生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

氷ノ山、あれこれ 

行ったことの無いところに興味を持つのは難しい。
聴いたことの無い曲のCDを買うようなものだ。
観たことの無い映画のDVDを買うようなものだ。
それがそれなりにコストがかかる場合は慎重になる。
ブログ等で写真を見たり記事を読んで少しはイメージしてみるのだが、
「あそこのアレを自分の目でナマで見るのだ!」というような強い思いとなる目的が必要だ。
先週末の氷ノ山の場合はその思いに乏しかったのは事実だ。
それでもなんでもとりあえず行ってみたら、もしかして良いかもよ?という
いわば掛けみたいな部分で未踏の山域に突撃していることはある。
それでもいつも「結果的に来て良かった」という事がほとんどだった。
脳内イメージと現実とのギャップにも驚き、現地で初めて知った事、出会ったモノなどなど。
これだから山はやめられない。
そしてとりあえず行って見たら、思っていた以上に発見が多すぎて
もっと下調べしておけばあそこにも行ったし立ち寄ったのにってことになる。
あまり調べすぎると期待しすぎて現実にがっかりとなるくらいなら、
初回はほとんど無知な状態で行ってみてたくさんの課題を残し、
二度目以降はだいたいの位置関係や距離感がわかっているので
時間配分もきっちりできるし、とことん課題をつぶすことにも専念できる。
そうやって二度目、三度目と続いた今年の山行きのひとつは京都の愛宕山だった。
さてさて今回の氷ノ山、コシキ岩をスルーしてしまったし、ボードー杉という老大木を見逃したし、
オフシーズンのスキー場、鉢伏山まで足を伸ばすぶん回しコースも歩いてみたい。
そんな課題だらけでなので二度目が今から楽しみすぎる。(≧∇≦)
でも山も人との出会いも縁のもの。
ここまで言っておいても行く機会に恵まれないことだって多々あるのだ。


ちゅうごく山歩き 松島宏 氷ノ山
   鳥取県若桜町兵庫県養父市 スケールの大きな山塊

2013/09/12 中国新聞朝刊 32ページより引用

 中国地方で大山に次ぐ高峰が氷ノ山(ひょうのせん)(1509・8メートル)だ。
鳥取県の東端、兵庫県との県境に位置する。300万年前の古い火山でスケールの大きな山塊だ。
 登山基地になっているのは氷ノ山ふれあいの里。宿泊施設「氷太くん」、自然ふれあい館「響の森」、
スキー場、キャンプ場など多目的な施設がある。アプローチは車なら国道29号で若桜町に入り、
国道482号を経て、同町舂米(つくよね)のスキー場を目指す。
JRの場合、山陰線鳥取駅から因美線を経由し、若桜鉄道で若桜駅に。そこから町営バスを利用する。
 時計回りに氷ノ越(ひょうのごえ)コースから登り、三の丸コースを下る周遊ルートを紹介する。
車の場合は、氷太くんかキャンプ場の駐車場を利用させてもらう。キャンプ場東側奥に登山口がある。
熊よけの電気柵を越え、手入れされた杉の植林を進む。沢を渡るあたりから天然林となる。
 登山口から標高差300メートルを登りきると県境の氷ノ越だ。ここは古くから因幡と但馬を結ぶ峠で、
歴史を感じさせる古い石の地蔵がある。避難小屋も設置され、峠から頂上が遠望できる。
 県境の主稜線(りょうせん)を登って行く。素晴らしいブナの原生林が続く。仙谷分岐に仙谷コースが合流する、
岩場のある難コースだ。頂上直下のこしき岩を回り込むとネマガリタケの道となる。
頂上には立派な避難小屋があり、展望トイレもある。
 頂上から南下し、千年キャラボクを過ぎると尾根は屈曲し、天然杉の巨木が現れる。
標高1448メートルのピーク、二の丸だ。
次の三の丸(1464メートル)頂上には木製の展望台がある。
コースは西から北寄りに向きを変え急な尾根の下りとなる。
 やがてスキー場のリフトが現れ、ゲレンデのスロープの中の登山道を下る。
林道に出て500メートルほど進むと国道だ。登り返すとふれあいの里である。
所要時間4時間30分。(広島登山研究所代表=広島市)
Check [ 2013/10/04 20:10 ] その他 | TB(0) |   コメント(4)
どこの山も深いですね。
ルートや四季や天候の組み合わせで
数知れない景色が一つの山で楽しめますからね・・・

本当に深いと思います。
[ 2013/10/05 17:04 ] [ 編集 ]
何度か足を運んでだいたい全体像が分かったつもりでも、
季節を変えるだけで意外な一面にであえますよね。
でも雪山はどこもおなじに見えて仕方がないです。(^^ゞ
[ 2013/10/05 22:28 ] [ 編集 ]
おはようさんです!

氷ノ山へは2度登りましたよ~
私的には三の丸辺りのスノーハイクが最高に楽しかったです!
鳥取側からだとリフトを二本乗り継いで楽チンですしね♪

氷ノ山は今後何度も登る山ですわぁ~
[ 2013/10/07 07:26 ] [ 編集 ]
こんばんは。
まさ吉さんが焼き肉セットの記事は拝見しました。
2度も登られてたのですね!
冬にスノーハイクですか。
それも良さそうですね。
本当に何度でも登りたくなる山かもしれません。
氷ノ山を取り巻く麓などものどかで気に入りました!
[ 2013/10/07 19:01 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
自分とのたたかい
カウントダウンタイマー
第43回チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ