FC2ブログ

ただ山を歩くだけじゃもったいない。その山の魅力を探し、切り取るためにカメラを持とう。
月別アーカイブ  [ 2019年01月 ] 

高取山(高取城址) (2019.1.12) 

20190112-76.jpg
高取城址にて

日本最強の城に、圧倒された

【ルート】
 高取町観光駐車場-武家屋敷-水車小屋-黒門跡-七曲り-一升坂-
 岩屋不動尊(立ち寄り)-猿石-ニノ門跡-国見櫓跡(立ち寄り)-
 矢場門跡-松ノ門跡-千早門跡-大手門跡-本丸-七ツ井戸-(林道)
 -壺阪寺-駐車場


高取城趾とは

昨年12月15日のことである。
金剛山に登った後、二座目ということで山登りがメインなので
正面正攻法である城下町歩きを避け、いわゆるバックヤード的な
壺阪寺側の五百羅漢近くの登山口より入山。
高取城趾というと紅葉シーズンに軽くハイキング程度に歩く
というイメージを持っていただけで、城跡には石塁が少し残ってるだけの
山なのか公園なのか何なのか、山登り的なボリュームはあるのか?という
中途半端なところじゃ?という疑問が先行してしまっていたので、
今回も二座目に設定するなど冷やかし程度にと思っていた。
ちなみに、どうやって設計や建設をしたんやろ~ってところに関心はあるが、
城や寺社仏閣自体にはほとんど興味がない。
五百羅漢でいきなり分岐があり、さらに奥の羅漢像があるところを通って
枝道多数確認できる植林帯の中を忠実に歩く。
舗装林道に一瞬合流するも再び山道に入り、壺坂口門から入城した。
本来、着いたと表現するところが、入城という言葉のほうが正しいように思えるから不思議だ。
そんな威圧感のある佇まいであった。
高取城は壺坂口門あたりから上に存在していたのではないということが
奥に入るに従って明らかになってくる。
「なんだこれは!!」と呆気にとられる、他を寄せ付けない石塁の規模である。
しかもそれらがゆっくりと時の流れに飲み込まれるよう、
半ば手付かずの状態のままで静かに風化していっているような
城跡自体が何か物言いたげなオーラが漂いっぱなしで、
こんなにも自由にほったらかしでええの?とさえ思えた。
つまり何の保存も保護もされていない、自然のままの状態に近かったのが
より印象を強いものにした。
城というと大阪城はもとより、松本城、彦根城、名古屋城、岸和田城、
竹田城跡などなど興味はなくとも行ったことがある城の数は枚挙にいとまがないが、
想像をここまで裏切る山城が、しかもこんな近くにあったなんて。。
行ってみないとわからない典型的な例になってしまった。
そんなこんなで、これはもう一度きちんと城下町から歩くべきだと思い、
持てる撮影機材を総動員して出直そうと思っていたところ、
折しも昨年末、たまたまテレビを点けたところに
「あなたも絶対行きたくなる!日本「最強の城」スペシャル」
なる番組がやっていて、今回の高取城が第1位に輝いたのだ。
これは大挙してお城フェチの方々が訪れるんじゃないか、
そうなるとゆっくり撮影なんて無理だよなぁ。
さらには、あのへっぽこ登山さんもこのタイミングで。(≧∇≦)
そういうわけで少し控えめに、動画の一部を切り出したような表現の写真に徹した。
あ、ちなみに城下町も古き良き懐かしい趣があって良かった。

そんな今回の写真は以下より。(多いよ~)

Check [ 2019/01/14 21:59 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(22)

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジ小
よく山に持って行ってます

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ