生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大峰山系 弥山川(双門コース) (2013.7.28) 

20130728-40.jpg
弥山川 双門にて  ※クリックで拡大可

大峰の厳しさすべてがここにあった!究極の全部入りルート!
アップダウンの連続、高所へつり、無数のハシゴ、鎖場、吊り橋、吊りハシゴ・・
一回のミスで奈落の底へ消えてしまうような箇所多数。
長く厳しい道のりだった。。


【ルート】
熊渡(5:40)-白川八丁(6:10)-ガマ滝(6:40)-一の滝(吊り橋)(8:25)-仙人嵓テラス(10:10)-
遭難プレート(10:30)-巖双門(10:55)-沢(12:00-12:45)-河原小屋跡(13:20)-吊りハシゴ(14:50)-
狼平(15:30-15:55)-カナビキ尾根分岐(16:50)-林道(17:50)-熊渡(18:15)


おくればせながら、ついに弥山川ルートを歩いてきた。
大峰山系を歩くようになった初めの頃からこのルートは厳しいルートとしてウワサになっていて
トータルの行動時間が長く、危険箇所も多い上級レベルの難ルートだと聞いていた。
高いところ無理、危険なところイヤ、そして特に最初の頃は早起きもダメという
軟弱派だった自分にとっては将来的にも縁の無いルートと思っていた。
しかしながら、最近になってこのルートのレポートをよく目にするようになり、
昨年あたりにそろそろ登ろうかと思っていたがタイミングが合わないままシーズンが終わってしまった。
ベストシーズンは日没時間が遅い夏場である。
長距離かつ後戻りできない上、途中でエスケープも困難な深い谷の中なので、
夜明けとともに行動を開始するくらいの時間のゆとりが必要である。
出発時間が遅いと途中で日没を迎えることになり、危険箇所が多いために行動不能に陥るのだ。
そんな弥山川(双門コース)は大峰の大自然をこれでもかというほど見せつけてくれる。
特に印象深い仙人グラと巖双門は圧巻だった。

このところ暑くて山に行く気力が減退しかけていたが、前日金剛山でのウォーミングアップで元気を取り戻し、
そのまま夜はぐっすり眠れるだろうと思っていたが、あの弥山川についに行くのだと思うと興奮して寝付けず
とうとう一睡もできないままに起床時間の2時すぎを迎えてしまった。

午前5時40分
みたらい溪谷の奥、熊渡(くまんど)からを起点に林道歩きからスタート。
長い林道歩きの末、白川八丁(伏流水のため水が地表を流れていない白い河原)に着いたのが6時10分。
美しい河原の風景を眺めながら広大な白川八丁をガマ滝まで延々と歩く。
渡渉などを楽しみながら沢を詰めて行った先の右手にはオーバハングぎみの岩壁が現れる。
ガマ滝とやらはどこだ?と思っていたら、突き当りにガマ滝が現れた。
写真で見て想像していたよりは大きく立派だった。
ここまではだいたいイメージどうりだったが、
そこから先はあまり写真では見かけないステージなのでずいぶんとイメージと違ってくる。
ガマ滝からは沢とはいったん別れて左側斜面を登り金属橋を渡りながら進むと
ほどなく予想外のオブジェである人工物、珍しい表面金属張りの堰堤が現れた。
そこからしばらくは小さなアップダウンを繰り返しながら、
錆び付いて沢側に転落しそうな橋や鉄階段、橋の下を歩いたり岩斜面の鎖場などなど
ヒヤヒヤするような箇所をやり過ごしながら進む。
沢から離れてから30分くらいかかって再び沢に降り立つ。
上流に向かうに従ってゴロゴロした岩が大きくなっていくのを感じながら詰めた先は、
写真でよく見る岩登りする難所に出た。
上のほうに見える橋にたどり着くまで家ほどの大きな岩を登っていく。
まだまだ危険な場所ではない。
橋を渡ったら沢からは離れ、延々とハシゴ混じりの登りに転じる。
登り切ってぐるっと回った先には一の滝が目の前に出現し、そのスケールの大きさに驚く。
そこから少し下って最初で最後の吊り橋を渡る。
吊り橋から上を見上げると、遥か上のほうに山が。あそこまで登るのか。。
吊り橋の後は延々と急な斜面を登って行く。
胎内くぐりみたいな岩を抜け、さらに上り詰めていくとついにハシゴが本格的に増えてくる。
ここは橋でしょ、と思えるような水平に設置されたハシゴもある。
どんどん高度感がハンパ無くなってくる。
クサリしかない岩場が登場すると危険度MAX。
次のハシゴまではクサリ一本と岩登りだ。
登り詰めると対岸に絶壁が見えたので「仙人グラはどこ?」と思ったがGPSではまだ少し先だ。
今度はまたハシゴで少し下る。そしてついに仙人グラのテラスに出た。
高度感と絶壁のスケール、滝の落差、すべてが圧巻である。
こんどはまた登りに転じて延々と登って行く。
女性が転落でもしたのか遭難プレートのはめられた岩。
その向こうは高さがわからないほどの深さ。
そこから先も一箇所危険なところもあったりで緊張を強いられる。
再び登りつめるところでGPSを確認すると岩の双門へ行ける地点だった。
等高線からすると50mくらいは下るようだ。
写真で見た、あんなに大きな岩の門だからすぐに発見するだろうとおもいきや少し手こずった。
間近に近づくまでその存在がわからなかった。
そして突然、目の前に現れた双門のド迫力に圧倒された。
写真ではとても表現できるものではない。
双門ではコウモリが飛び交っていた。
再び登山道までの登り返しはきつかった。
そしてさらに登りつめると展望が広がったと思いきや、今度は延々と下りに転じる。
どこまで下るねんと思いながらも下り続け、沢に降り立つのかとおもいきや、
今度は登りになったりを繰り返してこのあたりで相当体力を消耗してきた。
ようやく沢に出たところで大休憩を45分ほど摂ってクールダウンも完了して
すっかりリフレッシュしたところで再出発するも、疲労とザックの重量で
なんでもない場所で足がもつれて少し転落。
多数の擦り傷と打撲。骨折は無さそうだ。背中はザックがクッションになって助かった。
なんとか問題なく歩けそうなので続行。
この時、思った。
このルート、何らかのトラブルに見舞われた場合はビバークの可能性は十分にある。
ツエルトは必要である。
さらにアップダウンを繰り返して大きな河原(河原小屋跡)に出た。
崩落のスケールがでかい。
どこを歩いたら良いかわからない広さであったが、左橋をテープが続いていたので従う。
さらにかなり歩いて沢に下り、いよいよまわりを絶壁が取り囲むようになって八方塞がりになってきた。
岩場を上り詰めていくとついに吊りハシゴ出現。
垂直の部分は良いとして、その上が少し倒れていて高度感が怖そう。
しかしながら左のほうから安全な巻きができた。
その後はすぐに空中回廊。
鉄の棒が出ただけの壁面をクサリを掴みながら渡る有名なステージであるが
ここは恐怖感も高度感もたいしたことはない。
それよりも、もう終わったと思った先には高所のへつりが続き、本当に最後まで気が抜けなかった。
すぐに狼平に出ると思いきや少し距離があった。
狼平小屋到着は15時30分。
休憩トータル2時間くらい。
それにしても時間がかかりすぎた。
しばらく休憩の後、ハイスピードで下山。
カナビキ尾根分岐に到着する直前から右膝が痛くなってきて歩行困難に。
水分を取ったりして軽く休憩し、なんとか歩き出す。
急に雨が降りだしてきた。
それも土砂降りに近くなってくる。
薄暗くなったカナビキ尾根の下山に一時間かかり、林道歩きはとても長く感じ、
そしてようやく熊渡に着いて下山完了。
雨は最後まで止まなかった。

生々しい緊張感のある動画編は後日公開予定。

その他の画像は以下より。 20130728-58.jpg
山と高原地図 for iPhone+GPS軌跡

20130728-1.jpg
熊渡から橋を渡るといよいよ双門コースへの林道歩きだ(05:40)

20130728-2.jpg
林道からトサカ尾山が見えた

20130728-3.jpg
延々と林道を行く

20130728-4.jpg
林道から離れて白川八丁へ

20130728-5.jpg
白川八丁が見えてきた

20130728-6.jpg
広大な白川八丁を行く

20130728-8.jpg

20130728-7.jpg

20130728-9.jpg
石ころが大きくなってきた 渡渉箇所も登場

20130728-10.jpg
あの右手の壁の向こうにガマ滝が隠れていた

20130728-11.jpg
ガマ滝で行き止まり

20130728-12.jpg
ガマ滝

20130728-13.jpg
左側斜面をへつって行く(転落した古い橋が見える)

20130728-14.jpg

20130728-15.jpg
鉄板を張った堰堤

20130728-16.jpg
クサリ場登場

20130728-17.jpg
橋の上は歩けないので下からクリアする

20130728-18.jpg
沢を右下に見ながら斜面をへつって行く

20130728-19.jpg

20130728-20.jpg
再び沢に降り立った

20130728-21.jpg
大きな岩だらけとなった沢を登っていく

20130728-22.jpg
家ほどの大きさの岩がゴロゴロするあの上のほうにある橋まで岩登りだ

20130728-23.jpg
巨石群

20130728-25.jpg
橋を見上げるとあんなところ

20130728-24.jpg
橋にたどり着いた ここからは転落危険な延々と急な登りである

20130728-26.jpg
突然、一の滝が目の前に現れた(写真ではスケールがわからない)

20130728-27.jpg
少し下りると吊り橋(左に一の滝の一部が見える)

20130728-28.jpg
再び急な登りが延々と続く

20130728-29.jpg
ハシゴの登場も多くなってくる

20130728-30.jpg

20130728-31.jpg

20130728-32.jpg
この程度ならまだマシ

20130728-33.jpg
登りつめると対岸には絶壁

20130728-34.jpg
下りに転じる

20130728-35.jpg
仙人グラテラスから恐る恐る覗き込む(たいへんな高所だ)

20130728-36.jpg
対岸はどうしようもない岩壁のカタマリ

20130728-37.jpg
向こうの階段まで岩場をへつる

20130728-38.jpg
深い・・・

20130728-39.jpg
女性の遭難プレート(平成6年)

20130728-41.jpg
秘境 岩の双門

20130728-42.jpg
登り詰めたと思ったら激下り

20130728-43.jpg
振り返るとさきほどの橋

20130728-44.jpg
やっと沢に出てまた登り返して下りて登って下りて・・沢

20130728-57.jpg
つかの間の平穏・・

20130728-45.jpg
流された河原小屋跡のあった付近は大崩落現場

20130728-46.jpg

20130728-47.jpg

20130728-48.jpg

20130728-49.jpg

20130728-50.jpg
岩壁で八方塞がりになってきたらいよいよ終盤

20130728-51.jpg

20130728-52.jpg
名物の吊りハシゴ(左のほうから安全に巻ける)

20130728-53.jpg
狼平到着(15:30)

20130728-55.jpg

20130728-54.jpg
狼平小屋

20130728-56.jpg
カナビキ尾根分岐(雨が降りだしてきた)
Check [ 2013/07/29 22:46 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(14)
弥山川には数回行きましたが
双門は、まだ見た事がありません・・・
デカイですね。登れそうですね・・・
一度行ってみたくなりました!

しかしココは何が一番凄いかというと
『登山道を整備された方達』と思います。
[ 2013/07/30 10:00 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした。
毎回的確にレポートされる文章力には毎回感心します。
見習いたい者ですが出来ませんね。
私は2010年から未だに行けてません。
是非とも今年中に行きたいと思ってますが・・・・・
>しかしココは何が一番凄いかというと
>『登山道を整備された方達』と思います。
中村様の仰る通りですね。
35年ほど前に行かれた先輩の話だと今では想像もつかない
様子でした。
私達が日帰りで行けるのも天川村や県のおかげですね。
[ 2013/07/30 12:46 ] [ 編集 ]
>このルート、何らかのトラブルに見舞われた場合はビバークの
>可能性は十分にある。ツエルトは必要である

最近、このルートのレポがネット上に溢れんばかりですね
その多くが、楽しく気軽に秘境感を楽しめるようなお気楽内容
時には遡行タイムを誇るような危ないものも散見されます。
人気ブロガーでもあるキバラーさんが、このように危険なルート
であることをきちんと記してらっしゃることに、ほっとしております
河原小屋エリアの崩壊した姿は胸が痛みます
動画も楽しみにしています。
[ 2013/07/30 16:06 ] [ 編集 ]
ついに行かれましたか?! それも単独で!!
すごいです。
金剛山から始まって、様々な山を踏破された経験あってこそのことなのでしょうね・・
ここがなかなか行けない難所なのは、おっしゃる通り、何かアクシデントがあれば日帰りでは下山できないかもしれない・・という不安があるからと思います。
>このルート、何らかのトラブルに見舞われた場合はビバークの可能性は十分にある。ツエルトは必要である。
まさしくその通りと思います。
充分な装備と自信ができれば、私も挑戦したいと思います。
[ 2013/07/30 18:58 ] [ 編集 ]
依然から未踏だとお聞きしておりましたので、行かれるなら
やはり日の長い夏だと思っておりました。
おめでとうございます。

お写真に動画も撮られていますよね。
余裕を感じました。
昨年の夏私も無謀にも単独で行きましたが、途中からは不安感、孤独感、あせりなどで楽しむ事はあまり出来なかったですね。

キバラーさんの胸の内にはかなりの余裕がすでに出来ていたように
感じましたよ。

動画楽しみにしております。
[ 2013/07/30 21:15 ] [ 編集 ]
数回も行かれてましたか。
双門は見つけにくいですが、写真よりさらに迫力があります。
登れるというような形状ではなかったです。
平らなところではなく坂道の途中にある感じです。
あれだけ無数のハシゴを誰がどうやって設置されたんでしょうね。
こんなルートは私の知る限りでは他に無いのではないかと思いました。
疲れが癒えるとまた行ってみたくなります。
[ 2013/07/30 22:40 ] [ 編集 ]
ありがとうございます!
昨年、いや一昨年ころからいろいろ情報をいただいておりながら
なかなか実現できなかったので悲願でした。
西口に抜けるほうがハードでしょうかね。
大雨のカナビキ尾根の心が折れました。
今年ぜひ歩ける機会に恵まれますことを願っております!
[ 2013/07/30 22:40 ] [ 編集 ]
メッセージありがとうございます!
大峰の難ルート、バリエーションで検索すると
必ずスロトレさんの記事がヒットするほど
大峰を愛してらっしゃるスロトレさんからそう言っていただけると嬉しいです。
いつも脚色することなく、失敗も含めてありのままに書いております。
記憶が薄れないうちに殴り書きですが。
ツエルトもそうですが今回はいろいろと教訓がありました。
動画はウエアラブルカメラが揺れて見苦しいですがご覧いただけると幸いです。
[ 2013/07/30 22:41 ] [ 編集 ]
なかなか体力がいる山行きでした。
初めてだったからでしょう、緊張と興奮でかなり疲れました。
今までの山歩きでいちばん疲れたかもです。
もちろん先日の富士山よりキツかったです。
二回目以降だと勝手がわかっているので多少は楽できるかもしれません。
ツエルトもそうですが沢の水を浄化する浄水器もあればビバークに最適だと思いました。
こんなにも刺激的で後戻りできないサバイバルなルートは他に無いのではないかと思います。
疲れが癒えてくるとまた行きたくなってきました。
私以外に見かけた方は単独行が多く、ザックは20リットル程度の軽装の方ばかりでした。
今回、重量や装備も足かせになりました。
[ 2013/07/30 22:42 ] [ 編集 ]
オガワさんから昨年のあわや遭難の体験談をお聞きしていても
早立ちすれば大丈夫だと思っていたのですがぎりぎりでした。
まったく心のゆとりはありませんでした。
緊張の連続で、歩くだけでも疲れるのに気疲れまで。
今までの山歩きでいちばんキツかったです。
2回目だと余裕が出てくるかもしれませんが。
幸い単独行やグループの方など計10人くらいをたまに見かけましたが
私のようにゆっくり休憩しているような方はいらっしゃいませんでした。
なので最後のアンカーでした。
そうなると不安と孤独でひとり閉じ込められたような焦りが出てきますね。
そんなわけで行動時間も長くなって狼平では誰もおらず、
下山ルートもまったく人に会わなかったので怖かったですよ。
[ 2013/07/30 22:42 ] [ 編集 ]
キバラー様
大峰山系凄いコースがあるんですね(^_^;)
いつも新しいコースを楽しませてもらってますm(__)m
T夫妻は月曜日の白山を中止し、日曜日に北八ヶ岳(縞枯山)に日帰り登山してきました。月曜日は長野辺り大雨でしたね(^^;)T夫妻はまだまだ初心者なので無理せず長く続けられるように慎重に行動しないと!
前回紹介されていた椅子を相方が購入希望してました。また便利グッズ教えて下さい。
[ 2013/07/30 23:18 ] [ 編集 ]
こんばんは。
いつもありがとうございます!
八ヶ岳は今年行く予定をしておりますがかなり大きい(広い?)みたいですね。
日帰りで可能なのですね。
天候不安定の中、ご無事で何よりです。
私も涼しい山に登りたいです。
チェアは山では平たいところがなかなか無いのでお役に立てるかどうかわかりません。
何せ重いです。(^^ゞ
またグッズの紹介させていただきます。
どこかのメーカーに作ってほしいグッズも考案したんです。
[ 2013/07/30 23:47 ] [ 編集 ]
念願の弥山川でしたね。
それも双門まで行って・・・
セルフの写真が多いので時間がかかったと思います。
よく撮れています。\(^^@)/
[ 2013/08/04 23:40 ] [ 編集 ]
ご一緒できずに残念でした。
自分撮りはかなり面倒です。
狼平からの下山の頃には三脚を出す元気も無くなってました。(^^ゞ
弥山川は思っていた以上に長かったです。
写真ではみなさん撮らないような単なるアップダウン箇所が実際にはたくさんありましたね。

[ 2013/08/05 06:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ