FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。

中央アルプス 恵那山(日本百名山)周回 (2019.5.25) 

20190525-0.jpg
恵那山 神坂ルート パノラマ山頂にて (後ろは登ってきた恵那山) ※クリックで拡大可
キバラー、orisさん、みねごん、うっちぃさん

核心部ナシ?!予想どおりのトレーニングの山

ヤマレコ版はこちら

日本百名山とか何とかはあまり興味が無いけれど、
なるほどと思える魅力が一点でもあればと下調べするも、
わざわざ関西から遠征するほどの魅力ある山と思えない。
深田久弥は標高以外に何をもって百名山認定したのかな。
はたまた当時は木々が成長してなくて山頂は大展望だったのかも?
グループで行けば単独で鈴鹿に行くくらいの費用で済むので
せっかくの機会なので行こうではないか。
やるからには真剣勝負。
その徹底ぶりは、登山靴まで新調しての実戦投入。
今シーズンのアルプストレーニングのつもりで挑んできた。
イザ、やるとなれば何事にも真剣・徹底的に。(≧∇≦)
結果的には歩きすぎて疲労困憊、ボロ雑巾になってしまった。
しかし、今回の恵那山周回のアップダウンや距離、累積高低差、
暑さ、疲労度、ダメージ度は、
今後の山行に対してのベンチマークとなるだろう。

前日21時に集合場所出発で西名阪、名阪国道等を乗り継いで
中央道の神坂(みさか)PAにて3時間ほど車中で仮眠。
4時頃再出発で広河原の登山口へ。
準備していると月川温泉のマイクロバスが到着して40人ほど降りてこられた。
団体さんより先にと、5時過ぎに慌てて出発。
朝、まだ寒いくらいで快適に歩ける。
約30分の林道歩き中も隊列をなして団体さんが迫ってくる。
追い越されじと頑張るも、渡渉のところで衣服調整中に抜かされる。
その後もまた追いついて先に行かせてもらったり抜かれたりのデッドヒート。
登山道は木の根っこ場や岩ゴロ場などとても歩きやすいものではない。
展望というか遠望もあるにはあるが特筆すべきものでもなく
ただただ団体さんを意識してせっせと登ることに集中。
高低差千メールちょいあるということで身構えていたものの
予定よりも一時間以上も早い所要3時間15分、8時半に山頂に到着。
写真を撮ったりの休憩で、避難所+トイレ+展望台には8時45分。
岩の上から遠くの山々の山座同定や早い昼食で10時まで滞留。
そうこうしているうちに下山がピストンじゃつまらないので周回できないかと思案。
コースタイムがとても長くなるが15時台には下山完了できるのではとの予想。
当分というか、もう二度と?(^^ゞ 恵那山に来る可能性が低いので
せっかくなのでもっと恵那山を知っておきたいという思いもあって
全員の同意を得て神坂ルートで下山する大周回を行った。
結果、広河原ルートと変わらぬ歩きにくさに加えて
山頂周辺はかなりの残雪に時間を取られ、さらにはアップダウンも多く
日差しは今シーズンいちばんの暑さで茹で上がるなどで疲弊。
ようやく舗装林道に着地してからはトボトボと下ればいいだけと思いきや
これがまさかの重圧となってカラダが悲鳴を上げてきた。
日射は日傘でしのいだものの、10kgを越えるザック重量が相まって
舗装路が思いの外、足腰への負担となった。
そんなこんなで16時に下山完了。
月川温泉で汗を流し、昼神温泉へ移動して蕎麦をたらふく食べて帰国の途へ。
あ~、しんどかったぁ。

詳細の写真レポートは以下より。
[ 2019/05/27 22:37 ] アルプス | TB(0) |   コメント(4)

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)