生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大峰山系で遭難事故発生! 

20130703-1.jpg

やたらと大峰山系で遭難に遭遇される事の多い、ブログ「低山徘徊者の徒然日記」ののぶさんが、
またまた遭難事故に遭遇されたそうです。

単独女性が遭難された頂仙岳は、狼平小屋から弥山に向かう途中に振り返ると眺めることができ、
その山容は美しいという印象を持ったが、実際に山頂へと行ってみると登山道から外れており、
登頂後に近道をしようとしてあわやまったく違う方向に向いていて、あのときにGPSを持っていなければ
あわや道迷いをするところであった。
遭難者は頂仙岳から道迷いの末、弥山川(双門コース)の河原小屋跡のほうへと下ったことになる。
弥山川(双門コース)は登り専用とされていて、40箇所を超えるハシゴの連続の厳しいルートであるらしい。(未踏)
双門コースは狼平までの所要時間が6時間以上に及ぶ長丁場のコースであることから
狼平平河原小屋跡付近からナベの耳のほうへ向けたエスケープルートもある。
このエスケープルートには乗ってなかったものと思われるが、滑落するようなところがあるとすると
非常に危険なところが多いはず。
なにより無事で良かった。
それにしても山にチーズバーガーを持って行くという発想はこれまで無かったなぁ。
今後の参考にしたい。

2日間遭難64歳救助 奈良の山中
2013/07/03 産経新聞 大阪朝刊 26ページより引用

 2日午前8時15分ごろ、奈良県五條市大塔町篠原の頂仙岳で、
登山中の兵庫県尼崎市のパート従業員の女性(64)から、
同県天川村役場に「沢に落ちて動けない」と通報があった。
県防災ヘリが女性を発見し、同日午後0時45分ごろ救出した。
女性は肋骨(ろっこつ)を折る重傷だが、命に別条はないという。
 奈良県警中吉野署によると、女性は6月29日~7月1日の日程で天川村から入山。
道に迷い、6月30日午前11時ごろ滑落。当初は携帯電話の電波が入らず、
持参していたチーズバーガー1個とお茶で飢えをしのいだ。
7月2日朝、携帯電話の電波がつながり、通報したという。
Check [ 2013/07/03 21:37 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(2)
とにかく無事で良かったです。

ちなみにこの地図に載っている「ナベの耳」
河原小屋跡への線が薄く記載されていますが間違いです。
ココ下ると大変な苦労をします。
実際はもう一つ北側の鞍部から1598Pを巻くように下っていきます。
ナベの耳から下れるという情報だけでこの地図をみると間違って行っちゃいますよね。

今回の遭難もコレ?だったりして~
[ 2013/07/03 23:21 ] [ 編集 ]
大普賢の遭難事故につづいて二度目でしたね。
昨年GWに遭難された西岡保さんも頂仙岳近辺だと私は推測しております。
まだ見つかっておりませんでしたよね。
遭難情報はどこかにまとめて掲示してほしいですね。

弥山川ルートからナベの耳方向へのエスケープルートの詳細情報をありがとうございます。
なるほどこの線を辿って遭難されたのかもしれませんね。
[ 2013/07/04 07:07 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ