生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第266回 + 葛城山 (2012.3.24) 

※この記事は公開後、都合によりに画像を差し替えました
20120324-13.jpg
伏見道の終点(ちはや園地キャンプ場前)にて

<ルート>
高天彦神社-菩提寺-<伏見道>-ちはや園地-金剛山頂(山頂売店小休憩)-<青崩道>-
-青崩トイレ前-<天狗谷道>-葛城山頂-<ダイトレ>-<橋本院からの道>-高天彦神社


金剛山と葛城山をたっぷり堪能!チャレンジ登山の準備はOK?!

久しぶりに中村さんと山歩きができるということでこっそりディープな山行きを計画していたが、
前日の大雨が今日まで残る可能性もあったので山域を変更して金剛山へ。
最近の中村さんの活躍ぶりをmixiで拝見していると、とても一般登山者が真似できないような
危険きわまりない冬アルプスや比良山系堂満ルンゼなどの登攀をされてらっしゃる。
元々ベテランの山ヤなのである。
今回はただ金剛山に登るだけなら中村さんは満足しないだろうから、
距離的にハードな山歩きをしてもらおうということに。

奈良県側からのルートは大阪側より高低差がある。
高天彦神社の標高は450mだ。
そこからさらに谷に下って登り返しからのスタートとなる。
今日、まず登るルートは「伏見道」というルートで、
自分がいままで金剛山のありとあらゆる一般ルート、マイナールート、バリエーションと
登ってきた中で最後の未踏ルート。
ここは中村さんからぜひご一緒したいとずっと以前から約束をしていたので
ついにそれが実現するときが来た。
探せばまだ知らない道、バリエーションの尾根、谷などあるであろうが、
メジャールートの未踏はこれで全制覇だ。

午前8時35分、高天彦神社駐車場を出発。
無料で駐車できることにいつも感謝。
伏見道を歩くには、イワゴノ谷ルート同様に菩提寺(ぼだいじ)のある側へ、
山麓線までずいぶん下って、深い谷を迂回して登り返すという方法しかなかったが、
金剛山登山道情報でいつもお世話になっている奈良の爺々さんから、
山麓線を通らずに谷を越えるルートを整備中とのことで、今回その道を歩かせていただいた。
みごとな鶯宿梅(おうしゅくばい)の木のあるところから谷のほうに向かって歩き、
舗装路が終わって個人宅前に出ると、畑の持ち主さんに奈良の爺々さんから教えていただいた旨を伝え
整備中のルートを教えていただいた。
みごとなまでの整備がされていて、とても気持ちよく歩けた。
菩提寺の前から道なりに登って行き、突き当りからイノシシよけの柵を越えると
いよいよ最後の未踏ルート「伏見道」が始まる。(8時50分)
取り付きから少し登ったところで分岐。
右の方へ行ってみると、昔、お寺があったと思われるような跡地があった。
登山者が少なくて荒れていると思っていた道はわずかな倒木の障害を除いては快適に歩けた。
雨上がりのしっとりした中、徐々に高度を上げてゆくと明るく清々しい雰囲気が増してくる。
しずかで歩きやすいとても良いルートである。
わりとすぐに小和道の分岐点に到達できると思ったら、なかなかたっぷり距離があった。
奈良側は楽などできない、やっぱりあなどれないなぁ。
山頂が近づくとゴーゴーと台風ような強風が吹き荒れてくる。
そんなこんなで10時15分に「ちはや園地キャンプ場」前に到達し、ついに悲願の全ルート制覇となった。
ご一緒していただいたみなさん、本当にありがとうございます。
ちはや園地を横目に山頂に向けて歩く。
こんな天気なので登山者はほとんど居ない貸切状態だ。
金剛山山頂売店前に到着は10時50分。気温0℃。
伏見道をスタートしてからちょうど2時間後の事であった。
山頂売店で土日祝バイトしてらっしゃる山仲間のみーさんに顔を出す。
みーさん、小休憩ではお世話になりました。チャレンジ登山では今年もよろくおねがいします!
うっちぃさん、ついに登山回数券を購入。
これまでかなりの回数を登ってらっしゃるのに今日が第一回目。いままでの回数が惜しい。
山頂広場(国見城址広場)に行ってみると強風で寒い!
写真を撮り終えたら青崩道にて水越のほうへ下山。
青崩道は長い!11時25分に下山を開始して、青崩トイレ前に下山完了したのが
12時25分なので下山に一時間かかるルートだ。

さてここからはまた葛城山に向けて登山。それも距離の長い天狗谷道だ。
無慈悲な階段ばかり続くダイトレを登るより遥かに快適ですばらしいルートで
本日二度目の登山ながらも楽しく登ることができた。
今年も天狗谷道でのショウゴウバカマの群生を見たいし、山が燃えているようなツツジも見たいものだ。
ショウジョウバカマと言えば昨年ちゃみさんと初めて出会った時に群生のピークだった。
葛城山のツツジといえばこんな感じに真っ赤になる。

14時10分、葛城山頂到着。
カメラを吹き飛ばしそうな強風で猛烈に寒い。三脚にカメラを載せての撮影は不可能だった。
14時20分、かつらぎ高原ロッジに到着し、ようやく昼食にありつくことができた。
お昼のメニューは、「かも丼定食(980円)」と「大和牛カレー(900円)」の2種類あるが、全員、かも丼定食を注文。
これがなかなかの美味で大満足。それに吸い物の上に載ってるメレンゲみたいなのも初めて体験。
金剛山の眺望を楽しみながら、のんびり一時間を過ごした。
15時30分、金剛山へ向けての再出発。
金剛山は郵便道を下山する予定であったが時間的にも体力的にもきびしそうなので
急遽、郵便道の取り付きよりもだいぶ手間にある橋本院からの道にて下山することに決定。
ダイトレ下山で水越峠まで30分、ダイトレ登り返しで一時間。
橋本院からの道の下山に一時間見ておけばいいかなという感じ。最悪日没の場合、みなさんヘッドランプを持っている。
高天彦神社のゴールへのコースタイムの試算は18時の予定。
高原ロッジを出たら、金剛山の雄大な眺めにしばし見とれる。
パラグライダー場からの眺めも見て、いよいよ本腰いれてダイトレを下山。
10分のロスタイムで15時40分に水越峠。
金剛山への登り返しのダイトレことカヤンボ林道が長い。。
旧パノラマ台に向けて登りでは、ついにみなさん無言。
スノボにダイビング、その他何でもスポーツをこなす山友最年少で底無しパワーを誇るミカさんも無言。。(笑)
そんなかんやでようやく橋本院からの道の取り付きに到着。
そこからの下山がまたやらしいズルズルゾーン。さらに、枝打ちをしていない不気味な真っ暗植林ゾーン。
18時10分、高天彦神社に到着してようやくゴール。
単独では果たし得ない距離を、丸一日かけてたっぷり歩け、楽しく大満足の一日だった。
みなさん、ありがとうございました。

その他の写真は以下より。 20120324-0.jpg
20120324-00.jpg
GPS軌跡

20120324-1.jpg

20120324-2.jpg

20120324-4.jpg

20120324-5.jpg

20120324-6.jpg

20120324-7.jpg

20120324-8.jpg

20120324-9.jpg

20120324-10.jpg

20120324-14.jpg
ちはや園地のログハウス

20120324-15.jpg

20120324-16.jpg
夫婦杉付近にて

20120324-19.jpg
青崩道には、最近整備されたと報道されている高低差1,000m登山道の案内表示が
随所に設置されていた。
本日がその公表日とあって、イベンとでも開催されているのだろうか?

20120324-20.jpg

20120324-21.jpg

20120324-22.jpg
葛城山 天狗道の起点

20120324-23.jpg

20120324-24.jpg

20120324-25.jpg

20120324-26.jpg
葛城山は間伐や手入れが行き届いていて明るい。
ショウジョウバカマ群生地にて(見頃は4月下旬ごろ)

20120324-27.jpg

20120324-28.jpg

20120324-29.jpg

20120324-30.jpg

20120324-32.jpg

20120324-33.jpg

20120324-34.jpg
葛城山から眺める金剛山の雄大さはもっとも美しい。

20120324-35.jpg

20120324-36.jpg

20120324-37.jpg

20120324-38.jpg
名物かも丼(980円)は絶品の美味さ!

20120324-39.jpg
これを食べるために登るのもアリ。

20120324-40.jpg
かつらぎ高原ロッジでは一時間も過ごし、時間が押してくる。

20120324-41.jpg
5月中旬頃になるとツツジが真っ赤に山を染める場所

20120324-42.jpg
東のパラグライダー場にて(西のパラグライダー場はどこにあるのかわからず)
写真クリックで拡大可

20120324-43.jpg
午後5時を過ぎて森の中は薄暗くなってくる。
金剛山全ルート達成おめでとうございます。
山と高原地図の実線・破線・黒破線ルートだけではなく
沢筋や麓の方がかつて愛されていただろうと思われる尾根筋
本当に凄い事だと思います。

一時は止めてた登山を「山はやっぱエエもんや!」と気付かせてくれたのもキバラーさんのブログです。

またブログ、キバラー様を通じて回数登山の方、バリ好きの方、沢好きの方、
アルパインの方、トレランの方、登山道を整備されてる方etc
まだお会い出来てない方もいらっしゃいますが
様々なスタイルを持たれてる皆様とお知り合いになれた事など本当に感謝しております。
これからも宜しくお願いします!

おめでとうございます!
[ 2012/03/25 18:49 ] [ 編集 ]
記念すべき全ルート踏破にご一緒していただきうれしかったです。
また日頃さまざまな励ましやコメントをいただきありがとうございます。
自分ではそんな大層な事だと思ってなかったのですが、盛り上げてくださったおかげでウルウルきました。
いや私も中村さんを通じてお知り合いになった方も数多く、
これも日頃宣伝していただいているおかげです。
軟弱山歩きな私ですが、今後ともよろくおねがいいたします。

後半部の写真が表示されない不具合がありましたので修正しましたので3枚ほど増えてます。
[ 2012/03/25 19:56 ] [ 編集 ]
金剛山の全ルート踏破、おめでとうございます。
ぞれにしても、ほとんど丸一日ハードに行動されましたね。

奈良側からのルートは家から近いのもあり、
静かなので私は大好きです。伏見道はまだですが・・・
それに私も未だに登山回数券は持っていません。

昨日と今日とは風は強かったので山では木が揺れる音が不気味ですし、寒いですね。
[ 2012/03/25 21:02 ] [ 編集 ]
金剛山全ルート踏破おめでとうございます。
それにしても凄いことですね。

奈良側スタートの金剛、葛城、新鮮に拝見しました。


[ 2012/03/25 21:33 ] [ 編集 ]
全ルート踏破、おめでとうございます:-)
ポケットに手突っ込んで、グラサンがに股で登られる中村さんのお姿、憧れます(笑)
[ 2012/03/25 21:39 ] [ 編集 ]
金剛山全ルート踏破おめでとうございます♪
そんな記念すべき登山にご一緒に登れて嬉しかったです☆★

それにしても・・・本当によく歩きましたよね(^0^)
良いダイトレのトレーニングになりました!!
途中の階段かなりしんどかったです・・・(>_<)
あそこは無言になっちゃいますね(笑)
本番当日も登ると考えるとゾッとしますが、負けずに頑張りたいと思います☆

たくさん歩いて、いっぱいお話して、そして美味しいもの食べてと楽しい一日になりました♪
一日ありがとうございました(^^)
[ 2012/03/25 22:20 ] [ 編集 ]
労いありがとうございます。
奈良側ルート、やはりどこかさびしい感じがします。
強風では腐った倒木が倒れるんじゃないかと思いました。
太い枝が目の前に落ちてきたのを見て思いました、
クライミング用のヘルメットを買わないとと。
葛城山の明るさには今回魅了されました。
天気が好天したという違いはあるのですけどね。
[ 2012/03/25 22:57 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
探せば小さなマイナールートがまだあるかもしれません。
今回、葛城山の魅力に改めて気付かされました。
[ 2012/03/25 22:57 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
中村さんと私はnikkor14dさんの事をよく話題にしておりますよ。
久しくお会いしてませんね。
nikkor14dさんとお会いできるかと密かに期待してたのですが。
[ 2012/03/25 22:58 ] [ 編集 ]
労いありがとうございます。
一度しか歩いていないルートはどんなだったか忘れつつあります。
百々川(どどがわ)ルートと高天谷ルートは一度きりになっています。
また機会があればよろくおねがいします。
二度目の金剛山のダイトレの登りは私もしんどかったです。
長いルートだったにもかかわらずおかげさまで楽しい一日でした。
ありがとうございました。
[ 2012/03/25 22:58 ] [ 編集 ]
おめでとうございます。
徹底的に調べ尽くし、歩く事を実行したその信念と努力が素晴らしいです。
今時のチャラい登山気分では到底達成できない事やと思います。
お見事!かっこいいですよ。^^

私もキバラーさんのようにちゃんと信念もって山登りを楽しみたいですわぁ~^^
[ 2012/03/25 23:15 ] [ 編集 ]
ついにやりましたね!
登り始めた時と比べてどうですか?
窺い知れぬくらい大きな山・・と思っていた金剛山が、
今では自分の庭のように近しい存在として、感じられてきませんか?
[ 2012/03/25 23:29 ] [ 編集 ]
全ルート踏破なんて金剛山を登りだして2年目で断念しましたわぁ~
これって出来そうでなかなか出来ないんですよね・・・
ついでに金剛山の杣道も全部制覇したって下さい♪
[ 2012/03/26 07:20 ] [ 編集 ]
すごいですね、全ルート踏破
私も何ルートかはキバラーさまとご一緒に
金剛山の未踏のルートを同行させていただいたのを
今回のブログ記事で思い出してしまいました。

危険度満載だった「石ブテ西谷」や雨の「赤滝」そして「クソマル」などなど
今思い返すと、たいへん楽しかったいい思い出です。

全ルート踏破は達成しましたが
これからも金剛山を中心にこのブログが発展する事を願います
私にとって「ザ・金剛登山」はなくてはならない山友です
そして、これからもキバラーさまやこのブログを通じて山友になって
いただけた方々と一緒にいろいろな山に行ける事を楽しみにしております。

改めて、金剛山、全ルート踏破
おめでとうございます
[ 2012/03/26 12:49 ] [ 編集 ]
すごいですね!
何ルートぐらいあるんでしょうか・・

わたしも何度かご一緒させて頂いて、金剛山の知らないルートを歩けた事が思い出されます。

これからもいろんな山域を網羅してくださいね。
おめでとうございます!
[ 2012/03/26 19:16 ] [ 編集 ]
全ルート踏破されましたか!!!凄いですねぇ~。
おめでとう御座います。
ダイトレの準備チャクチャクですね。
[ 2012/03/26 20:15 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/03/26 22:24 ] [ 編集 ]
労いありがとうございます。
山頂売店ではお世話になりありがとうございました。
回数登山ではまだヒヨッコなので、
まだまだ金剛山の魅力を知らないでおりますが、
これからも金剛山はホームグラウンドとして続けていきたいです。
いったいどれくらいのバリエーションがあったのか
後日あらためて総括してみます。
[ 2012/03/26 22:59 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
登りははじめた頃は千早本道と伏見峠道、そして久留野峠道しか知らず、
それぞれの距離感など考えるすべもなく、
ただ楽か、好きか、嫌いかという単純なものでした。
いまこそ庭のように隅々まで方向感覚、距離感を持つことができますが、
葛城山から眺める金剛山を見ていると、まだまだ知らない所が
たくさんありそうですよ。
特にarajinさんお得意のバリエーション、もみじ谷のとっておきの尾根
もうひとつの丸滝などなど、ディープな金剛山をまた教えてください。
arajinさんとは高天谷ルートをご一緒いただいたのが
とても印象深く残っております。
[ 2012/03/26 23:00 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
回数ではまさ吉さんの半分にも及びませんが、
これからも金剛山を愛する者同士よろくおねがいいたします。

杣道って何ですか?!(^^ゞ
[ 2012/03/26 23:00 ] [ 編集 ]
思い起こせば、まだ山友もほとんどいない頃、
山頂広場の上でひとりお昼を摂っていたときに、
同じウェアのスタイルでこっちに近づいてこられた爽やかな男性。
あの時に声を掛けていただいた時は一緒に登ることになるとは思ってもみず、
その後はまだ登る人の少なかったディープな金剛山のルートをお付き合いいただき、
今回の全ルート踏破に至っております。
あの頃と今では石ブテ西谷にしてもロープが設置されるなどずいぶん登りやすくなりましたね。
本当に今まで山友を続けていただきありがとうございます。
そしてこれからもよろくおねがいします!

石ブテ西谷は過去2回行って2回ともTakeshiさんとですね!
[ 2012/03/26 23:01 ] [ 編集 ]
ありがとうございます。
自分ではそんなにたくさんのルートがあったように思えないのですが、
振り返ってみると年数も知らない間に経過してました。
すべて昨日のことのように思い出せるこの感覚は
まるで浦島太郎のようです。
気付いたら歳とっていたって感じです。
今後ともよろくおねがいいたします。
[ 2012/03/26 23:02 ] [ 編集 ]
いつもニコニコ大先輩のkosiziさんに
親切にしていただいたおかげで金剛山にさらに興味を持ち
今日にいたっております。
いろんな情報支援していただきありがとうございました。
kosiziさんの山行きには到底及びませんし、
今後将来も真似するところまでもムリだと思っていますが、
続けられる限りがんばりたいと思っております。

チャレンジ登山、雨降ったら辞めようという軟弱なノリですが?!
[ 2012/03/26 23:02 ] [ 編集 ]
Tさま
熱いメッセージありがとうございました!
[ 2012/03/26 23:05 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。その日当方も妙見谷ルートで登ってまして
山頂は12時半頃でした。
またお見かけしたら声をかけますね
[ 2012/03/27 00:24 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/03/27 07:37 ] [ 編集 ]
すばらしいですね。
記念すべき山行きに同行させていただけたこと、とても感動しています。
金剛山を中心にした山友さんたちの温かさにも触れることができ、出会えたことに感謝です。
これからも、金剛山を中心に活躍されることを、コッソリ応援していますネ~♪
[ 2012/03/27 09:53 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2012/03/27 16:24 ] [ 編集 ]
たいへんご無沙汰しております。
七面山のときの大峰以来、なかなかお会いできませんね。
金剛山を登ってらっしゃるなんて珍しいですね。
同じ日に登っていたのにニアミスでお会いできなくて残念でした。
今年はどんな山行きをされるのか気になります。
また機会がありましたらお会いしたいです。
ありがとうございます。
[ 2012/03/27 20:18 ] [ 編集 ]
情報ありがとうございました。
今後はそういうところも探っていきたいと思います。
[ 2012/03/27 20:18 ] [ 編集 ]
いつも快くお付き合いいただきありがとうございます。
いろんなスタイルで普段登ってらっしゃるみなさんとご一緒するのは
新鮮で刺激になります。
昨年来、たくさんの仲間が増えていっているのはうれしい限りです。
今後ともよろしくおねがいいたします。
[ 2012/03/27 20:19 ] [ 編集 ]
せっかく見に来ていただいたのに、
お見苦しいと感じられた点があったこと、
真摯に受け止め今後につなげていきたいと思います。
そういう見方もあるんだということを心に留めておきます。
ありがとうございます。
[ 2012/03/27 20:21 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ