生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

四国山系 剣山(つるぎさん) (2012.8.16) 

※この記事は公開後、都合によりに画像を差し替えました
20120816-44.jpg
次郎笈から眺める剣山 写真クリックで拡大可

『今日の剣山』 ハイビジョン(HD)撮影 (6分32秒)

なんと美しい山稜だ!
そこは穏やかで優しい魅惑の山域だった。


四国の山々は他の山域のどこにも無い独特の良さがあるのではと思った。
周りのどの山も穏やかで山頂には展望のある芝生広場があるような山ばかり。
癒されるなぁ~。他の山が色褪せてしまいそう。。
白山、立山以来の感激かも。
剣山は日本百名山の一つで別名太郎笈(たろうぎゅう)と呼ばれている。
隣の次郎笈(じろうぎゅう)とは兄弟関係。
剣山というとオフローダーの聖地で日本最長の未舗装路「剣山スーパー林道」のそばである。
オフロードバイクに乗っているときにいつかは走りたいと思ったまま実現できなかった事から
剣山の名前だけは知っていたのであるが、こういう形で実現できるとは思ってもいなかった。
愛媛県の石槌山に次ぐ西日本第二の高峰の剣山(標高1,955m)は
近畿地方最高峰の八経ヶ岳(標高1,915m)よりも高いがとても登りやすい山だとか。
実際、たしかにそうだった。皇太子さんが良く登ってるとか?!
二万五千分の一の地形図がベースの山と高原では表現できない狭い範囲内に
無数のコースや見どころがあるのにも驚いた。

みーさん、ミカさん、おひさしぶりです!

【目的】
 1.剣山のピークハントとピークから次郎笈の眺め
 2.次郎笈のピークハントとピークから剣山の眺め
 3.名水百選の剣山御神水の飲用
 4.キレンゲショウマを見る

【コース】 ※休憩も多くかなりゆとりのあるタイム
 見ノ越(8:15)-西島駅(9:15)-刀掛(9:30)-キレンゲショウマ群生地-不動の岩屋-剣山頂上ヒュッテ-
 剣山山頂(10:40-11:00)-次郎笈(11:35)-(昼食)-剣山御神水-大剣神社-西島駅-見ノ越(14:50)

アクセス
本来であれば大阪からだと明石海峡大橋、淡路島、鳴門海峡大橋を経由して
徳島自動車道の「見馬(みま)」まで一気に高速道路移動するのが一般的であるが、
前日夜からの移動のために全員が快適な仮眠が取れるようにと往路はフェリーにて。
神戸のミカさんと三ノ宮で合流するためにも都合が良かった。
みーさんには本件でいろいろお世話になりました。
三ノ宮~高松行きのフェリーは午前1時に出航し、午前5時に高松港へ着く4時間の所要時間。
4時間仮眠できると思いきや、お盆の関係で乗船客が多く、乗船したときには
すでに雑魚寝スペースは満員のため、茣蓙(ござ)が敷かれた通路みたいなところをなんとか確保。
ものめずらしさもあって夜景を眺めたりしていたので実際には2時間しか熟睡できず。
それでもテント泊さながらにZライトやエアピローなどを持ち込んだので快適に眠れた。
高松港からだと愛媛県にある石鎚山へは2時間で行けるそうであるが、
剣山は徳島県にあるにもかかわらず山道クネクネなどの下道アプローチが長く3時間はかかる。
祖谷(いや)のかずら橋や大歩危(おおぼけ)・小歩危(こぼけ)が近くにある。

登山口
見ノ越駐車場は立体で広く十分なスペースが満車になるほどなのに料金は無料である。
地元に税収をもたらす唯一の収入源となりえるというのになんと良心的な。
その代わりというか、ハイヒールガールなどの観光客はもちろん、山ボーイ、山ガールなどの
登山者ほとんどがリフトに乗って山上駅を目指す感じだった。
むしろ下から登る登山者が異端者みたいで、登山口がどこにあるのかさえわかりにくい。
できるだけリフトを利用して~という感じ?
楽しそうなのでできることなら乗りたいけど鍛錬にならないし。
そんなこんなで登山口がどこにあるのかさっぱりわからなかったが、
昨年ガスの中を登ったというミカさんの案内で問題なくスタート。
神社の境内の階段を登って行くというのがルートだった。

見ノ越(登山口)→西島駅
すでに標高1400mを超えているので立ち止まるとそれなりに涼しいが
せっせとハイペースで登ると汗がたらたらと蒸し暑い。
虫がまったくといっていい程いないのが不思議である。
ほどなく登山リフトの下をくぐる。リフトいいなぁ。。
どことも似つかない雰囲気で歩きやすい登山道でゆっくりと高度を上げていく。
登山リフトの西島駅が近づいてくると展望が開けてきて遠くにミウネヤマなどの山々が見える。
近くの山はどれもが山頂に芝生広場ならぬクマザサが広がっている感じが独特。
あっちにもこっちにも登ってみたくなる。
この感じは今まで見たことがないなぁ。

西島駅
ほどなく登山リフトの山上駅である西島駅に着いた。
なんだか楽勝に1700mやんと思ったら、実質高低差350mくらいしか登ってなかった。
剣山に詳しそうな方がいらっしゃったのでいろいろ教えていただく。
まずは予定してなかったキレンゲショウマというのを見に行くことにした。

キレンゲショウマ群生地
今日のコースタイムは十分余裕をみているので多少の予定外行動は十分カバーできる。
刀掛までしばらく登って、そこからは下山するかのようにキレンゲショウマの群生地へ。
地図には無い一方通行の周回ルートになっていたりと複雑である。
戻りはまた刀掛まで登り返さないといけないと思っていたらショートカット道があったり。
キレンゲショウマ自体は初めて見るような花である。
近くには鎖場(行場)があったりするが危険な感じも無いようだ。
途中、湧き水のある洞窟のような不動の岩屋というのがあったのでザックをデポし、
真っ暗闇をヘッデン点けながらハシゴを下りて探検に行くもすぐに行き止まり。
湧き水が出ていたり、岩が氷のようにように冷たくて手を当てていられなかったり。

剣山頂上ヒュッテ→剣山頂上
頂上ヒュッテは本格的なアルプスの山小屋のような雰囲気でもあり霊山のようでもある。
そして展望も良い。トイレもある。売店もある。無料の望遠鏡もある。
一段上にあがるとそこは平家の馬場と呼ばれる広大な高原のようになっていて開放感抜群。
クマザサを守るためにほぼ木道で占められているがそれがまた高原ムード満点。
あちこち行ってみたかったが、まずはピークへ。
その勢いで次郎笈に行ってしまったので山頂がどのようになっていたのかよくわからないまま
次郎笈からの戻りには山頂を通らなかった。
山頂の詳細は次回の楽しみにとっておこうと思う。
三角点を確認するのを忘れたが、おそらく記念写真撮ったあたりだと思われる。

次郎笈(じろうぎゅう)
剣山山頂から眺める隣の峰である次郎笈はとても美しい。
もはや剣山よりインパクトがあると思っていたが、次郎笈から眺める剣山も負けてなかった。
剣山は別名、太郎笈とも呼ばれているらしい。よって太郎笈と次郎笈である。
次郎笈への登り返しは腹も減っていたのでキツかった。
ピークは人も多く、食事をあきらめ、かなり剣山寄りに戻った中腹で食事。
眺めが一望できるので、結果的に次郎笈ピークで食べるよりも良かったと思う。

剣山御神水
昼食の後は山頂へは戻らずにトラバース路で名水百選の剣山御神水へ。
途中、ドバドバ出ている水場はスルーして剣山御神水へ登り返して行ったものの、
水場は水溜まりみたいなところに湧いている状態だったので汲むのはあきらめ、
少しまた登って大剣神社を確認したのち、来た道を下ってドバドバでていた水場で水をくみなおす。
冷たくて美味しい水だった。
お茶をするアイスコーヒーの水を確保したところで西島駅まで行ってからお茶をするつもりが
途中に東屋があったのでそこで最後の休憩をとる。

下山へ
登ってきた道ではないルートで西島駅まで戻り、登りで歩いた一本道の登山道で下山開始する。
途中、山と高原地図には無い遊歩道への分岐があったのでそちらから下山をしたら、
リフトの下をくぐるところで登ってきたルートに合流した。
祖谷川の源頭部があったりでなかなか良かった。
下山後は一時間くらい車で美馬方面へ戻ったところにある剣山木綿麻(もうま)温泉(400円)で汗を流す。
ボデーソープだけでシャンプーが別売だったので家から持ってきたマジックソープを使用。
帰りのアクセスは徳島道経由(途中で食事)で鳴門大橋、淡路SAで夜景を眺めてまたお茶してと
家に帰ったら23時だったので、24時間以上みなさんと一緒に居たという感じ。
ちょっとした泊まりの旅行気分が味わえて非常に充実した山行きだった。
ご一緒いただいたみなさん、ありがとうございました。

その他の写真は以下より。 20120816-1.jpg
「剣山」はココ!

20120816-2.jpg
GPS軌跡+地形図

20120816-3.jpg
GPS軌跡+山と高原地図 for iPhone

20120816-5.jpg

20120816-6.jpg
登山リフト(往復1800円 片道1000円)

20120816-7.jpg

20120816-9.jpg

20120816-10.jpg

20120816-11.jpg

20120816-12.jpg

20120816-13.jpg

20120816-15.jpg

20120816-16.jpg
西島駅(登山リフト山上駅)

20120816-17.jpg

20120816-18.jpg

20120816-19.jpg
刀掛にて

20120816-20.jpg
キレンゲショウマ群生地へ移動中

20120816-21.jpg

20120816-22.jpg
キレンゲショウマ

20120816-23.jpg
おくさり(鎖場)

20120816-24.jpg
鎖場に挑戦しようと思ったが、狭くてザックが邪魔になるので断念

20120816-25.jpg
剣山に詳しい方からいろいろ教えていただく

20120816-26.jpg

20120816-27.jpg
劔山本宮

20120816-28.jpg
お祓いを受けるみーさん(無料)

20120816-29.jpg
登山バッヂの購入

20120816-30.jpg
無料の望遠鏡  とにかく剣山は無料尽くし。。(^^ゞ

20120816-31.jpg
登りきれば「平家の馬場」だ

20120816-33.jpg

20120816-34.jpg
写真クリックで拡大可

20120816-37.jpg
次郎笈の山容 写真クリックで拡大可

20120816-38.jpg
次郎笈ピークに向けて
20120816-39.jpg
振り返って、剣山の山容

20120816-40.jpg

20120816-54.jpg
次郎笈のピーク


20120816-43.jpg
大剣神社

20120816-42.jpg
剣山のピークをズーム

20120816-45.jpg

20120816-46.jpg
写真クリックで拡大可

20120816-47.jpg

20120816-48.jpg

20120816-49.jpg

20120816-50.jpg

20120816-51.jpg

20120816-52.jpg
淡路SAから眺める明石海峡大橋

20120816-53.jpg
淡路SA
Check [ 2012/08/18 18:43 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(10)
キバラーさんお疲れ様でした。
剣山行かれたんですね~実は私の実家が徳島なもので嬉しかったです。
学生の時は何度か登ったんですよ遠足で(^^ゞ

そして去年3月に帰省中に家族でも登りました。
雪山もお勧めなんですよ~

[ 2012/08/18 21:57 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした!
次郎笈ってメッチャいい山でしたね!
知名度は百名山の剣山に及びませんが、太郎・次郎の対で、もっと有名になってもおかしくないなと思いました。
素晴らしい山の景色を満喫し、また船旅とWの架け橋ドライブも楽しかったです。虹色の橋、綺麗に写真撮れてますねー♪^^

今回、剣山へ行きたい!という思いが一致し、久しぶりにキバラーさんと山をご一緒できて、ほんとに楽しい一日でした。
充実の登山ルートを企画して頂き感謝です。ありがとうございました!
[ 2012/08/18 23:44 ] [ 編集 ]
剣山は綺麗ですねぇ、まるで芝生の山のようで。
何年か前登りましたが山頂から次郎圾のなだらかな稜線?
最高ですね。
剣山は太郎圾というのですか知りませんでした。
ほぼ同じコースを歩いた記憶がありますが
鎖場やキレンゲショウマの群生の所は行ってません。
[ 2012/08/19 20:09 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
カトラでお会いしたとき以来ですね!
ご実家が徳島でいらっしゃいましたか。
よいところですね。
遠足で登る山だったのですね。
あのクネクネ道だと車に酔う人も多かったのではないでしょうか。
3月の雪山ですか!寒そうですが良さそうですね!
リフトは営業してない期間ですね。
またぜひとも行ってみたい山なので雪山も意識しておきます!
ありがとうございました!
[ 2012/08/19 21:04 ] [ 編集 ]
先日はありがとうございました!
交代とはいえ、長時間の運転もおつかれさまでした!
気の知れた山仲間とのプチ旅行はとても楽しかったです。
また懲りずによろしくおねがいいたします!
[ 2012/08/19 21:04 ] [ 編集 ]
すでに登っていらっしゃいましたか。
晴れることや展望がのぞめることがめずらしい山とか聞きます。
コースは細かいところまでつきつめるといろんなバリエーションができそうでした。
地図に無いルートが無数にありました。
なんとなく地図上では剣山と次郎笈は一直線のように思っていました。
実際はかなりのアップダウンですね。
キレンゲショウマの群生のところも周回やらいろいろな歩きが楽しめそうです。

[ 2012/08/19 21:05 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
とても美しくて魅力的なお山ですね。
淡路SAから神戸側の写真のどこかに我が家が写っていると思います。
[ 2012/08/21 21:58 ] [ 編集 ]
その題名は。。。同世代ですね!
たいへんお久しぶりです!
明石海峡大橋を見ると段八さんを思い出して
淡路SAに居る時にちょうどウワサをしてたんですよ。
どうしてはるかな~って。
そして橋をわたってトンネル通過中、
「この上は段八さんのお住まい」って言っておりました。
またよろしくおねがいいたします。
[ 2012/08/21 22:12 ] [ 編集 ]
先日はありがとうございました☆★
前回登ったときは、ガスガスだったので全く景色が楽しめれませんでしたが、今回はお天気も良く綺麗な景色をたくさん見ることができました(^0^)
特に剣山から次郎笈までの稜線がお気に入りになりました!!
さらに今回はフェリーで前日から出発だったので、プチ旅行気分な感じでとても楽しかったです♪

またご一緒に山登り行きたいです☆☆
[ 2012/08/22 22:14 ] [ 編集 ]
剣山はなかなか天気に恵まれにくい山のようですね。
それにしても美しい山でした。
またすぐにでも四国に行きたいです。
プチ旅行気分は楽しかったですね。
またご一緒ください。
[ 2012/08/23 20:31 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ