生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

「山」がいつでもドラマチックなわけ 

山に行くと、あそこはたぶんこんなんだろうなぁと思ってた予想をいつも良い意味で裏切ってくれる。
地図やブログ、ネットなどの情報を総合して想像をたくましくしていても
現地に行かなければ知り得なかった発見、出合い、体験などなど。
いつも山は次のナニカへのヒントを与えてくれると思う。

こんな新聞記事がありました。

【一筆多論】木村良一 山が教えてくれるもの
2011/11/21 産経新聞 大阪朝刊 9ページより引用

山登りにはまっている。
まだまだ初心者だが、それでも今年の夏はホームグラウンドの東京・奥多摩を飛び出し、
北アルプスまで足を延ばした。
新宿から夜行バスに揺られ、上高地から6時間かけて涸沢まで登ったのは、9月の連休だった。
涸沢小屋に泊まった翌朝、
初めて見る穂高連峰の山々が赤く染まるモルゲンロート(朝焼け)に涙を流すほど感動した。
残念だったのが8月の裏銀座縦走。
北アルプス三大急登といわれる烏帽子岳を登り、野口五郎岳、三俣蓮華岳、槍ケ岳…と
4泊5日の縦走登山に出発したまでは良かったのだが、
途中で思わぬ悪天候に遭遇して引き返さざるを得なかった。
それにしても登山でうれしいのが、人との出会いだ。
たとえば警視庁青梅署山岳救助隊OBの金(こん)邦夫さん。
昨年9月の一筆多論の欄に「山は感動もあるが、危険も多い。自分の意思で登る以上、自己責任を忘れまい」と書くと、
『金副隊長の山岳救助隊日誌』(角川学芸ブックス)という好著が金さんから届いた。
奥多摩の山での遭難救助のエピソードを金さんがまとめた本で、
その後、金さんを訪ね奥多摩駅近くの飲み屋で楽しい山岳話を聞けた。
会員制の登山教室「歩きにすと倶楽部」(埼玉県川越市)を主宰する登山家、
太田昭彦さんとの付き合いは、知人を通じて始まった。
太田さんはヒマラヤなど海外登山の経験も豊富で、会員からは「太田さんのガイドだと、疲れないから安心だ」
と信頼が厚い。
北ア・裏銀座縦走も太田さんのガイドによるツアーだった。
田部井淳子さんとは、今年1月に取材で知り合った。
世界で初めてエベレスト登頂に成功した女性登山家としてあまりにも有名だが、
偉ぶるところがないとても気さくな方で、こちらの質問ににこやかに対応してくれた。
テレビ番組への出演や講演活動をこなしながら世界各国の最高峰に登り続け、
とても70歳を超えるとは思えない。
登山靴づくり一筋の靴屋のおやじさん、
山小屋を運営する脱サラ男性、植村直己さんに憧れて冒険家を目指す山男、
山岳ツアーで知り合った山ガール…と山登りを始めたこの1年半の間にさまざまな人と出会い、
それが自分の糧になっている。
一方で、山は自分との対話の場所である。
仲間と登っても1人で登っても、登りながら自分の内面と向き合える。
自分の本質は何か。これから自分は何をすべきなのか。
空が青く澄み、木々と草が匂う。足元には硬い岩が続く。
遠くからは谷川の流れる音が聞こえてくる。
そんな斜面を一歩一歩、踏みしめて登っていくと、これまで考えてこなかったことを考え抜ける時間が持てる。
そういえば田部井さんにも子育てに悩みながら登り続けた時期があったと聞いた。
そんな彼女に山は物事にこだわらない生き方を教えてくれたという。
人との出会いと自分の内面との対話。
混沌(こんとん)とした社会のなかで、この2つがあるから登山が大きなブームになっているのかもしれない。
Check [ 2011/12/01 21:55 ] その他 | TB(0) |   コメント(2)
出会い・・・キバラーさんのブログに感謝です!
[ 2011/12/03 00:39 ] [ 編集 ]
何をおっしゃいますやら。
中村さんの谷・沢好きになかなかお付き合いできなくてすいません。
いちおう沢靴を入手しましたので来年ぜひ。
[ 2011/12/03 21:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ