生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第278回 (2012.8.19) 

20120819-0.jpg
金剛山 転法輪寺境内前にて  ※左から、orisさん、うっちぃさん、Booさん、キバラー

『今日の金剛山』 ハイビジョン(HD)撮影 (4分17秒)


ひさしぶりの沢ルートはやっぱり涼しかったー。

【ルート】
 登り:石ブテ西谷ルート
 下山:中尾の背ルート


今年に入ってから何かとご縁のあるorisさんと、毎度おなじみのうっちぃさん、そして・・。
ブログヤマレコにFacebookにmixiにTwitterもやられていて写真好き、料理好きの
最先端山ガール「Booさん」と一緒に登っていろんな情報を交換したいということで今回の企画。
Booさんとはチャレンジ登山大会のときの初対面以来三度目の顔合せとなる。
すでに金剛山のレアなルートをたくさん登ってらっしゃって、今回の石ブテ西谷ルートも2回目とのこと。
前日には単独でJR北宇智駅からという超長尺な天ヶ滝新道から金剛山を登られたばかりだというのに
本日もまったく疲れ知らずなパワフルさを発揮しておられた。
さらにさらにみんながアブで大騒ぎしているのに、アブがくっついてもまったく動じないBooさん。。(^^ゞ
最近は登山回数捺印をもらうだけの簡略登山になっていた金剛山。
久しぶりの沢ルートはとても楽しかった。

石ブテ西谷ルート
朝7時45分に水越川駐車場をスタート。
舗装路を下ってきて青崩トイレ前から取り付き、谷の右側の舗装林道を詰める。
入渓する直前にはブッシュが少しあったりで暑苦しかったが、沢に入るとたちまち涼しくて快適。
やっぱこの季節は金剛山の沢かなぁって、もうすぐ秋だよな。
初めてこのルートを歩いたときは補助ロープも無く、高巻きで巻き倒してえらい苦労したものだ。
今回巻いたのはたしか一箇所ぐらいで、あとは楽しく沢を遡行することができた。
沢が終わって植林地帯に入ってからは平和そのもの。途中のセトの分岐看板はスルー。
しかし沢を最後まで詰めると泥んこ&急登&ブッシュが必至なので、
途中、左手に進む「ヤカンルート」(非常に大きなヤカンがある)から石ブテ尾根ルートに合流。
さらに、六道の辻へは行かずに途中の分岐からショートカットして大日岳へ。
「金剛山を守る会」に入られてるBooさんは、登山道のゴミを拾いながらの登山であった。

金剛山山頂(10:40)
今日は空気が澄んでいるのか、大日岳から明石大橋がはっきりと見えた。
なんやかんやでスタートしてからほぼ3時間で山頂に着いた。
山頂でしばらく休憩していると、danashiさんと一緒に登っておられたことがあるという
男性から声をかけていただきました。もしかしてあの「M田さん」ではないだろうか。
だとしたら、GWに大杉谷へ突入する勇気をいただいた方だ。
ありがとうございます!
その後、捺印所前で、ブログ「ぱろやんの金剛登山」のぱろやんさんと遭遇。
たいへんお久しぶりでした。また近く一緒に登ってください。
Takeshiさんも登ってらっしゃったみたいだが30分差だったみたいでお会いできず。
売店では先日「剣山」にご一緒していただいたみーさんに挨拶。
腹も減りまくってるので立ち話もそこそこに「ちはや園地」へ移動。

ちはや園地キャンプ場
あまりにも展望が良いみたいなので展望台に上がって遠くの山並みを眺める。
高見山、大峰山脈の山々をはっきりくっきり確認することができた。
キャンプ場では食器セット(500円)を借りて炊事の準備。
Booさんがエスニックなカレーを作ってくれるというメインイベントだ。
野菜の下茹でからフルーツ、流行の塩麹キュウリもろもろから手作りナンまで
前準備いろいろありがとうございました。ごちそうさまでした。
3時間近くゆっくりしたところで下山へ。

中尾の背ルート
再び山頂まで戻り、大日岳、六道の辻を経て中尾の背ルートへ。
なにやら雲行きがあやしくなってきたのを察知。
雷警報器は要注意ランプ。
せっせと高度を下げていく。
丸滝の沢まであと半分くらいのところで突如バケツをひっくりかえしたような滝の雨。
レインウェアを着る間も無い。取り出している間にずぶ濡れになる。
いつものゴーライトの傘でなんとかしのぐ。
そのままレインウェアを取り出すことなく傘だけで下山。
沢の近くに下りてくるまで豪雨が続いた。
沢に下りると増水していて勢いがスゴい。
といっても膝ほどの深さもない沢なので危険はない。
それと斜面の崩土も懸念されたが崩れてきそうな斜面は無さそうだった。
全員、全身ずぶ濡れになりながらなんとか林道に出たときには雨はほぼ上がった。
山頂に居たのなら雨宿りしていたし、ルートも変更していただろうと思う。
勝手の知れた金剛山じゃなければ沢へは降りずに登り返して安全ルートでの下山も考慮しただろう。

と、まぁ予想外にワイルドな展開もあったがそれもまた楽しいハプニングであった。
ご一緒いただいたみなさん、ありがとうございました。

その他の写真は以下より。 20120819-1.jpg

20120819-2.jpg
大和葛城山を望む

20120819-3.jpg

20120819-4.jpg

20120819-26.jpg
※orisさん写真提供

20120819-5.jpg

20120819-6.jpg

20120819-7.jpg

20120819-8.jpg

20120819-9.jpg

20120819-10.jpg

20120819-11.jpg

20120819-12.jpg

20120819-30.jpg
※orisさん写真提供

20120819-13.jpg

20120819-25.jpg
※orisさん写真提供

20120819-31.jpg

20120819-14.jpg

20120819-32.jpg

20120819-15.jpg

20120819-16.jpg

20120819-17.jpg
大日岳にて

20120819-18.jpg
ユリの仲間ですね 斑点がありますね

20120819-19.jpg
桔梗、だったかな。。

20120819-29.jpg
※orisさん写真提供

20120819-27.jpg
捺印カードを忘れて「お忘れ券」をもらう ※orisさん写真提供

20120819-20.jpg

20120819-21.jpg

20120819-28.jpg
展望台にて 高見山、大峰山脈が一望できる天気だった

20120819-23.jpg
話題の塩麹

20120819-22.jpg
Booさんの手料理

20120819-24.jpg
Check [ 2012/08/21 21:31 ] 金剛山(動画) | TB(0) |   コメント(8)
キバラーさん、その節は大変お世話になりました(笑)

とてもワイルドなアドベンチャーでしたね。
そして、お昼はめちゃスパイシーカレー過ぎましたね。
お水を沢山飲んでいるのを思い出しました。

色んなルートで歩いてますが、ショートカットの道は
教えて頂いて嬉しかったです♪

気になる道がある時は、とりあえず確認という意味で
歩いてみないと行けませんね。

それよりも、写真と動画が恥ずかしいです(苦笑)
マジでスリムにならないと・・・・(笑)

☆ありがとうございました☆
[ 2012/08/21 22:40 ] [ 編集 ]
チャレンジ登山の日以来ですよね?(こう書くと私も参加していたみたいですが・・・笑)
毎日ブログを拝見しているのでそんなに日が空いているようには感じられませんけども~。

またぜひご一緒させてください~。
よろしくお願いします。
[ 2012/08/22 06:05 ] [ 編集 ]
皆さん、勢揃いだったんですね!
楽しそうな山頂です。

ブテ西は未踏です・・・唯一の沢筋で残したルートです。
[ 2012/08/22 16:22 ] [ 編集 ]
先日はお世話になりましたー。
とても楽しかったです。
ひさしぶりにどっぷり金剛山も満喫できました。
しかも晴れ、曇、雷、雨、豪雨と雪以外の全天候を一日で。(^^ゞ
写真と動画はですいません。
人となりがよく出ているので気に入っています。
懲りずにまたご一緒してください。
ありがとうございました。
[ 2012/08/22 21:14 ] [ 編集 ]
先日は久しぶりにお会いできたのにご一緒できなくて残念でした。
旧来からの仲間が一同に揃うのがわかってたら大宴会したかったです。
ご無沙汰の方、たくさんいらっしゃいますわ。。
またご一緒してください。
ありがとうございます。
[ 2012/08/22 21:14 ] [ 編集 ]
勢揃いだったみたいですが一堂に会することができなかったのが残念です。
石ブテ西は昔の印象は無くて、東谷よりも快適にたのしく登れました。
比良や鈴鹿、大峰の沢をブイブイいわされてらっしゃる中村さんにはまったく物足らない沢だと思います。
[ 2012/08/22 21:15 ] [ 編集 ]
今回はキバラーさんとご一緒だったからこそ、歩けたルートです。
金剛山も改めていろんなルートがあるんだなと思いました。
それに動画の件はご配慮いただきありがとうございました。

下山時はまさかのゲリラ豪雨で、いい経験になりましたし、
それなりにサバイバルぽくて楽しかったです。

うっちぃさん、Booさんも、ありがとうございました。
また、よろしくです。
[ 2012/08/22 22:39 ] [ 編集 ]
先日は慣れないルートにお連れしてすいません。
東谷や丸滝谷のようにミスできない危険箇所の無い
ルートなので楽しんでいただけたかと思います。
似たような感じで妙見谷ルートも楽しいですよ。
こんどまたぜひ。
ほんと下山はサバイバルでしたね。
あんなときに一人だと不安でいっぱいになるところでしたが、
みなさんとご一緒だったので楽しかったです。
ありがとうございました。
[ 2012/08/23 20:35 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ