生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

大峰山系 稲村ヶ岳 (2012.1.8) 

20120108-20.jpg
大峰山系 稲村小屋 ※ちなみに左の建物はトイレ

20120108-0.jpg

何もかも美しすぎ!
ただし、無雪季はなんでもない道が冬季はデンジャラス。

天川村の洞川地区に入ると路面は一変して凍結路。
スタッドレスタイヤはチェーンのようなグリップは無いので過信は禁物。
虻(あぶ)トンネルを抜けると、右手の観音峰登山口には車が多数。
さらに奥へと向かって旅館街に入るとさらに路面の氷は厚みを増して
グレーチングやマンホールとの段差からすると10cmを越えるほど。
オープン10分前のごろごろ水は3台ほど待ち行列。
9時5分前には母公堂に到着。
路面はスケートリンクのように真っ白だ。
雪濡れ対策にレインウェアの下、そしてゲイターを付けてアイゼン(6本爪)も装着。
雪の金剛山の千早本道なら水ボトル一本、軽い上着、アイゼンすら使わないほどなのに
本格的な雪山は特別装備が必要だ。
なにかと準備に時間がかかり、9時30分のスタートとなった。
8時半くらいにスタートできると思ったけど冬場だけに甘かったな。。
法力峠に向けては日陰側の植林地帯を延々と登り続ける。
トレースはあるものの雪深く、時間のわりに距離が伸びない。

10時50分、法力峠に到着。
写真を撮りながらであるが1時間20分かかった。
ここまでは山と高原地図のコースタイム通りである。
法力峠をすぎると尾根の南側を行くので日差しを受けてたちまち暑くなる。
稲村小屋までのルートは、冬場は危険なトラバースが多く、
尾根にあがる冬道というのも存在するらしいが今回はそちらへの踏跡は無かった。
無雪季だと何の問題もないルートが、ちょっと足を滑らすと数十m滑り落ちていく
という気の抜けない箇所が何度も何度も繰り返し登場する。
鎖を利用できる部分もあるが、何もないところでは斜面に左手を垂直に突っ込んで
谷川に足が滑ってもフックがかかるようにしてクリアする。
高度を上げるにしたがって雪の付き方が多くなり、
空気が澄んでいるのだろう、外界では見られない鮮やかに濃いブルーの空の色と相まって
非常に美しい光景に目を奪われる。
雪は深いところでは1mを超え、へたにカラダが埋もれると自力では脱出できなくなる。
それにしても雪の中を歩くのは疲れる。
姿勢安定、よろめき防止、疲労軽減のためにストックを使用するも、
トラバースでは使えない部分も多い。
雪質はというと、溶けやすいべったりした雪ではなく、砂のようなサラサラした感じなので
まとわりつきにくく、振り払うとサラっと流れ落ちる感じで粉雪の状態。
朝5時頃に朝食を食べたきりで11時ともなると6時間近くも経過しており
空腹感が増してきたので、途中、コーンフレークとカロリーメイト1袋を行動食として摂る。
そんなこんなで、法力峠から稲村小屋までは山と高原地図のコースタームである
1時間10分を大幅に越え、ちょうど倍の2時間20分かかった。(撮影で立ち止まっていた時間含む)

13時10分、稲村小屋に到着。
ここまでのところ、下山する人、男性2人、単独男性、男女のペアの計5名とすれ違った。
稲村ヶ岳のほうから単独男性が1名下山してきたが、稲村ヶ岳まで行かれたのかどうかは不明。
時間が時間だけに稲村ヶ岳山頂はおろか、大日山を覗きに行くつもりもない。
稲村小屋までで景色も疲れ具合ももうお腹いっぱいだ。
さっそくお昼の準備に取り掛かる。
いくら遅くても15時までには下山開始しないと日没に突入してしまう。
今日の昼食は袋ラーメンと惣菜パンという構成。
稲村小屋前は夏でも風が通って寒いので、
風の当たりにくい場所にあるベンチを掘り起こして最高に眺めの良いごきげんな場所を確保。
陽あたりも良くて寒くは無い。小屋に取り付けられた温度計はマイナス3℃だ。
イワタニプリムスのスパイダー(ホース付き)のバーナーを使ってお湯を沸かそうとするも、
冬用の燃料を布袋に入れるなどして冷えすぎないようにしてもほとんど気化せず、
出力全開にしたところで手をかざしてみてもほんのり温かい程度。
通常の出力の数%くらいでまったく使い物にならなくて焦る。
いろんな努力もむなしく、お湯が湧きそうにないので断念。
そういえば小屋の前にテーブルがあったのでそちらに移動。
椅子は無いので立ち食いスタイルになるが、さすがに小屋の中に近い環境で無風なので
バーナーは通常の35%くらいの出力の炎が出るようになった。
冷え切った水からお湯までは時間がかかるので、
温かい飲み物用として山専ボトルに入れてきた熱湯を使って時短をはかる。
久しぶりに食べたなつかしのワンタンメンは、これぞ自分の求めていたラーメンの味だ。
幼少の頃はラーメン屋などとは縁が無く、ラーメンといえば袋入りだったので、
このフニャ麺こそが好きなラーメンの味になってしまっている。
刻んできたキャベツに、スーパーで買った煮玉子を入れると最高の食べ物になる。
コレ以外には、セブンイレブンの焼きそばロールにコロッケバーガーを食べて大満足。
うん、冬場はしばらくこのパターンで行こう。
14時45分、もう誰も小屋までやってきそうにない。
日差し明るく、まだまだここに居たい気持ちはあったが下山を開始。
登りの時に感じた高度感、恐怖感は下山時ではすっかり薄れてしまってサクサク歩ける。
それでも足場の雪が沈んで滑り落ちそうになった。
下山は二時間ちょうどだった。
一日たっぷりと大満足の雪山歩きができた。
ワカンがほしくなったー。

その他の画像は以下より。
20120108-25.jpg

20120108-1.jpg
母公堂と洞川温泉との分岐

20120108-2.jpg
最初の橋

20120108-3.jpg
日陰で寒い植林地帯

20120108-4.jpg

20120108-5.jpg
北側に見える「岩屋峰」

20120108-6.jpg
高度を上げるにつれ雪の付き方が多くなってきた

20120108-7.jpg
法力峠(10:50)

20120108-8.jpg
法力峠を過ぎると陽あたりが良くなる

20120108-9.jpg
足場が崩れると下へ転落するような場所が多い。(写真ではまだまだ安全な斜面であるが垂直並な場所も)

20120108-10.jpg
だんだんと目を楽しませてくれる景色が広がってくる

20120108-12.jpg
雪深さはかなりの足かせだ。

20120108-13.jpg

20120108-26.jpg
空の青さが濃い

20120108-14.jpg

20120108-15.jpg
どっさりコテコテのトゲトゲ。

20120108-17.jpg
<クリックで拡大可>

20120108-19.jpg

20120108-18.jpg

20120108-21.jpg
雪に埋もれた「稲村小屋」 ※予約があれば通年営業中

20120108-22.jpg
これ、元は何の木?

20120108-23.jpg

20120108-24.jpg
Check [ 2012/01/09 12:14 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(28)
爽快な空気が伝わってきます:-)

写真で拝見する限りでは、足元あまり雪深くなく、
気温も金剛山と同じぐらいですが、
世界が違いますね(^o^*)/

[ 2012/01/09 15:56 ] [ 編集 ]
当方は昨年末12月30日に同じルートで稲村ヶ岳へ行きました。雪が深く大日の手前のキレットで折り返しましたが
キバラーさんの時はよいお天気ですね
[ 2012/01/09 18:37 ] [ 編集 ]
行かれましたねぇ~!
良いお天気で素晴らしい景色ですね?
ますます険しい山にはまって行くんじゃないですか!
[ 2012/01/09 19:42 ] [ 編集 ]
青空の下、雪の稲村ヶ岳、
歩きたいです。
うらやましい!
[ 2012/01/09 20:23 ] [ 編集 ]
私も約20年前の11月、会社の部内旅行で稲村が岳を登りました。キバラー様の写真とはまったくちがう景色でしたが、非常に天気が良く、充実した登山でした。雪の稲村が岳もきれいですね!
[ 2012/01/09 20:39 ] [ 編集 ]
写真は撮影に困らない条件の良い場所ばかりですので
雪深く無く見えますが、実際はまとわりつく雪でたいへんで、
1歩1歩が大変疲れました。
気温は金剛山と同じくらいですが、金剛山は山頂だけの話ですが、
こちらはずっとその寒さが続く感じなので
天候が急変したりするとあなどれません。
さすがにトレRUNはできない環境ですねー。
[ 2012/01/09 21:10 ] [ 編集 ]
昨年末に行かれたときとは天候が違いましたか。
晴れとそれ以外とでは差がありすぎますよね。
ホワイトブルーか、グレースケールかというくらい極端ですね。
雪山はやっぱり晴れた日を狙いたいですが、
山の天候は予測がつかないのでこればかりは運ですよね。
この3連休は比較的天気が安定してましたね。
こんな日の週末が続くと良いのですが。
[ 2012/01/09 21:11 ] [ 編集 ]
なんとか小屋までは行くことができましたが、
ヤバイ箇所はいくつかありました。
トレースも出会う人あって励みになりよかったです。
険しい山にハマっていくことは無いと思いますが、
kosiziさんのように百名山をクリアするためには
そういう山もいつかは相手しないといけませんよね。
[ 2012/01/09 21:11 ] [ 編集 ]
なかなかたいへんでしたよ。
滑り落ちそうな恐怖な場所もありましたし。
それでも繰り返しそういうところをこなしてると
恐怖感が麻痺?慣れ?によって感じなくなり
下山時は何とも思わなくなりました。
もう少し早く出発すればよかったかもしれません。
今回は所用を兼ねてでしたが、
また近いうちにお誘いしますのでよろしくお願いします。
[ 2012/01/09 21:11 ] [ 編集 ]
昨年末は久しぶりに金剛山でお会いしましたね。
etsuさまは稲村ヶ岳にもすでに登ってらっしゃいましたか。
20年前の稲村ヶ岳ってどんなんだったのでしょう。
気になるところです。
今回は山頂まで行くのは時間の関係と危険も伴うので果たせませんでした。
[ 2012/01/09 21:12 ] [ 編集 ]
出発が遅かった。
堺を出たのが7時過ぎだったので、結局のところ山上ヶ岳の頂上には到達しませんでしたが、雪景色を堪能いたしました。
それにしても同じ日にキバラー様も同じ方面とは・・・。

雪が深いのは感動ですが、時間がかかりますのが残念でございます。
[ 2012/01/09 22:27 ] [ 編集 ]
キバラーさん、暖かいコメントありがとうございました。

>斜面に左手を垂直に突っ込んで

私は、ここからピッケル使い始めました、小屋から先、大日直下のトラバに
チャレンジするには必携です。って、まぁ冬季の小屋から先は良く検討しないと
気軽に歩けるルートではありませんが。あ、この先の尾根はスノーシュー要です。
えーっとガスね、お湯持ってたのなら、点火前にカートリッジにかけて
温めてやるといいですよ、ま、メーカー的には勧められない手法でしょけど
私は良くやってます。適度にね、適度にw。

今回も画像は素晴らしい、青空が目に痛いくらいですね。
[ 2012/01/10 11:51 ] [ 編集 ]
キバラーさん・・・

大峰も大当たりの日だったみたいですね!

トラバースの自分撮り。
お気をつけくださいませ。。
[ 2012/01/10 13:48 ] [ 編集 ]
路面のくだりを読みアカン無理やと思いました(笑)
それにしても綺麗ですね羨ましい限りです。
[ 2012/01/10 17:10 ] [ 編集 ]
プリムスのウルトラを使ってます?
マイナス10度でお湯を沸かすことができましたよ。

もう少し早ければ山頂まで行けましたね。
スノーシュー買いましょう。
ワカンではアカン。
[ 2012/01/10 19:18 ] [ 編集 ]
冬の稲村へのチャレンジ! やりますね。
ですが私には到底無理です。
先ず、雪深い中、車でそこまで行くのが無理。
雪深い中、歩くのも無理です。

それと、冬山は自分で軽アイゼンでいくるところしか行かないとルールを決めています。
裏を返せば10本爪のアイゼンやピッケルが必要な雪山には行かないと決めています。

雪山は魅力的だからルールを決めないと
どんどんとエスカレートしていきそうな気がして・・・
だから、冬の大峯は僕にとっては遠い世界です。
でも写真で見る稲村へのルートはとても綺麗ですね。

[ 2012/01/10 21:16 ] [ 編集 ]
私も家を出たのは7時前くらいです。
母公堂までは圧雪された路面でしたが、
蜻蛉さまのブログを拝見しますと、
清浄大橋あたりはかなり雪深い状態だったんですね。
ニアミスでしたね。
雪が深いと足場が安定せずに疲れるばかりか時間もかかって大変ですね。
[ 2012/01/10 21:23 ] [ 編集 ]
関東からのコメントありがとうございます。
ピッケルは持っていませんが、
パウダースノーでも使えるものなんでしょうか。
スノーシューもワカンも年間の出動回数を考えるとなかなか思い切れません。
また、トラバースルートでは使えないことでしょうね。
トレースの無い冬道を歩くのはすこしあこがれがあります。
ガスカートリッジにお湯ですか?
何度くらいまでのお湯なら問題ないのでしょうね。
冬はまだこれからなので根本的に対策考えてみます。
[ 2012/01/10 21:24 ] [ 編集 ]
比良に遠征してらっしゃったんですね?
また日記のほうを拝見させていただきます。
安全な場所でしか撮影してませんが、
トラバースの自分撮り、気をつけます。
[ 2012/01/10 21:24 ] [ 編集 ]
ぜんぜん大丈夫ですよ。
落ちたら這い上がるのが大変なだけで。
怪我しそうな場所もありましたけど、
手刺しでクリアできます。
ちゃんとした冬用の防水手袋が大事になってきますけどね。
雪の侵入対策だけは完璧にやっておかないとえらい目にあいますよね。
なかなか山の天気は予測できないものですが、
偶然の天気に恵まれてよかったです。
[ 2012/01/10 21:24 ] [ 編集 ]
イワタニのUタイプの燃料はなかなか入手困難なので持っていません。
Tタイプを使いました。
ラーメンしか持って行ってなかったらカジらないといけないところでした。
まだジェットボイルのほうがマシだったかも。
バーナーに問題ありだと思っていますので根本的な対策を早急に行います。
スノーシュー、年間使用回数/コストの単価が高すぎです。。
昨年、みーさんにお借りしたワカンのほうが歩きやすく思いました。
[ 2012/01/10 21:25 ] [ 編集 ]
私は安全第一主義なのでふつうに楽しく山歩きできたら満足派です。
ピークにもこだわらないです。
なので危険なところには極力行きませんし、無用のバリエーションも歩きません。
一般登山道がメインです。
今回も危険を感じたら引き返すつもりでしたが、
他にも歩いてる方がいらっしゃったので行くことができました。
アイゼンも6本爪の簡易なものしか持っていません。
ピッケルは今回はパウダースノーゆえに役に立たなかったでしょう。
(持っていません)
雪の進入対策だけはばっちり行いました。
(レインウェアズボン・ゲイター・冬用手袋)
今回は最初からほぼ小屋までと決めていました。
大日山のトラバースは危険ですし、稲村ヶ岳の頂上へ行くには
しゃくなげをかき分ける冬道を行く必要がありスノーシューもいるようなので。
というわけで冬用の特別装備はほとんど持ってない私が
行ける範囲であることを確認してからでないと行かないですよ。
今回も今年山頂まで歩かれた方から情報収集してから挑みました。
さらに最悪の場合を想定して山岳保険に入っているのと非常用衛星電話を常備しています。
[ 2012/01/10 21:33 ] [ 編集 ]
冬山に惹かれる気持ちがよくわかる素晴らしい光景です。
予約をすれば稲村小屋は冬でも営業してるんですね。
ぜひ宿泊してみたいものですが、私には夏も冬もリスクが高い山なので、
記事を拝見するだけで十分楽しめます。
[ 2012/01/10 21:58 ] [ 編集 ]
私は満足な冬山装備は持ちあわせておりませんが、
稲村小屋まで程度や、霧氷で有名な高見山、三峰山なら
難なく登れますよ。
高低差もそれほどありません。
機会があれば登りにいきましょう。
[ 2012/01/10 22:24 ] [ 編集 ]
狭いトラバースでワカンはお薦め出来ませ~ん!(昨年怖い思いをした)
ピッケルは道を造ったり滑落した時の滑り止め用としも持っておく方が良いかと思いますわぁ~

[ 2012/01/11 07:15 ] [ 編集 ]
やはり狭いところではワカンはダメですよね。
怖い経験されましたか。
新雪のトレースの無い所向きですか。
明神平か、和佐又山か、○○平と名のつくところがベターですよね。
ピッケルって氷結してそうなところで使うんだと思ってました。
滑り止めにもうまく使えば使えますか。
ピッケルとワカン、あるいは、ピッケルとスノーシューのセットだけで5万円コースですね。
さらにアイゼンを10~12本爪にしようと思ったら7万円コースになって、冬だけのためにはちょっと高額すぎます。
この冬はせめてアイゼンだけでもと思っているのですが、もたもたしているうちに冬はあっという間に終わりそうです。
[ 2012/01/11 21:51 ] [ 編集 ]
以前の記事やしコメント止めとこ思ったんですが、
雪の稲村ヶ岳が懐かしくてつい…

きれいな写真、ありがとうございました。
なんだか本当に懐かしくって、、

でも去年も登ったんだっけかな?
[ 2012/02/05 23:47 ] [ 編集 ]
お久しぶりです。
最近は山に登ってはりますか?
チョリオさんも以前は雪深い大峰によく登ってらっしゃいましたよね。
雪の八経ヶ岳に深夜に登られたりはびっくりしましたよ。
ありがとうございます。
[ 2012/02/07 21:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
自分とのたたかい
カウントダウンタイマー
第43回チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
02 | 2017/03 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中

ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ