生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第295回 (2013.1.19) 

20130119-14.jpg
もみじ谷本流ルートの第六堰堤にて

一気に白銀の世界へ。
湿った雪の重みの影響は大きく、想像以上に倒木だらけだった。


【ルート】
登り:もみじ谷本流ルート
下山:太尾東尾根ルート

【今日の狙いどころと結果】
 ・もみじ谷第六堰堤の氷瀑 →まだまだ
 ・山頂売店の手作りぜんざいを食べる →達成


月曜日の成人の日に爆弾低気圧がドカ雪をもたらした。
わずか一日にして降った雪の量は凄まじく、
重く湿った雪があちこちの植林をなぎ倒し、
金剛登山口へのバス路線をも不通にしてしまったほどである。
およそ一週間たった今日、まだまだその傷跡がたくさんあった。

水越峠へ向かう途中、青崩のトイレを過ぎて少し走るとアイスバーン状態。
午前8時ちょうどに水越川公共駐車場を出発。
林道のゲートのところではすでに真っ白であった。
ガンドガコバ林道は所々氷結路面箇所があったがノーアイゼンで十分歩ける。
6本爪のアイゼンは年季が入り、雪だんご防止の底板のギザギザが傷んでしまって
湿った雪だとすぐに雪団子ができてしまう。
越口を過ぎてしばらく行くと倒木が多くなり、太い杉の木が林道を塞いでいる箇所がいくつも。
カヤンボを過ぎて、もみじ谷ルートの取り付きへ。
一旦、沢に下りてすぐに登り返したところには被さるようにして倒木。
これがいちばん邪魔だったかな。
その後も太い木や細い木の倒木はひっきりなし。
進むに連れて雪も深くなって行く。
先行者のツボ足トレースが無かったら大変だったと思う。
いつものルートをロストしかけたりするほど雪が深い。
Vゾーンでは倒木は無かった。
核心部の第六堰堤の氷瀑はというと、連日の氷点下であったにもかかわらずまだまだだ。
やはり2月に入ってからでないとムリかな。
ラストスパートの急登は滑る滑る。
ぜーぜー、ハーハー、時には休みながら一気に高度を100mほど上げて山頂裏に到着。
慣れたルートでも雪がかなりの足かせとなってけっこう体力を使った。
写真撮りながらでありながらも結構なハイペースでがんばって2時間越え。
10時10分に山頂到着。
気温は-3℃と暖かめ。
家で寒い寒いと思っていた時、山なんかもっと寒いんちゃうん。。つらいな。。なんて
思っていたけど、いざ山に来てみたらカラダの内面からの脂肪燃焼エネルギーで暑いくらい。
毎週のことなのでたまには山を休んでもいいかなと思ったりもしたけど
やっぱり山へ来てよかった。
ほっこり、ほこほこ。
山頂の雪景色はいつ見ても美しい。

山頂売店前はそれなりに人は居たが、店内はピーク時間にはまだまだ早いようでガラガラだった。
最近聞いた話で、山頂売店のぜんざいが手作りだという。
それも店内で小豆の豆から炊いて作ってらっしゃるという。
前からぜんざいというメニューがいつでもあるので少しは気になっていたのだ。
これは食べないわけにはいかない、ということでさっそく注文。
550円
焼き目の入った餅はやわらかくて美味しい。
そしてぜんざい、甘くてもちろん美味しい。
自分的には少々甘すぎたけど。(^^ゞ
売店ではあのオガワさんが入って来られて今年初めての対面だった。
明日は高見山に行かれるとか。あそこだけはかなりさぶそ~。
そんなこんなで売店内でおよそ一時間過ごし、午前11時に下山開始。
山頂広場の裏から一旦青崩道を歩き、登り返して大日岳へ。
そして下山は太尾東尾根ルートにて。
下山完了までの間、けっこうな数の登ってくる登山者とすれ違った。
ざっと50人くらいか?
アイゼンの効かない雪質だったので、ノーアイゼンでグリセードをしながらの下山は楽しかった。
下山完了は12時ちょうどで一時間かかった。
これで今週末の山登りは終わり。
まだまだ登り足らないので明日も登りたいけどちょっと時間無いかなぁ。。

その他の画像は以下より。
20130119-1.jpg
ガンドガコバ林道は部分的にアイスバーンだった

20130119-2.jpg
越口にて

20130119-3.jpg
さっそくの倒木

20130119-4.jpg
またまた倒木

20130119-5.jpg
さらに倒木 倒れてくるタイミングで歩いてなくて良かった

20130119-6.jpg
カヤンボ

20130119-7.jpg
もみじ谷にて

20130119-8.jpg

20130119-9.jpg

20130119-10.jpg
高度が増すにつれてどんどん雪深くなってくる

20130119-11.jpg
ルートロストしそうになったり

20130119-12.jpg

20130119-13.jpg
Vゾーン

20130119-15.jpg
第六堰堤の氷瀑の状況

20130119-16.jpg

20130119-17.jpg

20130119-18.jpg
もっさもさでわけわかめ

20130119-19.jpg

20130119-20.jpg
急登を登り切ったところ

20130119-21.jpg
転法輪寺前

20130119-23.jpg

20130119-22.jpg

20130119-24.jpg

20130119-25.jpg

20130119-26.jpg

20130119-28.jpg

20130119-27.jpg

20130119-29.jpg

20130119-30.jpg

20130119-31.jpg
山頂売店名物「手作りぜんざい」550円

20130119-33.jpg

20130119-32.jpg

20130119-34.jpg

20130119-35.jpg
どっしり雪ですね。

ヒップソリがしてみたいな〜
って持ってませんけど(笑)

やっとシーズンになったって感じです。
第六堰堤の氷瀑は、まだおあずけ状態かぁ...
[ 2013/01/19 23:09 ] [ 編集 ]
 前日、全く同じルートを登りました。
 ツボ足は疲れましたよ・・・
[ 2013/01/20 16:15 ] [ 編集 ]
雪景色の金剛山はいいですね。14日から全ては変わりましたね。
まだまだ、この積雪は持ってくれるといいのですが・・・

表紙のもみじ谷本流ルートの第六堰堤は右から巻いて登りはったんですよね。
このルートは以前に雪のない季節には登ったことがあるのですが、
雪のある時でも大丈夫でしょうか?(もちろん、山は自己責任ですが・・・)
キバラーさんの写真を拝見していると歩いてみたくなりました。

アイゼンの裏の雪だんご防止の底板のギザギザの傷みは
私も同様の状態で歩いているうちに雪が固まってきます。
なので、面倒ですが事前に防水スプレーをふっておけば
雪が固まらずに一日くらいは大丈夫ですよ。
[ 2013/01/20 18:45 ] [ 編集 ]
ヒップソリは童心に帰れてなかなか楽しいですよ。
明神平でこんどいかがでしょうか。
やっと雪の金剛山になりましたね。
他の雪山にすでに行ってましたので久しぶり感は無かったです。
金剛山の雪は低山なので湿っていて重く溶けやすい感じがしました。
気温がどうしても高めですからね。
あの年越し登山の日に雪が降っていたらパウダーだったでしょうね。
[ 2013/01/20 22:31 ] [ 編集 ]
金曜日に同じルートでしたか。
おかげさまでツボ足のトレースがありましたので
少しは楽させていただきました。
ありがとうございました。
私のほうもなかなかたいへんでした。(^^ゞ
[ 2013/01/20 22:32 ] [ 編集 ]
第六堰堤は左からです。
この堰堤越えが核心部でしょうか。
都合の良いことに持ち手になる枝があるのですよ。
でもまぁよほどのミスをしない限りはクリアできます。
落ちても雪深いですし、怪我無くタッチアンドゴーができますよ。
防水スプレーですか。なるほど。
モンベルの防水スプレーで傘やウェアが白くなった経験があって、
何かよい製品が無いか探しているところです。
[ 2013/01/20 22:32 ] [ 編集 ]
もみじ谷の雪の重みに耐えられずおもっきし曲がった木が印象的ですね。私も爆弾低気圧の通過の数日後に八ヶ岳に行きましたが、こちらもすごい雪の量でした。ただこちらの木々は豪雪にはへっちゃらでした。
[ 2013/01/22 18:48 ] [ 編集 ]
八ヶ岳の記事はすでに拝見しておりました。
寒いの苦手すぎますので雪山でテン泊は想像でいないでおります。(^^ゞ
自然林は自然に強いですね。
杉などの植林はちょっとした風水害で簡単に倒れてしまいますね。
ほんと関西はどこに行っても植林だらけです。(T T)


[ 2013/01/22 20:55 ] [ 編集 ]
20日の帰路にガンドガコバ林道を通ったところ、
ちょうどチェーンソーで倒木の切断作業をしていました。

倒木の現況を見ると、杉の木は根が浅いのが良くわかりますね。
[ 2013/01/22 22:46 ] [ 編集 ]
さっそく林道の倒木の処理がされてたのですね。
杉でもしっかり根付くものもあれば、細いうちに倒れるものなど
さまざまですよね。
花粉症の原因となる嫌われ者の杉ですが、
木材需要の少なくなった昨今でも新規に植林されてるのでしょうかね。
[ 2013/01/24 06:43 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2013/01/24 18:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ