生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・
月別アーカイブ  [ 2017年05月 ] 

金剛山 第520回 (2017.5.13) 

20170513-20.jpg
金剛山 文殊尾根にて

【動画編】


ババ谷ルート、ひと筆書き!

【ルート】
 登り:ババ谷ルート
 下山:ババ谷ルート


ずっと前から思っていた。
いつかババ谷をひと筆書きしたいと。
登っている途中で原点に戻ったり、また登ったと思ったら戻ったり・・。
いつまでたっても山頂に到着できない夢を見てうなされるんじゃないか?
きっとトラウマになる。。
雨の日の今日こそは!と歩いてきた。
考えてみれば5合目よりも下でこちょこちょ歩き回るだけなので、
実際にはそんなに大変ではなかったかな。

ひと筆書きと言っても重複箇所はある。
まず、最初の4分岐は左端の谷を詰めて尾根に上がったら
すぐさま尾根を下って4分岐に戻る。
この時点で左から2本の谷と尾根が終了。
左から3本目の中央メイン道は置いておいて
4本目である右端の尾根を詰め上がると文殊尾根に合流。
アナグマからの合流点を通過して少し登ったところで分岐を左に下る。
枝打ちした枝がたくさん積み上げてあるポイントまで下ったら
左手の尾根を谷まで下る。
谷、つまり中央メイン道を登り返し、
右手に分岐が現れたらさきほどの枝を積み上げてあるポイントまで登る。
そこからは左手のババ谷の尾根を登りつめて文殊尾根と合流して山頂へ。
下山時、ババ谷の尾根を五合目を過ぎたら
枝を積み上げてあるほうに誘い込まれないように右への分岐を見つける。
中央メインを通り過ぎて最初に谷を上がって下った
尾根のポイントまで達したら来たルートを戻って最後は中央メイン道で下山完了まで。
何をブツクサ書いているのかわかっていただけたのかな。。

山頂は12℃で誰も居ない。
シャツだけではじっとしていると寒い。
金剛さくらは散りはじめ。
八重桜は雨にしっとり濡れて重そうにうなだれている。
それにしてもGWが終わった瞬間、山は一気に新緑へ。
あいにく今日はガスっていて仰げなかったが、
何もかも覆い隠してしまうような幻想的な雰囲気は好き。
17時のライブカメラを待たずに下山へ。
雨は下山完了した時点でようやく上がった。
明日は晴れるかな。

その他の写真は以下より。

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ