生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金勝アルプス(こんぜあるぷす) 周回 (2012.3.10) 

20120310-0.jpg

<ルート>
大津市桐生若人の広場キャンプ場前駐車場-奥池-落ヶ滝(立ち寄り)-<落ヶ滝線>-鶏冠山-
-<北峰縦走線>-天狗岩-耳岩-白石峠-茶沸観音-竜王山-
-(途中の山中で昼食)-白石峰-重石-狛坂麿崖仏-出合-逆さ観音-オランダ堰堤-駐車場


驚きと興奮のアトラクション!
見どころたっぷりで本当に楽しいところでした。


別名:近江湖南アルプス

たとえるなら、幼い時に初めてテーマパークに連れていってもらって
初めて見るアトラクションに興奮の嵐で眼をキラキラ輝かせた、そんな感じ。
誰か人が設計した大きな箱庭ではないか?と疑いたくなるほど見慣れないステージばかり。
六甲山のロックガーデン以上の興奮がそこにはあった。
注意深くキョロキョロ観察して、他の山との違いやいろんなものに気づけるかどうかで個人差はあるかも。

金曜日は一日雨で深夜まで降ったり止んだり。
今日、スッキリ晴れるとは想像できなかったが朝起きたときには雨は上がっていた。。
近畿自動車道、第二京阪道路、京滋バイパス、名神を経て新名神の起点にある「草津田上」で着陸。
でっかい立命館大のキャンパスの前を通って地元集落へ。
のどかですっきりした風景は滋賀県らしさがある。
老人ホーム桐生園を過ぎたその奥の突き当りにキャンプ場の駐車場がある。
駐車料金はただいまキャンプ場のオフシーズンなので無料。(4月からは普通車500円)
広い駐車場には車が1台止まっているだけであった。
キレイなトイレもあって登山の起点としては申し分のない所だ。
滋賀県ののんびりムードに乗っかって、のんびり準備をはじめる。
朝5時に朝食を摂ってきてはや3時間経とうとしていたので、
夜登さん御用達のスニッカーズ(の小さいヤツ)を登りだしの前から行動食として摂る。

7時55分スタート。
まずは林道をのんびりあるいてウォーミングアップ。
時々ストレッチ。
ここ、金勝アルプスは「山と高原地図」の圏外である。
地形図とネットで直前に収集したわずかな情報だけでやってきたのだ。
10分ほどで最初の分岐。
その分岐は、鶏冠山(けいかんざん)まで外周を行くルートと、
横池のほとりを通って落ヶ滝へ通じるところを通るルート。
「落ヶ滝」には行ってみたかったので後者のルートを選択。
整備具合が良いというか、スッキリと手入れされた感じが気持ちが良く、
遠くまで来たんだという天地効果か、いやがおうでも気分が盛り上がってくる。
奥池のほとりに出るとちょっとした開放感が広がる。
山からの沢の水が奥池に注がれる注ぎ口のすぐそばを渡るトレールがまた面白い。
なんだか楽しいことが始まる予感。
朝のひんやりした空気を胸いっぱいに吸い込みながら森の中へと入ってゆく。
右手の沢のほうに目をやると、あれ?沢の底が砂利や石ころではなくて岩肌でツルンとしている。
これはめずらしいなぁとカメラを向ける。
そんな感じがしばらく続くので、まるで人が作ったハリボテの川に人工的に水を流しているかのよう。
シダ類がこれまたジャングル探検をしているかような演出を醸し出している。
よじ登りアトラクションがあったかと思えば沢跨ぎアトラクションがあったりと楽しすぎる・・。
ルートから片道5分寄り道したところに「落ヶ滝」があるので行ってみた。
なんか変わった滝である。上には岩が乗っかっていて、滝の岩肌はまるで砥石のようだ。
ルートに復帰してどんどん登って滝の上あたりに出る。
そこから先も次から次へとステージが変化して興奮の連続であるが写真で表現するのは難しい。
あかん、前段でこんなに楽し過ぎて、中盤以降しょーもなかったらどうしよう。。
「この先行き止まり」や「×」などのい標識がアルプスちっく。
はたまたアトラクション施設の舞台裏なので関係者以外立ち入り禁止とも受け取れるなぁ。
この先には何が現れるだろうとワクワクする様は子供の頃のように心がときめく。
ようやく北峰縦走線に合流し、左へ行くと鶏冠山(けいかんざん)。
ふつうに周回するだけでも所要時間がかかるので、
ピークに立ち寄るなら「鶏冠山」か「竜王山」のどっちかにしておこうと思っていたら、
コースタイムは甘々で、撮影しながらゆっくり歩いても早く着き過ぎるくらいということが判明。
鶏冠山と竜王山のどっちも行ってみることに決めて周回コースから外れて鶏冠山を目指す。
鶏冠山への登りは高低差200mくらいの急登。
コースタイムは登り30分となっていたが、ゆっくり登っても15分足らずで着いてしまった。
途中は展望もそれなりにあり、競馬場のようなものも見てとれる。
鶏冠山ピークは展望が無いわけではないが長居する場所でもない。
下山中、竜王山の稜線が眼前に迫る。
あんなに遠くの高いところまで登り返すのかぁと思うがせいぜい高低差400mくらいのことなのだ。
紀泉アルプスを思い出す自然林の低木のトンネルを抜けて行く。
突然、壁のような岩が現れたりとだんだん岩々ゾーンへと入ってゆく。
それにしても竜王山は高そうやなぁ。
向かう先の奇岩群が顔に見えてコワイ。
うわっ、あんな高いところに人が登ってる!しかも地図を見るとルート上みたいだし。。(天狗岩)
遠くに新名神が見える。このあたりは展望抜群。
ホエール(くじら)が海から顔を出してるかのような岩があったり、
どうやったらこんな形になるねん!みたいな岩があったり。
そんなこんなで天狗岩の下に着くまでにまさかの沢があったりとどんだけ仕掛けが多いねんと。
天狗岩は登らなくてもルートじゃなかったけど、せっかくなので行ってみた。
もう何と表現したらいいのか、どれを天狗岩と言うのかとても人が行けそうにない岩の上に
「山下」と掘られてあったりとやっぱりここが核心部かな。
天狗岩を下りてからは再び登り基調に。
耳岩には展望台があるとの案内があったが、耳岩がどれのことかわかりにくい。
それに、展望台に行ってみたけどもっと展望の良いところがあったりとよく理解できなかった。
人が正座しているような岩などあれよあれよと歩いてようやく「白石峰」に到着。
白石峰は竜王山と下山ルートとの分岐である。
迷わず竜王山を目指す。地形図を見ても高低差はほとんど無いし。。
途中、岩を掘って作られた「茶沸観音」というのがあった。
いつごろ掘られたものなのだろうか。
たぶん自分は生まれてなかったんだろうなと思いを馳せると歴史を感じる。
小さなアップダウンがあって竜王山ピークに到着。
かっこいい名前なのでさぞかし威風堂々としたピークかと思いきや展望無しで狭いところであった。
すぐに折り返して昼食スポットを探すも、風が強くて寒い。
どれくらい戻っただろうか、コースから外れて踏み跡があったので入っていくと
風も当たらない暖かくて快適なスポットがあったのですぐさまお昼にする。
時間にして12時半のことであった。
ザ・チェアに身を預け、野菜たっぷりのうどんやパンなどを食べて過ごすと時間を忘れてしまう。
昼寝してたかもしれない、気付いたら2時間も経過しようとしていたので慌てて撤収。
下山ルートの分岐である白石峰までハイペースで歩く。
途中、何も岩類のないところに「重ね岩」なる巨石が出現したり、
またまた展望の良いところに出たり、もう見どころたっぷりもお腹いっぱいになってきているのに、
まだ最後の最後まで驚きの連続が続く。
まさに「しっぽの先っぽまでアンコが詰まってます」というたい焼きみたい。
もうなんかね、誌面が足らなくて書ききれなくなってきましたよ。。
詳しくは写真をご覧下さい。
そしてぜひとも行ってみてください。
時計回りに廻るのをオススメします。
撮影、寄り道、休憩とたっぷりみち草し、
下山完了は16時30分。

その他の写真は以下より。
20120310-2.jpg
金勝アルプスはココ!

20120310-63.jpg
今回のGPS軌跡

20120310-7.jpg
現地の看板をメモしました。ご参考に!
クリックで拡大可

20120310-3.jpg
駐車場の入口 4月まではキャンプ場オフシーズンにつき無料。(通常500円)

20120310-4.jpg
駐車場は広く、バイオマストイレもキレイ。

20120310-5.jpg
まずは林道をウォーミングアップしながらのんびり歩く。

20120310-6.jpg
最初の分岐は右へ。

20120310-8.jpg
あの向こうには何が広がっているのだろう・・。

20120310-9.jpg
向こうに奥池の見えるのどかで広いところでした。

20120310-10.jpg
奥池がすぐそばに。沢の水が流れ込んでいる。

20120310-11.jpg
雨上がりのしっとり気持ちのいい朝。空気がおいしい。

20120310-12.jpg
沢底が岩盤だ。

20120310-13.jpg
シダ類も演出するアトラクションのはじまり。

20120310-14.jpg

20120310-15.jpg
プチ岩登りステージ

20120310-16.jpg
岩をえぐって沢が流れる

20120310-17.jpg
落ヶ滝 下方にキバラー

20120310-18.jpg
落ヶ滝を間近で見る。

20120310-19.jpg
落ヶ滝の上の方からの眺め

20120310-20.jpg
またまた岩登り。

20120310-21.jpg
この先はセットの舞台裏につき関係者以外立ち入り禁止?!みたいな。。

20120310-22.jpg
シダ類がジャングルムード。

20120310-23.jpg
鶏冠山(けいかんざん)ピーク 展望は覗き見れる。競馬場のようなものが見えた。

20120310-24.jpg
曽爾高原の倶留尊山の看板と同じタイプ。同じ作者と思われる。

20120310-25.jpg
鶏冠山からの下山中、向こうに迫るのは竜王山の山並み。

20120310-26.jpg
紀泉アルプスを彷彿させる自然林のトンネル

20120310-27.jpg
突然出くわした岩壁伝いを歩く

20120310-29.jpg
琵琶湖方向の眺め 奇岩ゾーンのはじまりだ。

20120310-30.jpg
どこから転がってきたのか、偶然乗っかってるような岩多し。

20120310-33.jpg

20120310-34.jpg
天狗岩を眺めると人面岩群のようだ。

20120310-35.jpg
スライムが乗っかったような岩の向こうに砥石のような岩。

20120310-36.jpg
天狗岩が迫ってきた。てっぺんに人が居る!

20120310-37.jpg
遠くに新名神が見える。

20120310-38.jpg
くじらのような岩。

20120310-39.jpg
どうやったらこんな形になるのか?!

20120310-40.jpg
天狗岩への取り付き。 ここに来るまでに沢があったのでびっくりした。

20120310-41.jpg
下を見下ろすとコワイところも。

20120310-42.jpg
天狗岩(と思われる)所に登って向こう側にある岩を見ると、トンガッた所に「山下」とある。

20120310-43.jpg
天狗岩を後にして登りを続行。振り返ると天狗岩の上にまた人が。

20120310-44.jpg

20120310-45.jpg
人が正座しているみたい。

20120310-46.jpg

20120310-48.jpg
白峰辻 竜王山と下山ルートとの分岐点

20120310-49.jpg
茶沸観音

20120310-50.jpg
竜王山ピークにて

20120310-51.jpg

20120310-52.jpg
お昼は風を避け、暖かい場所で野菜たっぷりうどん

20120310-53.jpg
重ね岩

20120310-54.jpg

20120310-55.jpg

20120310-56.jpg
狛坂麿崖仏

20120310-57.jpg

20120310-58.jpg

20120310-59.jpg

20120310-60.jpg
逆さ観音

20120310-61.jpg
対岸に休憩所があるが、この川を渡らなければ行けない。(行ってみた)

20120310-62.jpg
下山完了まであと少し。
Check [ 2012/03/11 22:46 ] アルプス | TB(0) |   コメント(24)
金勝にとうとういかれましたか!
私も大好きであります♪
ほんと素敵なところですよね(^^)
[ 2012/03/12 10:01 ] [ 編集 ]
金勝アルプス「こんぜ」と読むのですか、今まで違う読み方をしていました。

面白そうな山ですね写真を見、キバラーさん絶賛の記事を読むと行きたくなりました。
[ 2012/03/12 14:28 ] [ 編集 ]
紀泉アルプスの巻とずいぶん違うテンションです。
よほど楽しいところなんですね。
行ってみたくなりました。
[ 2012/03/12 17:40 ] [ 編集 ]
楽しそうなコースですね、是非行ってみたい(^o^)/~~~
この南西の湖南アルプス(堂山あたり)には何度か行きましたが、
こっちのほうが変わった岩や、仏さまがあったりで楽しそうw
[ 2012/03/12 18:30 ] [ 編集 ]
10年2月8日に金勝アルプスだいたい同じコースで歩きました。その時は雪がありましたが、今度は無かったようですね?低山ながらなかなか楽しい山ですね。競馬場のように見得るのは栗東のトレーニングセンタですょ。先週の日曜日に篠原駅から歩いてその近くの鏡山に登って来ました。
[ 2012/03/12 19:43 ] [ 編集 ]
おもしろそうな所ですね~!
雰囲気は笠置山の岩場を思い出します。
[ 2012/03/12 21:03 ] [ 編集 ]
ついに行ってきました!
danashiさんに良い所だったと奨めていただいて
できるだけ早いうちに行きたかったのですがやっと実現しました。
本当に楽しいところでした。
低山ながらもけっこうたっぷり歩けましたよ。
ありがとうございました。
[ 2012/03/12 21:46 ] [ 編集 ]
私も「コンゼ」とはぜったいに読めませんでした。
「きんしょう」と読んでました。
でも、現地ではどこにも金勝アルプスという表記はありませんでした。
段平さんがまだ歩かれてらっしゃらない山だったようですね。
お先!ってかんじでちょっとうれしいです。
機会があればぜひ行ってみてください。
[ 2012/03/12 21:48 ] [ 編集 ]
紀泉アルプスは南紀のしずかでのどかな感じで
上まであがってしまうとただひたすら横移動で歩く感じでした。
こちらはいろんなアクセントがあります。
大阪・和歌山・奈良の山ではないなぁというのが感じられました。
のぶさんだと物足らないかもしれません。
[ 2012/03/12 21:48 ] [ 編集 ]
金勝アルプスも近江湖南アルプスと呼ぶみたいですが、
他にもあるんですね。
調べてみました。
新名神の南のほうにあるんですね。
そちらもなかなか面白そうですね。
nikkor14dさんですとコース図にあるルートを
ぜんぶ歩いてちょうど良いくらいのボリュームかもしれません。
写真も撮らず脇目もふらずにランすれば3時間もあれば周回できると思います。
トレランされてらっしゃる方数人と出合いましたよ。
[ 2012/03/12 21:49 ] [ 編集 ]
やっぱりkosiziさんはすでに歩いてらっしゃいましたか。
全方位、隙ナシですね~。
競馬場のようにみえたのは馬のトレーニングセンターでしたか。
鏡山ですか?
調べてみました。標高385mですか?!

[ 2012/03/12 21:52 ] [ 編集 ]
笠置山、調べてみました。
標高288mの京都にある山ですか?
和歌山にも同じ名前の山があるみたいでややこしいですね。
同じ山の名前の重複禁止というルールが定められてたら良かったですね。
釈迦ヶ岳なんていったいいくつあることやら。
arajinさんが一般道をふつうに歩かれるのが想像できないのですが、
機会があればぜひ歩いてみてください。
[ 2012/03/12 21:52 ] [ 編集 ]
鶏冠山も15年ほど前に、会社の部内旅行で登りましたよ(笑)。当時、部内旅行といえば近場の登山ばかりでした。
いい天気でしたが、ごつごつした岩ばかりだったという印象があります。個人的には、紀泉アルプスや金剛山なら馬の背コースなどの方が好きですね。
[ 2012/03/12 23:22 ] [ 編集 ]
とても楽しそうでしたね。
初めてのルートはわくわくしますね。

野菜たっぷりうどんも美味しそうですね。
何味なのか?味付けはどうやってしたのかが気になります。

私事ですが、シュラフを購入しましたよ。
暖かくなってきたら、1泊程度で今まで行けなかったところを
チャレンジしてみたいと思っています。
[ 2012/03/13 00:23 ] [ 編集 ]
金勝アルプスに行ってきたんですか。
お疲れ様でした。
この時期でも雪はなかったんですね。
私も秋に行きましたが、結構歩かされました。
天狗岩の上でご飯を食べたことを思い出しました。
変な岩がゴロゴロしていて面白かったでしょ。
[ 2012/03/13 00:53 ] [ 編集 ]
2年ぐらい前に行ってみようと資料を揃えるまではしましたが
確か天候不良で実行しないままになってる金勝アルプス・・・
今年は滋賀県へ既に4回行ってるので勢いのあるうちに行っておこうかな♪
[ 2012/03/13 06:38 ] [ 編集 ]
15年も前にすでに登ってらっしゃったんですね。
大先輩ですね!
部内旅行で山登りなんかあったんですね。
いい時代でしたね。
あれからさらに風化が進んだかもしれません。
それにしてもいろんな山域に行かれてらっしゃいますね。
他に印象的な低山をまた教えていただきたいです。

馬の背ルートってどこだったかな?って一瞬思い出せないでいました。
金剛山、ちょっとご無沙汰しすぎてます。
[ 2012/03/13 21:54 ] [ 編集 ]
初めてのルートは本当にワクワクします。
ワクワクのために初めての山ばかり探しています。
そろそろ金剛山に詰めて行かないとと思ってるのですが。
うどんの味付けは袋入りの液体の出汁と冷凍うどんですよ。
シュラフを買われたんですね。
一気に行動半径が広がりますね。
テント泊というと梅雨明けの山開きが待ち遠しいです。
それまでは低山メインでちびちびと楽しみます。
また機会があれば(その気になれば)ご一緒してください。
[ 2012/03/13 21:54 ] [ 編集 ]
ヨー君もすでに登ってらっしゃったのですね。
私は初めてでたいへん興奮しました。
たくさん歩いた記憶があられますか。
今回は気がついたら夕方だったという感じで
時間の経つのを忘れて夢中になってました。
天狗岩の上は風があって寒かったです。
なかなか楽しいところでした。
他にオススメがあればまた教えてください。
[ 2012/03/13 21:55 ] [ 編集 ]
金勝アルプスはまだ行かれてませんでしたか。
そういえば最近は滋賀への進出がめざましいですね。
比良は私も昨年初めて行ってすっかり気に入りました。
今年も滋賀率高いと思います。
近いようで遠いような微妙な距離感がありますよね。
そのくせ下界でも別天地のようにすばらしくて良いところですよね。
まさ吉さんの山行きも参考にさせていただきます。
[ 2012/03/13 21:56 ] [ 編集 ]
私も昨日登りました~♪
プチアスレチックみたいで楽しい場所ですね(^0^)
前半でかなり遊びすぎて、二つの山のピーク行こうとしてましたが、竜王山は行けなかったです・・・(>_<)
また次回のお楽しみになりそうです☆★
金勝アルプスは、色んな岩の形があって面白いですよね!!
[ 2012/03/15 22:18 ] [ 編集 ]
登ってこられたんですね。
楽まれたようでよかったです。
竜王山はほとんど平行移動で、鶏冠山のような登りはありませんよ。
また機会があればチャレンジしてください。
私も未踏ルートがまだたくさんありますので
また歩いてみたいです。
[ 2012/03/16 22:03 ] [ 編集 ]
僕もここは登りたいリストに入れていた山ですが、
公共交通だとアクセスしにくいこともあり、
後回しになってます。
やっぱり楽しそうな山ですね。

P.S.
紀泉アルプスの段では拙エントリーをご紹介いただき
ありがとうございました。
[ 2012/03/17 14:35 ] [ 編集 ]
金勝アルプスはdanashiさんが昨年秋に行かれてらっしゃって
いろいろランドマークがありそうなので尋ねてみたら
すごく良い所だったとお聞きしたので
私もずっと狙っていました。
他には類を見ない楽しいところでした。

紀泉アルプスのエントリーはとても参考になりました。
次の課題はキャンプ場まで下りることです。
ありがとうございました。

[ 2012/03/17 23:36 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ