生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第255回 (2011.11.23) 

20111123-0.jpg

登り:寺谷ルート
下山:久留野峠ルート


明日は仕事だからゆるゆるルートにしとこうかと思ったけど、
よく考えると最近は日曜日にたっぷり登るもことも多く、
そんな時に限って月曜日が仕事にならなくて会社では役立たずの窓際族だ。
今週は水曜日という週の真ん中に休日ということでうれしいウイークだ。
実際には今日は午後から雨が降るという予報で、やっぱり山で雨はできるだけ避けたい。
午前中に登ってこられる山ということで久しぶりにホームグラウンドの金剛山へ。

車を降りると寒い!いや、家を出たときから寒かった。
真夏と同じスタイルにて、8時20分に百ヶ辻をスタート。
楽なルートを登る代償、駐車料金600円は痛い。(> <)
念仏坂を登っていると、この時間、登る人も下りてくる人も多めである。
寺谷ルートに入るところから階段ができている。
その後も次から次へとアスレチックよろしくがっちりとした木で組まれた階段。
登山道が痛むのを食い止める役目もあるこれらの整備は、
その後も山抜けしたところまで至るところが補強されていて極めて安全快適なルートへ進化。
木場道ルートが通称シルバールートと呼ばれているが、
寺谷ルートこそが最短最楽シルバールートとしての確固たる地位?を確立したように思う。
息が上がらない程度にのんびり登って9時半くらいに金剛山頂到着したと思う。
すっかりカラダも温まって暑いくらいに。
いまの時期はウェアリングが悩む。暑すぎず、寒すぎない格好。
山頂気温6℃で風もなく温かいほうかと。

山頂売店で週末だけ働いているというみーさんに会いに行くもいらっしゃらなかった。
国見城跡広場には行かず、そのまま「ちはや園地」へと移動開始。
葛木神社の裏道からもみじ谷の紅葉が残っているか確認に行くも、完全に終わっていて冬枯れ。
林道を歩いてちはや園地へ。
時間にして10時前にログハウスに到着し、kosiziさんがいらっしゃるか覗いてみたけど誰もいない。
売店はすでに開いていて、店員の成田さんが今日も登山客相手にテンションが高い。
いつも楽しい人だな~。
そういえば今日はぱろやんさんも登るってツイートしておられたなぁ。
陽のあたるログハウスのテラスで少し早めのお昼とする。
これから人がどんどん登山道やロープウェイから登ってくる時間なのでまだ人が少ない。
昼食後、久留野峠をめざしてダイトレを歩く。
お気に入りの杉並木通りに来てみると重機で荒らされた跡。
キャタピラの足あとを追っていくとどうやら念仏坂のほうへと続いている。
間伐のため?何のため?
金剛山の大阪側はあちこち工事の手が入ってどんどこ山が壊されていくような気がする。
寂しいなぁ。
これから先、5年後、10年後はどうなっていることやら。
老若にゃんにょのツアー登山客10人以上の団体とすれ違う。
山ガールもいれば熟年や年配の方も。
そんなこんなで久留野峠に到着。
ここからはしばらく急坂を下りるのだが、どうも様子がおかしい。
なんと、幅広の林道ができてる!
中葛城山のほうへとつづく林道は、ずいぶん前から存在してたかのようで、
一朝一夕でできたような様子はない。
たしか今年の春に登ったときには無かったんだが。
もしかして山ガールを誘致するためのトイレを建設するために作られたのか?!
ここでも山が削り取られてしまって。。。痛々しい。
なんだかな~。
どうせ植林地帯だし、と割り切るしか無いのだろうか。
ちょっと金剛山にがっかりしながら下山してきた。

その他の画像は以下より。
20111123-1.jpg
寺谷ルートの木道

20111123-3.jpg

20111123-4.jpg

20111123-5.jpg

20111123-6.jpg

20111123-7.jpg

20111123-8.jpg

20111123-9.jpg

20111123-12.jpg

20111123-10.jpg
一の鳥居の近く

20111123-11.jpg
下山中の久留野峠ルート  左へと続く幅広い林道ができていた。
今日は電車が遅れて河内長野9:15分のバスで細尾谷から中尾根で登り山頂は11時頃でした。久し振りにPOMさんと奥さんにお会いし帰りはダイトレ道で水越峠に下り家の近くまで送って頂きました。
[ 2011/11/23 19:59 ] [ 編集 ]
最初の木の階段怖そうですね
滑って足を踏み外しそう・・・
最近大阪側は登って無いので
何処だかわかりません??

水越側も新しく林道が出来ています
ガンドガコバルート、2~3年前に広くなった
所から北の方へ新しく広い林道が出来ていました
山に道が出来ると山が生きて来ると言いますが
間伐や枝打ちをし綺麗な森になればいいのですが。

所で「ガンドガコバ」ってどう言う意味かご存知ですか??。
[ 2011/11/23 20:43 ] [ 編集 ]
今日も登ってらっしゃったんですね。
電車が遅れたのですか。
遅いスタートだったんですね。
POMさんもめずらしいですね。
[ 2011/11/23 21:50 ] [ 編集 ]
階段はしっかり作られてますので大丈夫ですよ。
滑りそうな所は自転車のタイヤを貼ってすべり止めが付いているという凝りようです。
これくらいナチュラルだと良いもんです。
寺谷ルートは念仏坂の途中、湧き水が出ているところから登って
途中の分岐を右へ行くルートです。
左へ行くと通称ハードルート(文殊東尾根ルート)になります。
水越側のガンドガコバの途中から出ているその林道は
どこまで通じてるのでしょうね。
青崩道を跨いだりしてるんでしょうか。
ガンドガコバの意味は私は分からないです。
ガンドガ+コバの造語でしょうか。
[ 2011/11/23 21:51 ] [ 編集 ]
久留野峠周辺は只今 間伐&搬出作業が行われております。
因みにその作業に関わってるのは私のブロ友さんですわぁ~
まぁ~金剛山は基本植林なんで仕方ないっすね・・・
[ 2011/11/24 08:25 ] [ 編集 ]
このコメントは管理人のみ閲覧できます
[ 2011/11/24 10:27 ] [ 編集 ]
9:20に百ヶ辻到着でしたので、当初の予定どおりロープウェイで登っていれば、千早園地でお会いできたんですね。
ぱろ太が妙なやる気を出したのでお会いできませんでした(笑)

久留野峠の方はそんなに変わっていますか。また覗きに行ってこようと思います。
[ 2011/11/24 19:47 ] [ 編集 ]
山を歩いていて、林道を見かけたりすると、複雑な感情が湧いてくるのは当たり前のことかもしれません。
でも、おそらく、山の手入れをするために林道を作っておられるのだと思います。
大径木の材の搬出や間伐作業をしやすくするためには、林道はなくてはならないものだと言えるでしょう。
遅れている間伐や枝打ちが進めば、山も明るくなり、植生も豊かになります。
搬出された杉やヒノキで建てられた建築物が増えたらとても素敵なことだと思います。
林道を整備する⇒森林整備がしやすくなる⇒山の保全が進む⇒環境保全が進む・・・という風に小生は理解しています。
[ 2011/11/24 20:16 ] [ 編集 ]
まさ吉さんのブロ友の方が間伐に携わってらっしゃるのですね。
私の山友の方も間伐作業をボランティアでしてらっしゃいます。
植林は伐採される運命ですから仕方ありません。
それなりの理由がきっとあるのでしょうね。
[ 2011/11/24 20:18 ] [ 編集 ]
予告ツイートは拝見していたのですが、
午後から用事もあり、雨が降るとの予報もあり、
ちゃっちゃと登って下りる予定でした。
ご一緒できずに残念です。
ぱろ太くん、やる気出されたのは頼もしいですね。
これからずっと寺谷だと登ってくれるのでは無いでしょうか。
久留野峠の林道がどこまで通じているのか気になるところです。
ダイトレに合流するのか、はたまた単に行き止まりなのか。
[ 2011/11/24 20:18 ] [ 編集 ]
待ってました!
間伐ボランティアされえってマイ・チェーンソーをお持ちの
段八さんのコメントがあればうれしいなぁと思ってました!
植林を植える時点で林道なんて作ってあるものだと思っていました。
伐採するために林道を新規で作るのですね。
なるほど山の森林の環境保全のためには必要なのですね。
勉強になりました。
ありがとうございます。
[ 2011/11/24 20:30 ] [ 編集 ]
 朝、乗る予定の電車、ホームに着いたら扉が閉まり走り去りました。 一つ遅れて 河内長野駅到着が9時16分。ハァ~。 山頂に着いたら曇天で薄ら寒い。 下山を始めた頃、パラパラと小雨が。(-_-;)  こんな日もあります。  キバラー様が登られた頃はまだ陽がさしていたのですね。
   
[ 2011/11/24 20:35 ] [ 編集 ]
浪チャーさまは電車で通っていらっしゃいましたか。
事故で電車が遅れたとかで影響あられたのでしょうか。
私のときは晴れ間もありましたが概ね曇りでした。
家に帰着してから雨がパラパラと降ってきました。
今の時期、花野草は何もみつけられませんでした。
浪チャーさまはこの時期でも何か見つけてらっしゃることでしょうね。
またブログ拝見させていただきます。
[ 2011/11/24 20:57 ] [ 編集 ]
あららキバラーさんとお会い出来ず残念でしたわん。
この日は、旦那さんのお里(丸亀)に用事で日帰り帰省してたんです。売店のぞいてくれはったの?ゴメンねーー。
ありがとうございました☆また来てねー!
週末に大雨が降るとバイトお休みなのよぉ~その時はまた一緒に山に行きましょうね~♪ 
ん?大雨はイヤかなぁ(笑)^^ 
[ 2011/11/24 23:24 ] [ 編集 ]
みーさん、お休みされてらっしゃったんですね。
転職されたんですね?!
懲りずにまた参りますのでよろしくお願いします。
大雨・・ですか?大雪では?
[ 2011/11/25 21:03 ] [ 編集 ]
この木道はハッキリ言って要りませんよね。
山主さんも知らない間に作ってしまったらしいではありませんか。
僕なら自分の所有する山にこんなもの作られたら怒るでしょう。

前日に千早峠から山頂まで歩いた時、重機が入って伐採の片付けをしていました。
[ 2011/11/25 23:34 ] [ 編集 ]
復帰されてなによりです。
勝手に作られたものなんですか?
これがあるおかげでずいぶん安全になりましたが
そんな事情はまったく知りませんでした。
[ 2011/11/26 17:24 ] [ 編集 ]
金剛山はほんといろんなコースがあるのですね
私は葛城からのダイトレと御所側の2ルートしか経験無いので
また行ってみたいです。
ところで、昨日池木屋山から霜降山周回にいってきました。
キバラーさんのおっしゃるとおり、高滝の高巻きは安全なルートがありました(急登ですが)、しかし霜降を踏んだあとの尾根最後の降下のシカよけフェンスとバラは大変でした。
[ 2011/11/27 12:05 ] [ 編集 ]
ついに池木屋山に行って来られたんですね!
高滝に安全な巻き道がありましたか!
良かったです!
確信持てないままの情報でしたので不安ではありました。
そういうことであればまた行ってみたいです。
霜降峠からの下山で、もうまもなく下山完了か!
というところでシカのフェンス以下は時間取られますよね。
迷える森だけにご無事で何よりでした。
わざわざご報告ありがとうございます。
[ 2011/11/29 06:28 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者(キバラー)だけに読んでもらう

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ