生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大峰山系 和佐又山ヒュッテ管理人さんが惜しまれつつ引退 

最初の印象は駐車料金が千円とは高いなぁというものであった。
あれは忘れもしない昨年の7月のことである。
大峰山系の夏場は、午前中からお昼ごろにかけて最高の天気であったとしても、
午後も14時を過ぎてくると必ずといっていいほど雨になったりすることがある。
それもけっこうしつこく激しく降ったり。
和佐又ヒュッテを起点とし、伯母谷の覗を目的地としたピストンで
夕方になり、あと一時間半くらいで駐車地に到着するという岩本新道でまさかの大雨。
しかもレインウェアを着る間もないくらい突然の出来事。
ずぶ濡れになって戻ってきたらポツンと自分の車だけになっていた。
和佐又ヒュッテの管理人のおばさんがすっ飛んできて
「遭難したんちゃうかと心配してたんよ~」と。
それまでに何度も車のところまで見に来てくれていたらしかった。
車には、フロントガラスの内側のところに駐車料金領収書を置いていて
そこには入山時刻、行き先、ピストンか周回かなどが書き込まれている。
もちろんヒュッテの管理人さんが料金を支払うときにいろいろ聞いてきて書き込むのである。
こんなところで人の暖かさに触れてホロリとさせられたという出来事があった。
結局は人というのは一人では生きられないわけで、
(例えば無人島で虫歯になったら自力でなんとなる?歯医者のお世話にならなきゃムリだ。
 トムハンクス主演でそんな映画があった。。)

人は、他人のため、人助けのため、人と関わるために存在する、なんて思った。
機械が自動的に料金を徴収するどこかの人間味の無い駐車場とは大違い。(^^ゞ


登山者に寄り添って - 吉野署が感謝状/和佐又山ヒュッテ 岩本さん夫妻
2012/12/25 奈良新聞より引用

大峰山系の山小屋「和佐又山ヒュッテ」(上北山村西原)で、長年にわたり山岳救助活動に協力したとして、
管理人夫妻の岩本二朗さん(79)と実子さん(73)に、吉野署(牧村嘉泰署長)から感謝状が贈られた。
夫妻は昭和59年、わかくさ国体の山岳競技の手伝いを頼まれて以来28年間、
ヒュッテに居住して登山者や修験者らを見守ってきた。
この冬で管理人を交代する。
ヒュッテは標高1150メートルの山の中にあり、大普賢岳(標高1780メートル)などへの登山基地。
登山者は年間約1万5千人という。
けがをした登山者から助けを求められたり、帰りが遅いと吉野署に通報。
山をよく知る二朗さんは救助隊より早く現場に駆け付けた。
滑落で足をけがした子どもを背負ってヒュッテまで下りたこともある。
捜索活動が長引くと、ヒュッテに吉野署の本部が設営され、
山の状況をアドバイスするなど捜索隊員らを陰でサポートした。
牧村署長は「救助活動への協力や登山者への注意喚起など、大変ご苦労をおかけしました」とねぎらった。
同署管内では、今年だけでも8件の山岳遭難が発生。
7月には大普賢岳で1人が死亡した。
登山届を提出せずに山に入ったり、山中で登山計画を変更するなど、
山のルールを守らない登山者らを見るたび、「命が関わる問題なのに」と夫妻も歯がゆい思いをしてきた。
「朝日が昇る瞬間から満天の星空まで一日中、また1年を通じて移り変わる自然がある」
とヒュッテの魅力を語る二朗さん。
最初は里に帰りたくてホームシックになったという実子さんも
「大事な場所だからこそ、どなたにも安全確保を一番に考えてもらいたい」と願っている。
Check [ 2012/12/26 20:16 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(10)
相当、前になりますが周回でヒュッテに戻るたびに
おやっさんにタイムを告げると
毎回『国体選手なみやね、凄い事や。』と褒めて頂きました。
(あとで聞きましたが皆さん結構言われてるみたいです。笑)
登山者を『ごくろうさん!』と立ててくれてはったんでしょうね。

今年の冬にはバス停まで『まだ間に合う』と送って頂くなど、暖かいおやっさんでした。

今までお疲れ様でした。有難うございましたと・・・
年明け二ヶ月ほど引継ぎの為、おかみさんはヒュッテに入られるようです。

[ 2012/12/27 07:37 ] [ 編集 ]
この情報は中村さんから以前にお聞きしてましたね。
新聞記事になったので紹介させていただきました。
中村さんもいろいろ思い出をお持ちなのですね。
私は和佐又利用回数こそ10回にも満たないほど少ないですが、管理人さんの顔を覚えるくらいにはなってました。
[ 2012/12/27 21:28 ] [ 編集 ]
数回しか行ってませんが
駐車場に車を止めて登山者を気にかけて
くれるのはうれしいですね
山登り関係なしでも
キャンプに行きたい場所です。

人が人を思うことは素晴らしいことですね
今そのことを痛感しています。
来年また妻を連れて和佐又にもどってきたいです。
[ 2012/12/27 21:45 ] [ 編集 ]
ランチに名物の山菜そばをオーダーすると、困った顔のお父さん
しかたなく別のモノをオーダーしても、うぅ~んと困り顔
なんのことはないお母さんがいないとカレーしかできないようで(笑
お母さんは私(我が家)も心配をかけたことがあって・・・
あぁ良かった暗くなったら心配で、と暖かな声をかけて頂きました。
昨秋のこと、テン場を借りる際に住所を記入すると、最近は山小屋
からの年賀状なんて迷惑なようですが、出してもいいですか?と
寂しそうな顔で話されていたのを思い出します
引退されてもお元気でいて欲しいものですね。
[ 2012/12/28 13:33 ] [ 編集 ]
やっぱり以前に「今日は雨やからなんかあったらあかんからやめとき」と言われたことがありました。

言葉をかけてもらうだけで気持ちが落ち着くときってありますね。
心配そうなおばさんの顔を思い出しました。
[ 2012/12/28 19:01 ] [ 編集 ]
和佐又山ヒュッテの木造校舎の雰囲気と、
ヒュッテの前に広がる芝生広場にキャンプ場。
もうこれだけで山に登らなくても癒されますよね。
私もここでキャンプしてみたいです。
来年もこれから先もずっと。
[ 2012/12/28 22:44 ] [ 編集 ]
スロトレさんの過去の記事で大普賢周回で遅くなった時のブログを拝見させていただいたことがあります。
いろいろ思い出深いところだったのですね。
たしかにお母さんが居らっしゃらないときはカレーしかできないって言われたことがあります。
名物のトチ餅が好きです。
後継者の方にも引き継がれていくと良いですね。
[ 2012/12/28 22:45 ] [ 編集 ]
あのyossiさんでしょうか?!
言葉って言霊ですよね。
なかなか他人に声をかけるのははばかれる時代になってきましたが
こんな人のぬくもりは大事ですよね。。
見習いたいです。
[ 2012/12/28 22:45 ] [ 編集 ]
わさまた小屋のHPを作成中みたいで、女将さんに聞くと半分ほどできているそうですよ。これから紅葉もいい山ですね。
[ 2014/08/21 14:05 ] [ 編集 ]
コメントありがとうございます。
和佐又ヒュッテのHPができるのですね。
これから秋に向けても楽しみですね。
情報ありがとうございました!
[ 2014/08/21 21:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ