生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大峰山系 行者還岳・七曜岳 (2012.5.27) 

20120527-0.jpg
大川口-行者還小屋の破線ルートにて  ※後ろに鉄山  ※全編コンデジ撮影

ゆるゆる明瞭登山道と大展望にすっかり気を許していたら
恐ろしいステージが待っていた。


<コース>
大川口-(北の破線ルート)-行者還小屋-行者還岳分岐-行者還岳-みなきケルン-七曜岳
-行者還小屋-天川辻-(南の破線ルート)-R309号行者還林道-大川口

用があって洞川方面に行くついでに軽く山登りできたらというライト感覚で決めた今回のルート。
行者還岳や七曜岳は過去に何度か行ってわかっているので、
前回の鉄山のときと同じ起点である大川口(おおこぐち)から
未踏の破線ルートを直登して行者還岳まで行き、
同じく並行している破線ルートで16時下山目標。
絶対に守らなければならない最終タイムリミットが17時だ。
余力と時間があれば七曜岳まで足を伸ばしても良いかなぁという思い。
コースタイム通りに歩ければ十分に七曜岳に行ける計算であったが、
そこはそんじょそこらの低山ではない読めない所があるのが大峰山脈である。
大変な目に会った。

傷んだ吊橋
大川口を7時40分に出発。
朝が早いせいか、寒い寒いと腕組みしながらのスタート。
橋を渡ってすぐ左手にある傷んだ吊橋が北側の破線ルートの取り付きである。
そこはというと人を寄せ付けなさそうな薄暗い雰囲気が漂う。
3人以上同時に渡っては行けないという橋を共振しないようにおそるおそる渡る。
あと少しで渡り終えるという部分の踏み板を吊るすワイヤーが切れていたがなんとか渡れた。

大展望
吊橋を渡って明瞭な踏み跡のある急登を登っていくと、間伐されている植林地帯があり
登山口取り付き部の暗さとはうってかわって明るいムード。
確実に人が入ってる山であることに安心してサクサク登って行く。
絶好の天気でもあり、登るにしたがって鉄山・弥山のほうの展望が広がる。
いつもながら思うのであるが、展望が広がったからといって
そこで景色を眺めて時間を過ごしてると、後にもっと展望の良いところがあって
手前での展望に時間をかけすぎた事に後悔することがある。
先を急ぐことにする。
最初のピークに登り切ったところでやっぱりスゴイ展望が待っていた。
行者還岳の尖った山容から奥駆道をずっと眺め回して弥山、そして鉄山、そしてさらにぐるっと
バリゴヤの頭、稲村ヶ岳、遠くに山上ヶ岳とほぼ360°に近い展望に20分くらい過ごした。
気になるものを認めると双眼鏡でそれが何なのか確かめてみる。
双眼鏡だと弥山小屋もはっきり見えたので、コンデジを双眼鏡とくっつけて超望遠撮影してみる。
ここから向かう先はアップダウンのありそうな深い森に入って行きそうだ。

樹林帯
さきほどの名もない大展望のピークから少し下ったところのコルからは
スラっと一直線に尾根を登っていく。
実にまっすぐでわかりやすく雰囲気も明るくて気分ははゴキゲンである。

大きな倒木
どれくらい歩いただろうか、等高線の詰んだ行者還岳の下をトラバースするルートに入る。
あくまでテープに忠実に歩いている。
このあたりでバリエーションルートにて行者還岳から西へ向かってゆるやかに伸びる尾根を登れば
安全に裏側(西側)から行者還岳に取り付けたかもしれない。
しかしながら先人たちがそれをルートとせずに大日岳の南側をへつって
行者還小屋のほうに回り込んでいるのにはそれなりの理由があるのかもしれない。
ここはテープを追って破線ルートを続行することにした。
途中、大きな倒木がありクリアするのに少々手間取った。

異臭
ある場所を通過するとき、ものすごい異臭がした。
いままで嗅いだことのない臭いだ。
獣臭か?といわれるとちょっと違うようなかんじ。
危険なトラバースの始まりであったため、注意深くあたりを観察しているゆとりが無かったが。

危険なトラバース
トラバースの距離は長い。行者還岳の南側をぐるっと取り囲むように行くことになる。
これが実にしょっぱい。
高い所が苦手な自分にとっては恐怖そのもの。
幅30cmくらいの廊下の右側は50mくらいの高さのほぼ垂直な崖のようなところがあるかと思うと、
垂直ほどではないにしても傾斜の急な斜面。これも転がり出すととことん転がり落ちていくようなところ。
何度緊張しただろうか、次から次へとやってくる危険ゾーンに気が気じゃない。
手に汗にぎる。

立入禁止テープ
そんなこんなでようやく平和な道になり行者還小屋が近づいてきた。
小屋の屋根が視認でき、人の声も聞こえてきた。
3時間に及ぶ所要時間と緊張でお疲れ気味。
大峯奥駈道に取り付く直前、いままで歩いてきたルートに進入しないようにとロープが張ってある。
赤テープに書かれた文字を見てみると「危険通行止」となっていた。
そんなところを歩いてきたのかぁ。。とショックを隠せない。

旧関電鉄塔跡
奥駈道のどこに取り付いたかというと、小屋のすぐ近くの東側に展望の広がる場所。
15年前の地図を見るとここには関電の鉄塔があったようだ。
つまり鉄塔を撤去した跡地なので台形状になっていて、どうりで見晴らしも良いわけである。

謎の展望台
あまりにも大台ケ原方面の展望が良いのでしばらく眺めていたら気になるものを発見。
肉眼でよく見ると展望台のようなものが見える。
さっそく双眼鏡を取り出して確認してみると、たしかに立派ながっちりした展望台だ。
すぐに山と高原地図で確認してみるも、何の情報も書かれていない。
どこかの公園にでもありそうな展望台があるのにそこまでのアクセスがわからない。
これと思われる尾根への取り付きが天川辻あたりにあるのだろうか。
帰りに確認してみようと思っていたら確認するのを忘れてしまった。

行者環小屋
展望のあるところからすぐのところに行者還小屋。
登山者はざっと6~7人。
この無人小屋は美しい。
トイレ2つ、裏側にテント場に水の出る蛇口まであって至れりつくせりだ。

行者環岳へ
行者還小屋から行者還岳へは地図を見ている限りはすぐのように思えるが、
実際にはあのそそり立った崖の上の高さまで登らなければいけないのだ。
小屋から軽く下り基調で歩いていると、突然の急登が目の前に迫る。
行者還岳って怖っ、と思わせるに十分な威圧感のある斜面が立ちふさがる感じ。
登山者が前後にチラホラ居なかったら怖そうな雰囲気の所である。
行者還岳への分岐はピークからずいぶん離れたところにある。
分岐からは奥駈道を外れて約10分弱、わざわざ行かないといけないのだ。
あと少しで山頂というところで単独の男性から声をかけていただきました。
ありがとうございました。
和佐又ヒュッテからの周回で行者還岳まで足を伸ばされたとか。
さらにはチャレンジ登山にも出られてらっしゃったとか。
なかなかの健脚者である。自分なら周回するだけでお腹いっぱいである。
山頂には8人くらいの集団など滞留している人が居た。
ピークを踏んで小屋を見下ろす展望を眺めてから
奥駈道分岐の近くまで戻ったところで12時近くになっていたのでお昼にする事にした。

モスキートヘッドネット
ザ・チェアに身を預け、のんびり昼食を楽しむ。
気温はというと寒いくらいであったが、無風だったので上に羽織りものをせずに過ごせた。
時々ブヨか小ハエのようなものが顔の周りに寄ってくる。
もう夏場とほぼ同じ虫環境である。
基本的に薬剤を使うのがイヤなので、過去にあまり出番の無かった
あのモスキートヘッドネットを装着することにした。
でも実際にかぶってみるといちいちネットをめくりあげていては食事がしにくい。
めくりあげたネットを頭の上(帽子の上)に団子した状態、
つまり遠目には一見するとアフロヘアに見える状態にしておいたのだが、
なぜか虫が寄って来なくなった。
モスキートヘッドネットに含まれる虫よけ薬剤成分の効果なのだろうか、
それともアフロへアのドン引き?

七曜岳へ
食事を終えて撤収が済んだところで13時20分になっていた。
七曜岳まで山と高原地図では一時間半となっているが、ここは分岐まで来ていることや、
この区間のコースタイムはたしか甘かったはずなのを思い出した。
15時に天川辻に到着しなければならないので、ダメもとで14時になったら引き返す覚悟で
七曜岳に向けて走らない程度のハイペースで歩いた。

みなきケルン
分岐から歩き出してすぐのところにケルンがある。
どういうケルンなのか碑文を読んでみて、生きていれば自分の親くらいの年齢にしんみり。

七曜岳
ハイペースで歩いたせいか、14時ちょうど、分岐から約40分で七曜岳に到着した。
なんとか2座を達成。
行きは分岐から少し上り基調で40分だったので、
戻りは行者還小屋まで50分も見ておけば大丈夫だろうと思ったので、
10分ほど七曜岳で休憩して景色などを眺める。
今日いちばんの眺めのポイントとしては、登りの最初のピークの場所が良かったかなぁ。
14時10分、折り返し再出発。
15時に天川辻に到着するのが目標だ。

雷雲
七曜岳から行者還小屋まで戻っている途中、遠くのほうでゴロゴロと雷鳴が。
そういえば午前中はあんなに天気が良かったのに曇りつつあるようだ。
弥山の上空なんて鉛色の雲で覆われている。
これから大峰の夏がやってくるが、15時には下山完了する計画を立てたいところ。
というのは、大峰山脈の夏場は毎日のように午後遅くなってくると夕立・雷がある。
奥駈道は稜線を歩くのが主体であるため、雷が鳴ったところで立ち木のない稜線に居たら
格好のターゲットとなる。
今年こそはストライクアラートを活用してみたい。

再び行者還小屋へ
どうにかこうにか頑張って行者還小屋に15時ちょうどに到着できた。
これで安心したのか、10分も休憩してしまった。

天川辻へ
行者還小屋から天川辻までは5分と歩かないほどすぐ近くである。
天川辻には奥駈道の案内石柱が立ってあったり地蔵があったりとわかりやすい。
15時15分、そこからいよいよ登りとは別の南の破線ルートで下山である。
取り付きのところには安全ルートというような事が書かれてあったので安心してつづらを下って行く。
なんと、このルートとて高所をトラバースするところがあって、
ドキっとする場所もあったりで、またもや登り時の危険なトラバースの悪夢再来。
「やや危険なルート」として認定したいところだ。

枯れ沢
もうそろそろ下山完了かと思ったところで枯れた沢の中の、岩がゴロゴロするところを下りて行く。
これがなかなか長い。
ようやく下の川が見えてきたのでゴールかと思いきや、
沢を下り切ったところから川伝いに横移動。
どうやら小坪谷に着陸したわけで、その川が合流する布引谷のほうに行かなければならないのだ。
そんなこんなで横移動も長く、最後の橋を渡って林道に出たところで下山完了。
コースタイムから5分遅れて16時50分のことであった。
あとは大川口までR309号の行者還林道をひたすらハイペースで歩き、
17時ジャストに車に到着。
なんとか最終タイムリミットぴったりで終えることができた。
破線ルートは侮れないなぁと思った一日であった。

その他の写真は以下より。 20120527-1.jpg

20120527-3-1.jpg
20120527-3-2.jpg

20120527-4.jpg
大川口にて
左側(駐車場)の林道を詰めるとバリエーションで稲村ヶ岳に登れそう。

20120527-5.jpg
取り付き部の吊橋。 この看板の下の注意書き(後述)に気づかなかった。

20120527-6.jpg

20120527-7.jpg
踏み板は木製ではないが、後半部は固定用ワイヤーが外れている。

20120527-8.jpg
新緑がキレイな明るい雰囲気。

20120527-11.jpg
最初のピーク直前。背後に展望が付いてくる。

20120527-9.jpg
最初のピークからの大展望

20120527-10.jpg

20120527-14.jpg
弥山小屋 双眼鏡のレンズにコンデジを当てて超望遠撮影。

20120527-13.jpg
訂正:稲村ヶ岳はもう一つ右のピークです。

20120527-12.jpg
行者還岳がそそり立つ  あそこに向かって登って行かなければならない。

20120527-15.jpg
最初のピークから行者還岳に向かって再出発

20120527-16.jpg

20120527-34.jpg
危険ゾーン 赤矢印のところにトレースがある。
このレベルはまだ序の口。転落するとアウトなところもあって撮影どころではなかった。

20120527-18.jpg
弥山・鉄山への展望  危険ゾーンのトラバースを終えて平和が戻ってきた。

20120527-19.jpg
ようやく大峯奥駈道に出る直前で、登ってきた道が通行止となっていた。汗;

20120527-20.jpg
旧関電鉄塔跡からの東方向への展望はすばらしい。
謎の展望台を発見。

20120527-21.jpg
謎の展望台を双眼鏡で確認してみた。たしかに展望台だ。テーブルもありそう。

20120527-22.jpg
行者還小屋  キレイなトイレが2つに、裏にはテント場に水のでる蛇口。
水場からの水を引いている。

20120527-23.jpg
行者還岳への手前の威圧感ある急登箇所。

20120527-24.jpg
行者還岳ピーク

20120527-25.jpg
行者還岳の垂直の崖の上から下を見下ろす。行者還小屋の屋根が見える。

20120527-26.jpg

20120527-27.jpg

20120527-28.jpg
七曜岳 滞留時間14:00-14:10で折り返し

20120527-35.jpg
みなきケルン

安らかに眠りたまえ
昭和四十年五月一日 二回生強化合宿に於き吉野より入山
小笹の宿より弥山方面へ縦走予定の五月三日悪天候に遭遇
当付近にて二回生田畑南樹君が疲労困憊のもとに意識不明に陥り
全員の不休の手当にもかかわらず翌四日朝霧のなか
二十二才の若魂はとこしえの眠りに・・・
ここにケルンを建碑し深く哀悼の意を表するものである
昭和四十一年五月
大阪工業大学体育会 ワンダーフォーゲル部

20120527-31.jpg
あの穴の奥に何かがある。地蔵のようなもの。
川まで下山してもまだ終わりではなかった。。

20120527-30.jpg
ようやく林道へ通じる吊橋にたどり着いた。
この吊橋も老朽化している。

20120527-32.jpg
R309行者還林道を大川口まで歩いて戻る。

20120527-33.jpg
登りの取り付きの吊橋をもう一度よく見るとこんな札が掛かっていた。
Check [ 2012/05/29 21:33 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(18)
それにしてもトラブルなく、無事に帰れてよかったですね。
私もぼんやりと地図を眺めていて、
「行者還岳へは大川口辺りから2ルートあるんだな」
と思っていて、いつかはこのルートを歩いてみてもいいかなと思っていました。
が、今回のキバラーさんのレポを見てこのルートは避けることにしました。

途中で感じられたものすごい異臭は何だったのでしょうね?
まあ、それは深く考えないほうがいいですかね。
それと、アフロヘアのキバラーさんが見たかったです。
[ 2012/05/30 00:07 ] [ 編集 ]
お疲れ様でした:-)
昨年、天川辻から小坪谷へ降りるルートを通って懲りごりしたので、
奥駈道に通行禁止の標識のある大川口-天川辻はかなり敬遠していました。
大川口の方には通行禁止の標識がないんですね、登りは大丈夫ってことでしょうか:-)

大川口を起点にされることが多いようですが、
何かこだわりがあるんでしょうか?:-)
[ 2012/05/30 02:07 ] [ 編集 ]
どっちもどっちという大変なルートでしたね・・
でも、小坪谷ルートの方がまだましですよね?
尾根を一つ跨いで、ガレガレの大岩がゴロゴロころがっている、鬱蒼とした大樹の森の谷中を下っていきますが、旧関電道の尾根からのトラバース部分の怖さに比べたら、まだましっていう気がします。
去年、夏、雨とガスの中、天川川合から狼平~弥山~行者還岳まで縦走して、2日目で下山したのが旧関電道でした。
テントとシュラフ背負ってのこの道は、緊張の連続でくたくたになりましたよ(笑)
[ 2012/05/30 06:12 ] [ 編集 ]
それほど荒廃してるんですね・・・
一度行ってきます。
[ 2012/05/30 07:30 ] [ 編集 ]
関電道行かれましたか
僕らはいつもそこからのっそり行者還小屋です
鉄山も望めて
‐キバラー氏登ってるかな
などと思ったりしてるのですよ

奥×の小屋は重宝してます
中でも行者小屋は綺麗ですね
なににもまして
奥×は魅力いっぱい惹かれますね
[ 2012/05/30 08:04 ] [ 編集 ]
この辺りの山中には地図に載っていない古い作業道がけっこうあります。
この尾根にも水太林道から分かれた道が上のほうまで延びていて、どの辺りだったか忘れましたが建物があったように記憶しています。
隣の清明の尾には奥駈直下まで廃道があるんですよ。

小坪谷の道は昔登りで徘徊したことあります。
鉱物の盗掘現場に出くわしてビックリしましたよ。
[ 2012/05/30 09:39 ] [ 編集 ]
私も2年前の6月に一人で同じルートに行きました。
旧関電道の見晴らしのいいところは鉄塔があった箇所ですね。
上がりきった天川辻の横の高台(見晴らしのいい箇所)も鉄塔箇所でした。あそこから見えるあの建物は?。
レポートを拝見すると関電道荒れてるんですね。小坪谷に降りるルートは私のお気に入りです。谷に降りてきたら50M位手前を斜めに右にはいると楽でしたよ。その手前に鉱物掘削禁止の立て札もありました。その日は私達も雷にびびりながらトップリ尾根を降りてました。兎に角お疲れ様でした。
[ 2012/05/30 11:49 ] [ 編集 ]
最初の半分は平和そのものだったので、
まさか後半があんなことになっているとは。
テープがあると変に追いかけてしまいます。
地形図からの判断ならトラバースせずに等高線の
穏やかなところを狙って登るのですが。
後に続く人の無きよう参考になればと思います。
異臭は骸でもあったのでしょうか。
アフロヘア、自分でもどうなっているのか見たかったです。
[ 2012/05/30 20:32 ] [ 編集 ]
すでに歩いてらっしゃったのですね。
天川辻~小坪谷は微妙でしたね。
最後のほうは良かったんですが長く暗くさびしいです。
実線の一般登山道のありがたみが良くわかりました。
大川口のほうにはよく見ると最後の写真にあるラミネート加工された
注意書きがありました。
行者環TN西口からは破線ルートを登っても平和ですからね。
大川口起点なのはこだわりでも何でもなく、
洞川のゴロゴロ水へのアクセスが良いからです。
水汲むついでがありました。
前回の鉄山のときも汲もうと思っていてタイムオーバーだったんです。
そのリベンジです。
[ 2012/05/30 20:32 ] [ 編集 ]
小坪谷へ下りるルートのほうがまだだいぶマシです。
arajinさんはどちらも歩かれてらっしゃったんですね。
しかもテント泊縦走の最後の仕上げがあそこだと泣きたくなりますね。
行く前に教えてもらっておくべきでした。
また近く竜口尾根にお付き合いください。
[ 2012/05/30 20:32 ] [ 編集 ]
高い所が苦手なので、大杉谷並に緊張しました。
ミスすると後が無いというのはダメですわ。
しょーもないところでつまずいたりするもんですから。
[ 2012/05/30 20:33 ] [ 編集 ]
関電道をいつも登ってらっしゃるのですか?!
いやあそこは危険です。
トレースやテープがヤバイ所に付いてますよ。
でもあの大展望はすばらしいですね。
次に行くとしたら、バリエーションを使って
あのトラバースは通らないようにします。
奥駈道はいつも「来て良かった」って思います。
[ 2012/05/30 20:33 ] [ 編集 ]
2008年の地図には展望台の尾根には破線ルートがついてました。
その後、荒廃したためでしょうか、破線ルートも消されたみたいです。
ちょっと探検してみたくなりましたが。。ブッシュならやめます。
小坪谷付近は厳重な警戒されてる風でしたが、
松茸でも採れるのかと思ってましたが、鉱物があるのですか。
何の鉱物なのでしょうね。
[ 2012/05/30 20:33 ] [ 編集 ]
旧関電道の展望のあるところはすべて鉄塔が付いていたんですね。
それにしても跡形も無く撤去されたものですね。
前に見せていただいた地図には鉄塔が書かれてました。
15年くらい前には鉄塔があったんですね。
あの展望台へは2008年版の山と高原地図には破線ルートがあります。
その頃に設置されたものなのでしょうか。
破線ルートにあんな立派な展望台は不釣り合いですよね。
付近に林道も無いのに不思議です。
小坪谷には確かにロープで囲っているエリアがあって
パトロール中とありました。
何の鉱物が採れるんでしょうね。
トップリ尾に行かれてらっしゃったんですね。
あの日はそちらのほうは黒い雲がかかってゴロゴロいってました。
ご無事で何よりです。
[ 2012/05/30 20:34 ] [ 編集 ]
旧関電道・・・って初めてのぶさんと一緒に歩いたような記憶があります。
のっけからハードルートを歩いてた・・・(笑)
クサタチバナを通って、雨の中トンネル東口にダッシュで降りてきました。
天気が良くていいですね。
羨ましいです。
[ 2012/06/02 22:21 ] [ 編集 ]
このルートをツアーの団体さんが先週に通ったみたいです。
レアでマニアックなルートなのに。(@@)
クサタチバナの季節ですよね。
花とか見かけなかった気がします。

[ 2012/06/03 23:41 ] [ 編集 ]
相変わらず楽しそうな単独行ですねー
大峰は、こんなところも含めてワクワクさせて
くれますよね

謎の展望台へのルートです
お暇なときにでも

http://slow-trek.my.coocan.jp/2009/090531gyoujya/

[ 2012/06/04 14:24 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
コメントありがとうございます。
謎の展望台に行ったことがある人が居るか、
その後、気になって調べておりましたら、
スロトレさんとそのお仲間の方のブログそれぞれがヒットしました。
機会があればぜひ行ってみたいです。
ありがとうございます。
[ 2012/06/04 20:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ