FC2ブログ

思い立ったが吉日、その時々で導かれる方向の山へ!今日はどんな出会いが待っているだろうか

竹酢液(ちくさくえき) 

20180731-1.jpg
竹酢液(ちくさくえき)   ※後ろのEcho Spotが目立ちすぎてスミマセン

ついに!夏の山シャツのニホヒとの決別。

今月、ブログ記事が1件だけというのもなんなので、
今日も室温35℃の中で書いております。
早く涼しくなってほしいなぁ。。せめて20℃台に!

とめどなく出る汗、シャツが汗臭くなる夏の真っ只中。
前年、あるいはもっと前から持ち越してきてる夏のウェアって
汗をかくと、どうしょうもなくニオウようになってくる。
自分の場合、日焼けや虫さされからの防御や、
はたまた見苦しいおっさんの肌を露出させたくないなどの理由で、
長袖インナーを着用し、その上に色ものの半袖シャツを着用しているわけだが、
インナーだけ昨年以前からの持ち越しだとして、
半袖シャツだけは今シーズン新調したものへ、という組み合わせなどすると
悲しいかな、新調したシャツのほうにニオイが乗り移ってしまって共倒れとなる。
(≧▽≦)ヤメテ~
毎年、常に上衣を新調すればOKかもしれないが、そんな余裕のある人って居る?
ネットを眺めていると、やはりというかニオイとの飽くなき戦いをしてる人は数多い。
よくあるのが、漂白剤という薬品を用いて、他の洗濯物とは分けて
ひと手間かけて対処するというというソリューションが一般的のようだ。
なるべくなら人体に安全で、面倒な手間のかからない方法は無いものか?と調べると、
煮えくり返った鍋で煮込む、湯煎すると良いみたいなこと書いてあるサイトがあったので
実践してみたが、効果無しどころか生地がヨレヨレになってしまった。
諦めかけていたところ、今年になって偶然にももっと簡単な方法を発見した。
別の用途で購入したものの放置されていた竹酢液をダメ元で使ってみたら、
まさかのほぼ無臭になった。
毎週のように取っ替え引っ替え過去に愛着していたシャツを着てみてはニオイを確認し、
効果を検証してきたこの夏、ついに悲願のニオイとの戦いに勝利を勝利をおさめた。
もしかしたら僕の勘違いもあるかもしれないので、
AくんもB子さんもぜひ試してみてほしい。
ではその方法を。

まず、山から帰ってきたらシャワーするよね?
ハダカになったついでに風呂場にて以下の軽微な作業を行う。

 1.大きめのタライに汗をかいてきたウェア類をまとめて入れる。
 2.シャワーの水なりお湯なりを入れて軽く押し洗いして汗をすすぐ。
 3.2を2回ほど繰り替えしたら洗濯物が浸かるくらいもう一度水を張る。
 4.わずかキャップ1杯の竹酢液を洗濯物が入ったタライに入れる。
 5.竹酢液が行き渡るように水を溢れさせないように軽く混ぜこむ。
 6.そのまま漬け置きで、次回、洗濯機を回す時まで放置。
 7.タライの中身を洗濯機にぶちまけて他の洗濯物も一緒に通常通り洗う。


そもそも竹酢液のニオイは竹やぶ焼けたみたいな炭のニオイなので悪くないが
洗濯後は竹酢液のニオイはほとんど残って無くて、
はたまた生地が黒ずむようなこともない、はず。

文章にすると長くなったけど、早い話が
ゆすいだ洗濯物をキャップ1杯(でも多いくらい)の竹酢液で浸け置きするだけ。
コストパフォマンス抜群。

そればかりか竹酢液は万能で、スプレー容器に入れて噴霧すれば
ハッカ油より効果のある虫よけスプレーになるんじゃないかとすら思っている。
ごくわずかの希釈で水虫に効くなど、とにかく殺菌力がすごいらしい。
元はといえばどこか遠くの道の駅で買って別件で使用していた
木酢液(もくさくえき)が無くなってしまったので、
たまたま見つけた竹酢液を買ったという偶然の出会いというか。。
木酢液と竹酢液の効果は同じかどうかは知らないが、
品質に良し悪しもあるみたいなので良いものを選ばないとね。
少なくとも竹酢液は、除菌・殺菌、消臭、防虫効果があるのは間違いなさそう。

そんな竹酢液、どんなところに売っているかというと・・・

金剛山 第599回 (2018.7.21) 

20180722-27.jpg
金剛山山頂 国見城址広場にて

【動画編】


いまだかつて経験がないブヨの大群に付きまとわれた。(≧∇≦)

【ルート】
 登り:シルバールート(細尾谷)
 下山:寺谷ルート


暑中お見舞い申し上げます
この夏はかつて無い異常な酷暑ですね。
暑すぎてしばらくご無沙汰しております間、西日本各地では大変な水害が起きて
誰もがこんなことになるとは予想だにしてなかったことが現実に。
たまたま今回は自分の身の回りには影響は無かったものの明日は我が身。
毎日を大切にしないとね。
とは言っても毎日暑すぎて、夜中でも37℃超えの自室のパソコン部屋には
入りたくない日々が続いている。
とっととエアコンくらい付けろや、って話ではあるが、
新規で付けなければならない部屋なので、ブレーカーの容量アップの交換から
配線、配管に至るまでの工事になるので大掛かりになる。
基本的に寒がりであるし、もうちょっと我慢すれば、あと二ヶ月ほどで涼しくなる。
そんなこんなで、室温が35℃を超えてる時は一時避難してる。(^^ゞ

あまり長い間ブログを休んでると、もう辞めよっかぁってなるので、
暑い中、夕方を待って久しぶりに撮影しながら登ってきた。
ところが、山頂周辺に上がってからはブヨ(ブト)攻勢されまくりでおちついて撮影できず。
モスキートヘッドネットをかぶってドローン飛ばしている間にも
手が・・手が・・もう何箇所も刺されて。。(≧∇≦)
山頂広場ではウワぁ~んと大群のブヨに付きまとわれて、
撮影に集中できないばかりか、走り回って逃げ回らないといけないほどで、
こりゃアカンと着の身着のままで退散。
ほんとにマイッタ。。(≧∇≦)

その他の写真は以下より。

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2018/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、テニスやスキーにもハマり。。
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中
THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ