生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大峰山系 天女の舞 (2013.4.20) 

20130420-0.jpg
天女の舞にて

今年初の大峰山系は寒くてまだ冬枯れ中だった。

【ルート】
天川村川合(7:10)-鉄塔-門前山-鉄塔-林道-登山道合流-栃尾辻-天女の舞-
(バリエーションルート)-林道-熊渡-天川村川合(17:00)

※展望を眺めたり自分撮りしたりのんびり休憩したりのコースタイムは参考にならないので省略

【狙いどころと結果】
・天川村起点の未踏部分をつぶす(川合~坪ノ内林道)・・・達成
・天女の舞から見える美しい尾根を歩いて下山・・・達成


天気予報があやしい事を言っていたので遠征は中止。
夕方16時台には雨が降りだすかもしれない予想。
そろそろ雪も溶けた頃だろうし、高速を使わずに行ける近場でおなじみの大峰山系で
未踏区間をつぶすことにした。
ピークを目指すのではなく、天女の舞でのんびりお昼を過ごすというもの。
予想通り人には合わずで貸切だった。
チャレンジ登山ではハードな歩きをしたので、今日はずいぶん楽ちんかなぁと思ったが
結果的にけっこうたっぷり歩きになったみたいで帰ってきたらバタンキュー。

午前7時、天川村役場の広い駐車場(無料開放)に到着したときには車は一台だけ。
10分後には取り付きへ。
予想通りの植林の中を進む。
想像と違ったのは、もっと薄暗いと思っていた植林地帯が明るい雰囲気だった。
ほどなく最初の低い鉄塔のところに出ると、開放感があって観音峰方向が一望できたが
まだまだ高度は低い。
しばらく眺めていたが先へと進む。
チャレンジ登山では距離を伸ばすために周りに目もくれずにひたすらせっせと歩いたが
普段の山歩きもそんなペースで歩いていたらナニカを見落としそうでもったいない気がする。
でもそんなペースで行動距離優先の山歩きもしてみたいような気もする。
それでも気になるものを発見したらけっこう留まってしまうんだよなぁ。
山と高原地図で926mのポイントまで来ると登り切った感じであとは穏やかに徐々に高度を上げてゆく。
坪ノ内林道に合流する直前の鉄塔は見晴らしが良く、観音峰はもちろん、
大日山、稲村ヶ岳やバリゴやの頭も一望できた。(ここで動画撮影テスト)
あまりに眺めが良かったので長時間滞留してしまった。
ここでお昼にしたいくらいだった。
そこから少し登ると坪ノ内林道に合流である。
合流直前に登山道と平行して左側にも林道が登ってきていて同じく坪ノ内林道に合流していた。
左側の林道を下っていくとどこまで通じているのか気になった。
坪ノ内林道はというと、2011年9月の台風の影響でたいへんな被害を受け、
復旧の見通しがまったく立たない林道である。
同じ年の2011年6月にはまだこの林道でヘリポートのそばまで車で乗入れることができたので
八経ヶ岳を周回するには最適な登山口だった。
それが叶わなくなった今となっては天川村川合から登るしかなく、
近畿地方最高峰で百名山である八経ヶ岳まで歩くと7時間ほどかかる。
トレランモードで行かないと無理な距離であるし、帰りも同じくらい時間がかかると思うと
とてもじゃないけど弥山(みせん)で泊まらないときつい。
そういうわけで今日は最初から弥山どことか狼平まですら行く気は無く、天女の舞でのんびりする
というのが大目標であった。
遭難碑やヘリポートのある登山道はスルーし、並走している坪ノ内林道を利用して少しでも距離を伸ばす。
登山道に取り付いてから栃尾辻の避難小屋を過ぎて少し登って登山道から外れたところに天女の舞がある。
スタートしてからおよそ4時間後の11時前に天女の舞に到着。
朝食を食べてから7時間後だったので腹ペコ。
例によって寒かろうとコンビニカップ麺と家から持ってきたサンドイッチでお昼を摂りながらボケ~と過ごす。
太陽が出ている間はフリースを着てちょうど良い気温で虫もまだ飛んでなくて快適そのものだった。
こっち方面は坪ノ内林道が使えないので不人気となってしまったみたいで予想通り誰も人が来ない。
金剛山や愛宕山のような一般登山道が人が必ず居る山とは持っていくものが異なる。
こんなところでトラブルがあっては遭難必至なので荷物はフル装備となってしまって重い。
アマチュア無線機のスイッチを入れてみると、ちょうど名古屋大学の方が比叡山レピーター経由で
CQを出されていたところだった。他にも六甲アイランド付近の船からも入感がありメリット5だった。
山の上からは驚くほど電波が飛ぶが、谷や沢となるとこれがほとんど通じなくなるんだよなぁ。
そんなこんなでザ・チェアに身を預けてるといつまでも休憩してしまいそうになるので
前から気になっていた天女の舞から伸びる美しい尾根を歩いて下山することにした。
美しいと思ったのは天女の舞から眺めた印象であって、実際に行ってみたらそうでもなかった。(^^ゞ
そしてほどなく寂しい森の中へ。
鉄山を思わせるような不気味な感じの部分あり~の、木につかまりながら降りる斜面あり~ので、
だんだんと植林地帯になり、平らなところに出るとあっちにもこっちにもテープがあってどっちに行くのが最適か迷う。
進もうとする方向をGPSで確認しながら下っていくとやがて廃林道に出た。
廃林道は大きなつづら折れとなっていて下るのに時間がかかる。
そしてようやく下り着いたところはカナビキ尾根の取り付き(弥山川ルートの白川八丁方向分岐)の場所だった。
ここから熊渡までの林道歩きも長い。。
ようやく熊渡に到着して、国道309号の舗装路歩きになるとポツリポツリと雨が降りだしてきた。
昨年買ったモノで山行きで最も活躍し続けているグッズ「クロムドーム」がさっそく今日も活躍。
みたらい渓谷まで戻ってくると、遊歩道が気になって行きかけるも、高いところ苦手なので退散。(^^ゞ
さらにさらに歩いて赤い橋を渡って地元道を歩いてようやく駐車地の天川村役場に帰着。
帰りは天の川温泉で温まりに行くと知人と遭遇した。
それにしてもたっぷり歩いたなぁ。そして寒かった。

その他の写真は以下より。
20130420-1.jpg
GPS軌跡 + 山と高原地図 for iPhone

20130420-2.jpg
天川村役場から出発してすぐの取り付き

20130420-3.jpg
天川村役場が向こうに見える。この運動場を突っ切ったら近道だった。

20130420-4.jpg
この看板が見えたら右へ。民家の横みたいなところを抜ける。

20130420-5.jpg
ちょっと薄暗い、竹まじりの植林地帯

20130420-6.jpg

20130420-7.jpg
左側下には不気味な池が。。

20130420-8.jpg
登るに連れて明るくなってきた。

20130420-9.jpg
最初の低い鉄塔(2本建っている)

20130420-10.jpg

20130420-12.jpg
松の木まじりの快適なトレイル

20130420-13.jpg
左から右へと進む(正面を上ると門前山)

20130420-11.jpg

20130420-14.jpg
二股になった松の木

20130420-15.jpg
巻き道があったが展望を求めてこのピークを登り切るが展望は無かった。

20130420-16.jpg
坪ノ内林道まであと少しという手前の鉄塔が見えてきた。

20130420-17.jpg
展望は抜群であった。

20130420-18.jpg
見上げると幾何学的な構造

20130420-19.jpg


中古で買った2年落ちのソニー「DSC-HX7V」のフルハイビジョン撮影ズームテスト。(≧∇≦)
稲村ヶ岳、間違ってる?!

20130420-20.jpg
坪ノ内林道(不通)に合流。

20130420-22.jpg
ファイントラックのメッシュグローブ・・・もしやnikkor14dさんの落し物とかじゃない?!

20130420-21.jpg
このガードレール下にアスファルト舗装路が見えるが完全に崩落している。

20130420-23.jpg

20130420-24.jpg
この落石痕は以前からある。

20130420-25.jpg
栃尾辻までの快適なトレイル

20130420-26.jpg
栃尾辻の避難小屋

20130420-27.jpg
落葉したままなので明るい

20130420-28.jpg
天女の舞に到着。

20130420-30.jpg

20130420-29.jpg
稲村ヶ岳が見えるあっちの尾根を歩いて下山する。

20130420-31.jpg
その気になっていた尾根がコレ。眺めてると美しいが。。

20130420-33.jpg
実際に行ってみたらこじんまりしていた。展望は良い。

20130420-32.jpg
はるか向こうに金剛山(左)と葛城山(右)が見える。寒いのでフリース。

20130420-34.jpg
美しかった尾根を外れるといきなりこんなかんじ。

20130420-35.jpg
やっと植林地帯へ。

20130420-36.jpg
そういえば天女の舞では比叡山レピーターからのデジタル波がメリット5で入感していた。

20130420-37.jpg
カナビキ尾根の取り付き(白川八丁への分岐)のところに下りてきた。

20130420-38.jpg
トサカ尾のこちらがわは崖っぷちだらけ。

20130420-39.jpg
双門コース(弥山川ルート)に新しい注意看板?!

20130420-40.jpg
白倉トンネル上の遊歩道を歩いてみようと行ってみたが高いとこ怖いのでやめた。
Check [ 2013/04/21 22:14 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(11)
天女の舞から熊渡ですか、さすがッス:-)
ちなみに、メッシュグローブ落としてないっす(笑)
[ 2013/04/22 00:38 ] [ 編集 ]
情けない話ですが、ダイトレで山登りは腹いっぱい状態です(笑)
天気が悪かったのと用事があるのとで山登り戦意喪失していました。キバラーさんを見習うようにします!
[ 2013/04/22 12:51 ] [ 編集 ]
広大な景色ですね〜

結構歩いているようにみえますが?
昨日は金剛山へ登りに行ったけど
お山歩 感覚でした。
チャレンジの後だから、物足りないです。

あ〜大峰、魅力的です☆
[ 2013/04/22 14:51 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/04/22 18:26 ] [ 編集 ]
天女の舞に行くには、このルートはいいですね!
ピストンじゃなくて、周回で行けるし・・・
そこそこ距離もあるみたいで歩いた感もありそうだし・・・
でもでも、キバラーさん 「天女の舞」はブナ林なので
新緑の季節の5月中旬以降が見頃ではないでしょうか?
そろそろ、大峰の季節が始まりますね。
[ 2013/04/22 20:05 ] [ 編集 ]
メッシュグローブを見た瞬間、ニッコールさんのだとピンときましたが
違っていたようでたいへん失礼しました。
ニッコールさんが早駆けでよく使われるルートなので。(^^ゞ
歩いてみてわかりましたが、弥山を抜けて山上ヶ岳から母子堂への周回なんて
ありえない距離でした。(@@)
狼平まですら行く気になれずにお腹いっぱいになりましたよ。
[ 2013/04/22 20:36 ] [ 編集 ]
ダイトレでの満腹がまだ効いてらっしゃいましたか。
たまにはだら~としてゴロゴロ過ごす週末も心地良いかもと思いつつも
日頃のストレス解消に行ってまいりました。
のんびりしずかに堪能できて良かったです。
人の居る賑やかな山も誰も居ない山もどっちも好きなんですよ。
(≧∇≦)
[ 2013/04/22 20:36 ] [ 編集 ]
けっこう歩いたみたいで眠かったです。
ハードであればあるほど終わった後の眠気がハンパ無いです。
チャレンジ登山でせっかく許容量が大きくなった直後に
ゆるゆる歩きじゃ物足らないかもしれませんね。
でも一週間も経つと私の場合はその勢いは無くなってしまいました。
土曜日の登山は金曜日まで仕事の疲れが取れないまま行くことになるので
ちょっとしんどいです。
[ 2013/04/22 20:36 ] [ 編集 ]
日曜日は予想よりも早く良い天気に転じましたね。
天女の舞まででしたがたっぷり歩くことになったみたいで疲れました。
ドーピング無しなので余計に。(^^ゞ
チャレンジ登山のアミノバイタルはだいぶ効いてましたよ。
今回はカナビキ尾根を嫌って気になっていたバリエーションで降りましたが、
次に歩くとしたらやっぱりカナビキ尾根を選びます。(^^)v
冬枯れして葉がなくて遠くを望める明るい山はけっこう好きなんです。
大峰はほとんど歩いたので、これからどこを歩けば良いのか難しいです。
orisさんの考えるプランはいつも非常に興味深いです。
[ 2013/04/22 20:37 ] [ 編集 ]
先ほどはコメントありがとうございました。

このコース私もちょこちょこやっています。
狼平まではちょっと時間的にきついですよね。

最後の遊歩道は川の対面だけで最後は赤い橋に合流しますよ。
車道歩きよりもこちらの方がまさしく遊歩道でいい感じですよ。

大峰はまだまだ寒そうですね。
[ 2013/04/22 22:15 ] [ 編集 ]
遊歩道ですが行きかけて川をまたぐところで。。。
この先もこんなのばかりあったらかなわんなぁ
疲れてるし、雨やし。。ってことで撤退しました。
赤い橋との合流箇所も確認しました。
みたらい渓谷そのものの遊歩道もかなり高所を通ってますね。
高いところ苦手なので無理です。
ヤマレコデビューこれから楽しみにしています!
リンクさせていただきました。
[ 2013/04/23 22:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ