生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

モンベル 『クラッシャブル ランタンシェード』 

20130826-1.jpg
モンベル「クラッシャブル ランタンシェード

高いモノは迷ったあげくに買わないことが多いけど、ケチな小物は衝動買い。(≧∇≦)
そんな塵もつもれば高いモノが買えるかもしれない。(^^ゞ
以前、ソロもんさんが持ってらっしゃるのを気になっていたのを思い出したので
モンベルの店の前を通りかかったついでに購入。

泊まりの山行き遠征では少しでも荷物を軽量化することがかなり重要。
かと言って快適性は損ないたくない。
快適性のためにはチェアだろうがマットだろうがサンダルだろうがいろんなものを持って行くのを惜しまない。
結局、無くても困らないもので重量化。(^^ゞ
昨年の大普賢岳周回(行者還小屋泊)時の山行きがその典型的な例。
レーザー距離計は言うに及ばず、ランタンだけでもヘッデン含まずに3つ。
旧型となったオービットスプラッシュフラッシュLEDコンパクト折りたたみ式ランタンである。
さらにヘッデンは2つ。
買ったものはいつまでも大事にするので、
2008年に買ってまだまだ現役のジーニックスIQコンパクトヘッドランプまで持参。
おかげで快適な小屋泊を楽しめた。
また新たに欲しいと思える光モノが現れたが・・・。

少しでも軽量化したい長距離縦走などの遠征での泊で、
ヘッドランプひとつあればランタンにもできるというものが「クラッシャブル ランタンシェード」である。
使い方はだれもが想像つくほど簡単明瞭で、ヘッドランプにかぶせてドローコードを絞るだけである。
なんたって「クラッシャブル ランタンシェード」は重量わずかに5gである。
丸めたティッシュといっしょに捨ててしまいそうなくらいに存在感が無い。
持っていても持っていなくても感じないくらいに軽いので、所有するという喜びは無い。(^^ゞ
ほとんど紙ふうせんみたいなものである。
紙ふうせん型に変形すれば日中は遊びにも使えるのだが。。。
そんなこんなで小バカにしていた「クラッシャブル ランタンシェード」であるが、
使ってみると意外にも作りが凝っていた。
生地は30デニール高張力リップストップ・ポリエステルを使用だとか。
つまり、最近流行りのウルトラシルナイロンCORDURA(コーデュラ)みたいな素材。
さらにシェードの上部は窪んでいて、内側から見るとアルミ蒸着した円錐形リフレクターになっている。
このリフレクターにより、一点集光型のヘッドランプの明かりが拡散して周囲を優しく照らしてくれる。
これは持っていて損もへちまも無いだろう。
ただし、ゴミと間違って捨てないように。(≧∇≦)
すぐに存在を忘れそうだな。。。

※山での夜は自分の手のひらも見えないくらい暗いので、念のために予備のランプは持っておくべきである。
※最近ではスマートホンのフラッシュライトアプリなども役に立つ。

20130826-2.jpg
広げるとこういう形状になっている。

20130826-3.jpg
内側から見るとアルミ蒸着されて反射板のようになった円錐形リフレクターになっている。

20130826-6.jpg
先日、自分の手のひらすら見えない真っ暗闇の金剛山五合目のベンチで試してみた。
通常のヘッドランプの明かりはLEDの特性上拡散しない。

20130826-5.jpg
「クラッシャブル ランタンシェード」を被せるだけでずいぶんとあたりが明るくなる。

あれ?先日の金剛山から帰ってきてからクラッシャブルランタンシェードをどこにしまったかな??
無い!無い!あった~。汗;(^^ゞ
Check [ 2013/08/27 20:23 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(8)
その為でしたか。なるほどですね。

mont-bell派の私もほしいでが、裏技もありますよ。
コップの中にヘッデンを入れて(on)水の入ったペットボトル
を縦に置きます。するとランタンに早変わりです。

キバラーさんならご存知と思いますけど......。

[ 2013/08/27 21:05 ] [ 編集 ]
そのために登ったのではなくてついでです。
都合のつく時間帯で雨が止んだタイミングで登りました。
撮影は家でやるつもりだったのですが突然思いついたもので。
ペットボトルのランタンは雑誌等で見たことがありますが、ペットボトルはともかく、コップは山に持って行かないですからね。(^^ゞ
[ 2013/08/28 06:58 ] [ 編集 ]
何故買ったのかは判りませんが持っています。
当然 山に持っていったことはありません。
古いヘッデンと共に防災グッズとしてしまわれています(今思い出した)。
取り出して遊んでみます。
[ 2013/08/28 19:03 ] [ 編集 ]
すでに持ってらっしゃいましたか!
防災グッズとして保管されてらっしゃるのですね。
それだと一生に一度あるか無いかの出番ですね!
停電すら無い時代になりましたからね。
もし、災害が起きたとして、
家で被災すれば実質何でもありますが、会社で被災すれば普段は何もグッズを持ち歩いていませんのでやばいです。(≧∇≦)
[ 2013/08/28 21:58 ] [ 編集 ]
キバラーさん、こんばんわ。
クラッシャブルランタンシェードは買うには買ったんですが、ほとんど出番なしです(悲)。テント泊で使っているのはもっぱら、eGear社のスプラッシュフラッシュ!。 スプラッシュフラッシュは付属カラビナと本体をつなげるプラスチックの部分が強度的に弱いのが心配になってきました。
 
 クラッシャブルランタンシェードは、非常にコンパクトゆえに自室で行方不明です・・・。
[ 2013/08/29 23:16 ] [ 編集 ]
こんばんは。
スプラッシュフラシュ、私も同じことを思っておりました。
本体底のリングが付いている部分のプラスチックの部分が経年劣化でポロンと破損してしまうとまったく役に立たないモノに成り下がってしまいますよね。
クラッシャブルランタンシェードはやはりそういう存在なのですね。。。
[ 2013/08/30 00:04 ] [ 編集 ]
2個入れたら強烈にピッカー
3個入れたら猛烈にピッカーですか?

予備ヘッデンは装備されてる方が多いと思いますので
パーティー山行ではさらに使えるアイテムになりそうですね!
[ 2013/08/30 18:02 ] [ 編集 ]
あいにくクラッシャブルランタンシェードにはヘッデン1個しか無理です。
それどころかヘッデンの対応サイズまで決められております。
みなさんすでに使われてなかったり行方不明のようですが、
テン泊に小屋泊に、あると和むと思います。
小屋泊個室でも消灯時間後は真っ暗闇でしたね。
明かりの確保も自己責任ですね。
[ 2013/08/30 21:37 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
自分とのたたかい
カウントダウンタイマー
第43回チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ