FC2ブログ

思い立ったが吉日、その時々で導かれる方向の山へ!今日はどんな出会いが待っているだろうか

大峰山系 観音峰 (2018.4.28) 

20180428-102.jpg

【動画編】


林野火災跡が痛々しい観音平

ゴールデンウィークってほとんど使い物にならないよなぁ。
どこに行っても渋滞と人で溢れ、特需価格設定にうんぬんかんぬん。
休日をうまく有効利用できるほど大型の休みに慣れていないので右往左往。
何も計画してこなかったし、それ以前にお金も無いし。
どう使ったらええかわらかんよ、ったく。
そして結局は何人かでBBQでも、ってパターン多くない?
時間の使い方、もったいないよなぁ。
このあいだ、ラジオか何かで「春の土用」について喋っているのを聞いた。
土用というと土用の丑=うなぎ、程度の知識しか無かったが、
これが年に4回、季節の変わり目に約18日間あるという。
特に春の土用とゴールデンウィークが重なっていたりするわけで、
昔の人はこの期間中、一切働かず、大きな事や、特別な事はせず、
ゆっくり静養する日だったらしい。
それは、医療が発達していない時代だったりしたゆえに、
体調管理には特に慎重で、季節の変わり目に無理をしたりすると
命に関わることだってあるほどだったらしい。
現代人の我々も、昔ながらの知恵や言い伝えを謙虚に受け止め、
遊ぶことにあまり一生懸命になりすぎずに、
たまには家の掃除でもしながらインドアでのんびり過ごしてもいいし、
山登りなら近場の低山くらいにしておいて、まもなくやってくる夏への順応のために
心とカラダをゆっくり養生させて過ごすのが良いそうです!
って、ぜんぜん今回の山と関係無いことを長々と。。

所用で天川のほうへ行く予定ができたので、久しぶりに観音峰ピークまで登ってきた。
チャレンジ登山大会で35kmもの山登りの後、
それ以下のボリュームならどんどこ歩けるという勢いがつくはずが、
今年はどうもエンジンがかからなくて、ゆるゆるで十分な気分。
これも季節の変わり目の無気力のせいかもしれない。
金剛山でも良かったが、せっかくなのでご無沙汰している大峰へ。
もうすぐ開花の時期となる紅花山芍薬で有名な観音峰であるが、
一ヶ月ほど前に林野火災があって展望台周辺が焼けたとのこと。
なるほど展望台周辺が山焼きを行った後の岩湧山みたいになっていた。
そのため、紅花山芍薬が咲くはずの場所も焼け野原となり
今年は絶望的な状況になっていた。
来季、また咲いてくれるだろうか。
自然の再生能力は高い、きっとまた元の姿になるだろう。
詳しくは知らないが、登山者の火の不始末が原因だったらしい。
そんなこんなで焼け跡生々しい展望台を後にしてピークまで登って下山。
下山ルートは一般登山道ではないので詳しくは触れない。
前日までの仕事疲れも手伝ってか、急に休日モードに切り替わらず、
観音峰だけですっかり疲れてしまって用事を済ませて帰投。
そんなこんなのGW初日だった。

その他の写真は以下より。
Check [ 2018/04/30 13:33 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(10)

世界遺産 屋久島 (2018.4.18-20) 

2018041820-0.jpg
屋久島 白谷雲水峡 太鼓岩にて

【動画編】


余計なものが無い、要らない、日本のハワイ

大型連休前であるが平日にちょっとお暇をいただいたので屋久島に行ってきた。
屋久島に行きたくてお暇をいただいたのではない。
そんなことはどうでもええか。(^^ゞ
けっこう費用のかかる僻地なので、よほど行きたい気持ちが強いか
百名山制覇的な目的が無いと気軽には行けないと思っていたし、
九州は鹿児島からさらに飛行機で飛ぶというアプローチを考えただけでも
そこまでしてまで行きたいと思わないけれど、
どんなところかは気になるので一度は行ってみたいという感じ。
地理的にどのあたりにあるのかも考えた事もなかった。
過去に二度、山登りをご一緒してもらった松下さんから
伊丹からの直行便ができた事や、何度も足を運んでいる話を聞いたり、
数年前、山友から屋久島行きを熱心に誘われたのに応えれなかった
という事が、今回の屋久島行きへの後押しとなった。
屋久島って、呼ばれないと来ることができないパワースポットらしいが、
今回、ようやく島に呼ばれたみたい。(≧∇≦)
意外にも、日常的に山登りなどしていない人から
屋久島に行って縄文杉を見てきた、と聞くことが多い。
そして行ってきた人はみなさん口をそろえて
巨木や苔むしたもののけの森、原生林、澄んだ水などに
いたく感動したと言う。
初日、ヤクスギランドの80分コースを歩いただけの印象では
関西の台高や大峰、比良などの日帰り圏とそんなに変わらないなぁ
って思ったのは確かであるが、滞在するにつれてじわじわと
屋久島独特なりの魅力、他の山と似て非なるものに気づきはじめた。
今回は本気の山登りのつもりは無かったというか
滞在したJRホテルが至れり尽くせりで快適すぎて戦意喪失。
だりらんと力を抜いて過ごしてしまった。
したがって、宮之浦岳はおろか、縄文杉すら行かずで
なんちゃってトレッキングだっただけに知ったかぶりする資格はない。
え?縄文杉も行ってないの?って言われそうだけど、
縄文杉って簡単に行けると思ってない?!
朝4時出発でトロッコ道併用でもピストンで10時間近くかかるのだ。
関西の近場の芦生の森で十分やん、って違う違う。(^^ゞ
直行便が速すぎて、ずいぶん遠くまで来た感は希薄であったが、
それでも離島、いや、孤島だけに異郷である。
余計なものが何も無い。
数日滞在しているうちに、この何も無い不便なところが好きになった。
日常、いかにいろんな人、モノ、事に依存、あるいは縛られて
毎日を過ごしているかということに気づく。
もしここに住むならば、あれもいらん、これもいらん、と
暮らすのに最低限必要なものさえあれば、他に欲が湧かないぞと思った。
実際、この島に魅せられて住み着いてしまったツアーガイドも多い。
屋久島で暮らせば、何にも縛られることがないような気がする。
山登りやってなかったらバイクで離島巡りをやってたかもしれないが、
他の離島とは何かが違う。。それはいったい何なんだろう?
三日間の滞在では答えが見つからなかった。

大阪伊丹空港から直行便でたったの一時間半足らず。
久しぶりのプロペラ機は、好天のせいかまったく揺れも無く
高度7,365m上空ではテーブルの上の紙コップすら揺れないほどの安定感。
ただし機内の騒音はそれなりで、CAとかろうじて会話ができる80dBだった。
ボンバルディアDHC8-Q400は74席しかないが7割くらいの搭乗率で
ザック背負ってるのは数人だけだった。
初めての屋久島、へぇ~こんなところだったんだと
下調べしてなさすぎて、脳内イメージとはずいぶん異なっていた。
巨木に苔の森、そこかしこが水場。
今回の冷やかし程度なトレッキングで思ったのは、
関西の台高や大峰、京都北部にもありそうな感じのものが、
一箇所に箱庭のようにまとまっていて、
日常的に山登りしていない人には整備されたところで手軽に体験でき、
慣れた人には山小屋も何もないのにコースタイムがやたら長い
ディープな山登りまでできるところなんだと。
コンビニは無いし、スーパーには買いたいものが特に無い。
自販機にはジュースはあっても水は無い。
美しい水が豊富な島なので水を買うという発想がそもそも無い。
そんな事も知らずに白谷雲水峡に突撃してみたら、自販機すら無かった。
たまたま持ってきていた500mlのペットボトルの水がすぐに空になったので
そこかしこから湧く水を汲んで間に合わせた。
アルプスのような登山基地となる拠点、大きな駐車場、山岳ガイド基地、
公共交通、登山グッズショップ、山小屋、民宿案内所みたいなのが
があれば良いのに、無いのが不思議と思ったりもしたが、
手付かずの自然を保護していくためには今の不便なままで良いのだろう。
山登りするしか他にやることが無いような島ではあるが、
たまたまなのか年配の一般観光客のほうが多かった。
離島に癒やしを求めてのんびりしに来るのかな?
海の水も綺麗で海水浴はできるし野天風呂になっているようなところも。
意外とマリンアクティビティもできるらしいが盛んではなさそう。
なんなんだろ、この島。
この島なら手ぶらでも生きていける、そんなふうに思えた。

山のことを書き忘れていたが、
ヤクスギランドの翌日に白谷雲水峡に行ったら、
記憶がすっかり上書きされてしまい、
ヤクスギランドってどんなだったっけ?これといって何も無かったよなぁ?
ってな調子。(^^ゞ
たまに巨木のある苔むしたもののけの世界が延々と続いた白谷雲水峡の最深部
太鼓岩ってどんなのか下調べもせずに来てみたら、
その岩の上からの眺めは信じられない美しさで、
これまで過去に登った様々な山で眺めてきた風景をすべて総合しても
異論なくトップで、夢を見ているかのようでいつまでも眺めていたかった。
太忠岳山頂に突き刺さった巨大な天柱岩も見れた。

<マメ知識>
屋久杉は、屋久島の標高500メートル以上の山地に自生するスギのうちで樹齢1000年以上のものを指す。
成長が遅いため樹脂分が一般の杉の6倍と多く緻密で腐りにくい特徴を持つため寿命が長く、
樹齢2000年以上の大木が多い。
※wikiより

その他の写真は以下より。

Check [ 2018/04/24 21:03 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(31)

大和葛城山 (2018.4.14) 

20180414-0.jpg
大和葛城山山頂にて
キバラー、アリさん、ナニワンさん、ナオさん、へっぽこナオさん、みねごん、
へっぽこヒロユキさん、mizuiさん

【動画編】


へっぽこ登山 ✕ ザ・金剛登山 コラボ 第三弾
大人のピニクニック、葛城山も花盛り!


【ルート】
 登り:天狗谷道
 下山:ダイトレ


前回、へっぽこ登山さんとご一緒してから早いもので一年半が経過。
久しぶりの再会は葛城山のメジャールート、天狗谷にて。
いつもYouTube動画でへっぽこ登山さんを見守っているので、
そんなに久しぶりな感じはしないと思っていたが
一方的に観ているだけと、フェイス・ツー・フェイスとは違うよね。
いやほんとにお久しぶりって感じで感激でした。
昨年の台風水害の影響で、
幸か不幸かまさかの沢ルートに変貌してしまった。
それがまた新鮮で、はしゃいで沢登りする者、
滝を見に行く者、沢を詰めてみる自分、など。
ショウジョウバカマに、カタクリの群生はいずれも見頃を迎えていた。
寒い朝だったが、時間を追うごとに気温が上がって汗だくに。
今回は温度調整が難しかったなぁ。
山頂周辺は強風で、寒いと思うところまでは行かなかったが
スタートしてから4時間も経っていてさすがに空腹。
風を避けて、ツツジ園の下のウッドデッキまで移動して大休憩。
下山は定番のダイトレにて。
終始、ナニワンさんのワンマンショーで盛り上がった。
こんどは一年半と言わずにまたどこかで企画しましょう!
楽しい一日をありがとうございました!

下山完了後、みなさんとは一旦お別れ。
先週末のチャレンジ登山大会の認定書を持って金剛山へ。
大会の日の分と合わせて2個捺印を済ませるために。
ところが金剛山を登りはじめてすぐ雨が降り始め、
山頂周辺は暴風で木の枝が落ちてくるほど。
気温6℃で強風のため体感温度は0℃くらいだっただろうか。
平和だった葛城山から一転してちょこっと厳しかった。

その他の写真は以下より。
Check [ 2018/04/16 22:13 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(12)

第44回 大阪府チャレンジ登山大会 (2018.4.8)  

20180408-1.jpg
紀見峠ゴールにて  ※写真提供:mizuiさん

【動画編】


まさかの雪、終始寒くて・・

大阪府山岳連盟 結果報告

人それぞれ性格や容姿やどれひとつとて同じではないゆえ、
トップアスリートの記録に挑もうとしても、そもそも努力だけでは無理。
それは今までの積み重ねを加味しても生まれ持った体質でしょ?!
学業だって同じで、努力したらしただけの結果になって返ってくるわけではない。
自分らしく無理せず、そこそこ努力した結果がいつも同じレベルなので、
これ以上はどうしようもない。
連続11回目で全回完走するも何も成長していない自分に気づかされ。。
結果だけで見るなら、余裕でゴールも、ぎりぎりゴールでも同じなんだけど、
その過程がどうだったかってところはあまり人の知るところではないが、
チャレンジ登山大会は過程あっての結果とも言える。
いろんな人に支えられてこそゴールさせてもらってるのであって、
普段、自分単独で歩ける距離ではない。キッパリ!
つまり精神力がすべてってことになるわけかな。。
最初の頃の要領の悪さこそ解消しているが、こと体力的はぜんぜん進歩がない。
がんばって走れるところは走ってタイムを稼いだところで、
その後の疲労等のダメージを考えるとできるだけ無理せず、
時間内にゴールすればいいという保守的なスタンスになってしまうのは
相変わらずであった。
そもそも人と競争したくないんだろな。
カメラを持たず、少々の水と行動食、あとはエイドに全面依存、
そして終始ストック使用で膝サポーター、という
自分の中では最高と思える条件で挑んだとしても大差ないと思っている。
せいぜい一時間くらいの時短だろうか。
翌日の疲れの残り方からすると、もう次は参加してもしなくてもいいんじゃないかと
毎回思うのであるが、チャレンジ登山でしか会えない人との再会して
この先一年分の心の支えを得られると思うと懲りずにまだ参加してしまう自分。
まぁいつも同じ事を毎回書いてるね。。たぶん。

過去11回、雨が降ったのは昨年の午前中の小雨だけでやっぱり晴れの特異日。
しかし今回は、過去にはなかった低気温、降雪に加えて強風で寒く、
そのせいか汗をほとんどかかなかったので楽だったように思う。
今回、前日は体力温存でほとんどカラダを動かさずにゴロゴロしてみたが、
過去には前日に軽く金剛登山してウォーミングアップして挑んだみたり。
結果、足回りにあまり違いは無かったように思う。
そこで今回は、昔には無かったものを摂取せずにチャレンジしてみた。
つまりドーピング(アミノバイタルやスポーツドリンク、エイドのスポドリ等)
すべて摂取無し、ストック無しでどうなのかと。
みなさんからのありがたい差し入れをいただき、
イザというときは食い漁ろうと思っていたが、今回の目的は無事達成できた。
帰ってからバクバクいただきました。
ありがとうございました。
ドーピングしなくてもぜんぜんいけるやんと思ったのは当日だけで、
翌日、ボロボロのダメージ。。筋肉痛に疲労感に。。(^^ゞ
アミノ系摂取しておけば、翌日の疲れの残り方が違うのを知っていたが、
現代ではやはり頼るようがベターかもしれないな。。
回を重ねるごとに知人が増えて行き?今回もひさしぶりにお会いした
多数の方々やお声がけいただいた方から元気をいただきました。
これで今年も会社で窓際隅っこでもがんばれます、がんばります!(≧∇≦)
ありがとうございました!

今年の参加者は1900人ほどと少なく、行者杉通過は1,000人を切っていたそうです。

【出会った知人】(時系列で)

 れんさん(元ヤマレコ)
 レンマルさん(ヤマレコ・ヤフブロ)
 mizuiさん
 takeちゃん(トレラン、金剛山早朝登山常連さん)
 アリさん(ヤマレコ・ヤマップ)
 ナオさん(ヤマレコ)
 ヒラセさん(マラソン大会常連・10時ライブカメラ常連さん)
 mono-さん(YouTuber)
 nara7さん(ヤマレコ)
 とんとんさん(ヤマップ)
 昔青年さん(YouTuber)
 ぽぉさん(ヤマレコ)エイド・スイーパー
 みねごんさん エイド
 サカノリさん(ヤマレコ) エイド
 八田会長(美原走ろう会・10時ライブカメラの中心) エイド
 西田さん(捺印所) エイド
 konchanさん(ブログ)
 こばちゃん
 フーさん
 和泉大宮大崎陸上部のみなさん
 キョーコさん(某山岳会)
 はんていさん(某山岳会)
 リンデさん(ヤマレコ)
 うっちぃさん
 ニシオさん
 モーさん(ヤマレコ)


みなさん、おつかれさまでした!

鈴鹿山系 藤原岳 (2018.3.31) 

20180331-0.jpg
藤原岳山頂(展望台)にて
キバラー、オリスさん、みねごん、うっちぃさん、こーやさん

【動画編】


暑かったり、寒かったり、風があったり、無かったり

【ルート】
 登り:聖宝寺道(裏登山道)-藤原山荘-藤原岳頂上-山荘付近(お昼)-天狗岩
 下山:大貝戸道


今回の山行のヤマレコはこちら

鈴鹿山系にも花の季節がやってきた。
山麓ではどこもかしこも桜が満開で美しい。
このところ例年は、桜満開のタイミングで雨が降って叩かれて散る
ということが多かったが、今年は雨が降らないので最初から最後まで楽しめる。
鈴鹿の山は他の山域と違ってみんな個性的であるが、
それを具体的にわかりやすく一言で表現する方法が思いつかなかったが、
orisさんがサラッと言ってのけた表現がまさにそれ。
そう、鈴鹿のほとんどの山はてっぺんが遮るものがほとんど無く
360度の展望のある山ばかりのイメージ。
四国の山にも通じるところがあるが、あっちは一見して芝生広場に見えるが
実際には笹藪なので歩けるところが限定されてる場合が多い。

みねごんからのお声がけで藤原岳に行こうということで
計画段階では孫太尾根を含めたコースで検討を行った。
ピストンするか登りで使うか。
タイムリーなことに、段平さんが藤原岳を歩かれたばかり
ブログ記事を参考にすると、孫太尾根を下山に使われていたので、
なるほどそのほうが全体のコースタイムは短縮できそうだなと。
個人的にはセブンマウンテンは完踏しているものの、
以前に藤原岳を登った時は展望が無かったために見送った
藤原岳最高地点の天狗岩にはぜひ行ってみたかった。
孫太尾根を取るか、天狗岩を取るか。
他のメンバーには藤原岳初めてだったり、聖宝寺道が未踏だったりなので
それならばふつうに聖宝寺道から登って山頂と天狗岩を踏んで
大貝戸道で下山する一般的なルートで歩くことになった。
それでも高低差千メートルはあるのでそれなりにハードではあった。

朝2時半起きで定員の5人乗車1台にて西藤原小学校前の藤原岳観光駐車場へ。
その前に大貝戸登山口駐車場6時30分ぐらいに立ち寄るもすでに満車だった。
駐車料金は300円。
午前7時5分にゆっくりスタート。
聖宝寺道は、前回歩いたときとさほど変わらず、
前回も今回同様に下りに使った大貝戸道があまりにも印象がなかった。
それに比べると聖宝寺道は出だしからいろいろと変化に富んでいるほうで、
登りに使って正解だ。
8合目で大貝戸道と合流後は同じルートを共有することになるが
とたんにハイカーが増えて、絶好の天気のこの時期はさすがに多い。
9合目あたりから福寿草が見られるようになり、
藤原岳山荘前はハイカーでごったがえしていた。
山荘は覗いてみなかったし、トイレも利用しなかったので様子はわからない。
休憩もそこそこに山頂を目指すも20分程度で到着。
やはり人が多かったが、なんとか記念写真を撮って、
軽く三座同定、といっても竜ヶ岳と御在所岳を確認した程度かな。
再び山荘まで戻り、少し天狗岩のほうに登り返したところで昼の大休憩。
天狗岩まで片道で40分くらいはかかると聞いて、
行くのがめんどくさくなったが、それだと何しにきたかわからない。
天狗岩は行かないわ、孫太尾根は歩かないわで前回のパターンになってしまう。
大休憩後には下山したくなるところをがんばって天狗岩へ。
天狗岩、もっと断崖絶壁のイメージがあったが、下から登ってこれそうな
まるっとした感じの印象だった。
空撮、久しぶりすぎて操作が。。あのメニューどこいった状態で。。(^^ゞ
満足に飛ばせないまま撤収。
もう少し時間があればもっとあちこちで撮りたいところであったが、
再び山荘に戻ってきたら14時半にもなっており、まだ下山に二時間はかかる。
藤原岳ってこんなにボリューミーな山だったとは。。
おニューの靴は2回目の使用だったので下山中に足先が痛くて。。。
そんなこんなで下山後はかけ流し温泉(源泉ではない)の阿下喜温泉へ。
その後、王将の中ではランキング上位の四日市インター前店へ。
さすがに疲れて帰りの運転は交代してもらって後席で爆睡。。
気づいたら天理ICまで帰ってきてた。(^^ゞ
ご一緒いただいたみなさん、ありがとうございました!
Check [ 2018/04/03 23:00 ] 鈴鹿山系 | TB(0) |   コメント(10)

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
生駒大会 初参加なるか!?
カウントダウンタイマー
12th 生駒チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、テニスやスキーにもハマり。。
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中
THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ