FC2ブログ

思い立ったが吉日、呼ばれたお山に行ってきます!当ブログへわざわざお越しいただきありがとうございます。

高取山(高取城址) (2019.1.12) 

20190112-76.jpg
高取城址にて

日本最強の城に、圧倒された

【ルート】
 高取町観光駐車場-武家屋敷-水車小屋-黒門跡-七曲り-一升坂-
 岩屋不動尊(立ち寄り)-猿石-ニノ門跡-国見櫓跡(立ち寄り)-
 矢場門跡-松ノ門跡-千早門跡-大手門跡-本丸-七ツ井戸-(林道)
 -壺阪寺-駐車場


高取城趾とは

昨年12月15日のことである。
金剛山に登った後、二座目ということで山登りがメインなので
正面正攻法である城下町歩きを避け、いわゆるバックヤード的な
壺阪寺側の五百羅漢近くの登山口より入山。
高取城趾というと紅葉シーズンに軽くハイキング程度に歩く
というイメージを持っていただけで、城跡には石塁が少し残ってるだけの
山なのか公園なのか何なのか、山登り的なボリュームはあるのか?という
中途半端なところじゃ?という疑問が先行してしまっていたので、
今回も二座目に設定するなど冷やかし程度にと思っていた。
ちなみに、どうやって設計や建設をしたんやろ~ってところに関心はあるが、
城や寺社仏閣自体にはほとんど興味がない。
五百羅漢でいきなり分岐があり、さらに奥の羅漢像があるところを通って
枝道多数確認できる植林帯の中を忠実に歩く。
舗装林道に一瞬合流するも再び山道に入り、壺坂口門から入城した。
本来、着いたと表現するところが、入城という言葉のほうが正しいように思えるから不思議だ。
そんな威圧感のある佇まいであった。
高取城は壺坂口門あたりから上に存在していたのではないということが
奥に入るに従って明らかになってくる。
「なんだこれは!!」と呆気にとられる、他を寄せ付けない石塁の規模である。
しかもそれらがゆっくりと時の流れに飲み込まれるよう、
半ば手付かずの状態のままで静かに風化していっているような
城跡自体が何か物言いたげなオーラが漂いっぱなしで、
こんなにも自由にほったらかしでええの?とさえ思えた。
つまり何の保存も保護もされていない、自然のままの状態に近かったのが
より印象を強いものにした。
城というと大阪城はもとより、松本城、彦根城、名古屋城、岸和田城、
竹田城跡などなど興味はなくとも行ったことがある城の数は枚挙にいとまがないが、
想像をここまで裏切る山城が、しかもこんな近くにあったなんて。。
行ってみないとわからない典型的な例になってしまった。
そんなこんなで、これはもう一度きちんと城下町から歩くべきだと思い、
持てる撮影機材を総動員して出直そうと思っていたところ、
折しも昨年末、たまたまテレビを点けたところに
「あなたも絶対行きたくなる!日本「最強の城」スペシャル」
なる番組がやっていて、今回の高取城が第1位に輝いたのだ。
これは大挙してお城フェチの方々が訪れるんじゃないか、
そうなるとゆっくり撮影なんて無理だよなぁ。
さらには、あのへっぽこ登山さんもこのタイミングで。(≧∇≦)
そういうわけで少し控えめに、動画の一部を切り出したような表現の写真に徹した。
あ、ちなみに城下町も古き良き懐かしい趣があって良かった。

そんな今回の写真は以下より。(多いよ~)

Check [ 2019/01/14 21:59 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(12)

金剛山 第634回 (2019.1.4) 

20190104-1.jpg
金剛山頂 国見城址広場にて 
飛び入りでご協力いただいたみなさま、ありがとうございました!

一日違えば、大違い

【ルート】
 登り:寺谷ハードルート
 下山:寺谷ハードルート


昨日の雪景色はどこへやら?
今日も昨日と変わらぬ一日が来ると思っていたら大間違いだ。
毎日が似たような繰り返しに思えても、
昨日と今日の金剛山山頂くらい異なっているのかもしれないな。
朝からの用事を済ませ、余った時間を有効にと登山口に辿り着いたのは
15時を過ぎていた。
原因はわからないが、今朝から腰が痛くてモーラステープを貼ってきた。
山歩きをすればほぐれて調子よくなるかなと思った次第である。
結果的には帰ってきてからも痛みは変わらず。
毎日が寒いので、敷布団にマットレスを追加したのが腰に悪かったのかな。(^^ゞ
今晩からまたせんべい布団に戻そう。(≧∇≦)さぶいのイヤ~。

登山口でピノプランのまっちゃんとしゃべっているところに
SACHIさんが下りてこられてお久しぶりの再会で新年のご挨拶。
青空に映える霧氷がキレイだったそうだ。
好天だっただけに惜しい。もう今から登ってもダメだろう。。
登りは寺谷ハードルートから。
腰が痛くて足取り重く。。
16時ちょうどに山頂に着いた。
今日はライブカメラを狙ってなかったので、
夕暮れの写真でもと、うろついていると知人と遭遇。
せっかくなので16時30分のライブカメラまで待って一緒にポーズ。
ところがこのポーズ、間違ってた。。
僕がやりたかったのは、両手が上向きだった。。
これってmanganさんのポーズやん。。(^^ゞ
そんなこんなで、陽が長くなってきてるとはいえ日没も迫るので
短い時間だったが本道下山組のみなさんとはお別れしてトボトボと下山開始。
冬の寒さと荒涼感、落葉した木々、このうら寂しさが好きなんだよね。

その他の写真は以下より。

金剛山 第633回 (2019.1.3) 

20180103-1.jpg
金剛山山頂 10時のライブカメラにて

白銀の非日常な異世界感

【ルート】
 登り:シルバールート
 下山:ババ谷ルート

下界では、雪などどこ吹く風?と言わんばかりの日常感だ。
昨年末のクリスマスもそうであったが、街にそういうムードが無いように思った。
電飾がブルーやホワイト中心のLEDになってしまって人の心も冷たくなったような。
ブルーライトはあかんよ。ハロゲンの電球色に赤や緑がなつかしい。
正月3日ともなると、いや、すでに2日から正月ムードなんて無い感じがする。
山の上がみごとな雪景色になっていることは下界に居ては想像つかない。
登山口に着いてみても、ほんまに上に雪あるの?と思えるほど
白黒はっきり分かれた極端な状況が今日だ。
下山してくると、上ってアイゼン要ります?なんて尋ねられたくらいだ。
取り付けるときはともかく、外してからがブラブラと邪魔になるアイゼンは
付けずに済めばと頑張ろうとするけど、昨日あたりからは完全に必要になった。
古いチェーンスパイクの刃をピノプランさんで研いでもらおうと思っていたが
どうにもこうにも家中探して見当たらないので、
2年ほど前から予備として在庫していた新品チェーンスパイクを新年から使用開始。
あいかわらず前起きが長いね。。

本日はシルバールートで謎のオブジェ探し。
さらには久しぶりに10時のライブカメラに写って、おなじみの皆さんにご挨拶を
といつもの倍速くらいのハイペースで登っていると、アウターのソフトシェルはもちろん
バラクラバにもなるトレールアクションパーカーすら脱ぎたくなる暑さに。
シルバールートでは途中、唯一遭遇した男性の方からお声がけいただいた。
ライブカメラ急いでおり、その節は失礼しました。
その男性とは山頂でも再会できた。
山頂国見城址広場では、おなじみの10爺こと八田会長、あと2回で祝千回のJH3JFFさん、
平瀬さん、長谷川さんとも久しぶりの再会を果たした。
さらに、昨日お会いしたばかりのヤマップのnoboruさんも。
ご無沙汰している奈良側ルートの情報をいただく。
ハタコちゃんも元気に連日登られているご様子。
その後、少しうろうろしてから文殊尾根から下山。
下山完了までの間、3名の知人にも久しぶりにお会いできて幸先が良さそうです。
今日お会いしたみななさん、ありがとうございました。

その他の写真は以下より。

金剛山 第632回 (2019.1.2)  

20190102-18.jpg
金剛山 葛木神社にて

山頂カマクラ、未だ現れず

【ルート】
 登り:カタクリ尾根ルート
 下山:ババ谷ルート

新年おめでとうございます!
2019年がみなさまにとって災い無く、良い一年になりますように!


冷えからか、大晦日あたりから今朝ほどまで悪寒と頭痛で不調で
今回の年越し登山も参加できず、
それならばと、またとない好天に恵まれた初日の出登山に
展望台イナバ物置100人載っても大丈夫は行けるかと思ったけど
大晦日は23時をまたずに頭痛にうなされながら寝てしまっていた。
こばちゃん、ヤンヤンつけボーを準備していただいてたのにスミマセン、ほんとに。。
おじさんにもなると、紅白は知らない人ばかりでわけわかめ。
そもそも普段、テレビはほとんど観てないんだった。
せめて大トリのサザンだけでも見たかったかな。
そんなこんなで、初登りは昨年同様、2日になってしまった。
昨日の元旦は最高の好天だったみたいで残念。

ババ谷の片井さんとは久しぶりの再会、新年の挨拶をして出発。
百ヶ辻登山口では冬季中出張販売されてるピノプランのまっちゃんとも新年のご挨拶。
ああ、そういえば思い出してしまったあまりにも気の毒な事故。
30日の夕方、まっちゃんと立ち話をしているときに背後でガシャーンと。
はい、気を取り直して、mizuiさん絶賛の羊毛靴下が温かいとのことでさっそく私も本日購入に。
あれ?よく見ると、茶色にオレンジのラインの入ったやつは
2、3年前にまっちゃんところで購入したものと同じだ。
ってことは、アレがなんとか諸島のウールソックスだったのか?
あのソックスの現在。。今でもたしかに持っている。。だがしかし。。。
ゴムが弱ってしまって、ソックタッチがあってもひっつかないほどヨレヨレなので、
家専用になっているものの、足首への締まりがないので気持ちもだら~んとなるんだなぁ。
まさかのゴムが弱点で2シーズンくらいしか持たない気がするわけであるが、
当たり外れもあるかもしれないので、持っていない柄でもう一度試しに購入。(^^ゞ
百ヶ辻ではさらにめちゃ久しぶりの山友の二人とも再会した。

さて、新年の登り初めはシルバールートでと思っていたが、
途中から気が変わってご無沙汰ルートのカタクリ尾根へ。
昨夜のまさかの雨が山では雪になって真っ白かと期待したがそうでもなかった。
この時期、特筆すべきものは無いが、遊歩道直前が笑ってしまうほどの急登で。(≧∇≦)
遊歩道から一の鳥居へ上がる。
仁王杉前で、これまた久しぶりの、笑顔が素敵なヤマップのnoboruさんと再会。
その後、葛木神社で初詣。
管理人まっくんさん制作自動おみくじ機でのくじ運は・・・笑吉ならぬ小吉。
氏神さんでのおみくじも小吉だったからこれはもう確定だよね。
大吉は経験がないなぁ。中吉ってあったっけ?単なる吉とか末吉なんてのもあるよね?
どうちゃうねんって話で、もはや、まさ吉とか何でもありそうだ。。

捺印所に移動し、西田さんともご挨拶。
その後、国見城址広場に行って写真を撮っていると、
管理人のまっくんさんがライブカメラのメンテをされていたので立ち話。
今やライブカメラがメディアを通じて世間一般に認知されるようになったので
故障対策が大変そうである。現在2台体制のカメラは、
一方が故障すると、リモートでもう一方のカメラに手動切り替えをしているそうだ。
YouTubeでのライブストリーミングと30分起きのスチルを兼用している。
ただし、現在は中国製のカメラでNTSCでもPALでも無い方式なので苦労しているとか。
これは公表していないことだが、けっこう意外なところに防犯用カメラがあって集中監視できる。
一時、代理のシステム管理者をさせてもらったが、普段なかなかこちらも手が回らず、
あまりお役に立てないまま今に至っている。
どんよりと雪雲に覆われた山頂付近は、気温マイナス2℃と比較的温かいほうであるが
滞留しているとさすがに身も心も冷えきってきたので早々に文殊尾根から下山。
いつもご覧頂いているみなさま、本年もどうかよろしくおねがいいたします。

その他の写真は以下より。

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーもやってましたが、
お金の切れ目は縁の切れ目。(^^ゞ
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中
THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ