生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

ヤマケイ新書 『日本の山を数えてみた データで読み解く山の秘密』 

20170404-2.jpg
一等三角点  ※約40km間隔にあるという  ※写真は先日登った三嶽のもの

三角点(一等~四等)は全国に約10万8,000点もある中で、一等三角点はわずか974点だという。
ちなみに、一等三角点の場合だと一辺の大きさが18cmで、一等~四等でいちばん大きいという。
大きさが異なることすら知らなかったし、実のところ三角点にあまり関心が無かった。
それは単にそれについて、よく知らなかった、わかってなかっただけである。
そんなこんなで、山の事をもっと知ればさらに興味深く山を見ることができて、
登ってみたい山がもっと増えるかもしれない。

この本を読むと、日本の山がどうなっているのかが随分とわかる。
伊能忠敬の測量技術は現代でも通用するほど凄いという話や、
2014年以降に標高が変わった山にあっては、地殻変動や測量技術の向上によるもので、
身近な山だと、京都府最高峰の皆子山は1mも標高が◯がったとか。
奥穂高岳にある3mもの高さのケルンの先端は、
日本第二位の高さの北岳と同じ高さになるけど標高としては当然除外などなど。
近畿(三重・滋賀・京都・兵庫・奈良・和歌山)には難読山名が31座もあると紹介されている。
その中で、自分が登ったことのある山はなんと!たったの1座だけだったり。
あまりアレコレ書いてしまうとネタバレになってしまう。(^^ゞ
なかなか興味深い情報が盛りだくさんで楽しい。
目次については後ほど下のほうで紹介。

書籍版(861円)はもちろんのこと、電子版(kindle版)(691円)もあり、
PCアプリ、スマホアプリ、E-Ink(電子ペーパー)読書専用端末のKindle等で楽しめる。
書籍版より電子版のほうがやや安いし、amazonだと半額セールになることもあるが、
中古書籍があれば、電子版よりかなり安く手に入ったり、
それを言うなら図書館だったらタダだけどどうよ?ってね。

20170404-3.jpg

Check [ 2017/04/05 20:40 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(9)

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ