生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

京都北山 愛宕山 <パートⅡ> (2013.2.24) 

20130224-0.jpg
愛宕山にて

第二の金剛山というか金剛山の長距離版。
だんだんとハマって行く自分。


【コース】
駐車地-試峠-清滝-(渓流沿い)-落合-(米買い道)-保津峡尾根道合流-表参道合流-
水尾わかれ-総門(黒門)-境内(お昼)-愛宕神社-(月の輪ルート)-月輪寺-林道合流-
清滝-試峠-駐車地


前回の愛宕山はまだ二週間前のことである。
温泉の値段高いわ、人は多いわ、市内は帰りに渋滞。
そこのところを我慢すれば通い詰めたい山域である。
寒い冬山はどちらかというと苦手である。
とにかく寒がりである。
美しい雪景色や樹氷との交換条件とする雪山での寒さ。
じっとしていると耐え難い寒さや風が通る中では食事どころではない。
歩くのもままならないツボ足やラッセルも「こんなところで何してるんだ自分」と思ってしまう。
そういう点では本当に山が好きか?と問われると山中を障害無く歩きたいだけなのかもしれない。
運動したいだけなのかもしれないと思うことがある。
この冬、愛宕山が金剛山に次いで気に入ってきているわけがそこにある。
歩けたら確実に山頂まで行けて、お昼を摂るのに雨風しのげる休憩所がある。
つまり山頂にはオアシスがある山。
金剛山や葛城山や六甲山や御在所岳は山頂に売店や食事のできるところがある。
しかしながらロープウェイや車で行こうと思えば楽してたどり着ける。
愛宕山は自分の足でないと行けないのに山頂にはオアシスがある。
そんな山って他にはなかなか見当たらないのではないか?
それでいて無数にルートがあって、そのどれもがけっこう長い。
たっぷり歩けてゆっくり休憩できて・・・。

京都が近づいてくるとどんより曇り空が迫ってきて、市内に入ると湿った雪が降っていた。
前回とほぼ同じくらいの時間に隧道手前の無料の駐車地に到着するも雪。
こんな日に限ってレインウェアを忘れる。
駐車地にはつぎつぎと車がやってきて登山者が出発していく。
重い腰をようやく上げて前回より30分遅れの8時頃にようやく出発する気になった。
今日はあまり山に登る気力が無いことに気づいた。
そうこうしていると横に止まった車からレインウェアどころか薄着の男性が出てきた。
話しかけてみると毎週愛宕山を登っているとのこと。
今日は保津峡からの尾根ルートを登ってみたかったので自分の行こうと思っている方向が
正しいかどうか訪ねてみたところ、もっと良い道があるという。
それは一旦清滝(表参道の登山口がある)まで行って渓流沿いを歩くと
車道を歩くより自然があふれてて良いとか。
今日はイベントがあるとかで急いでらっしゃって表参道を登るということなので
途中までご一緒させていただこうと歩き出したが、トンネルの中を抜けるという。
昔は鉄道が走っていたという隧道は狭く市バスなんかも抜けてくる。
へたしたら轢かれてしまいそうな狭さな上に排ガスたっぷりそうなので遠慮して
隧道の上を巻く試峠(こころみとうげ)を越えて清滝に降りるからと断って男性と分かれる。
その男性は飛ぶようにトンネルの中を駆けて行った。
試峠を歩いての巻き道は登りがあるものの距離的にはトンネルを抜けるのにくらべて
そんなに特別に長くなるわけではなかった。
トンネルの反対側にたどり着いたところが市バスの終点停留所でありトイレもある。
そこからさらに清滝のほうに下っていく。
保津峡から登るにしてはずいぶんと遠回りになるので失敗だったかなと思ってしまう。
男性から聞いた赤い橋があったが渓流沿いの道がよくわからず、そうこうしているうちに
表参道登山口に達してしまい引き返す。
再び赤い橋のたもとで表示板をよく見ると、川べりへ降りて川沿いを行き、
歩道橋のような橋を渡って対岸へ渡り、あとは渓流沿いに行くようである。
なんともめんどくさいが、そんな思いは一瞬で吹き飛んだ。
なかなか情緒のある光景に目を奪われ、冬ではあるが渓流沿いはなかなか趣がある。
歩いているとそれなりに変化に富んでいて楽しいが、なかなか落合にたどり着かない。
スタートしてから3kmとけっこうな距離を歩いてきたがウォーミングアップにしては長すぎる。
それなのに標高は60m程度でまったく高度が上がっていないのだ。
これからまだ920mのところまで登らないといけないというのに何してるんだ自分?みたいな。
ただでさえ今日は山に登る気力が無いのだ。
そんなこんなでようやく落合の米買い道の分岐にたどり着く。
米買い道はあの男性に教えてもらった谷ルートである。
山友のちゃみさんオススメの保津峡からの尾根道を登るか、米買い道から登るか迷いまくり。
保津峡に行くには車も通る舗装路を歩かなければならない。
どんな舗装路なのか気になったので、流れ橋を対岸に渡って少し登って行くと舗装路に出た。
めったに車の通らない舗装路は歩きたくなる衝動にかられた。
5分くらい固まってその場で悩む。保津峡まで舗装路をひたすら歩いてから尾根道を行くか
ちょっと戻って谷筋の米買い道を登るか。
空を見上げるとどんより曇空は続いていて雪も降っている。
展望がまったく望めないなら遠回りしてまで尾根道を登る理由はないとの結論。
米買い道はというと、ひたすら植林の中の谷筋で何の障害も困難も危険箇所も無い。
金剛山の植林地帯よりはスケールは大きいが、歩けどまったく変わらぬ風景。
今日はあまり気力がないので足取りが思い。
何かチャージでもするかぁと取り出したのが亀田のカレーせん。
これでちょっと元気が出た。
だいぶ登って来ただろうと高度を確認するとまだ300m後半であった。
そうこうしているうちに人の気配がしてきて、見上げると尾根道から来たと思われる団体が見えた。
尾根道と合流したところにその団体さんが休憩していたので話しかけるとやはり保津峡から来たと言う。
どこから登って来たのかと尋ねられたので説明を始めるも説明が長くなってしまって
もう誰も聞いちゃいない。(^^ゞ 何か菓子類を食べることに専念している様子なので先に行くことにした。
尾根道に合流してからは足下もほんわかツルツルした雪で少々滑る。
さらに登るに連れて雪景色が綺麗になってくると同時に晴れ間も出てくる。
時折、木の上の雪が風に煽られてストームのように降りかかってきて冷たい。
どれくらい登っただろうか、ようやく表参道に合流したが、そこは水尾分かれよりも少し下である。
標識で言うところの40分の29という位置なので山頂までまだまだである。
さすがに表参道は歩きやすくて快適で、雪景色を眺めながら楽しく歩く。
あるものを探しながら歩いたが今回も見つけられなかったので次回への課題を残すことに。
山頂手前の境内に到着してからはしばらく散策してお昼の場所を探す。
結局は前回と同様の休憩所でお昼を摂ることにした。
雨風しのげる屋根付きで内部も明るい休憩所にてカップ麺に煮たまご乗せてこれまた前回ほぼ同様。
今回はじっとしていると指先などがかなり冷えてくる。 気温はマイナス5℃以下。
カップ麺に使った山専ボトルのお湯を補給するためにジェットボイルでお湯を作る。
燃料があまり残っていない4シーズンの燃料缶で気化しにくいと思っていたが、
レギュレーター付きの最新鋭のジェットボイルはそんな寒さもものともせずに湯沸し完了。
食事後、もう少しゆっくりしようと思っていたが、休憩所の中なのに寒さがハンパ無くなってきたので
山頂の愛宕神社へ移動し、薪ストーブのある休憩所で暖まる。遠赤外線効果は最高である。
まるで入浴しているかのような快適さの中で、休憩所で作ってきたお湯で珈琲を入れて
高級どら焼きにホイップクリームをのせてお茶休憩。
外に出たくない快適さにしばらくボケ~っと過ごす。
外に目をやると、今朝お世話になった男性が居てイベントの世話をしている感じ。
甲冑をまとった伊達政宗?か何かわからないけど何かのイベントの最中だった。
朝のお礼を言いに行って、ついでに探しものの在り処へのルートを教えてもらう。
今回はそこには行けないがだいたいの位置がわかったので次回の楽しみにしておくとしよう。
下山は月輪寺という山中にあるお寺を通るルートで下山することにした。
コースタイムは2時間である。
最初は岩場があって楽しかったが、後半はというと植林でこれといって特徴もないルートであった。
長いルートあるいてようやく清滝に戻ってきて、再び試峠を越えて駐車地に。
8時スタートで下山完了は15時45分。
今日は登りだしは天気も悪く気分もどんよりであったが、
晴れ間が出てくるとともに表参道に合流後は気持ちも晴れて
最終的にはたっぷり歩けてとても楽しい山歩きとなった。
課題がまだ2つはあるのでまだまだ登りに行きたいと思う。

その他の写真は以下より。
20130224-1.jpg
20130224-2.jpg
GPS軌跡 + 山と高原地図 for iPhone

20130224-3.jpg
試峠(こころみとうげ)にて  上の橋は高尾パークウェイ

20130224-4.jpg
愛宕の山並み 眼下はバス停

20130224-5.jpg
赤い橋を渡ったが川沿いの道とやらは見当たらず

20130224-6.jpg
表参道登山口前から橋まで戻ってきて看板をよく見るとこの下がルートだった

20130224-7.jpg
なかなか風情がある

20130224-8.jpg
歩道橋のような橋で対岸へ (京都一周トレイルのルートでもある)

20130224-9.jpg
こんなところを歩いたり

20130224-10.jpg

20130224-11.jpg
なかなかゴキゲンなルートである

20130224-12.jpg
こんな岩場ゾーンもあるが平坦である

20130224-13.jpg
高度は60m程度のまままったく上昇していかない 奥は流れ橋

20130224-14.jpg
舗装路のある落合橋まで来てみたが、やっぱり戻って米買い道から登ることにした

20130224-15.jpg
米買い道の取り付き(右へ)

20130224-16.jpg
こんな案内が随所に見られる

20130224-17.jpg

20130224-18.jpg
振り返ったところ

20130224-19.jpg
だんだんとあたりが白くなってきた

20130224-20.jpg
尾根道

20130224-21.jpg
ときおり突風がきて積もった雪が舞う

20130224-23.jpg
雪は止む気配がない

20130224-22.jpg

20130224-24.jpg

20130224-25.jpg
表参道に合流したがまだ40分の29の位置である

20130224-26.jpg
水尾分かれ

20130224-27.jpg

20130224-28.jpg
奥が総門(黒門)

20130224-29.jpg
こんな天気でも続々と登山者がやってくる

20130224-30.jpg
金剛山の千早本道並みである

20130224-31.jpg

20130224-32.jpg

20130224-34.jpg

20130224-33.jpg

20130224-35.jpg

20130224-36.jpg

20130224-37.jpg

20130224-38.jpg
下山途中にて。 月の輪ルート(右)への分岐

20130224-39.jpg

20130224-40.jpg

20130224-41.jpg

20130224-42.jpg

20130224-44.jpg
滝の上にはケーブルカーの橋桁跡

20130224-43.jpg
今日のデータ
Check [ 2013/02/25 23:02 ] 京都北山 | TB(0) |   コメント(14)
確かに山って寒かったり、暑かったり、しんどかったりで
歩いている途中にモチベーションがあがらずに
「何でこんなことをしているんだろう?」って疑問に思うことがありますよね。
それでも、歩いているうちに楽しくなったりして、不思議なものです。
私もまだ、「山へ行く」明確な理由が見出せていません。

私の週末は先日に金剛山から高見山の白くきれいな山容が見えたので
今度はそこに行こうと思っていたのですが、今回は朝が起きられずに断念。
今は行きたかったと言う思いで一杯です・・・

もしかして、足元は新しくなられましたか?
[ 2013/02/25 23:44 ] [ 編集 ]
清滝の渓流沿いの旅館は風情があっていいですよね。
一度泊まってみたいものです。
愛宕山山頂の愛宕神社・・私も好きです。
山頂がこの神社の風情なら、何回でも登ってみたくなります。
山頂辺りから、京都北山の山々が展望できた記憶があります。あの眺めも印象的でした。
[ 2013/02/26 06:20 ] [ 編集 ]
川沿いの道は良い感じですね、歩きたいのですが距離が・・・。

探し物はなんですか???。。。
[ 2013/02/26 11:06 ] [ 編集 ]
本当に金剛山の雰囲気が感じられますね。

探し物 陽水の氷の世界ですね。
椿の地蔵でしょうか ?

次回見つけられましたら教えたくださいね。

まさか前回の忘れ物じゃないですよね。

すごく気になりますヨ。
[ 2013/02/26 22:40 ] [ 編集 ]
そうですよね、その時の気分によりけりですね。
でも山に行くとだんだん「来て良かった」となりますね。
orisさんのこと、きっと高見山に行かれてらっしゃると思っておりました。
足下にお気づきでしたか。
リールアジャストシステムのマリポサトレールが、
数回履いただけでワイヤを受ける部分が切れてしまい修理に出しました。
これはどう考えても設計ミスと思っていたら、
マリポサブーツが廃盤になってマリポサトレールになったばかりなのに
改良新型に変わっておりワイヤ受けの部分がしっかり本体に固定されてたのです。
やはり設計ミスとしか思えません。
おそらく新品交換で戻ってくると思われますが新型のほうで返してほしいです。
その間、自分の中ではアルプス用の重登山靴と勝手に思っているお気に入りの
テナヤブーツしか残らないため、仕方なく30cmのあるタイオガブーツを
間に合わせで購入しました。
特にほどけやすい丸ヒモタイプですが、ぜったいほどけない簡単な結び方を
プロに伝授してもらいましたのでその点では心配ないのですが、
やはりリールアジャストシステムがお気に入りです。
30cmがついに消えてしまったのが残念です。
[ 2013/02/26 23:39 ] [ 編集 ]
最初は山頂に神社があるなんてと、食わず嫌いでした。
この厳かな佇まいがまた良いです。
天気がよいと展望は抜群です。
まだまだ通う予定です。
[ 2013/02/26 23:39 ] [ 編集 ]
スタートした以上は余力たっぷりなうちに高度を稼ぎたいものです。
それなのに渓流沿い歩きで適度に疲れてきます。(^^ゞ
探しものは段平さんならすでにご存知のあの遺跡です。
[ 2013/02/26 23:40 ] [ 編集 ]
探しものはちょっとした遺跡なのですが本道(表参道)からは見えないようです。
戦前の昭和初期の遺物を感慨深く眺めてみたいのです。
地蔵山にも行かないといけません。
まだまだ課題だらけです。
楽しみは尽きません。
[ 2013/02/26 23:40 ] [ 編集 ]
 台所の札を買うためによく登りました。 よく使ったのは、月の輪寺への急な岩の下りが終り 少し平らな道になると 木のベンチと右に細い分かれ道があったはず「大杉谷」コースです。途中に見晴らしのきく場所があったり、夏はヒグラシの滝で涼をとったりできます。 
 画像を拝見して、また行きたくなりました。
[ 2013/02/27 09:35 ] [ 編集 ]
山頂付近に「クリンソウ」の群生地がらしいのですが
毎回探していましたが、わからないままです。

キバラーさんも、同じかな?と思いましたが
良く考えると今は咲いていませんねぇ(笑)。
[ 2013/02/27 10:42 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
金剛山に登っても最近はお見かけしなくなりましたね。
いつも花の写真を拝見させていただいております。
愛宕山も歩いてらっしゃったのですね。
大杉谷の分岐はもっと上にもありました。
地図には無い分岐がたくさんありますね。
すっかり気に入りました。
[ 2013/02/27 21:02 ] [ 編集 ]
クリンソウの群生地は山頂付近にあるのですか。
私は別の方からもっと違う場所にあるようなことを聞きました。
私も気になりますので調べてみます。

[ 2013/02/27 21:03 ] [ 編集 ]
ヒントを頂き確信しました。

戦前まで運行していたケーブル跡に間違いないとおもいます。
戦争で鉄の線路も使われたみたいですね。

こんな話 年を感じますね。

[ 2013/02/27 22:49 ] [ 編集 ]
線路跡は表参道の登りだしは並走してるのですが、
上の駅舎がどのあたりなのか不明だったのです。
古地図と重ね合わせるとだいたいの場所はわかりますし、
もしかしたら雪がないと踏み跡もあることでしょう。
真っ白な雪をかぶった現在ではなかなか取り付きがわからなくて。
昭和一桁時代に短くして幕を閉じたあの頃に哀愁を感じたくて。
[ 2013/02/28 22:33 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ