生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・
月別アーカイブ  [ 2017年10月 ] 

北アルプス 燕岳(つばくろだけ)(2017.10.8-9) 

2017100809-0.jpg
燕岳にて   ※orisさん、キバラー、みねごん、こーやさん

【動画編】


まさかの眺望に言葉を失う

【コース】
1日目(10月8日)
 中房温泉(6:35)-(合戦尾根)-第一ベンチ-第二ベンチ-第三ベンチ-富士見ベンチ-
 合戦小屋-合戦沢ノ頭-燕山荘(昼食・大休憩)-(表銀座縦走路)-蛙(げいろ)岩-
 -(ピストン)-燕山荘(泊)
2日目(10月8日)
 燕山荘-イルカ岩-メガネ岩-燕岳-(ピストン)-燕山荘(大休憩)(10:10)-中房温泉(13:05)


今回の山行のヤマレコはこちら

遠征フィナーレは「燕岳」。
今シーズン、北アルプスに三回も遠征できて大満足。
みなさんのおかげだ。
最終回は、燕山荘を核心とし、あまり移動しないのんびりピストンの計画。
北アルプス三大急登も今年2本目だ。
連休前半の土日に遠征する予定が、土曜日の天気が芳しくなく日月に変更。
予想通り同じ考えのハイカーが多かったみたいで
登山口は朝早くからかなりごったがえしていた。
駐車スペースはすでに無いと思われたので、
穂高駅前無料駐車場に予約していたタクシーで5:30に来てもらって移動。
帰りもタクシーを利用したが、迎車料金もなく良心的。
4名なのでバス台より一人あたり200円だけ高い片道7600円で快適移動。
タクシーが5人乗り(運転手含まず)だったなんて今まで知らなかった。(^^ゞ
そんなこんなで登山口からはほぼ数珠つなぎでのスタート。
登山者が絶えない人気の燕岳。
アルプス初心者向けとも登竜門とも言われているゆえ、
有名でありながらもこれまで登る機会になかなか恵まれなかったのだ。
登ったことがなくても燕山荘とその周辺の岩などの写真はすっかりお馴染み。
昨年放映されて見応えのあった「山女日記」の続編が
今回、燕岳が舞台になるというのもあって、
これはぜったい登っておかなきゃならないという気運が高まった。
登る前は、燕岳山頂には記念撮影に欠かせない佇立する山名標識が無いゆえに
ピークよりもむしろ燕山荘が核心部のような印象を持っていた。
燕山荘はもちろん歴史由緒もある立派な山小屋で、
夕食時はオーナー自身からの山の話やホルンの音色などイベントがあったりで
登山客が少ないとそりゃ快適だったことだろう。
独自の景観を持った燕岳そのものもはなかなか個性的で、
その辺り一体の稜線から眺められる山脈の眺望にうっとりしてしまい、
燕山荘が核心のつもりだった気持ちが良い意味で裏切られた。
蝶ヶ岳から望む穂高の山並みに匹敵する景観であるのではと思った。
これはいつまでも眺めていたくなる。
奇しくもこの時期にしては今シーズンいちばんの暖かさに恵まれて
寒さに萎えることはまったくなかった。
燕山荘の、シーズン最高の登山客の多さも賑わいで良い体験ができた。
山登りや山小屋泊というものは、苦労や不便を楽しみに行く体験ゆえ
日常の生活がいかに快適で不自由無いかということを改めて実感できるというか、
常に最悪な状況を想定しているがゆえに、そんな状況において
たったひとつの小さな想定外のプラス体験を見つけられただけで
感激できたりするからして山は楽しい。
グループ登山では、お互い無防備だった情報等についても補完しあえるので
チームプレイ、チームワークが実感できるのもまた良かった。
そんなこんなで今シーズンの遠征はこれにてフィーナーレ。
燕岳はまさに北アルプスの女王だった。
ご一緒いただいたみなさんありがとうございました!

その他の写真は以下より。
Check [ 2017/10/12 21:15 ] アルプス | TB(0) |   コメント(13)

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ