生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

女性の単独登山 

山登りをしていると、最近、単独の女性がよく目につくようになった。
しかもけっこう若い。
山での自然はもちろんナメてはいけないが、六甲山や金剛山なら比較的安心して登れる。
イザというときはエスケープができるという手段がとれるから。
でも自分が読んだ様々な本では「実際のところ人間がいちばん怖い」
と書かれていることも多いので、ブームとは言えくれぐれもご用心を。

こんな新聞記事がありました。

登山女子、ひとりの楽しみ 「自分と向き合える」 ネットで交流も
2010/05/17 朝日新聞 夕刊 5ページより引用

 近ごろ若い女性たちの登山人気が話題だが、一人で山に登る女性の姿も目につくようになってきた。
登山講習に通い、インターネットで情報を収集し、万全の備えをして山に入る。彼女たちを駆り立てるのは、
一人になって自分を取り戻そうとする、人間の自然な欲求のようだ。
 国内最大のインターネット交流サイト「ミクシィ」に「登山は単独行がすき(女性限定)」というコミュニティーがある。
開設から3年足らずで、参加者は約200人に上る。管理人「ヌコたん」は大阪市在住の36歳。
外資系の金融関係会社の管理職で29人の部下を抱える。繁忙期は終電で帰宅し、早朝から出勤する。
 登山を始めたのは10年ほど前。ネットで紀伊山地の八経(はちきょう)ケ岳に
オオヤマレンゲを見に行くツアーを知り、花目当てに参加したのがきっかけ。
壮快で、体力作りにもなる。本格的に登りたいと山の会に入り地図の読み方、
コンパスの使い方など基本から習った。
 だが、グループ登山は「遅れないようついていくのがつらい」。もっとゆっくり花やキノコを見ながら登りたい。
3年後、車を買い登山口まで自分で行けるようになって、一人で登るようになった。
     *
 登り初めは仕事のことを考えてしまう。新規企画のアイデア、スタッフの雇用維持。
そのうち呼吸が苦しくなって、頭が空っぽになり、ひたすら足を動かす。
ついに頂上。一人で静寂の中に身を置いて「自分と深く向き合えた気がした」。
下山するころには吹っ切れたような気持ちになれる。週末の登山が生活の一部になった。
 「登山は単独行がすき」を立ち上げたのは「ほかの単独女子と話をしてみたかった。
生理などの悩みとか」。参加者は20~50代で最多は30代。
仕事を持ち、休日は山でリフレッシュする人が多い。
これから技術を磨いて自分も一人で登りたいという参加者も多い。
 「自分で登山の計画をし、リスクを想定して装備をし、自分で登山口まで車を運転していく。
それを苦痛としない人たちが多く参加しています。
意志を持って行動する女性が増えたから、単独行が増えているのではないでしょうか」
     *
 都内で出版社を経営する原田純さん(55)は昨秋から山歩きに夢中だ。
出版不況で経営は苦しく、家族の病気や自身の不調など悩みは多い。
気分転換に、子どものころ両親と歩いた山に目が向いた。
 10月、登山雑誌が企画する入門コースの丹沢・大野山ハイキングに参加したが、
ついていけずにショックを受け、登れるようになろうと決意した。
情報を集め、ツアーに参加した。でも集団行動は気をつかってなじめない。
やがて山で一人で歩いている女性に気づき、一人で登ってみて、自分のペースで歩ける楽しさを発見した。
 山岳保険に入り、装備をそろえた。
今年3月、登山の記録を共有するサイト「ヤマレコ」でコミュニティー「女一人登山」を立ち上げた。
「一人で歩いていると、自分が自立したかっこいい女になった気がする」と笑う。
「コミュニティーを始めて体験を報告する喜びも知った。人と人のつながりが挑戦する気持ちを支えてくれる」
 昨年5月、エッセー漫画『悩んだときは山に行け!』を出版した鈴木みきさん(37)は、
24歳の時に山を知り、山に行きたくて登山イラストレーターになってしまった。
「街ではだれもが無意識に周りに合わせて、小さなストレスを抱えて生きていると思う。
一人になりたい、自分を見つめる時間がほしいと感じているのではないでしょうか」
 一人登山は合わせず競わず、自分で立てた目標を達成することで自信を取り戻せる。
「何より山の『ゆるぎなさ』に感動する。すると自分の悩みはどうでもよくなるんですね」

 ●緊急時の用具装備を
 警察庁がまとめた「平成20年中における山岳遭難の概況」によると、遭難者数は1933人。
うち単独登山で遭難した人は598人で、死亡・行方不明者は137人と23%に上る。
複数で遭難した場合の2倍の比率だ。
 それでも単独登山への関心は高く、雑誌「山と渓谷」の神谷有二編集長は「特集号は必ず売れる」と話す。
昨年11月号で単独登山者214人にアンケートしたところ、危険対策は次の三つだった。
 (1)人のいないコースは選ばない、無理な計画はたてない
 (2)動けなくなった時のための用具を装備する
 (3)情報収集を怠らない
 同じ号では登山届を管轄の警察に出し、家族や勤務先などに渡しておくことも勧めている。
やはり単独女子は流行っているのでしょうか?

mixiのコミュ入ってますよ。活用はしてません・・・(苦笑)

まぁ〜せっかくの登山で楽しく過ごせないなら
一人で登った方がいいのはわかります〜

私も単独行たまにしてますが、あまりオススメはしないですね。

とりあえず山岳保険は加入済み。
[ 2012/09/12 23:22 ] [ 編集 ]
お休みがお友達と合う日が少ないので仕方がないのですが。。。
日頃の生活からも解放され!?
1人でも行ける金剛山を知り登り始めました。(まだ1年たちませんが)
でもそろそろ他の山も気になってきているのですが。。。
しばらくは「のんびり金剛山」で十分癒されてるので^^¥


マイペースなブログですがリンク宜しくお願いいたします♪

[ 2012/09/13 09:58 ] [ 編集 ]
いろんな山を登っていると必ず居ますね。
金剛山なんかたくさんいらっしゃいます。
そういうこっちも単独なんですけどね。
山岳保険切れました~。
危険なところに行けないです。。
[ 2012/09/13 21:24 ] [ 編集 ]
単独で金剛山派なのですね。
金剛山は単独でも安心して登れますよね。
六甲山もそんな感じですよ。
葛城山はちと寂しい感じはします。
リンクありがとうございます。
[ 2012/09/13 21:38 ] [ 編集 ]
同じ単独登山を楽しんでいる者として、この記事に書いてあることはとても共感を覚えます。
先日、リトル比良を縦走した時、すばらしい絶景のオウム岩で一人酒を酌んでいると、後から来られた単独の登山者に出会いました。最初は男性かと思うぐらいキリッとした顔立ちの方でしたが、お話してみると女性でした。はっきり言って「かっこいい」と感じてしまいましたね。
[ 2012/09/15 09:15 ] [ 編集 ]
今回の記事はいろいろ考える機会になりました。
若い人からお年寄りまで単独の方よくみかけます。
T夫妻は経験浅いので単独はしない事にしてます、     でも二人の時でもボーっと考え事しながら登ってますね。
そして頂上でスカッと解決!とまではいきませんが(^^ゞ
夫婦喧嘩もなんとなく終わってますし(笑)

いつか、かっこいい山ガ?になりたいです!

[ 2012/09/15 14:20 ] [ 編集 ]
すっかり比良専任になってらっしゃるarajinさん
そんな出会いがあられたのですね。
比良には有名な女性(実際は男性)がいらっしゃって、
北比良峠のあたりをキレイに清掃されてらっしゃる方ではなさそうですね。
男性に見えた女性ですか。
また比良山系のつもるお話をお聞きしたいです。

[ 2012/09/16 17:31 ] [ 編集 ]
ご夫婦で山に登っておられる方を多数知っておりますが、
よく喧嘩にならないもんだなぁと感心してましたが、
やはり喧嘩になりますよね??
仕事の事、家族の事、親の事、地域の事などなどゆっくりと集中して話し合う時間があるのも山の魅力なのでしょうね。
家でだとテレビを見ながらってことになりそうで聞いているようで聞いてなかったりになりそうですね。
本気の山スタイルは性別年齢問わずかっこいいと思います。
[ 2012/09/16 17:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ