生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

山と溪谷社 『山と溪谷 2013年8月号』 

20130718-1.jpg

副題より
 特集「現場から考える遭難しないためにできること」
 なぜそうなんしたのか。どうすれば防げたのか。
 生還者の話と現場を歩いた取材を通じ、
 リアルな遭難対策を考えます。


遭難多発する北アルプスの現場や、身近で起きた遭難事例など興味深い内容。
目次を見て中身を見ることなく購入を決めた一冊。
これは永久保存版であると思う。
遭難を知ることで山を知る、対策を知る、装備を知る、そして予防へとつながる。
大峰山系の釈迦ヶ岳から前鬼に下山する過程での遭難事故

20130718-3.jpg

これは過去にもこのルート上で(場所は違うが)別の遭難が発生している。(「生還」という本になっている)
2011年10月、前鬼からピストンした帰り道、近道だと思って沢をそのまま下りようとして
うっかりあらぬ方向へ行ってしまいそうになる経験をした。
はたまた、鈴鹿山系の御池岳に登りに行くきっかけになったヤマレコでの有名な遭難事故

20130718-4.jpg

8月号ではこれらの大特集が組まれている。
その他には、モントレイルの登山靴のテストレポートや、(行ってきた後だけど)富士山の特集などなど。
というわけで久しぶりに雑誌を買ったという次第である。(≧∇≦)


<目次>
  北アルプスの遭難現場から
   ・その1 ヘルメットのおかげで助かった命  穂高・畳岩尾根ノ頭での事例
   ・その2 北穂高岳周辺の遭難現場を検証する
  北アルプス穂高岳遭難MAP
  今こそ学ぶ遭難事故対策
  遭難事故現場を歩く
   ・その1 幻覚に翻弄された6日間  大峰山脈・釈迦ヶ岳の事例
   ・その2 脱水と意識混濁の果て、奇跡の救助  鈴鹿・御池岳ゴロ谷の事例
  道迷いを防ぐ基本的な歩き方
   ・岩稜編 岩場のペンキマークは頼れるか?
   ・低山編 道迷いを防ぐ「視線」を身につける
  遭難当事者が語る 「運命の分岐点」  奥秩父・和名倉山の事例
  山岳保険をどう選ぶか

ぐるっと周回夏山縦走ガイド
 ・中央アルプス・越百山~空木岳
 ・南アルプス・聖岳~赤石岳
 ・北アルプス・種池~針ノ木岳
 ・尾瀬・燧ヶ岳
 ・新潟県・火打山~妙高山
 ・南アルプス・甲斐駒ヶ岳~早川尾根
 ・石川県/岐阜県・白山
日本山岳遺産キャンペーン2013
いま見直したい「富士山」
 ・[歩く] 村山古道と須山口登山歩道
 ・[知る] 新・旧 富士山 登山道完全MAP
 ・[今後を考える] 世界文化遺産について考える
 ・[話を伺う] 富士山本宮浅間大社 宮司 中村□彦さん
穂高に建ちて90年 常に革新を続ける穂高岳山荘
週末に楽しむローカル低山 郷山めぐり
・滋賀県 烏谷山など

関係ないけど、目次をめくるとすぐにこの広告。
自分が現在愛用していていちばん気に入っている登山靴がこんなに堂々と!(≧∇≦)
20130718-2.jpg
地面を捉えて、滑らない
Check [ 2013/07/18 21:01 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(6)
ヤマケイの取材前にyuconさんとうちのメンバーとで現地へ行きました。
その日は季節的に新緑シーズンに漸く入ったって言うぐらいだったのでどこに居ても周りの地形がはっきりと確認できたので自分の居場所はGPS無しでも平気でしたが彼が遭難した時は木々が鬱蒼としてて回りが全く見えない状況だったと現地で聞きました。
その場でグルット360°回れば次はどっち?みたいな感じだったんだろうと安易に想像できるような場所だったし前方の尾根へ取付くより明らかに谷へと下る方が正解な様にも見えました。

どこの山でも一緒ですがある程度 通うってのが一番の安全策でしょうかね?
7年前から登りだした金剛山でも初めての妙見谷はビビりながら登ったもんなぁ~
[ 2013/07/19 07:57 ] [ 編集 ]
ほんの小さな偶然が重なって遭難するんでしょうね。
所詮、遊びで山登りしてたんやから自業自得と言われそうな、最近の世論ですが。
どこぞのキャスターの様に、太平洋沖で助けられて初めて感謝・理解することのないように生きて行きたいです。
皆で助けあって生きてるんだから!
自然相手だと1人の人間では、どうする事もできないですね(≧∇≦)

でも、やはり自分自身で対策できる範囲で楽しく登山していきたいと再認識しました。

なんか暗くなりますね、、、

楽しい事の裏には必ず、悲惨な出来事がありますね。
[ 2013/07/19 10:51 ] [ 編集 ]
ヤマレコのほう、行かれた後に拝見しましたよ。
びっくりしました。
ご本人とあの場所を歩かれてらっしゃったので。
おっしゃるように通い詰めると、あんなにびびってた山やルートが
なんでもなくなるもんですよね。
私はツツジオやカトラの難所を初めて歩いた時はなんとデンジャラスだと思いました。
慣れって良いのか悪いのか、ですね。
[ 2013/07/19 21:06 ] [ 編集 ]
そうですよね。
慣れた山であっても悪天候、雷、落石などなど
不運が重なると命を落とすことも。
先日紹介の本じゃないですが、運と縁ですよね。
[ 2013/07/19 21:06 ] [ 編集 ]
こんばんは。
先日の弥山から川合への下山途中栃尾辻手前で大雨に会い
ちょっとしたトラバースで滑りとっさに片手で木を握り締め
なんとか滑落を免れた次第でしたよ。
(落ちていれば100m完全に遭難でした)少しの間動けず足が
震えているのを感じましたよ。

事故は下山時に9割と言われる事を身を持って感じた次第です。

天候にも影響されますが歩き慣れた道こそ怖いですよね。
[ 2013/07/19 22:13 ] [ 編集 ]
こんばんは。
え~~、大丈夫ですか??
栃尾辻手前にそんな危険なところありましたっけ??
ご無事でなによりです。
ホッとしました。
何事も無くてよかったです。(@@)
記事にはそんな記述がなかったので驚きました。


[ 2013/07/21 22:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ