生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第329回 (2013.12.28) 

20131228--17.jpg
金剛山頂にて yossiさん、うっちぃさん、のぶさん

【動画編】


久しぶりの仲間とモノトーンの金剛山で震えてきた。
こんなに樹氷が美しい大雪は久しぶりだ。


【ルート】
登り:文殊尾根ルート
下山:香楠荘尾根ルート


※今回の記事は納山会的な内容のため、手前勝手な内容になっております。

山頂周辺に滞留しているとえらく寒かった。
午前11時の気温はマイナス4~5℃。
寒いなら寒いなりにさらに温かい格好をすれば良いだけの話であるが。(^^ゞ

トンネルのずっと下のほうから積雪があった。
融雪剤を撒いているトラックの真後ろを走るという、チェーンか冬用タイヤがなければ厳しい状況だった。
今日のメンバーとは午前8時に百ヶ辻(モマツジ)駐車場で待ち合わせ。
到着するとすでにのぶさん(ブログ:低山徘徊者の徒然日記)が到着されていた。
今回の新兵器のアイゼンを撮影しているとほどなくご近所さん同士のyossiさん、うっちぃさんが仲良く到着。
爽やかのぶさんとは今年1月4日の明神平以来なので実に一年ぶりの対面。
yossiさんとも同様であるが、昨年秋の岩間噴泉塔にご一緒してもらった時のほうが印象に残っている。
うっちぃさんは2週間前にババ谷ルートですれ違ったばかりでしたね。
今日はごくふつうに登って樹氷を楽しみながら香楠荘でお昼して下りるだけである。
香楠荘は11時からなので、8時スタートだと3時間もあるのでどこで暇をもてあそばそうかと思っていたら
11時ちょうどの到着になった。
どこでそんなに時間がかかったのかを振り返ってみると・・・。
登りはアナグマから文殊尾根ルート。
百ヶ辻からすでに積雪があったので、グッズの撮影ついでにチェーンスパイクを装着。
今日のような新雪フカフカなコンディションでは少なくとも登りではアイゼンが必要無いくらいであったが
装着感の無いアイゼンなので簡易アイゼンのように、つけようかまだ大丈夫かと迷わなくて済む。
雪の無いところで歩いても高ゲタにならないので装着していることを忘れてしまうほどである。
登りは山頂での汗冷え予防として汗をかかない程度のゆっくり歩きで雪化粧した植林を見上げながら高度を上げて行く。
この冬はじめての雪ではないので新鮮さは無かったが、それでも9合目くらいに達すると
エビのしっぽができるほどの樹氷の美しさにしばし見惚れた。
ずいぶん時間をかけて登ったつもりが山頂到着はまだ9時40分だった。
気温は限りなくマイナス5℃に近いマイナス4℃。
山頂カマクラ前で写真を撮ったりと時間をつぶしているとさすがにカラダの芯から冷えてきた。
山頂広場に移動すると、午前10時のライブカメラの男性(某走ろう会会長)が半袖でいらっしゃったので
時計を確認すると10時前であった。
こんな冬の寒さにも負けずに今日も10時のライブカメラを待ってらっしゃる。
今回は偶然に10時に居合わせた形になってしまったがこれでご一緒するのは三回目である。
10時を待つ間、いろいろ会長とお話をさせていただく。(ブログ掲載は快く承諾いただいております)
キリマンジャロに登って来られたというご友人がものすごくしんどかったなどなど興味深いお話を聞かせていただきました。
その後、山頂周辺の真っ白に雪をかぶった景色を堪能しながら徐々にちはや園地のほうへと移動を始める。
転法輪寺境内を過ぎた頃から降雪が始まった。
これからさらにまた雪が積もりそうな勢いであった。
途中、真っ白の大きな犬を従えた山ガールが登ってこられた。
どうやって犬?と思ったら、犬用ケージ(檻)に入れればロープウェイに乗れるんだとか。
有料らしいが貸してくれるそうだ。
このワンチャンが人懐っこくて可愛かったので戯れまくり。
動物セラピーで癒されたところでまたぼちぼちと歩を進める。
展望台まで来たところで時計を見ると11時5分前くらいになっていたので
慌ててショートカットして香楠荘へ向かった。
どこでどうやったら山頂から香楠荘まで一時間もかかるのか寄り道もしないのに謎であった。(通常は20分くらい)
おそろしくカラダが冷えてつらい状況になってきていたので香楠荘に飛び込んだときには暖かくてオアシスだった。
いつもひょうきんな冗談を飛ばす成田さん、
「お席は自由です、雪だるまを作るのは無料です」みたいな調子で。。(≧∇≦)
今回注文を取りに来てくれた若い女性、めちゃくちゃ愛想が良くて気が利いていて元気もらえて
とてもいい気分になったなぁ。
名前のチェック忘れたけどニューフェース。
下山は香楠荘尾根から。
途中から念仏坂へエスケープすることが多いこのルート、
以前は詰めれたのと今回は積雪でブッシュが気にならなかったので
久しぶりに最後まで詰めてみた。
最後の激下りはもう笑うしかない直角並みだった。(≧∇≦)
みなさん滑りまくっていたけど、チェーンスパイクの自分は何の不安も感じなかった。(≧∇≦)
そんなこんなで最後まで降り止まなかった雪。
下山完了は13時だったかな。
ご一緒していただいたみなさんありがとうございました。

その他の写真は以下より。 20131228--2.jpg
百ヶ辻(モマツジ)は路面も凍結していた

20131228--3.jpg
スタート時の念仏坂からすでに白銀の世界

20131228--30.jpg
★yossiさん写真提供

20131228--4.jpg
植林の雪景色は美しい

20131228--5.jpg

20131228--7.jpg

20131228--9.jpg

20131228--10.jpg

20131228--11.jpg

20131228--12.jpg

20131228--13.jpg

20131228--14.jpg

20131228--15.jpg
9時半ごろの気温はマイナス4℃

20131228--16.jpg
日の丸構図

20131228--18.jpg

20131228--19.jpg
午前10時のライブカメラ<金剛山の一日>の撮影時間待ちの様子

20131228--20_20131229184537450.jpg
10時のライブカメラに映った

20131228--21.jpg

20131228--22.jpg

20131228--23.jpg

20131228--24.jpg

20131228--25.jpg
香楠荘尾根ルートにて

20131228--26.jpg
尾根を最後まで詰めると・・・

20131228--27.jpg
激下りである

20131228--28.jpg
最後はシルバールートに合流

20131228--29.jpg
雪の降る中、念仏坂を下る

20131228--1.jpg
念の為に従来のアイゼンも持ってきた 雪ダンゴ防止プレートが傷んでいてそろそろ引退か?!


昨日も登ってましたが皆さんは随分早い時間でしたんですねぇ!
アイゼン未だ使えますょ?プレートの裏にロウを塗ってみて下さい。雪ダンゴに成りません?僕はそうしたらダンゴになりませんでしたょ(^^♪
[ 2013/12/29 19:48 ] [ 編集 ]
6本爪アイゼン貸していただいてありがとうございました。
12本しかクルマに積んでないと判明したときはちょっと焦りました。
結局使いませんでしたが、ザックの中にあると思うと安心感がありました。

キバラーさんとは年始の明神平以来でしたね。
年に一度の織り姫&彦星状態になってしまいました(^_^;)
来年はもう少し御一緒できる機会を持ちたいと思います。

**全開ですみませんでした~。
(**の部分は禁止ワードとのことです)
[ 2013/12/30 10:29 ] [ 編集 ]
久しぶりにご一緒できて嬉しかったです(^^)
あっという間に一年経ってしまいました・・
なかなか集まれることのないメンバーで登れて良かったです。
年末のお忙しいなか、ほんとにありがとうございました。
楽しかった~またよろしくお願いします!
[ 2013/12/30 10:32 ] [ 編集 ]
雪をたっぷり堪能しましたね。
とても楽しかったです。
ありがとうございました。
寒いのは苦手なキバラーさんですが、
また、近いうちに金剛山で雪遊びしましょう♪

今年一年、お世話になりました。
どうかよいお年をお迎えください。
[ 2013/12/30 15:31 ] [ 編集 ]
kosiziさんはいつもだいたいお昼に近い時間に登ってらっしゃるのですよね。
バスの時間の関係もおありなのでしょうけど始発に乗ってらっしゃるわけでもありませんよね。
私は午後を過ぎてくると下山モードな気分になってきますので午前中を最大限に活かすのが習慣になってきています。

なるほど!ロウ!そういう手がありますね!
身近にある安全なものが利用できるのでグッドアイデアです!!
そういえばワックスなんかもロウでできてますからね。
車用のカルナバロウでも買ってきて至るところに塗りたくってみようかな。
ありがとうございます!
[ 2013/12/30 20:58 ] [ 編集 ]
先日はたいへん久しぶりにご一緒できて楽しかったです。
雪が降ってきたらチャチャっと知らない間にレインウェアを着られていてザックカバーまで。
対応の早さはさすがです。
私なんかはちょっとくらいええかぁとのんきに構えていていつも失敗します。
来年は平日に休みを取ってのぶさんと登れる機会を増やしたいです。
**と言えば、動画でどうしても挿入したかったカットがあったのですが
怒られそうなので泣く泣くカットしました。
う~ん、再編集したいなぁ~。
[ 2013/12/30 20:59 ] [ 編集 ]
今年はyossiさんとも登る機会が少なかったのが残念でした。
ムードメーカーのyossiさんのつぶやきは本当にオモシロイです。
来年はもっとご一緒できる回数が増えればと思っています。
また懲りずにお気軽にお声がけください
私からも恐る恐る声かけさせていただきます。
[ 2013/12/30 20:59 ] [ 編集 ]
今年も何かとご一緒する機会が多かったですね。
ありがとうございました。
この冬は特に寒さに弱く感じます。
常に指先が冷たいんです。
昨日は洞川まで行きましたが、麓でこんな寒いんだったら山に登るのはムリって思いました。
虫でもヘビでもヒルでもなんでも構わないので暑いほうがいいです。
また来年もひきつづきよろしくおねがいいたします。
[ 2013/12/30 21:00 ] [ 編集 ]
やっぱり皆さんと一緒は楽しそう〜♪

お声は掛けて頂いていたかな???確か(苦笑)
その日は土曜日なのでお仕事&残業でした。
翌日はゆっくり登りに行きましたよ〜

雪景色の金剛山は好きですね☆
積もったおかげで登りは楽だし...

今年も山行ご一緒させて頂いて、楽しかったです〜
ありがとうございました。

また来年もヨロシクです☆彡
[ 2013/12/30 21:03 ] [ 編集 ]
28日はぷぅ*さんの誕生日でしたね。
日曜日に登ってらっしゃったのですね。
そう、雪があると下りが楽だったり、でっこんぼっこんがフラットになってたりと雪が無い時より歩きやすいことは多々ありますよね。
来年はまたせっせと山に復帰してください。
今年は何度かご一緒していただいてありがとうございました。
来年もよろしくおねがいします。
[ 2013/12/30 21:34 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/12/31 01:16 ] [ 編集 ]
府営駐車場までの路面を写真で確認しましたwさっそくスタッドレスに履き替えて、31日のテント泊に挑みます!
山頂ライブカメラよりも、重要な情報ありがとうございました!!
[ 2013/12/31 04:39 ] [ 編集 ]
今年もコメントのみの参加でしたが、
一年間お付き合いいただき有難う御座いました。(嬉笑)

昨日も凍る丸滝に登ってきましたが、
雪の量が半端なく、ようこんなとこに来てるわ
と、身震いしました。
来年も証拠にもなく登場しますがなにとぞ宜しくお願いします。
キバラーさんにとりましても良年でありますように(福笑)
※山@くらぶblggerに再々変更しました
[ 2013/12/31 10:10 ] [ 編集 ]
今晩年越しテント泊されるのですね!
お会いできるチャンスだったのですが、今回は年越し登山を断念しました。
お気をつけて!
初日の出も見れると良いですね!
来年もよろしくおねがいいたします。
[ 2013/12/31 15:12 ] [ 編集 ]
今年もたくさんのはげみになるコメントありがとうございました。
昨日は丸滝谷を登られたのですね。
やはり雪は多いままなのですね。
年末はもっと山に行けると思ったのですが何かと忙しくて28日が最終となりました。
また体年もよろしくおねがいいたします。
良いお年をお迎えください。
[ 2013/12/31 15:13 ] [ 編集 ]
爪が長く本数の多いアイゼンは足を高くあげないといけないので長距離ともなると疲れそうですね。
フカフカの雪でればアイゼン不要な場合が多く、滑って転けそうな凍結や圧雪路面であればチェーンスパイクが最適に思うので、結果的にこれひとつで済みそうですよ。
[ 2013/12/31 15:13 ] [ 編集 ]
チェーンスパイクは昔からありますが日本の湿雪には全く合わないのですが?
『ダンゴが出来ても気づなかいから快適』には大笑いしました(笑)
ダンゴが出来たらアイゼンの意味が無いんですが?
人が怪我する可能性のある商品を安易に勧めるべきではないと思います。
[ 2013/12/31 17:08 ] [ 編集 ]
金剛山で転倒する原因のほとんどはツルツルてんに凍っているところに足をうっかりのせてしまった場合がほとんどなのでチェーンスパイクのような短めの爪で私のような大きな足の裏でもほぼ全体をカバーしてくれるのは願ったりかなったりです。
雪ダンゴ対策についてはkosizさんのアドバイスどおりロウを塗ることにしました。
冬は近場の低山にしか行かないので十分だと思います。
[ 2013/12/31 17:18 ] [ 編集 ]
雪に興味がない
雪に知識がない雪の経験もないのにたいそうな講釈ですね

ハッキリ言いますがチェーンスパイクはダンゴどころかザラメの雪が凍りつくこともあります。

それがどういう事かも解らないんでしょうね…
何度も言いますが人が怪我する可能性のある商品を安易に勧めるのはどうかと言ってるだけです
[ 2013/12/31 17:31 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/12/31 23:57 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございました。
以後、気をつけて記事を書くようにいたします。
[ 2014/01/01 00:16 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ