FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない、その時々のナニカを発見し、記憶の定着のためにもカメラを持とう。

鈴鹿山系 御池岳 (2019.2.17) 

20190217-0.jpg
御池岳山頂にて

【動画編】


鈴鹿最高峰は白銀のテーブルランド

【ルート】
 R306滋賀側ゲート前-鈴北岳-御池岳山頂-テーブルランド-
 山頂-鈴北岳-鞍掛峠-(林道)-ゲート前駐車地


ヤマレコはこちら

雪山は晴れるとキレイだろうけど、
きっかけがないとわざわざ行くのは寒いしめんどくさいなぁと出不精に。
ほとんどの気になる山には登ってきたつもりだし、
だんだん山登り熱が冷めて来てるんじゃないか?なんて思いながらも
いざ行ってみると、やる気スイッチが入ったりするものだ。
要するに初動のパワー不足というか。
今年は西日本の名だたる名山か、台湾の山にでも登ってみたい
という思いを爆発させないとテンション上がらんなぁだ?!
いやいや、まだまだ魅力ある山をわかってないんだろな。

そんなかんやで、おなじみメンバーが久しぶりの再会は
冬には登ったことがない武奈ヶ岳への予定が、
日本海側に近い立地ゆえ、天候が芳しくない予報に変わったため
急遽作戦変更を考えるも綿向山や霊仙山とかは冬の定番すぎて人が多そう。
人の少なそうな静かな山が好きなので、
前日まで案にすら上がって来てなかった御池岳を提案。
それでも当日移動中の予報でも天気が怪しく、
もうちょっとでプランBの三上山になるところだった。(^^ゞ

朝3時起きで待ち合わせ、車2台にて近畿道、名神は
湖東三山PAで降りて国道306号で通行止めゲート前へ。
冬季通行止めかと思いきや、崩土で長期に渡って通行止めらしい。
駐車車両ざっと8台くらいのところに2台追加で10台くらいに。
スタート時は鉛色の空で降雪あり。
せっかくここまでプチ遠征してきたので行けるところまで行って
とりあえず冬の御池岳を少しでも体験できたらという感じでスタート。

スタートしていきなり崩落箇所を通過。
フレコンパックの古さからしても最近ではなさそう。
誰が設置したかアルミはしごは無くても乗り越えられる。
少し進んだところの沢が分岐するところの橋のところに登山届BOXあり。
ルートもここで分岐するが、踏み跡は橋の上へと続いていたので従う。
本来なら鞍掛トンネル端にある滋賀側か三重側の駐車場からの
取り付くのが一般的であるが、現在、鞍掛トンネルの前後ずいぶん手前で
完全通行止め(人も自転車なども不可)となっている。
自分の所有する山と高原地図は2016年版なので少し情報が古いと思われるので
もしかしたらリリースされたばかりの2019年版山と高原地図では改訂されているかも。
それ以前に御池岳は鈴鹿最高峰の素晴らしい山なのに
セブンマウンテンじゃないからなのか、詳細地図がサポートされていないので、
今回のように本来じゃない未踏ルートでのスタートは
様々な情報を総合して判断しなければならない。
スタート地点周辺は電波圏外なので、
オフライン地図はあらかじめダウンロードしておかないと詰むことも。
雪があると踏み跡がどっちへ続いているかでわかりやすいなぁと思いきや
登ろうと思っていた尾根の取り付きを見落としてあっさり通過。
100mくらい戻ってきて確かめると、こんなところに?ってな感じ。
いきなりの急登の尾根は、植林帯を抜けたと思ったら高圧線の鉄塔。
2本目の鉄塔をも通過して樹林帯を抜けるとぽってりとした雪景色に。
雪庇なんかも出来ていて、冬の厳しさが見て取れる。
鞍掛峠からの尾根に合流してしばらくすると、これぞ御池岳と思える開放感が広がる。
鈴北岳までこんなに遠かったなんて。。ずいぶん久しぶりなので忘れてた。
このあたりから晴れ間が出てなんとも美しい風景が広がる。
そしてさらに御池岳ピークまでの遠いこと。
お昼を満足に摂ることも忘れて御池岳未踏のメンバー2名のためにもがんばる。
時間も押してきていたのですぐに引き返したいところではあったが、
テーブルランドを少し眺めに行く。
長くなりそうなので話を端折るとして、そんなこんなで帰りはピストンを避け
鞍掛峠をめざして下りてきた。
ここまでは踏み跡たくさんあったのに、滋賀県側へのトレースが無い。
様子を見に行くと雪であぶなっかしいトラバースになっていた。
強行するのも危険を伴うので鉄塔まで戻り、となりの尾根まで踏み跡の無い中を
トラバースして移動して林道端へと下山した。
今回の積雪期だとルート的には登りに使った尾根のほうがスムーズで良かった。
それにしても青空と樹氷のコンビネーションはとても美しかった。
こんどは鈴北岳周辺でまったりするのも良いなぁと思った。

その他のたっぷりな写真は以下より。
[ 2019/02/20 22:20 ] 鈴鹿山系 | TB(0) |   コメント(13)

金剛山 第641回 (2019.2.10) 

20190210-1.jpg
金剛山山頂17時のスナップショットより  ※楽しいみなさんと
ちょっとシャッター時間が早めで?腕の角度調整中の時計台ポーズを撮られた。。

自分も初めはそうだった・・のナイトハイク

【ルート】
 登り:ツツジオ谷源流ルート(本道詰め)
 下山:文殊尾根ルート+バス道歩き
 

あろうことか、カメラを忘れてきた・・。(≧∇≦)

ピンクサファイアさん、はじめまして。
顔合わせ兼ねてご一緒していただく機会に恵まれた今日、
えっらい寒いじゃないですか。
ある時はマイナス10℃だった年もあるけれど、
体感温度が気温の数値に比例するとは限らない。
今日みたいな骨身にしみる寒さ、耐えれんわ。。ほんまに。
ピンクさんは汗かいてらっしゃったけど、こっちは重ね着しても震えてた。
この差はなんなんだ。寒がりは辛い~。
歩くのが遅いし、ゆるゆるルートでとのピンクさんのリクエストにお答えして、
最初、カトラ谷の予定だったけれど、ツツジオ谷源流ルートを本道まで詰める
というルートでご案内。
ピンクさん、ぜんぜん歩くの遅くないし、
難所もあるワイルドなルートながらもまったくの余裕だった。

こんなに誰も居ない金剛山、初体験ですとおっしゃってたピンクさん。
夕方17時のライブカメラを震えながら待っていると、
5分前になってワラワラと賑やかな人が集まってきた。
いち、に、さん・・・計8名の方は同じグループのようだ。
フレンドリーな方たちで意気投合。
記念写真をお撮りしましょうか?と言うとカメラが無いとのこと。
唯一のスマホが低温でシャットダウンしたみたい。
コンデジなんかよりずっと大きくて重そうなチェキならあるとのことで
それを使って撮影。
なかなかかわいくて楽しいじゃないですか、チェキ。
チェキ、欲しくなったなぁ。
さて、早く下山しないと日没になるのでってことでお尋ねすると
百ヶ辻から念仏坂を登って来られた様子。
下山もそのルートで帰られるようなので
念の為にライトの類があるのか確認すると無いとのこと。
今どきはスマホのライトでも十分明るいが、寒さでシャットダウンしてる。
山頂気温はマイナス4℃。
ピンクさん、ライトを一つ差し上げられたものの、
さすがに見過ごすことはできず、念仏坂周りよりは近道の文殊尾根にて
一緒に下山することにした。
自分もはじめはそうだった。
あれは忘れもしない金剛山第一回目の前の捺印無しの0回目の紀元前、
2006年11月だった。
当時、山に導いてくれた友人と夕方の金剛山に登り、
山頂でのんきにかまえていたところ、とあるベテランの方から、
「君たち、ライトとか持ってるよね?」と声をかけていただいた。
「いえ、持ってません」と答えると、早く下山しないと、
日没になったら何も見えなくなって下りれなくなると教えてもらった。
当時はスマホは存在せず、ガラケーはライトがつけっぱなしにできず
10秒くらいで消えるという仕様だった。
金剛山って、老若にゃんにょが気軽に登れる山と思っていたし、
まぁ何とかなるさと思っていた。
そういう失敗を繰り返して学習してきて今があるわけで、
困っているときはお互いさま。
世の中ギスギスしてきて、他人のことに無関心で、いや関心を持つのが罪
みたいな社会にされてしまって、スマホの画面しか見てないという時代。
人が人を助けない社会になったら、人としての存在価値なんか無いよなぁ。
人の世話にならずに自分だけで生きていけるわけないのだから。
そんなこんなでフレンドリーなみなさんは、人見知りをしない明るく楽しい方たちで、
後半は漆黒の闇に包まれながらもナイトハイクというまたとない体験を
楽しまれたのではないだろうか。
ご一緒いただいたピンクさん、みなさん、ありがとうございました。

その他の写真は以下より。
スマホ写真でスミマセン

武田尾廃線敷・大峰山・安倉山 (2019.2.2) 

20190202-102.jpg
武田尾廃線敷にて

幻影の安倉山(あくらやま)は迷える森

【ルート】
 JR武田尾駅(駐車)-(電車)-JR生瀬駅-廃線敷-
 大峰山-安倉山-廃線敷-武田尾駅


雪山なんか興味ないし、めんどくさいだけやし、毎回車洗うのも面倒やし。
って言ってみたかった。(^^ゞ
今シーズンは、いや今後、スタッドレスタイヤはよう買わんので
もう雪山には行けなくなったのは確か。
それ以前に、ちょっとお腰の調子が良くなくて。。
子どもの頃から立位体前屈では指先が床につくことがなかった。
固いのが体質なんだと思っていたが、このところ腰痛が頻発しだしたので
これはカラダが固いことが原因としか思えなくなった。
ここ数年は年に一度だけ、春先にお約束のように発生していたが、
この半年の間に3回発生したのは非常事態である。
とりわけ参ったのは、ここは登り専用か?と思うような難路の
鈴鹿山中の8合目あたりでなった時は超ピンチだった。
すぐさま安全なところに移動し、湿布などの処置をしたものの
下山には適さない難路なため、痛みを堪えてヨチヨチ歩きのまま
一旦山頂まで登り、安全なルートでなんとか下山したものの
時間とともに痛みが増すことを恐れ、車に乗り込んだあとは
脇目も振らずノンストップで帰ったのが昨年晩秋のことである。
その後、これしかないと思えるストレッチを研究し、
今後はもう大丈夫だろうと思っていたところ、
正月に1回、そして先週水曜日の会議中、
椅子にもたれていただけで魔女の一撃を食らった。
最近は寝込んで四つん這いでやっと動けるというような重度にはならず
なんとかコルセットして通勤できるかな程度のダメージではあった。
この週末はさすがに観念して大病院行きかなぁと思っていたら、
それなりに回復してきたので、気がついたら山に向かっていた。(^^ゞ
長座前屈どころか足を伸ばして長座すらもできない固さはどうにかしないと
これまた一撃を食らうぞということにようやく気づいたので
今後は少しづつ肉体改造に励むことにした。
そんなこんなで、今回はなるべく平坦なところを歩くだけのハイクで
リハビリをと思い、20年ぶりくらいに武田尾廃線跡に来た。
以前は鉄橋でも枕木の上を歩くスリルあるゾーンもあったが、
今や整備されて自転車でも走れるほど整備されていた。
廃線敷に入ってから5kmほど歩いたところで
ゴールまであと20分くらいとなり、あまりにも歩き足らないので
先日の中山連山の延長線上にある鎌倉山に登ってみた。
完全フラットな廃線敷歩いてからの一時間の登りは、
金剛山のガンドガコバ林道を歩いてからのダイトレの登りか?
はたまた、上高地を歩いてからの涸沢への登りか?
いずれにしても長いフラット歩きの後の登りは心が折れそうになる。
小春日和のポカポカ陽気のトレイルは、雪など遠い夏の花火のように
いつの話?みたいな様子である。
すれ違う年配の方から「今頃の時間からどこへ?」なんて尋ねられた。
午後も2時近くになっての大峰山ピストンする人なんて居ないわな。
こんなことなら、最初から大峰山経由で中山寺に下りれば、
中山連山フルコース完踏となったかもしれないのに失敗やったなぁ。
あ、そもそも今日はリハビリだった。(^^ゞ
今日のコース、直前での思いつきもええとこである。
ピストン嫌いの自分は、大峰山のピークを取ってからは
安倉山(あくらやま)を通るルートで下山することにした。

どんな出来事があったかは以下からの写真とキャプションにて。
[ 2019/02/05 22:11 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(16)

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジ小

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)