FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

台高山系 倶留尊山 (2011.12.4)  

20111205-20.jpg
曽爾高原

およそ3年ぶりに曽爾高原を尋ねてみた。
これまで曽爾高原付近を山として意識したことはなかったので、
今回はその点をじっくり意識して歩いてみた。
それにしても曽爾高原は大阪からほんとうに近くなった。
特に曽爾村に入ってからの道路の整備が著しい。
3年前にバイクツーリングで来たときにはあちこちでトンネル工事中の最中だった。
トンネルが出来る前の道はくねくねアップダウンで狭い山道。
今回、それらすべてが完成しており、時短と燃費に大きく貢献。
大阪松原から西名阪道に乗って針IC経由で榛原を抜けるルートだとおよそ一時間半で来れる。
今回はちょっと出遅れたので曽爾まで遠征するかどうか迷ったが、
一日がかりで歩くような山域ではないのと、久しぶりに行きたいという気持ちもあって決行。
前夜まで雲行きがはっきりしなかったのも影響。

曽爾村に入ると、途中、屏風岩に兜岳、鎧岳が眼前に迫ってくる。
屏風岩はいままでその存在を知らなかったが、
実際に確認してみると、垂直の壁が大規模に広がっていて圧巻だった。
鎧岳は曽爾に来るとかならず目に付く圧倒的威圧感のある尖った山で、
絶壁面がこちら側に向いているので、眺めているだけで恐ろしい。
あんな山に登ることができるのか?と思っていたら、
段平の山登りと家庭菜園の日記の段平さんや、低山徘徊者の徒然日記ののぶさん
そしてさらにブログ「あほな人の山日記」のdanashiさんがすでに登ってらっしゃった。

午前11時半、源泉掛け流し風「お亀の湯」のあるにファームガーデンに着く。
ここまで来るとどことなく高原ムード満点。
これまで何回かここに来ているが、お亀の湯は混んでるイメージがあって
利用したことがなかったので、今日は帰りに入って帰ることにする。
米粉パンの店は前回来たときにはすでにあった。
お昼等の準備はしてきたが、せっかくなので米粉パンを3つほど購入。
ファームガーデン内にはレストランや地場の野菜が売っていたりで
実に道の駅っぽいけど道の駅じゃない。
そしてその対面には・・・まだあった!夫婦で草もちを売っている店が。
自分の知る限り、10年以上前からある。
保存料等一切使わず新鮮で賞味期限が本日限りでふわふわあつあつ出来立ての草餅。
奥さんは美人仕立てで、以前は演歌歌手や芝居もやられてたという。
そのインパクトと口上の上手さから買わずにはおれず、ついつい客が集まるという名物店。
なつかしすぎて感涙; スイーツも持ってきたけど600円分購入。
忘れてた、これは山行きレポートのブログだった。

曽爾高原に移動。
唯一の有料駐車場に・・・・いらっしゃいました、おばあちゃん。
眼がクリっとしててつぶらな瞳。まだまだ元気でがんばっておられます。
駐車料金は600円であるが、こんなおばあちゃんを見ているとぜんぜん惜しくない。
むしろついでに何か買ってあげたいくらい。(ちょっとした物販もされてます)
そんなこんなで懐かしさを胸に、12時5分、登山開始。
登山というかここはピクニック感覚である。
でも家に帰って地図をよく見ると気付いた。周回できたのに。。。
曽爾高原の特徴的なカール上の稜線の向こうはぜんぜん関係ない域だと思いきや、
池の平高原だの、くろそ山荘だのがあるじゃないか。
亀山峠から乗り越し下って、中太郎上太郎分岐を経て、七曲りを登って周回すればよかったな。
曽爾高原はお亀池という湿地帯を中心に約40ヘクタールの広い範囲に群生するススキで覆われる所で、
元々は曽爾村の茅葺き屋根の材料につかわれる茅(かや)が作られていたが、
現在は景観を残すために保護されている。
一歩足を踏み入れるとその別世界のように広がる空間に圧倒される。
前方にそびえる稜線まで登るのは高そうだなぁと思うが、実際は何のことはない。
ディズニーランドのシンデレラ城が、遠近法の錯覚を利用して実際は小さめに作ってあるのに
大きな城に見えるような手法で建築されている事で有名であるが、
曽爾高原はまさにそれの天然版と言ったところ。
ふと鎧岳のほうを振り返ると、あれ?鎧岳ってたしかアレだよなぁ、と。
横から見ると実になだらかで穏やかな山だった。
な~んだ。
曽爾は錯覚だらけの別天地なのか?!
写真を撮りながらのんびりお亀池の周りをぐるっと回りこんで道なりに登ろうと思ったけど、
亀山峠と亀山のちょうど真ん中のいちばん高くなった部分に向かって直登するような道が付いていたので登ってみた。
一般の人の靴では登れないような急登で足場が悪いが登山靴ならなんとか登れる。
本来は道の無い所を歩くのは茅の保護の観点からしてもダメであるが、
幅50cmくらいの階段状に踏み跡の着いた確かな道筋があった。
それにしても急登でおまけに風が強い。
先週末の比良山系では冷たい風に長時間さらされて、ちょっと休憩している隙にも急激にカラダが冷やされたことから、
レインウェアと違って行動中に暑くなりすぎずに風をブロックする、ウィンドブレーカーの最新型、
モンベル「ウルトラライトシェルジャケット」(わずか135g)の最新モデルを実戦投入。高かった。。
さすがに風に強いが全体的に寒い!今回はレインウェアのほうが暖かくて良かったかも。
なんちゅう買い物下手だ。。(> <)
そんなわけでピークに到着するとものすごい突風。
自慢の帽子(ヅラとも言う)が10mほど飛ばされてあせる焦る。
モンベルのハットクリップを家に持っていたのにこんな時に限って持ってきてない。
カラダが温まるほど登ってない(100mも登ってない)が、かれこれスタートしてから一時間経過の13時。
ぜんぜん運動にもなにもなってないけど時間も時間なのでお昼にすることに。
本来なら風が吹きさらす稜線上で食事なんてありえないはずであるが、
一歩奥に入るだけで風が当たらなくなったので昼食の準備にとりかかる。
寒すぎるとどんな美味しいもの食べても食べてる気がしないという季節になってきたので
悲しいかな、調理実習まがいなお昼の楽しみはしばらくお預けになるかも。

今回は「サッポロ一番塩らーめん」にキャベツとモヤシを入れて、さらに色どりのため?に
ホテイの焼き鳥缶詰の焼き鳥をトッピングする。
ラーメンといえばラーメン店のストレート麺や味を知らずにインスタントラーメンで育ってきたので、
ふにゃふにゃ縮れ麺こそがラーメンだと思っているゆえに美味しい。元祖な味、サイコー!
最後に残った汁に冷ご飯と溶きたまごを入れて雑炊にしてプハー!ちょっとだけ温もった。
ファームガーデンの前で買った、あのあたたかかった草もちの事が気になったので取り出してみると
固くなりつつあったので、本来なら行動してからお茶にしようと思ったがついでに食べてしまった。
寒い中で食べると、食べ過ぎていることに気づかない事がある。
まさに今回はそれだったかも。
忘れてました、山行きレポートでしたね。
そんなこんなで一時間半も稜線上の寒い所で過ごしてしまい、我に返って日没までの時間を考えるとあわてて撤収。
倶留尊山(くろそやま)に向かって稜線伝いに歩き始める。風が強くて寒くて心が折れる。
この季節、もうそろそろホームグランドの金剛山に復帰しなければ。。
冷たすぎる風には寒すぎてもうムリかも。
曽爾高原から見えるいちばん高いピークに登り切ると、そこは倶留尊山ではなくて「二本ボソ山」だった。
けったいな名前であるが展望は抜群で、特に伊勢湾方面の展望がすばらしく良い。
そして倶留尊山はというと、なんと!二本ボソ山からドスーンと落ちて登り返しする隣の別の山である。
一般の人ならそれを悟った瞬間に回れ右して二本ボソ山で引き返すことだろう。
本当は引き返したくなったけど、そこはいちおう山やってるのでがんばって下って登り返す。
カラダがもっと温まってほしいという思いが背中を押してくれてるような感じかな。

曽爾高原のお亀池のある場所の標高は700m。
そして今日の核心部である「倶留尊山(くろそ山)」の標高は1,038mなので、
その高低差はたったの300mほど。二上山以下の登りである。
ちなみに二本ボソ山(996m)からは50m下って100mほど登り返す感じなのでたいしたことはない。
アップダウンの繰り返しはあまり好きではないが、帰りもまた登り返しである。;;
それにしても眺めの良いところであった。
たまにはあくせくしない、こんなゆるゆるの登山も良いなぁと思いながらも寒かった。
駐車場に戻ったところでちょうど日没となった。
帰りにお亀の湯に立ち寄る。
なんど土日祝は料金が引き上げられて700円だった。
平日と休日の大入りの料金が違うのもおかしいが、混雑する休日のほうが高いのはなんだかなぁ。。
洗い場がいっぱいになるほど混んではいたが、お湯はなかなかのものである。
加温も加水もしていない源泉風呂があったので入ってみるとちょっとぬるめであった。
季節によって湯温が変わるのでこれからの寒い季節はさらにぬるくなるかも。
露天風呂は広くてなかなか良かった。
山行きレポートにしては脱線しすぎたが、魅力的な要素が随所にちりばめられた曽爾村は
いつ来ても満足できるところである。

その他の画像は以下より。
20111205-1.jpg
亀山峠を越えて、池の平高原、七曲りを登って周回するのも楽しそうなプラン。

20111205-2.jpg
近くで実際に見るとものすごい威圧感。

20111205-3.jpg
曽爾高原にて

20111205-4.jpg
横からみた鎧岳と兜岳。 鎧岳のあの威圧感はどこへ行った?

20111205-6.jpg

20111205-7.jpg

20111205-8.jpg

20111205-9.jpg

20111205-11.jpg

20111205-13.jpg
風がものすごく強い。この時、帽子が飛ばされた!

20111205-14.jpg

20111205-15.jpg
サッポロ一番塩ラーメンに、キャベツ、もやし、ホテイの焼き鳥(缶詰)をトッピング。
ごまは塩ラーメンに付属していたもの。

20111205-16.jpg

20111205-17.jpg

20111205-18.jpg
大洞山(おおぼらやま)はなかなかの存在感

20111205-19.jpg

20111205-21.jpg

20111205-35.jpg

20111205-22.jpg
二本ボソ山より曽爾高原のほうを望む

20111205-23.jpg
二本ボソ山

20111205-24.jpg

20111205-36.jpg

20111205-34.jpg

20111205-37.jpg
倶留尊山山頂

20111205-27.jpg
プラスチックかと思いきや、木の板を掘って彫刻してペイントしてあるかんじ。

20111205-28.jpg
倶留尊山山頂にて

20111205-29.jpg

20111205-30.jpg

20111205-31.jpg

20111205-32.jpg
[ 2011/12/05 22:49 ] 台高山系 | TB(0) |   コメント(20)
今までメッチャ遠いイメージしかなかったんですが松原から西名阪を
利用で1時間半と聞いたら「行かなくてわっ!」って思いました♪
アクセス情報まできっちり教えてくれるキバラーさんブログに感謝!
[ 2011/12/06 06:47 ] [ 編集 ]
そう言えば、なんか道の駅の様な所があり
人が一杯いてましたが、お亀の湯でしたか。

ほんと地図をみると一周できるんですね。
曽爾高原の写真綺麗ですねぇ
下から2番目が特に(目の付けどころが違う)。
[ 2011/12/06 13:11 ] [ 編集 ]
>忘れてた、これは山行きレポートのブログだった

これ、めちゃウケましたw
ウルトラライトシェルジャケット、2世代前の旧モデル
使ってました(ましたってのは、裂けちゃったので)
春から秋はいろんなシーンで使えますよ、でもこの時期
それも風が強いと頼りないですね~、来シーズンまで
大事にしまっておきましょか
焼鳥のゴマトッピングがいいシゴトしてます♪
ススキ、まだ綺麗ですね
[ 2011/12/06 16:53 ] [ 編集 ]
今度は曽爾高原ですか。ずいぶん短時間で行けるんですね!
僕が行った頃は名張まで電車バスに乗り継いで行ってました。倶留尊山は入山料入りませんでしたか?「500円」
倶留尊山から北に進み西浦峠、ニシウラ谷、飯垣内のバス停に出て帰った事もあります。
[ 2011/12/06 17:38 ] [ 編集 ]
ヤマコレでレポを書くようになってから、思ったのですが以外と山行時にその時に思ったことや、感じたことを思い出すことは難しいものです。

キバラーさんは山行の時にあったことや感じたことをいつもたくさん書いておられていつも関心しています。

書くことはその都度、山行の時に気づいたり感じたことをメモっておられるのでしょうか?それとも、すべて憶えておられて後で全部書いておられるのでしょうか?

[ 2011/12/06 20:32 ] [ 編集 ]
まさ吉さん、ありがとうございます。
これからも見ていただいた方が行きたくなるような情報提供に努めてまいります。
曽爾はホントにびっくりするほど近くなってますよ。
今回果たせなかった周回をまさ吉さんに託します~。
むっちゃ寒いですよ。
年々寒がり度がアップしてきてます。(> <)
[ 2011/12/06 21:51 ] [ 編集 ]
そうなんです、道の駅みたいなファームガーデンは、
なかなか魅力的な店が多くてサイフの紐がゆるみます。
こういう観光地はナニカひとつ名物があればそれだけで人が集まりますよね。
ここ、好きです。
下から2枚目の写真ですか?!
航空写真みたいでしょ。
単にズームで弁当広場を撮っただけです。
[ 2011/12/06 21:52 ] [ 編集 ]
意外にも書いた本人がウケを狙っては書いていない所でウケていただいて
ありがとうございます。
ウルトラライトシェルジャケットって破れやすいんですか?
二世代前の製品よりストレッチ性アップと軽量化がさらに進みました。
汗で蒸れずに風からブロックならず寒さに参りました。
ゴマがいい仕事ですか~。
いい仕事といえば、スロトレさまの最新記事の
「山で食べよう、ホワイト・シチュー」のじゃがビーの仕事ぶりを確認してみたいです。
近日中に実践させていただきます。
[ 2011/12/06 21:53 ] [ 編集 ]
電車とバスだとたいへん時間がかかりそうですね。
そんな所へは私がお連れさせていただきますのでお気軽にお声がけください。
入山料ですが、料金所が閉まってました。
ポストに投函するようになっていたのですが、コンコンと叩いてみたんですが、
ジャラジャラと入っている様子もなかったので。。あとは想像にお任せします。
西浦峠ですか。ちょっと地図で確認してみます。
[ 2011/12/06 21:53 ] [ 編集 ]
山行きで気付いたり感じたりしたことはメモってないんです。
写真でメモれるところはメモるんです。(時刻の記録にもなります)
メモとペンを携帯してたことがあるのですが、
ゆっくりメモするほど行動中は心のゆとりが無く、
いつも白紙のままボロボロになってしまって。。
なので、できるだけ記憶に新しいうちに記事にしています。
即日か、もしくは翌日には必ずアップしていますが、
それでもあとから読み直すとむちゃくちゃな文章で、
翌々日くらいに大幅に手直し入れることが多々あります。
今日も写真3枚の追加と、1枚の差し替え、本文大幅修正しました。

橿原 太郎さま、ことorisさまのヤマレコのほう拝見させていただいております。
稲村に行ってらっしゃったんですね。
大峰はもうかなり寒そうですね。
寒さに耐えれるかどうか自信ありません。
風さえなければなのですが。
[ 2011/12/06 21:54 ] [ 編集 ]
曽爾高原行きたい~、行きたい~。
ほんまにめっちゃ遠いイメージでしたけど、キバラーさんちから1時間半ですか?
それくらいなら行ける気がする(笑)

そうそう、金剛山にも戻ってきてくださいよ~。
戻ってきたと思ったらもう今年の登り納めになっちゃいますからね。
[ 2011/12/07 18:45 ] [ 編集 ]
倶留尊山いいですね~^^私もこないだ曽爾高原行きましたが倶留尊山までいってないんですよ(ToT)展望もよさそうだし次行く時は行ってみます^^お亀の湯もなかなかいいですよね。私も気にいってますがいつも人が多くて・・・。
[ 2011/12/07 20:14 ] [ 編集 ]
まだもうちょい曽爾高原楽しめますよ~。
私の家からではなく西名阪道に乗ってから一時間半です。
ツイート拝見しましたが
本日は金剛山に登られなかったんでしょうか。
金剛山、これからどういう登り方をしていきましょうか。
あ、なんか大晦日に金剛山で納山会するみたいですよ。
オールスターが大集合するみたいなのでぱろやんさんもぜひ。
[ 2011/12/07 20:57 ] [ 編集 ]
ブログ拝見しました。
先日もお亀の湯に行かれたみたいで。
温泉にうるさい人だとお見受けしました。
私もちと温泉にうるさいんですよ。
いちど温泉談義しません?
お亀の湯はぬるぬるで良かったです。
豆乳シャンプーもポイント高いですね。
倶留尊山には行かれなかったんですね。
世界の亀山までだったんですか。
来年はぜひどこか一緒に登りに行きましょう!
31日は金剛山に来れたらきてください。
もう誘いまくりです。
[ 2011/12/07 21:01 ] [ 編集 ]
甲・鎧・曽爾高原・倶留尊山と回られたのなら
次はその近くの古光山も面白いですよ。
(まだ登られてませんよね?)
[ 2011/12/08 00:33 ] [ 編集 ]
曽爾高原から見る住塚山・国見山がかっこよくて好きです。
登るのも手軽ですから是非行ってみてください。
[ 2011/12/08 02:22 ] [ 編集 ]
古光山(こごやま)と読むんですね。
登ったことがありません。
過去(山をやってなかった頃になりますが)には亀山だけです。
等高線の形を見ていると面白そうですね。
曽爾のこと、ぜんぜんわかってませんでした。
一日歩き倒せる山域ではないと思ってたのですが、
いろんな事が明らかになるにつれていっぱい楽しめそうですね。
情報ありがとうございます。
次回チャレンジさせていただきます!
[ 2011/12/09 00:16 ] [ 編集 ]
住塚山・国見山ですね。
兜・鎧もまだなのでずいぶん宿題ができてしまいました。
国見山って近くに他にもありますね。
あの樹氷で有名な?国見山はどっちなのでしょうか。
情報ありがとうございます。
[ 2011/12/09 00:16 ] [ 編集 ]


写真がいっぱいですね。
そう、カスミが無いと丸見えの稜線が優しいカーブを描いてますね。その辺りではいつも天気がイマイチなのでよーく見通せて何だかスッキリしました。今日は金剛山の初冠雪ですね。そろそろ僕らも戻りましょ。
[ 2011/12/09 21:31 ] [ 編集 ]
曽爾は普段はガスっていることが多いのですか。
雨上がりの日というのと空気がキーンと澄んだ冬なので
たまたま展望が良かったのでしょうか。
来週あたりから金剛山を復帰予定です。
またよろしくお願いいたします。
[ 2011/12/10 15:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)