生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

モンベル カタログアプリ 

あのモンベルのカタログアプリが、iOS、Android用に出てるの知ってました?

20121220-2.jpg
20121220-3.jpg
モンベルカタログアプリ  ※アスペクト比がiPhone5のサイズにまだ対応できていない。

ほんのしばらくモンベルから離れていた。
空前の登山ブームである昨今、
オシャレなデザインやカラフルな山ウェアが海外ブランド各社からどんどん出てきている。
それにもかかわらずモンベルは旧態依然(失礼)な色合いにガッカリ度が大きくなる一方だった。
おばさんはよりおばさんに、おじさんはよりおじさんを強調するような、
鮮やかさからわざと外しているとしか思えない不思議な色。
Patagoniaをかなり意識してそうである。
カタログのつくりや雰囲気までソックリなのだ。
モデルは外国人だし、場所は海外の山だし。
肝心のプロダクトのほうであるが、廉価モデルはカラーが手抜きの単一色だったりする。
モンベルはやっぱりわかってないのか?と思うとそうでもない。
フラッグシップモデルやハイエンドモデルになってくるとなかなかいいセンスをしている。
少し前までは上衣だけで2万円もするレインウェアの売れ筋であるストームクルーザーでさえ単色であった。
何を思ったのか自分の持っている数年前に買ったアウター系が、
シティでの使用も考えてことごとく地味な色あいでるグレー系なんかを買ったものだから
早く買い換えたいと思っていたところに、ツートンカラーの新型ストームクルーザーが出たので昨年は飛びついた。
もちろん機能面、性能面でも大きく進化していた。
自分のような大衆小市民のケチな購買層?の一回の購買力はせいぜい一万円前後なのである。
2万円の大台に乗っかってくるとボーナス払いでもない限りなかなか思い切れない。
そのいちばん買いやすい一万円前後のモデルがイマイチだった。
モンベルは今でもダントツにコストパフォーマンスが高い。
海外ブランドと同等どころかそれ以上の品質を誇りながら半額以下の設定である。
先日、とあるブランドのフェアでモンベルには無いカラーのダウンジャケットを半額近い価格で購入したのだが
それでもその購入価格がモンベルのダウンジャケットとほぼ同等であった。
持ち帰って、5,6年前に買ったモンベルのくたびれたダウンジャケットと細部を比較してみたところ、
モンベルのダウンジャケットは設計が古いのにもかかわらず細部の作り込みが凝っていていい仕事をしていた。
最近は色鮮やかなカラーの新型も登場するなどして年々さらに良くなってきているモンベル。
今冬はついに3世代3着目のロッシュジャケットを購入。(濃いグレー→牛柄→シトロンイエロー)
かなり細部やデザイン、色まで良くなって進化していた。
(初代モデルはワキの部分にもベンチレーション用のチャックがあったのに機能後退している面も)

<モンベルの良いところ>
 ・ユーザーサポートが最高に良い(ほぼなんでも修理がきく、しかも良心価格)
 ・性能,機能,品質面でのコストパフォーマンスは海外ブランドの追従を許さない
 ・セールやバーゲンなどで安売りをしない(適正価格である) ※アウトレット品を除く

<モンベルのイマイチなところ>
 ・デザインとカラーが微妙(特に女性モデル、オレンジ系とか) ※だいぶ改善されてきた
 ・ソックスの耐久性(色や柄も) ※現在はファイントラック製を愛用中

欲しいと思うモデルに欲しいと思う色が無くて断念したこと多々。
特に女性でそういう人が多いと聞く。
女性はとりあえず機能・性能よりも色、デザインなのである。
このところ大型スーパーへの進出がめざましく、ユニクロのように大衆化が加速していると
揶揄されているモンベルであるが、我ら日本ブランドからは再び目が離せなくなってきた。
と、まぁさんざん言いたい放題なことを書いてきたが、
何か山モノを買おうとした時にまっさきに確認するのがモンベルのカタログだったりするし、
やっぱり根っからのモンベルファン、つまりモンベラーなのである。
その証拠にモンベルクラブのゴールド会員だったりする。

※注:本内容は、あくまで2012年時点における個人的な主観でありイメージである。

20121220-1.jpg
モンベルクラブ
Check [ 2012/12/20 22:28 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(6)
ふふっ♪
私は、私服にもモンベルロゴが入ってますよ。
って言うより、他の店に洋服を買いに行くのがめんどくさいので、山服を私服化してる不精者なだけですが・・・・^^; 

道具類のメンテに関しては、ほんと良心的ですよね!
過去に、古い6本爪アイゼンの修理300円(部品代)、足に合わない靴幅の調整無料、古いストックにいたっては2回無料で修理してもらいました。
私も、すっかり・しっかりモンベルファンです。
ちなみにカードの色はゴールドです。^^

追記:モンベルカード提示にて、白馬で山荘宿泊代金が500円安くなりました♪ 山小屋泊まりの時は要チェック!
[ 2012/12/21 00:00 ] [ 編集 ]
ストームクルーザーのポテンシャルは半端ないっす!
ゴアプロシェルであの値段ですから!
あれでベンチレーター付きなら完璧なハードシェルです!
私も今のカッパが痛んだら買うと思います!
[ 2012/12/21 19:43 ] [ 編集 ]
わたしも山の服や道具の半分以上はモンベルです。
道具は使い勝手がいいですし、ウェアーもサイズが合いますね。
パタゴニアのフリースなんかは袖が長いので直して着ています。
そうですね。確かにウェアーのカラーリングやデザインは地味ですよね。
でも、結構ビジネスとしてはこれでいいのかなと思います。
山のボリュームゾーンは中高齢者なのです。

[ 2012/12/21 21:46 ] [ 編集 ]
モンベルには普段着のラインナップもありますね。
山ウェアは機能的なので普段においても違和感なく着れると思いますが、私の場合は山と普段と部屋着と着替えることで気持ちを切り替えるっていう意味合いが大きいです。
山はよりいっそう真剣勝負ですから。
私も過去にジッパーが壊れて格安だったり、無償だったケースもあり本当に助かっています。
アルプスの山小屋等ではモンベルカードが意外な効力がある場合がありますよね。
金剛山の香楠荘のそじ坊でも5%オフになりますよ。
[ 2012/12/21 21:48 ] [ 編集 ]
3レイヤーのゴアにしては安すぎですよね。
海外ブランドなら5万円はしそうです。
防水モノは、買ったはいいけどその後のメンテが問題です。
あんまりマメじゃないので手入れ苦手。(^^ゞ
中村さんはマウンテンハードウェアとかのイメージで、
モンベルモノを着ているのがあまり想像できないです。
[ 2012/12/21 21:51 ] [ 編集 ]
orisさんはたしかにモンベル物が多いですよね。
私とけっこうかぶっていたり。(^^ゞ
中高年こそ派手なほうが良いですよ。
むしろ逆です。
若い人は地味でもかっこいいので。
色合いはPatagoniaを意識しすぎの感があります。
Patagoniaは日本では異常に高いです。
あちらの国ではPatagoniaよりモンベルのほうが高級だったりとギブアンドテイクな関係?
私はけっこう機能、性能重視ですが、じゃあファイントラックか?というと、あちらのほうがさらに地味で買うところまで行かないんですよね。
[ 2012/12/21 21:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ