生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第335回 + 葛城山 (2014.1.19) 

20140119-1.jpg
金剛山 二ノ滝の氷爆

20140119-30.jpg
葛城山 コンカツモニュメント

【動画編】


この冬いちばんの寒さにコンカツ!(金+葛)
しばらく寒さが続いていたのに二ノ滝は惜しかった!
葛城山のあのモニュメントも見てきた


【ルート】
<金剛山>
登り:ツツジオ谷ルート
下山:釜谷尾根ルート

<葛城山>
ダイトレピストン

【今日の狙いどころと結果】
・二ノ滝の氷爆を見る →達成(でも完全氷結ならず)
・葛城山に婚活モニュメントを見に行く →達成
・葛城高原ロッジで「かも丼」の昼食 →達成


大雪が降るかもしれない予報だった。
この寒さでの早起きはつらいものがある。
起きてしまえば暗いうちでの行動は人より一歩先を行ってるようで気分が良い。
そう、スキーに行く時の深夜早朝のように。。
午後から予定があったので14時までに下山完了目標で二座登ってきた。

朝6時半前に「まつまさ駐車場」に到着。
途中の路面は乾いていたが、雪は降りだすとあっという間に積もるものだ。
まだ夜が明けやらぬ暗闇であったが、慣れたルートでザックの奥底から
ヘッデンを取り出すのも面倒なのでスマホのライトの明かりを頼りに6時半スタートで歩き始める。
とにかく寒い。息をするのもつらい感じ?
山頂気温をネットで確認すると、この冬いちばんの寒さの-8℃となっていた。
歩くことに集中すること30分もするとずいぶんとカラダも温まってきた。
腰折滝に達するもドバドバと滝が流れ落ちており、路面の氷結もなくノーアイゼンでしばらく進む。
ようやくあたりが明るくなってきた。
一ノ滝を過ぎて二ノ滝に達する手前でツルツルゾーンになってきたのでチェーンスパイク装着。
ザクザクと氷を粉砕するかのように凍った部分をわざわざ選んで歩くこの気持ちよさ。
二ノ滝に到着するも完全氷結には至らずで7割くらいか?!
朝がまだ早いので人の気配は無く、ゆっくりと撮影を楽しむこと20分くらい居たかな。
さすがにカラダも冷えきってきたので登りを再開。
樹氷もないので黙々と登って高度を上げていき、タカハタ尾根に達したあたりから
徐々に美しい樹氷が見られるようになってきた。
六地蔵のあるあたりはいつも魅了される。
山頂到着8時20分くらいで、ツツジオ谷ルートにしてはずいぶん時間がかかった。
山頂の国見城址広場の樹氷も見事なもので、あと青空があれば最高だった。
富岡廣志さん、節子さん夫妻と久しぶりに遭遇。
元気いっぱいの挨拶をいただきました!
今でも元気に二人三脚で登ってらっしゃってほっとした。
売店付近でうろついていると、売店バイトのみーさんと遭遇。
いろいろあったみたいで最近は毎日(店に)入られてるとか。
その後、所用で登ってこられていた知人と遭遇したので一緒に下山することに。
下山はタカハタ谷ルートか松の木ルートか迷っていたところで
金剛山のチャットチャンネルで有名なアキヤマさんとお久しぶりの再会。
9時のライブカメラに写ってらっしゃいました。
松の木ルートから下りることに決めてサクサクと下っていたがうっかりしていて
気が付くと踏み跡も無くなって釜谷尾根に進入していた。
松の木ルートとは着地点が近いので登り返すリカバリーをせず、そのまま釜谷へ下山。
もう少しで駐車場というところで炉端山友会のSHOさんから声をかけていただきました。
ありがとうございます。
まつまさ駐車場に戻ってくると、車が雪をかぶりまくっていたので除雪。
バス道路は積雪でスリップしやすい状況に一変していた。

ところ変わって水越峠。
ちょうど金剛バスが到着したところであった。
駐車場からダイトレの葛城山取り付きまでの道路は凍結ぎみで油断していると転倒しそうにな状態。
さきほどバスから降車してきた登山者はみな金剛山へと消えて行った。
二座目の登りも中腹くらいからチェーンスパイクを付けるものの積雪は少なめ。
先行者の足あとは一人分で、冬山での葛城山の不人気ぶりが伺える。
立地はほぼ同じで標高はわずか100mほど違うだけで金剛山とは雪の量がずいぶんと違う。
それにしてもダイトレの荒れよう、段差はひどすぎる。
大阪では最も高い(山頂があるのが)山で、おまけに展望は抜群に良いのに
残念な山になっている原因のひとつがこの荒れた登山道かも?
人気の差は単純に登山回数システムの有無の差だと言われるとそれまでであるが。

パラグライダーの東の滑走路をちょっと覗いてから
つつじ園を山頂、いや正確には高原ロッジを目指して登っている最中、
下りてこられた単独の男性から声をかけていただきました。
ありがとうございました。
突然の事で挨拶のみで失礼しました。
今回、葛城山にも登ったのは、前に新聞記事を引用した「コンカツモニュメント」
がどんなところに作られていてどんなものなのかを見に行くのも目的の一つだった。
婚活云々はさておき、今回のように登山目的としてのランドマークとしての存在価値は大きいかも。
ろうにゃくにゃんにょ問わず何かの記念日など事あるごとにロックを掛けに行くというのも良いではなかろうか。
山頂付近は雪がカスカスの禿状態であったがそれでも子連れファミリーたちの声が弾む。
少ないながらも雪のある場所を選んでソリ遊びに興じていた。
雪さえ積もれば金剛山よりはるかに遊べる大ステージとなるのに残念そうであった。
お昼は葛城高原ロッジにてお気に入りの「こだわりのかも丼」(1,000円)。
ほっこりストーブで温もりながら、変わらぬ味を堪能できて満足。
帰りは50分近くかかって目標の14時までに下山完了できた。

その他の写真は以下より。 20140119-2.jpg
二ノ滝の氷爆 写真だと流れている滝も静止して凍ってるように見えてしまう(^^ゞ

20140119-3.jpg

20140119-5.jpg

20140119-6.jpg

20140119-12.jpg
かわいい雪だるまくんたちと

20140119-8.jpg

20140119-14.jpg

20140119-7.jpg
あれ~、このレンズ茶色っこいなぁ。

20140119-11.jpg

20140119-10.jpg

20140119-15.jpg

20140119-16.jpg

【葛城山】

20140119-17.jpg
ダイトレ

20140119-18.jpg
東のパラグライダーテイクオフにて

20140119-22.jpg
バックは金剛山

20140119-23.jpg

20140119-24.jpg
真っ白になったツツジ

20140119-25.jpg

20140119-26.jpg
こだわりの「かも丼」

20140119-27.jpg

20140119-28.jpg
コンカツモニュメント

20140119-29.jpg

20140119-31.jpg
婚活イベントで取り付けられた鍵は赤いハート型。
それ以外に新たに取り付けられた鍵はたったの一個だけ。
老若問わず何らかの記念日などにロックするのも良いかも。
あ〜な〜た〜

若いカップル以外は、鳴らしてよいのか、答えなき疑問でした(笑)
[ 2014/01/20 22:48 ] [ 編集 ]
葛城山はいつも寂しい感じになりますね。
(5月のツツジ以外は)
ひとりになりたい時はちょうどいい山なんですけど・・・・

モニュメント意外に小さいですね。
どうせやるなら展望台立ててどデカイ鐘ぶらさげるぐらいじゃないと
だめかもしれませんね。

赤いハート型の鍵どこで購入するんですか?
外れにくいのはやはり南京錠と思いますけど・・・
[ 2014/01/20 22:56 ] [ 編集 ]
コメントが早いです!(≧∇≦)
アップしたばかりでちょこちょこ訂正入るかもです。
いつもありがとうございます!
いきなり和田アッコですか。
二回くらい鳴らしました。
金剛山に聞こえる並みのえらい爆音だったのでみんなに振り向かれました。(^^ゞ
振り向けばハマヨコ。
鐘を鳴らすのはもちろん、無理やり記念日作って鍵を付けに行かれませんか?
まだまだ鍵の数が少なくて寂しかったです。

[ 2014/01/20 23:02 ] [ 編集 ]
ひとりになりたい時ですか。。
山ではだいたいひとりですが。(^^ゞ
モニュメント、小さく感じられましたか?
私がデライだけかも。
この鐘、クソでかい音が鳴るんですよ。
ぜったい金剛山頂に聞こえます。
ハート型の鍵は昨年10月末の婚活登山のイベントで参加者に配られた?ものと思われます。
売られているのを見たことがありません。
よく見るとダイヤル合わせると外れるみたいなので気持ちがロックできないような。。(^^ゞ
錆びないステンレス製の鍵が必要ですね!
[ 2014/01/20 23:06 ] [ 編集 ]
そんな早朝に登られていたんですね!
混み混みの休日の金剛山は、早朝登山が正解かもしれません。
綺麗な雪、静かなお山でゆっくり出来ますものね。
早起きだけが、課題ですけれど・・・(^^ゞ

「二ノ滝」迫力満点の写真ですよ!
ご自身を入れて撮られているのは、セルフタイマーであそこまで走って行かれたのかな。
凍る岩で転ばないようにして下さいね(^o^)
昨日はグングン気温が上がってしまって、かなり融けたそうです。
次の寒波に期待ですね。

「婚活モニュメント」全然知りませんでした。
もっと大々的にPRすればいいのに。
キバラーさんも写真に撮られていましたが、葛城山から見る金剛山の姿っていいですよね~。
実に『男前』です!
春の新緑の時が特に好きで、あの雄姿を見たくて1度は必ず登ります。
ダイトレ道は確かに荒れ方がひどいですね。
だから、天狗谷道を使うことが多いですけれど。
次回は「かも丼」目指して登ります(^O^)/
[ 2014/01/21 07:11 ] [ 編集 ]
つつじ園ですれ違った『単独の男性』です。こちらこそ、突然で失礼いたしました。
50歳を過ぎて何をトチ狂ったのか、昨年の秋にいきなり山デビューしたおっさんです。
で、この日は大和葛城山初登山だったんです。
天狗谷道から登ってきて、山頂あたりで小休止してからダイトレで急いで下山しようと思っていたら、前方からブログで見慣れたお姿が・・・
いやあ、まさか生キバラーさんにお会いするとは思っていなかったもので心の準備が・・・(笑)
基本、金剛山・葛城山を中心に出没すると思いますので、また山で出会ったら宜しくお願いします。
[ 2014/01/21 17:45 ] [ 編集 ]
さすが氷爆のお写真すごいですね
おみそれしました!!
かつらぎ高原ロッジでの食事もほっこりしますね
味も結構美味しかった記憶があります。
またあのライオンやったかトラだったかの
熱いお風呂に入りたいです。
[ 2014/01/21 19:52 ] [ 編集 ]
平日は起きるの辛くて会社行きたくなくて、あと5分、あと3分と目覚ましが鳴ってから起きるまで20分くらいかかるのですが、山に行ける休みの日はだいたい4時には起きて一時間半後に出ていきます。
不思議とサクッと起きれるのは気持ちの違いなんでしょうね。
二ノ滝の写真は広角レンズなのでそんなに離れて撮ってません。
ありがとうございます。
一時、気温があがりましたがまた冷えて着てる感じですね。
次はもみじ谷の第六堰堤を狙いたいです。
葛城山から見る金剛山は本当に男前です。男なんですか?
いつ眺めても癒やされます。いつまでも眺めていたいです。
でも先日はほんとうに寒くて冷たくて撮影がたいへんだったんです。
モニュメント、婚活として宣伝するより金葛として宣伝したほうが流行りそうです。
[ 2014/01/21 20:04 ] [ 編集 ]
先日はお声がけいただきありがとうございました。
さっそくコメントまでいただいて恐縮です。
昨年の秋からのスタートなのですね。
それにしても初大和葛城山にして天狗谷道から登られたのはすごいですね。
私なんか山を初めてから天狗谷道を登るまでは相当先でしたよ。
58歳から山登りをはじめられてスゴイ人を知っています。
まだまだこれからが楽しみですね。
私も金剛山を登っている事が多いですので今後ともよろしくおねがいいたします。
[ 2014/01/21 20:04 ] [ 編集 ]
今回の動画は力作ですね。
思わず3回も見ました。でも、編集にはご苦労されているでしょうね。
見てくれは小さな鐘なのに、そんなに大きな音がするのですか・・・
5月のつつじの頃なんて、綺麗なつつじとたくさんの人と、
そして、大きな鐘の音が響き渡るんでしょうね。
[ 2014/01/21 20:08 ] [ 編集 ]
先日は同じ日に同じルートに登っていたのにお会いできなくて残念無念です。
氷爆の写真ですかぁ。
難しいです。
広角レンズで適当に撮っただけですよ。
かつらぎ高原ロッジは禁煙じゃなかったので団体宿泊客の食事の後だったので煙たかったですが食事は美味しかったです。
ライオンかトラのクチからお湯がでるような風呂があるのですね。
一度泊まってみたいと思っています。
泊まるなら冬がいいですね。
[ 2014/01/21 20:15 ] [ 編集 ]
今回の動画は自分ではイマイチで素材不足が否めなかったのですが3回も観ていただいたのですか!
ありがとうございます。(^^ゞ
とにかく寒くて撮影どころじゃない感じだったんです。
軽く鳴らしたはずの音にビビってしまって慌てて鐘を触って音を止めました。(^^ゞ
おっしゃるようにツツジの咲く頃が葛城山がいちばん賑わう時なので鐘も鳴り響きそうですね。
[ 2014/01/21 20:19 ] [ 編集 ]
日曜日の冷え込みでもまだ凍りませんか・・・
水量が多いかんじですよね。

葛城山での金剛山バックの写真、迫力があってイイですね〜。
ちょっと望遠で撮ってるんでしょうか??
[ 2014/01/21 20:52 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
金剛登山復活されて最近はよく登ってらっしゃいますね!
前に二ノ滝の完全氷結を見たのはいつだったか思い出せないくらいに昔です。(^^ゞ
葛城山バックの写真は50mm固定で撮っています。
私のメインのズームレンズ(18-55mmF2.8)壊れてしまって放置状態なので単焦点しか無いんですよ。
修理しようかどうしようか。。
[ 2014/01/21 22:12 ] [ 編集 ]
普段この時間帯から歩いていることが多いので、当日金剛山に行っていたらお会いしてかもしれませんね!

誰もいないところで滝を見てしばらくぼーっとしている時間が好きです。

滝が氷結すると青白く見えたりしますが、今のところは難しいですねえ・・・
[ 2014/01/22 12:38 ] [ 編集 ]
しばらくご無沙汰しております。
いつもはあれくらいの時間に登ってらっしゃるのですね。
滝が青白くですか?
鉱物の成分でも混ざってるんでしょうか。
二ノ滝の完全氷結は以前はいつ見たか忘れました。
mixiで拝見しました御在所岳の藤内沢は厳しそうですね。
おつかれさまでした。
なにぶん、寒いところが苦手なので冬場は金剛山系中心ですのでまたよろしくおねがいいたします。
[ 2014/01/22 18:05 ] [ 編集 ]
金剛山から葛城山は縦走したことがないので
一度やってみたいですね。
あと葛城山のツツジの樹氷というのも面白いです。
花が満開になる5月はあれ程の人だかりだというのに
ちょっと落ち着いた雰囲気の葛城山も良いですね(^^
私ですがキバラーさんがすでに山頂にいるころ
河内長野からのバスにようやく乗る頃でした(^^;
随分とお早いことでこれなら山頂の雪だるまとの
ショットも可能ですね。(私は無理でした)
[ 2014/01/22 21:04 ] [ 編集 ]
今回は縦走は時間的に予定があってムリっぽかったので分割になりました。
それでも歩きごたえはありました。
静かな葛城山は落ち着くので良いです。
8時半頃に河内長野にいらっしゃいましたか。
私もバスで行くときはそれくらいの時間です。
山頂は記念写真撮れないほどの大勢の人だったことでしょうね。
Ikajyuさんのホームグラウンドの山にもおじゃましたいです。
[ 2014/01/22 21:14 ] [ 編集 ]
こんばんは〜

葛城山から金剛山の眺めはイイですね☆
たまには登りたいのですが、金剛山に足が向いて...
あっ水越峠のバスに乗ればいいのか!(笑)

しばらくお山はおあずけ(> <)
次に登る時は二ノ滝と第六堰堤が氷瀑に
なる事を祈ってます。
また情報教えてくださいね☆彡

[ 2014/01/23 20:38 ] [ 編集 ]
ぷぅ*さん、最近どうしゃはったんですか。
山はしばらくお休みですか?
女子カメラで忙しいんでしょうか。
葛城山登ってから金剛山に登るか、
その逆がよいか、
どちらでも同じかの答えが出ないでいます。
氷爆はもうすぐですよ。
2月は六甲山ですよ!
ぷぅ*さんの写真が載った雑誌を買おうかな。

[ 2014/01/23 20:55 ] [ 編集 ]
こんにちは。キバラーさん

この日は、二の滝へ訪れていたのですね。
私も綿向山へ行く気満々だったのですが、(滑走もそちらを検討していた)
伊吹山の来週の天気を確認すると 全滅状態で
伊吹山に行くなら、今日しかない。
というのと、せっかくいくなら、ピストンの往復はつまんないというので、滑走してきました。
ひさしぶりすぎて、腿がガクガクでした。

マジックアイゼンカラフルで、わくわくしちゃいますね。
手袋しながらつけられるとか。。
[ 2014/01/26 12:18 ] [ 編集 ]
アイゼンのほうにコメントいただいていたのと重複?
私の勘違いだったのかな。
失礼しました。
綿向山にはまだ行けてません。
伊吹山で山スキーされたら、ちゃんとスキー場で滑りたくなられたのではないでしょうか。
登山靴対応のスキー板、いやスキー板対応の登山靴があればいいですね。
冬用の登山靴はあまり出番がないのに高いです。。
マジックアイゼンはオススメです。
[ 2014/02/01 21:40 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ