生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大峰山系 四寸岩山 周回 (2012.8.25) 

20120625-0.jpg
大峰山系 四寸岩山にて

虫が少なくなってきて秋の気配を感じる。
けっこう涼しくて快適だった。


山上ヶ岳に行くかどうしようか迷った。
あんなに変化に飛んだルートは珍しく、とても楽しいルートなのに一年以上も登ってない。
しかも今回は絶好の天気で遠くまで見通せるほど澄んでいる。
こんな天気の日は、みなさんもっと遠くの展望のある高い山に行ってるのかなぁと思いつつ。
陽の当たる山はまだまだ暑いだろう。
そんなこんなで地味に大峯奥駈道の未踏ルートつぶしに行くことにした。
残すところあとわずか。

【目的】
 1.大峯奥駈道の未踏区間つぶし
 2.地図上からは読み取れないナニカを発見すること

【コース】
 五番関登山口(7:30)-大天井ヶ岳(8:50)-大天井茶屋跡-二蔵宿小屋-ヌタ場-足摺茶屋跡(11:15)
 -四寸岩山(11:35)-林道合流-休憩所?-大天井滝-五番関トンネル-五番関登山口


五番関
起点となる五番関トンネル前に7時頃に到着。
すでに5台の車が停まっていたが山上ヶ岳のほうに行ってる人ばかりだろう。
一台車がやってきて、父親と息子さんと思われる親子が準備して登って行かれた。
自分も後に続く。
いきなりの急登で薄暗くさびしい雰囲気があるが15分も登れば大峯奥駈道の五番関に着く。
さきほどの親子が休憩しておられ、女人結界門の前で写真を撮ってあげた。
しばし一息ついたところで再出発。
山と高原地図の破線ルートである在来道を歩いてみたかったが、
崩落のために通行止めであった。
しかもしっかりとした看板が建てられていたことから復旧する予定もないような感じ。
いままで長年登山道として使われてきたものが、どうしてここ近年になってあちこち崩落したりで
どんどんと潰されて行くのだろうか。単に異常気象で片付けて良いものかどうか。

大天井ヶ岳
トラバースできると期待していた従来道が歩けないので、仕方なく大天井ヶ岳のピーク経由で。
大天井ヶ岳のピークは過去に何度となく登っているが、金剛山とのW登山のセットだったりと
ついでに来る感じのピークで、展望はほとんど無く、これといって何の特徴もない。
こんな天気の良い気持ちの良い日にわざわざ来たことを後悔するほどである。
ところが今回は珍しく遠くを見渡すことができた。
そこで思った。
展望のある山は天気の良い日に行けば、遥か遠くが見通せなくてももれなく展望を楽しめる。
普段ほとんど展望の無い不人気な山こそ、こういう日に展望が見えると得した気になる?
ということにしておこう。ハイウェイ代を3千円ほどケチったばっかりに大展望が。。;;

大天井茶屋跡
さて、大天井ヶ岳から吉野方面に向かって四寸岩山までの奥駈道は未踏区間である。
未踏の道を歩くのは楽しみで仕方がない。
大天井ヶ岳のピークから少しばかり戻った分岐から奥駈道を行く。
いきなり高度を落としていくトラロープゾーンである。
大天井ヶ岳ピークまで来ていたかつての林業用モノレールのレール伝いに下りて行く。
ほどなくパッと開けた平地に出た。
そこからの展望は大天井ヶ岳ピークからの展望よりも広範囲に望むことができて弁当広場適所だった。
金剛山や葛城山がすぐそばに見えるくらい澄みわたっていて、六甲山もはっきりと確認できた。
ちいさな祠がひとつあった。

二蔵宿小屋
植林と自然林の交錯している快適なトレールを歩きながらさらに高度を下げて行き、
そのうち金剛山よりも標高が低くなってしまったところでいきなり構築物出現。
近づいてみると縦走に利用できる立派な小屋でありテント場であった。
小屋の中に入ると、いかにも泊まっていってくださいと言わんばかりの至れり尽くせりな感じ。
サンダルや書籍まで設置されてあって、誰か人が住んでるんじゃないのかと錯覚してしまうほどだ。
吉野まで4時間と書かれてあった。
林道など無い時代は茶屋や小屋が命綱であり、大峯奥駈道を歩くってことは
まさにサバイバルだったに違いない。
そう思うと、林道など近くにない、エスケープのできない深い山奥で、
自分の足で歩くしかないような山域に行ってみたくなった。
それってたとえばどこだろう。
大峯奥駈道も弥山を出て釈迦ヶ岳方面へ向かうとほとんどエスケープできないものであるが。

林道一時合流
二蔵宿小屋を出るといきなりの分岐。地図には無い。
古道との分岐である。古道は奥駈道と並行に続いている。
古道とは言えふつうに歩けるのに、古道を活かさずに奥駈道があるのはナゼ?
その後も古道との並行区間が続いた。
二蔵宿小屋から30分くらい歩いたところで舗装林道と合流した。
そこはいちおう「百丁口」となっていて広場もあった。
ちなみにこの舗装林道は崩落箇所があって現在は車の通行はできない。
そんな林道とはすぐに別れて再び登山道へと入って行く。
林道からは今日の折り返し地点の「四寸岩山」へは行けないのである。

ヌタ場・足摺茶屋跡
山と高原地図には書かれてないが、現地の看板などの地図には書かれているヌタ場。
文字通りヌタヌタなのかと思ってたら、実際もそのとおりな感じ。
雨が降ったあとなんかひどいだろう。
枯れた池のようなものもすぐそばに。
足摺茶屋跡の小屋はというと二蔵宿小屋と違ってちょっと人を寄せ付けない雰囲気。
中を覗いてみたけど祭壇があったり、外には墓っぽいものも。
避難小屋としては十分使えるが。。

四寸岩山
登って登ってスタートから4時間かかってようやく四寸岩山に到着。
けっこうたっぷり歩いた感があった。
またここに来ることになるとは思ってもいなかった。
ここで昼食を摂るしか無いと思っていたが、草いきれに虫、なんだか暑いし落ち着かないので
写真を撮っただけですぐに折り返し。
前にここを訪れた昨年の秋は寒くて昼食するには耐えれないので撤退したが夏でもダメだった。
足摺茶屋まで戻ってくると平地なのでここで食べようかとも思ったが、
やっぱりどこか人を寄せ付けない空気を感じたのでもっと戻ることにした。
木漏れ日もある明るく広い平地を見つけてようやく昼食。
時計は12時を過ぎていた。

いざ林道へ
四寸岩山まで4時間かかった道のりを、再びピストンで戻る気にはなれない。
特に大天井ヶ岳への登りはキツすぎるだろう。
ということで迷いもなく舗装林道の合流点から林道歩き開始。
通行止めの原因となっている崩落箇所があるとすれば歩いて越えれるだろうかという不安もあった。
車も人も通らない林道をてくてくと快適に歩く。これは楽チンだ。
最初の崩落箇所に遭遇。
林道へ上からの土砂が崩れてはいるが、軽トラが通った跡があったりで車でも十分クリアできる。
この程度でも通行止めなんだぁと進んでいくと、こんどは道路が陥没している。
それもごっそりと道幅の大部分が下に落ちている。
残った部分はというと、やっぱり軽トラがぎりぎり通れるような幅がかろうじて。
さらにどんどん進んでいくと、何やら開けた場所が出現。

謎の休憩所?
まるでテント場のようにだだっぴろい平地にポツンと休憩所の建物。
キャンプ場でもないし、いったいここは何だろうか。
あまりにも開放感がある場所がひとりじめできる機会なのでしばらくお茶休憩。
再出発してしばらく進むと、こんどはさすがに軽トラでは通れない崩落箇所あり。
バイクなら通れるのだが。

大天井滝
百合ケ岳の威圧感ある山容を眺めながらも林道をてくてくと進む。
五番関トンネルから川上村への分岐点があり、そこを五番関トンネルに向けて登り返して行く。
その後は崩落箇所は見当たらなかった。
もう少しで五番関トンネルというところで大天井滝とやらがあった。
そばまで見に行ってみたが・・・微妙。

そんなこんなで遠回りぎみながらも林道を利用したことで復路はずいぶんと早く帰ってくることができた。
大峰奥駈道を歩いたというのに、今日一日を通して車はもちろん、誰一人としてすれ違うことが無かった。
こんなに人の居ない山域ってなかなか無いよなぁ。
良いんだか悪いんだか、いかに不人気な区間かというのがわかっただけでも収穫としよう。
それでも常に風があって涼しく、いつもよりゆっくりと時間の流れる山歩きができた。

さて、大峯奥駈道の未踏区間(南奥駈道を除く)であるが、残すところあと「五番関~洞辻茶屋」まで。
山と高原地図のコースタイムで1時間50分の区間のみとなった。

その他の写真は以下より。
20120825-1.jpg
20120825-2.jpg
GPS軌跡+地形図

20120625-3.jpg
GPS軌跡+山と高原地図 for iPhone 緑のラインが歩いた軌跡

20120625-4.jpg
五番関にて(女人結界門がある)

20120625-5.jpg
在来道の破線ルートは通行止め

20120625-6.jpg

20120625-7.jpg

20120625-8.jpg

20120625-9.jpg

20120625-10.jpg

20120625-11.jpg

20120625-12.jpg
大天井ヶ岳ピーク

20120625-13.jpg
大天井ヶ岳からの激下り

20120625-14.jpg

20120625-15.jpg
延々とモノレール(現在は廃線)

20120625-16.jpg

20120625-17.jpg
大天井茶屋跡(小さな祠がある)

20120625-18.jpg
さらにレールは続くが途中で左手に消えて行った

20120625-19.jpg

20120625-20.jpg
二蔵宿小屋が見えてきた

20120625-21.jpg

20120625-22.jpg
水場もあるみたい

20120625-23.jpg

20120625-24.jpg
二蔵宿小屋の中 書籍やクロックスのサンダルまである

20120625-25.jpg
大峯奥駈道(左)と並行する古道(右)の分岐

20120625-26.jpg

20120625-27.jpg
百丁口にて(舗装林道との合流点)

20120625-28.jpg
通行止め看板を越えてすぐ右手に大峯奥駈道はつづく

20120625-29.jpg

20120625-30.jpg
足摺茶屋跡にある小屋

20120625-31.jpg

20120625-32.jpg
西側に展望の開ける四寸岩山 あと少しでピークだ

20120625-33.jpg
下方に林道がはしっている。

20120625-34.jpg

20120625-35.jpg
四寸岩山ピーク(西側(写真の反対側)に展望が開ける

20120625-36.jpg
舗装林道の崩落箇所(これくらいなら軽トラだと通れる)

20120625-37.jpg
てくてく快適な舗装路をひとりじめ

20120625-38.jpg
道路の陥没箇所 さすがに軽トラがぎりぎり通れるかどうかというところ

20120625-40.jpg
突然、目の前が開けてくる

20120625-41.jpg
広大な平地 公園でもなくキャンプ場でも無い

20120625-45.jpg

20120625-42.jpg

20120625-43.jpg
大天井滝 滝の写真は省略

20120625-44.jpg
五番関トンネルの東側
Check [ 2012/08/26 17:52 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(6)
いつみても、写真撮るのうまいですね!
単独行ですか??

本当に山の散策を楽しんでるのが伝わってくる写真だと思います。
またご一緒に登山いける時を楽しみにしてます!
[ 2012/08/26 20:13 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
そうなんです。
ノマイペースなノンビリ登山が最近好きで。
今日は金剛山でお会いできて西穂の土産話が聞けて良かったです。
またぜひご一緒したいです。
[ 2012/08/26 20:33 ] [ 編集 ]
キバラーさん・・
あれこれ考えながら単独で行く山歩きが、
私はいちばん好きです。
ここは確かに人気(にんき)も人気(ひとけ)もないですよね(笑)
6枚目と7枚目の写真が好きです。
単独の山歩きの風情が感じられるのに、自然に感じられる自分撮り・・
どうやって撮ってるんだろうと、いつも感心しています。
[ 2012/08/27 09:20 ] [ 編集 ]
あと少しで奥駈道の北側を制覇ですか? 残りのルートには大きな鍋がありますよ。
私は奥駈北側制覇にはまだ、数年はかかるでしょう。
まあ、それだけ楽しみがまだまだ残っています。

五番関から四寸岩山までのピストンは昨年の秋に私も歩きました。
ただし、私は芸もなく同じ道を往復でしたが・・・
その時もほとんど誰にも会わなかった記憶があります。
さみしいけど、楽しかった記憶があります。何だか、奥駈道って単独行が似合いませんか?
[ 2012/08/27 20:39 ] [ 編集 ]
単独で何もかんがえずに無心に歩く。
そうすると五感が研ぎ澄まされより自然を感じることができますよね。
私はけっこうキョロキョロしているので落ち着きが無い挙動不審な歩き方をしていると思います。
そのおかげといいますか、けっこう人が見落とすような踏跡やオブジェ、展望などに気づくけることが多いです。
自分撮りは恥ずかしいのですが、スケールを伝えたいので積極的に人は入れたい考えなんです。
私のカメラのセルフタイマーは最長20秒まで設定できるんです。
集合写真でも20秒で撮るものだから長すぎて失笑をかいますんです。
[ 2012/08/27 20:46 ] [ 編集 ]
orisさんの昨年の記事を帰ってから拝見しました。
スゴいですね!
私は同じ道のピストンはココロが折れました。
とてもそんな体力が残ってなかったです。
奥駈道はたしかに単独の方が多いですし似合いそうですね!
五番関から洞辻茶屋までもすでに歩いてらっしゃるのですね。
大きな鍋は気になります。
次の楽しみに取っておきます。
お怪我のほうは大丈夫ですか?!
お早い復活を楽しみにしています!
[ 2012/08/27 21:06 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ