上を歩いて駐車場に戻ってきて終了。
金剛山に登るより運動になったんじゃないかな。暖かくて快適でけっこう楽しかった。
しかし、課題を残してしまった。
土丸・岩稜ルート・展望台(1・2)は次回の課題となった。(展望台工事は2月14日まで)
その後はホームグラウンドの金剛山へと移動して、ババ谷ルートをバリエーションを変えてピストン。
さぞかし金剛山のほうは寒いかと思いきや、山頂14時30分の気温は5℃。
最近はこんな時間でも山頂での人が多くなったものだと感じた。

その他の写真は以下より。
20140125-1.jpg
山と高原地図+GPS軌跡 (反時計まわりに歩いた)

20140125-2.jpg
地形図+GPS軌跡

20140125-3.jpg
山と高原地図+GPS軌跡

20140125-4.jpg
地形図+GPS軌跡

20140125-6.jpg
駐車場(無料)を出てすぐ。

20140125-7.jpg
西ハイキングコースの取り付き

20140125-8.jpg
永楽ダムを見下ろす展望

20140125-9.jpg

20140125-10.jpg
正面ピークに工事中の展望台が見えた

20140125-11.jpg
雨山(右)への分岐点

20140125-12.jpg

20140125-13.jpg

20140125-14.jpg

20140125-15.jpg

20140125-26.jpg
月見亭

20140125-17.jpg
雨山山頂

20140125-19.jpg
教室風の小屋の中

20140125-18.jpg

20140125-20.jpg
小屋の裏側からりんくう方向への展望がある

20140125-21.jpg
町石があった

20140125-22.jpg
岩稜ルートのほうへ少し行ってみると鳥居があった


【金剛山】

20140125-23.jpg

20140125-24.jpg

20140125-25.jpg
気温が高く、残雪が溶けてぬかるんでいて滑りやすい状態だった
Check [ 2014/01/25 22:21 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(17)
今日はずいぶん暖かくて、雪も融けてきてしまいましたね・・・。
と思っていたら、今度は雨です。
かなり降っているようですから、これはもうドロドロでしょう(>_<)
また、寒波は来てくれるかな~。
[ 2014/01/26 00:06 ] [ 編集 ]
こんにちは
雨山にはよく登ります。
どこから登っても楽しいお山で、特に縦走路(?)から
見る雨山と土丸の稜線がきれい。
22日は金剛山に登っておられませんでしたか?
茶店のまですれ違ったような?
人違いかな?
[ 2014/01/26 08:24 ] [ 編集 ]
大阪南部は微妙に遠く行く機会がありません。
中国読みで爆笑しました。

たまには生駒方面も攻めて下さい。
[ 2014/01/26 13:03 ] [ 編集 ]
昨日は梅も咲きそうな季候で登ると暑いぐらい
だったんでしょうね。

それにしても1日に二座なんて凄いですね。
しかも車で移動してまで・・・・

今年になって金剛山7回目ですか。(ペース早すぎ)
一日に2回登る娘さんもいらっしゃいますけど!

勝ち目なさそうですので、張り合っちゃだめだと思います。(笑)
[ 2014/01/26 13:30 ] [ 編集 ]
昨日はほんとうに暖かくて驚きました。
下界に近い標高では1月なのに4月並みの体感温度でしたよ。
夜中に雨になりましたね。
雨の中ですが今日も金剛山に登ってきましたが気温がどんどん下がっていってました。
こんな天気なのに最近の金剛山の人気ぶりがすごくてたくさん人が居ました。
明日は凍結注意ですね。
[ 2014/01/26 20:45 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
雨山はお近くなのですね。
雨山から先は行けそうになかったのですが、もう一つのピークが土丸?なのですね。
あのピークは気になりました。
22日は免許更新で会社を休んだので午後から軽く登ってましたよ。
もしかしてお会いしていたのですね。
[ 2014/01/26 20:45 ] [ 編集 ]
段平さんのところからだと生駒方面がお近くなのですね。
生駒山は登ったことがありませんし、スカイラインも車で走ったことがないんです。
良いところがあるのですね。
いちど研究してみます。
ありがとうございます。
[ 2014/01/26 20:46 ] [ 編集 ]
おっしゃるとおり、昨日は梅や桜が咲きそうな暖かさでした。
もう空気が違いましたよ。
今の季節が虫も居なくて落葉していて明るく最高です。
新緑までが低山の勝負どころです。
正直、奥山雨山のほうがハードでした。
金剛山は登って下りたら終わりですが、アップダウンはいたぶられますよ~。
でもさすがに金剛山を一日に2回登るのは真似できないですね。
[ 2014/01/26 20:46 ] [ 編集 ]
観光地とかにある思い出を綴っているノートは
自分が書くよりも他の人が何を書いているのか気になって、
ついつい真剣に読んでしまいます。
何を言いたいのかよくわからないものや、
妙に熱いコメントもありでおもしろいです。

こんな時期こそ低山はいいかもですね。
ちなみに生駒山は天気のいい日にと狙っています。

[ 2014/01/26 21:35 ] [ 編集 ]
永楽ダムの周辺は桜の名所ですね。
子どもが小さい頃、お花見がてら行ったことがあります。
好奇心が抑えられず、自分だけ山に登ったのを覚えています。
美しいところでした。
[ 2014/01/26 22:40 ] [ 編集 ]
ご苦労さまでした。
奥山雨山自然公園は、大好きなお山です。
適度なアップダウンが心地よくて気持ちのイイところです。
『土丸・雨山城址アルプス(大阪府泉佐野市・熊取町)』ということで、「ご当地アルプス」にならないのかなぁ・・・と妄想しています。
[ 2014/01/26 23:34 ] [ 編集 ]
思いを綴るノートはたしかに読んでいて興味深いですね。
さまざまな思いを持って登ってこられていたり。
10冊くらいありましたよ。
いい山です。
え?生駒山そのものですか?
ハイクできる山なのですか?
スカイラインと山上遊園地のイメージが強くて。
[ 2014/01/27 06:59 ] [ 編集 ]
桜の名所だったのですね。
後から知りました。
あまり下調べをせずに行ってサプライズを得ようとしてたまに失敗します。
今回も土丸の存在を忘れていました。
arajinさん、その頃から好奇心旺盛だったのですね!
[ 2014/01/27 07:00 ] [ 編集 ]
蜻蛉さんのホームグラウンドにおじゃましました。
その後、蜻蛉さんの記事を拝見するとたいへんよく理解できるようになりました。
いい里山ですね!
近くにあんな山があれば金剛山より良いと思いました。
あれは立派なアルプスですよ。
[ 2014/01/27 07:00 ] [ 編集 ]
近くの低山にも登られるのでしたら、日野から登る一徳防山→編笠山→
岩湧山→紀見峠というコースはいかがでしょう?
登ったり下ったり、結構きつくて堪能されると思います。
先日土曜日に歩きましたが、岩湧寺までまったく人に会わず、バテバテで、
岩湧寺から天見駅への軟弱コースに変更しました。

お目にかかったこともないのに、こんなことを書いて、失礼の段はお許しください。
[ 2014/01/27 16:12 ] [ 編集 ]
初めまして。
コメントありがとうございます。
オススメのコースを教えてくださってありがとうございます。
以前、槇尾山から紀見峠まで歩いたことがありますが、たいへん長かったのを覚えています。
それと同じくらいのボリュームがありそうですね。
一徳坊山は前から気になっておりました。
参考にさせていただきます。
ありがとうございます!
[ 2014/01/27 21:53 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2014/02/02 09:26 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ