生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

『黒い遭難碑』 安曇潤平 著 

20121004-1.jpg
電子版(Kinoppy)「黒い遭難碑」 安曇潤平 著

あの「赤いヤッケの男」に続くシリーズ第二弾。
電子版(Kinoppy)なのに1,050円とお高いが「ポチっ」とやってしまった。。(^^ゞ

何と言っても本のタイトルがおぞましい。
赤いヤッケの男よりよっぽど怖そうなイメージ。
でも実際はそうでもなかった。
実話というにはあり得ない話があるようにも思える。
山での奇妙な体験談を人から聞いた話なので真実もあれば勘違いもあるかもしれない。
それらのネタを元に、実際の山の描写を盛り込んで読み物として話を整えた
怪談話のショートショートである。
一部、山名をイニシャルとして伏字にしたT岳やK山などの表現もあるが、
実際そのものの名前をズバリ書いてあるものもある。
たとえば平湯から上高地へ抜ける「釜トンネル」などはそのままだし、
そのトンネルを抜けた上高地の描写も実際そのものだ。
あの上高地に、この本に書かれたようなとあるスポットがあるのかどうかかなり気になる。
まぁ何にしても幽霊やその類のものが現実にあり得ることを
個人的には信じてはいないので、ここに書かれた話は
「そんなことあるわけない」と疑ってみつつ、
作り話にしてはやけにリアルだなぁと思ってみたり。
でも核心部は脚色で作り話では?と思えてならない。
どう考えるかは人それぞれ。
なにはともあれ現存する山のリアルな描写の読み物としても夢中になれる一冊だ。
痛勤電車のお供に。

20121004-2.jpg
Check [ 2012/10/04 23:37 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(4)
僕も今、読んでますよ~!
イニシャルにしててもだいたいわかっちゃいますよね(笑)

クライミングでT岳ってバレバレやん!みたいな(笑)
[ 2012/10/06 17:50 ] [ 編集 ]
図書館にありましたか~?
イニシャルでわかりますか。
それはスゴイ知識ですね。
クライミングでT岳って剱岳??
まぁでも怪談風に書かれてますが、
幻聴、幻覚、勘違いの類じゃないかと勝手に思っています。
たまにホラー映画も観るのでかなり耐性はついているのか
怖くて眠れないという事は大人になってから無くなりましたね。
[ 2012/10/07 20:08 ] [ 編集 ]
おそらく谷川岳だと思います。

以前、遭難者数が多い山ってどこかなーって調べてる時に知った山です。
なんと遭難者数 世界一位のギネス認定を持ってるみたいです。
クライミングの聖地だそうです。

僕は賽ノ河原のケルンの話しが・・・・
[ 2012/10/07 21:34 ] [ 編集 ]
賽ノ河原のケルンの話までまだ読んでないです。
楽しみです~。
(^^ゞ
[ 2012/10/09 22:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ