生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第319回 (2013.8.24) 

20130824-7.jpg
金剛山頂にて

雨の後、夜の金剛山は涼しく、ひっそり静まり返っていた。

【ルート】
登り:黒栂谷ルート
下山:千早本道


このところ雨を忘れてしまったかのような残暑ひじょうに厳しい晴天つづきであった。
雨は嫌いであるが、さすがにそろそろ降ってくれてもいいんじゃないか?と思っていたら、
なんでまた週末に降るの?!
しかしながら、久しぶりの恵みの雨は野山田畑に潤いをもたらしたことだろう。
雨の合間をぬって金剛山を登ってきた。

林道が作られてから歩いていなかった黒栂谷ルートから。
なんのことはない、カトラ谷と分かれた林道はすぐに終点になる。
終点手前から取り付きがあっておなじみの階段が始まる。
林道終点まで詰めてみたところ、踏み跡らしきものが黒栂尾根のほうに続いていた。
ブッシュが多く、足元が濡れるので一旦戻って黒栂谷ルートから。
登りだし17時前で小雨がパラつくような曇天なので薄暗い。
湿度が高くてじと~っと汗のかくスタートであったが、
それでもセトがすぐそばに迫ってくると風が通って一気に涼しくなる。
セトから先、山頂までもだいたい涼しかった。
山頂18時過ぎの気温は19℃でかなり涼しい。
しばらく休憩しながら写真でも撮ってうろちょろ。
日没が早くなって19時ともなると真っ暗に近い。
ずいぶんのんびりしたところで千早本道からのんびり下山。
ヘッデン無しでがんばっていたが、ヘッデンがあるほうが早く下りれるので途中から使用。
五合目にて、来週紹介予定のグッズの撮影をしていたら
最終便の捺印所の方が下りてこられて
「これから登るの?下りるの?」と尋ねられた。
「下山中です」と答えると何も言わずに下りて行かれた。
七曲りまで下りてきたところで、何やら地面が光っているのを発見。
それもこっちでもあっちでもである。
まさかホタルではないだろうとヘッデンの光を当ててよく確認してみたら
何かの幼虫のようなもののオシリが光っている。
以前も夏場の夜の金剛山を歩いているときに見つけたことがある。
忘れないうちにと、帰ってからすぐに調べてみたら、
「オバボタル」の幼虫だそうな。
成虫は光らないらしい。
勉強になった。
そんなこんなで今週末の山歩きはあっさりと終了。
山頂は涼しかったなぁ。

その他の写真は以下より。
20130824-1.jpg
黒栂谷道から見る「セト」

20130824-2.jpg
「セト」分岐

20130824-3.jpg

20130824-4.jpg

20130824-5.jpg
国見城址広場にある国見灯

20130824-6.jpg
落雷にておよそ一ヶ月止まっていた国見城址広場の電波時計が直っていた

20130824-10.jpg

20130824-8.jpg
山頂売店

20130824-9.jpg
登山回数捺印所
暗くなった金剛山には行ったことがありません。随分と雰囲気が違うのでしょうね。
山頂での写真を拝見すると、いつもはたくさん人がいる場所なのでさみしく感じますね。

私は雨なので山は諦めて、体を動かさないとストレスがたまるのと
山登りの体力維持のトレーニングにと、近所の屋内プールで歩いたり、ちょっと泳いだりしていました。
効果のほどはわかりませんが・・・
雨の日とか、暑くて歩くのが大変な時期とかは、ありかもしれません。

でも、山と較べちゃうと、景色に変化はないし、達成感がないし、開放感もないし、
小さな発見もないしで改めて「山」っていいなと思いましたよ。
結局、プールにいながら「来週末はどのルートを歩くか?」ばかり考えてました。
[ 2013/08/25 14:36 ] [ 編集 ]
週末は残念な天気でしたね。
しんみりさびしい金剛山はけっこう好きです。
慣れた山域だけに勝手がわかっていて精神的なゆとりがあるからできることなのですが。
プール良いですね。
山に(時間的に)行けない時はその手がありますね。
あいにく近所に手軽に行けるような屋内プールがありません。
年配の方で、大病されたのにプールでずいぶん健康になられた方がいらっしゃるので私もチャンスがあれば山と併用したいです。
ランニングは苦手なので。
こんどの休みは天気が良いといいですね。
[ 2013/08/25 20:35 ] [ 編集 ]
ひんやり、ひっそり...少しこわい気がする。
誰も来なくても捺印所は開いているんですね
何時までなんでしょうか?

雨が降ると、山行がお休み
このまま日曜日降っていてほしいと望んでます。
ゆっくりしたいなぁ〜なんて思っているから(笑)
[ 2013/08/26 02:03 ] [ 編集 ]
下山は真っ暗でヘッデンが無いと自分の手も見えないくらいの漆黒の闇です。
はじめて金剛山での夜の山歩きしたときは怖かったですが、今や庭?のようなので平気になりました。
何に怖いのか?と考えたときに、それが何なのか答えがわからないという結論で。
捺印所は19時までです。
時報と同時にシャッターが下りますので1分たりとも待ってくれません。
遠征の翌週末は余韻なのか疲れなのかが残っていて連チャンの遠征は気分的にしんどいです。
たまには雨の日曜日でゆっくりするのもいいですね。
[ 2013/08/26 07:05 ] [ 編集 ]
暗い金剛山歩きはまだ考えられませんわ。
さすが!凄いですね~^^

捺印所の方も19時まで居られるんですね~
初めて知りました。
大変ご苦労なことですネ。

一度暗いうちに登り始めて日出を観たい気はあるんですが・・・まだまだ^^;

[ 2013/08/28 11:52 ] [ 編集 ]
 天候がよくないとはいえ、暗くなるが早くなりましたね・・・

 24、25とも朝に行き二日とも雨で久しぶりに雨の山行きとなりました。

 夕方から行くのもしばらくご無沙汰ですが結構好きです。

 金剛山でお会いできることを楽しみにしてます!
[ 2013/08/28 12:21 ] [ 編集 ]
コメントが前後してしまいました。
すみません。
そうなんですよ。
6時の時報とともに開き、19時の時報とともに閉まります。
1分たりとも待ってはくれません。
目の前でシャッターが閉まって押してもらえなかった人を知っています。(≧∇≦)
あの漆黒の闇はまるで宇宙空間のようですよ。
[ 2013/08/29 07:58 ] [ 編集 ]
コメントが前後してしまいました。
すいません。
ほんとに日が短くなったと感じます。
わずか一ヶ月で。
PL花火の時はもっと日が長かったのに。
土日とも早朝に登ってらっしゃいましたね。
なかなか最近お会いする機会がありませんね。
また遠征もご一緒してください。
[ 2013/08/29 08:02 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ