生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大峰山系 栃尾山 周回 (2012.10.8) 

20121008-0.jpg
白川八丁にて

あの時、あそこで、あの人が、声をかけてくれなかったら・・
栃尾山についてはあまり多くを語りたくないような。。


下界はすっかり秋の気配で、朝晩涼しいどころか寒いくらいであるが、
天気の良い大峰を登っているとまだまだ汗をかいて暑かった。
坪ノ内林道の大崩落の傷跡は想像を絶するものであった。
天川弁財天?の方の助言で、なんとか計画通りの周回を達成できた。

せっかくの三連休は天気も良く、ラストアルプスに行きたいところであったが、
秋祭りの手伝いがあったり用事があったりで最終日一日しか自由にならなかった。
金剛山ではもみじ祭りが盛大に盛り上がっているだろうし弁当も欲しいなぁ、
けど賑やかな山頂にポツンとひとりかもしれないしゴロゴロ水も汲みたいので大峰へ。(^^ゞ

【目的】
 1.坪ノ内林道取り付きの登山道からカナビキ尾根で下山する大周回
 2.不人気の栃尾山とその周辺の確認
 3.地図上からは読み取れないナニカを発見すること

【コース】
 天川川合(村役場)(6:45)-天河弁財天-坪ノ内林道入口(7:25)-崩落箇所手前コーナー(7:35-7:55)-
 (崩落箇所通過)-(北側へつり)-(渡渉)-坪ノ内林道-(バリエーション)-登山道(9:15)-
 太平辻(10:43)-栃尾山(11:30)-(途中尾根でお昼)-栃尾辻(13:50)-カナビキ尾根分岐(14:25)-
 林道合流(15:20)-白川八丁(15:30-15:50)-熊渡(16:15)-(ラン)-みたらい渓谷(16:30)-
 天川村役場(16:50)

天川村役場-坪ノ内林道
大峰奥駆道のスーパーマンのnikkor14dさんがよく「早駆け」の起点とされている天川村川合の村役場に
はじめてお邪魔してみた。
休日は登山者に解放しているのか自由に出入りができ駐車場は十分な広さがある。
他の車はというと朝6時半過ぎでは2台しか止っていなかった。
しかもキレイなトイレもあって登山の起点とするには至れり尽くせりで快適である。
6時45分、役場を出発してまずは坪ノ内林道の起点がある天川弁財天や天の川温泉のほうへと進む。
朝の空気は冷たい。
車の行き交うメインの道路(県道)まで出なくても、役場側(対岸)にも道路があって
こちら側は車がほとんど通らないので快適に歩ける。
オートキャンプ場をいくつか横目で眺めながらどんどん先へ進む。
どれくらい歩いただろうか、もう少しのところで舗装路が終わり橋を渡って県道のほうに
渡らなければならなくなった。
メイン道路も近年整備されたので幅広の歩道があって快適に歩ける。
また橋を渡り返し、役場を出発して40分後にようやく天川弁財天に到着。
ちょっと立ち寄る。
天川弁財天は芸能の神様と呼ばれていて日本有数のパワースポットでもある。
パワーを貰ったところで再出発し、坪ノ内林道のほうへと進んで行く。
天の川温泉のそばにあった流された橋は復旧を完了していてかなり頑丈な橋に造りなおされていた。
さらに先へ進んでコーナーに差し掛かったところが昨年の台風で大きな崩落があって
大変なことになった場所である。

大崩落箇所
坪内谷からの川と天の川が合流する部分は広く砂利で埋め立てられたようになっていて
天の川に合流する手前までは勢い良く流れていたのに、突如、伏流水となって地面に消えていく。
不思議な光景である。
対岸を見ると太平辻へと続くはずの登山道が見えたので下流側から迂回して対岸へと渡る。
奥に見える崩落の現場や折れ曲がったガードレールなどを呆然と眺めていると、
さきほど居た岸に白装束の、おそらく天河弁財天の関係の方らしい男性が大声で
「どこに行かれるんですかー?」と。「登山道を登って栃尾山までです」と答えると、
奥に見える大崩落は稜線を通る登山道をも消してしまったので通れないとのこと。
こっち側(天河弁財天側)から行く方法があるということで話を聞いてみると、
大崩落を横目に沢伝いをへつりながらしばらく行って少し上に登ると
幅1メートルくらいの登山道のようなものがあるという。
そこを道なりに歩いて行くと橋があってそれを渡ると対岸の坪ノ内林道へ渡れるという。
しかしながら大崩落箇所をそうやって迂回したところでその先も何箇所か崩落箇所があるらしい。
そんなことなら等高線の穏やかなところを見つけてバリエーションを登って、
本来予定していた登山道へ復帰しようと考えた。
沢沿いの登山道らしき道は相当昔のものらしく、所々歩きにくいところもあったり、
日陰斜面になるのでジメジメとして薄暗い。
橋に行き着くまでにはさらに難ありな橋があったりしたので少し戻って
渡渉しやすいところを見つけて沢に降り、対岸の坪ノ内林道へと渡った。

坪ノ内林道~登山道
ここまで来ると林道に被害が無いかと思うとなんのその、大きくえぐれていたりと
とても数年程度で復旧できるとは思えないほどのありさまであった。
取り付きやすいところからバリエーションで登山道へ向けて登って行く。
こういう時は植林地帯は余計な障害が無くて歩きやすい。
自然林のバリエーションだとブッシュなどどんな障害があるか予測つかないからだ。
どうにかこうにか登山道?に合流かと思ったら林道だった。
その林道の先は下って行ってそうなので林道を歩いて少し戻ってみると登山道を発見。
ようやく本来予定していた登山道を歩くことができた。
林道はどんどん下っていっており、登山道はゆるやかに登っていってる。
どれくらい歩いたか、突然看板があって登山道が崩落しているので上にあがれという案内。
上がってみるとまたまた林道があった。
さきほどの林道とつながっているようだった。
こんどは林道を利用してどんどん登って行く。
この林道も少々崩落していたりして車が通れる状態じゃない部分もあった。
そんなこんなで林道がまたもや下っていきそうになったところに登山道への案内板。
再び登山道へと進入。歩いていると突然植林地帯から自然林へと変化した。
植林限界を超えたっていう感じ。
明るい自然林の登山道をしばらく快適に歩いているとヘリポートと思われる広い場所があった。
そしてまた登山道に戻って歩いていると太平辻らしきところがあった。
といっても坪ノ内林道からつづら折れで登ってくる登山道ははっきりしたものではなく、
かすかな踏跡という感じなのでGPSを注視していなければ気付かずに通過したかもしれない。
火の用心という関電道の看板らしいものだけが目印となる。
さらに歩いて行くと鉄塔のすぐそばを通ったので鉄塔まで上がってみる。
栃尾山のほうを見るとまだまだ上のようだ。
そのまま登山道でまっすぐ栃尾山まで行けると思いきや、それらしい道はなく、
南のほうへは大昔の鹿よけがあるので進めず。
GPS軌跡のように進むしか方法が無かった。
この道がジメジメとした暗いザレ場で雰囲気が悪く、ブヨもまとわりついてきたので、
早く通過したくてハイペースでクリアするも、
栃尾辻から続く尾根に合流するまではけっこう長く感じた。
コルに相当する合流点から栃尾辻方向を見ると広く明るい雰囲気。
一方、栃尾山のほうを見るとおどろおどろしい。

栃尾山
なんだか急に栃尾山に行きたくなくなってきたが、今日の核心部であるだけに
せめてピークは踏んでおこうということで半ばイヤイヤ向かうことに。
痩せ尾根があったり、朽ち果てた鹿よけネットが邪魔になったりでまだかまだかと言う感じ。
それらしいピークにたどり着くも看板が無い。そこがいちばん高いはず。
高いからと言ってそこが栃尾山とは限らない。
山と高原地図を見ると、もう少し南にオフセットした場所という感じだったので移動。
そのあたりでいちばん高い場所とはとても思えないところに三角点があって
「栃尾山」と書かれた札があった。
歩きはじめて5時間経とうとしていたのでええかげん腹が減った。
しかし栃尾山ピークでお昼を取る気になれない場所だったので、
逃げるように栃尾辻方向へと戻る。

栃尾辻~カナビキ尾根
さきほどの合流点のコルを通過するとまったく別の山域かのように穏やかで
明るい雰囲気となったので、もうどこでも適当なところを見つけてただちにお昼を取りたいと思った。
休憩していると寒いのでフリースを着る。いつしかブヨはどこかへ消えてしまった。
十分休憩したところで栃尾辻へ向けて行動再開。
栃尾辻到着が13時50分とまだ早めで、
このまま川合まで下山すると16時までには下山完了してしまう。
せっかくなので気になっていたカナビキ尾根から下山して、
時間があれば弥山川ルートの起点である白川八丁でお茶休憩でもできればと思った。
栃尾辻からカナビキ尾根分岐までは登り基調でわりと遠かった。
さてカナビキ尾根、破線ルートらしいはじまりで、テープが無ければロストしてしまいそうな感じ。
GPSを見比べながらどんどん下りていくとたちまち植林地帯に突入。
特筆すべき事といえば、等高線をみるとわかるように弥山川側がギザギザのグラグラである。
ゴルジュになっていて急に落ち込んでいる。
反対側はというと急な植林地帯。
踏み跡とテープにしたがってせっせと下山していてふとGPSを見ると、
登山道からどんどん離れていっている。
どこかで分岐を見落としたか?そんなの無かったけど?けどテープと踏み跡は確かである。
GPSの破線登山道を乖離するポイントまで登り返す気になれず、
はっきりとした踏み跡を信じてどんどん下ることにした。
しかしながらどうも谷のほうへと行ってそうで不安が大きくなる直前で
破線登山道へ近づいていって合流。でも破線登山道らしいものなんて合流してこなかった。
またもや山と高原地図の誤差に惑わさわたか。
尾根がひとつ分も違うものだから焦るし。。
そして林道終点に合流してなんとか下山完了できた。

白川八丁
途中、白川八丁への分岐があり、河原の白い石が見えていたのでそっちに行ってみた。
沢の水が無いのかと思ったら伏流水のようである。
上流へと行ってみたいと思ったが時間切れ。
いつか弥山川を歩いてみたいと思った。
20分休憩したところで撤収して熊渡まで林道を延々と歩く。
17時までに駐車場まで戻りたかったので、熊渡から行者環林道の舗装路をランすることに。
みたらい渓谷まではけっこう走ったので15分で着いた。
そこからは競歩ぎみに、途中対岸へ渡れる橋を対岸へ。
トラックで言うところのインコース側で時間短縮ができたので、
みたらい渓谷から20分で駐車場に戻ってこれた。

けっこうたっぷり歩いた。
舗装路歩きも多かったなぁ。
今度機会があれば川合から栃尾辻経由で狼平かなぁ。いや、その前に弥山川かも。

その他の画像は以下より。
20121008-2.jpg
20121008-3.jpg
山と高原地図 for iPhone+GPS軌跡

20121008-6.jpg
天川村役場に駐車させていただく。

20121008-7.jpg
県道の対岸にも道路があるのは気付かなかった。
車もほぼ通らないので快適に歩ける。

20121008-8.jpg
あの角を曲がると坪ノ内林道へ通じる。

20121008-9.jpg
天の川温泉のそばの橋が立派に復旧していて十津川方面への迂回路に。

20121008-10.jpg
ズタボロになった対岸の坪ノ内林道

20121008-11.jpg
下流が伏流水になっているので大きく迂回して対岸へ移動。

20121008-12.jpg
対岸の坪ノ内林道のあった場所。

20121008-13.jpg
天河弁財天の方の助言で崩落箇所の対岸から奥へと踏み入れる。

20121008-14.jpg
対岸の大崩落箇所の規模は大きい。

20121008-1.jpg
Google Earthも崩落を捉えていた。

20121008-15.jpg
さらに奥へと進むが決して歩きやすくはない。

20121008-16.jpg
旧の登山道というかへつりを歩いていると、川が堰き止められて深くなっていた。
大開拓しないと今歩いている場所に林道など作れそうにない。対岸も同様。

20121008-4.jpg
こんな感じで歩いた。

20121008-37.jpg
地形図で見るとこんな感じ。崩落箇所が未だ地形図には現れていない。

20121008-17.jpg
渡渉を経て坪ノ内林道へ乗るもみちなりに進んでも崩落箇所があるというので
等高線の穏やかなところからバリエーションで上の登山道を目指す。

20121008-18.jpg
植林地帯は大きな障害も無く歩きやすい。

20121008-19.jpg
二度目の林道合流にて。林道を利用して歩を進める。

20121008-20.jpg

20121008-21.jpg
ここも崩落箇所で車は通れそうにない。

20121008-22.jpg
再び登山道に入り、植林地帯から急に吹っ切れて自然林へ。

20121008-23.jpg
ヘリポート発見。お弁当広場に最高であるが、まだお昼には早すぎた。

20121008-24.jpg
栃尾山ピークを巻くトラバースはザレ場であったり、
ジメジメ暗い所があったりととてもいい雰囲気とは言いがたかった。

20121008-25.jpg
栃尾辻から続く尾根に合流し、栃尾山へと目指す痩せ尾根。

20121008-26.jpg
どうにかこうにか栃尾山ピークに到着。

20121008-38.jpg
栃尾山ピークまではこのように歩くしか無さそう。

20121008-27.jpg

20121008-28.jpg
ちょっとした展望がある。送電線の鉄塔のそばを歩いてきた。

20121008-29.jpg
合流点(コル)から栃尾辻へは穏やかで歩きやすい。

20121008-30.jpg
栃尾辻(避難小屋)

20121008-31.jpg
カナビキ尾根への分岐点(目印)落書きで案内がある。

20121008-32.jpg
カナビキ尾根は特筆すべき印象は無い。

20121008-5.jpg
山と高原地図の破線から離れていってたので焦った。
いくらなんでも尾根違いは無いでしょ。破線箇所に道無し。

20121008-33.jpg
林道終点に下山してしばらく歩いたところ。
ガードレールから右方向へ行くと白川八丁だ。

20121008-34.jpg
熊渡まで戻ってきた。
双門コース(弥山川ルート)の絵を見ると歩いてみたくなった。

20121008-35.jpg

20121008-36.jpg
行者環林道をみたらい渓谷を経て駐車場まで戻った。
Check [ 2012/10/09 22:50 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(22)
カナビキ尾根ですよね!
私も『どこが尾根道やねん。』と
文句タラタラ永遠とつづらで降りていきました。

冬道なんですかね?
まああの程度の斜面なら夏道でオケのような気がします。
[ 2012/10/10 07:27 ] [ 編集 ]
私は先日、槇尾山の万願寺横から登るルートにて、やはり破線からどんどん登山道が離れていったので引き返し、検証しなくては!と思い破線通りに歩いてみました。
結果、道は無くなり倒木やイバラの中を掻き分けて進むハメになり全身クモの巣だらけで予定より30分遅れて山頂到着でした。
道を知った槇尾山だから歩けた事で、大峰などでGPSがルートを外れて行くと不安で泣きそうになっちゃいます~^^:
しっかりした踏み跡が有ってよかったですね。
カナビキ尾根は下りがイヤになるほど長いですね!
[ 2012/10/10 11:31 ] [ 編集 ]
以前弥山川を一人で行って帰りのカナビキ尾根道を下るのが億劫でしたが、少し前に二人連れを発見、仲間に入れていただき、話ししながら降りてきた思い出があります。お陰で短く感じました。昭文社の登山道図については多々間違いも多いですね。天和山に登り大峰の山々を眺めながら栃尾山に、太平辻を通り広い広っ場(ヘリポート?)を右に見て宮さんまで直におりました。先日その宮さんの天の川を見に行ったら大変なことになってました。驚きました。弥山川(双門)にいかれるならお気をつけて行ってくださいね。
[ 2012/10/10 14:39 ] [ 編集 ]
坪内林道は酷い事になっているのですね。
この前に天川村総合案内所に寄って林道の状態を聞いたところ
3年は無理と言われた事を納得しました。

地図と実際の登山道の位置が違っているのはよくありますよ。
明確な踏み跡があればかまわないのですが
破線ルートではビビりますよね。
金剛山の太尾西尾根コースも地形図とは違っていますし
高見山のたかすみ温泉からのコースも以前の地形図では違ってました。
これは電子国土基本図になってから修正されました。

[ 2012/10/10 17:22 ] [ 編集 ]
坪内の様子には驚きです(@_@)
こんなになってるとは知りませんでした。
地図にも復旧未定って載ってるんですね、さすが for iPhone
[ 2012/10/10 18:48 ] [ 編集 ]
林道の崩壊の様子、すごいですね。迫真の現地レポです。

山と高原地図の登山道の線は、最初っから疑ってかかった方が賢明ですね・・
GPSの方が正しい!
地図の線とはずれたら、「また地図間違ってる・・」とタメ息まじりに思うことにしてます。(笑)
[ 2012/10/10 20:30 ] [ 編集 ]
カナビキ尾根はとても長く感じましたよ。
マイナールートなどの分岐らしい箇所が無かったので
踏み跡を辿って間違いないと思いましたが不安も半分。
今回は下山タイムリミットがあったので余計に焦りました。
弥山川遡行の下山ルートにもなってるみたいですが、
あまり好きにはなれないルートでした。
[ 2012/10/10 21:15 ] [ 編集 ]
山と高原地図、多少の誤差は想定内なのですが、
尾根一つ違うとさすがに心配になりました。
特に下山タイムリミットがあったので迷っているゆとりが
無かったんですよね。
槇尾山でもそんなことになっているのですか。
みーさんもたいへんな経験をされたんですね。

そういえば槇尾山の茶屋が追い出されたみたいで
問題になってますね。
[ 2012/10/10 21:16 ] [ 編集 ]
JJさまでもカナビキ尾根は敬遠したいルートでいらっしゃいますか。
私に声をかけてくださったのはその宮さんの宮司さんかもしれません。
JJさまも天の川付近の様子をご覧になられたのですね。
植林じゃなければ地すべりは起こらなかったかもしれませんね。
戦後昭和の功罪といったところでしょうか。
弥山川へ行く際は十分注意して行ってきます。
いつになるかわかりませんが。
[ 2012/10/10 21:16 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
坪ノ内林道は3年かかっても復旧が難しそうに思いました。
山と高原地図の多少の誤差は想定内ですが、
尾根一つ分も違うとさすがに心配になりました。
それに大峰の破線ルートはあなどれないほど危険なところがありますし。
GPSが存在しないアナログ時代に描かれたままなのでしょうね。
[ 2012/10/10 21:16 ] [ 編集 ]
意外とすぐに通れるようになるんじゃないかとなんとなく思っていたら
想定以上の酷さに、これは当分復旧なんてムリだと確信しました。
iPhone版の山と高原地図はペーパーの2012年版と同じ内容です。
それにしても川合を起点に奥駆道の周回なんて気の遠くなる距離ですね。。
[ 2012/10/10 21:17 ] [ 編集 ]
崩壊現場は想像を絶する酷さでした。
しかもその対岸をなんとか歩けるなんて助言が無ければ思ってもみませんし
引き返していた事です。
今回の山歩きで登山者に会ったのは栃尾辻を過ぎてからのたった1人だけでした。
山と高原地図は疑ってかかりつつも信用している部分もあって、
今回のように尾根が一つ分も違うと不安になりました。
登りでは歩いていないから余計にですね。
比良山系では最新版は誤差がかなり少なくなっているんでしたよね。
11月はarajinさんの最近のホームグラウンドの比良に足を向けてみます。
[ 2012/10/10 21:17 ] [ 編集 ]
自宅のPCがここのところ調子が悪くて
久しぶりのコメントになってしまいました。
今は、もう大丈夫ですが・・・

それにしても、自然の力はすごいですね。
ですが長いこと使われていた登山道が崩落しているのは心が痛みますよね。

残念なことにGPSの地図は完璧ではありません。
私もある程度はずれていることを前提に使用しています。
それと、膝の調子は大丈夫ですか?
[ 2012/10/11 20:12 ] [ 編集 ]
カナビキルートにはいつもお世話になってます。
下山時丸太で通せんぼしてる箇所無かったですか?
まっすぐ行くのを止めてるんですが、そこから先の事じゃないでしょうか?
ちなみにGPS の中のルート線はまったく見てません。
[ 2012/10/11 22:18 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/10/11 22:34 ] [ 編集 ]
PCが不調でしたか。
私のPCももうたいがい古くて動画編集の最新版を入れたところ
がコマ落ちしてかなり時間がかるようになってしまっても~。(^^ゞ
そろそろ買い換えないといけないですわ。。(T T)
まぁ最近撮影する機会も無いのですが。。
日本の山の標高の低いところはほとんど植林なのが悲しいです。
その結果、地すべりが起こりやすいのかもしれませんね。
GPSの地図=山と高原地図のデータと同じなのですが、
アナログ時代に手書きされた登山ルート線との誤差を
多少は覚悟してますが、こんな大きな誤差はびっくりです。
地形図に大きな間違いを発見したこともあるんですけどね。
膝の件、ご心配いただいてありがとうございます。
おかげさまですっかり何ともなくなりました。
一日違いでorisさんも大峰でしたか。
[ 2012/10/11 23:18 ] [ 編集 ]
カナビキルートで丸太で通れなくしてるところですか?
急に谷のほうへ向きを変えるところあたりでしょうか。
注意して見てなかったかもしれません。
踏み跡があまりにも明瞭だったのでそればかりを追ってました。
昔は破線ルートと同一のルートがあったのかもしれませんね。
ちなみに再び合流したあたりを確認したのですが、
どこからも道らしきものは合流してこない感じでした。
[ 2012/10/11 23:18 ] [ 編集 ]
たいへん参考になるコメントありがとうございました。
けっこうたいへんな難ルートだったのですね。
ちょっと身構えてしまいます。
[ 2012/10/11 23:19 ] [ 編集 ]
昨年の夏だったでしょうか。
弥山川ルートで入山した方が下山時にカナビキで迷ったと聞いております。
2日後ぐらいに自力下山されたかと記憶してますが、どこで迷ったんでしょうね。
もしかしてその破線ルートが鍵になってるのかも・・・。
[ 2012/10/12 18:18 ] [ 編集 ]
そんな道迷い遭難事案があったのですね。
破線を追っていったのかもしれませんね。
たっぷり歩いたあとのカナビキ下山中であれば
登り返したく無くなりますね。
時間的にも後が無くビバークを余儀なくされる気がします。
[ 2012/10/12 20:05 ] [ 編集 ]
大峰はほとんど未踏ですが、数少ない知っている所
坪ノ内林道、凄いことになっていますねビックリしました。
復旧は遠い先のようですね(10年単位??)。

それにしても凄い距離を歩きましたね。
所々知ってる場所がありますが凄いの一言です。
真似できません。ザックも重たいのでしょう。。
[ 2012/10/13 07:23 ] [ 編集 ]
段平さんが意外にも大峰をあまり歩いてらっしゃらないのですね。
アクセスが遠いのでしょうか。
いや、もっと遠いいろんな山を歩いてらっしゃいますよね。
今回、距離は長いかもしれませんが半分以上は林道でしたよ。
[ 2012/10/15 06:46 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ