生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

金剛山 第515回 (2017.4.22) 

20170422-11.jpg
金剛山山頂にて

追想・・

【ルート】
 登り:寺谷ルート
 下山:赤滝谷ルート

もうすぐGWなのに、まだ寒さが残っていたりでうすら寒い。
暑すぎず寒すぎず、低山山登りには最高のコンディションなので近場で十分満足。
まだ、遠くの他の山へ行く「やる気スイッチ」というか、気力がついていかないんだよなぁ。
快適で現状に満足しすぎると人間って堕落するよね。
寒かったり暑かったり、どちらか極端なほうががんばろうという気が?!
そんなわけで、最短最楽の寺谷ルートでトボトボと。
ワンパターンやマンネリ嫌いなので、下山はちょっと久しぶりのところを狙うつもり。
前半のんびり、後半は一所懸命な感じになるかな?

花の撮影に集中しすぎて同じ場所に固まりすぎてしまうと
運動に来たのか、はたまた散歩に来たのかけじめがつかなくなってしまうので
なるべく歩き続けながらチャチャッと撮ることでどれだけの成果が上がるかな。
ほどなく山頂。
山頂売店前では山のまこまささんと遭遇。
翌日曜日には大峰釈迦ヶ岳に行かれるとか。
山頂での滞留はそこそこに、ちはや園地のほうへ移動。
カタクリ尾根、そっちだったのかぁっていうところにカタクリ群生。
自生ではないけれど、香楠荘下の遊歩道のカタクリの咲き乱れっぷりのほうが見事だった。
香楠荘は開店時間にはまだ早かったので周辺をブラブラ。。
11時になって香楠荘で食事を済ませたらダイトレで久留野峠へ向かう。
そこからはダイトレを歩かずに、ダイトレに沿ってる林道をとことん詰める。
思えばここを延々と歩いたのは2013年2月のハリセンボンの時だった。
もう4年も経つのかぁ。。早いなぁ。。
あの時一緒だったけど、今だともうご一緒する機会なんて無いんだろうなぁと思う人も。
同じ目的で知り合った仲でも、時は流れ、価値観が変わり?
まぁ人それぞれ、いろいろ事情はあるよな。
てなかんじで林道はどこまで続いてたっけ?と思いきや高谷山付近で行き止まって終了。
ダイトレに最接近していて合流できる部分が二箇所ほどあったが、
そこまで戻る気にはなれなかったので、少しだけ笹ブッシュを歩いて尾根に乗る。
あれ?この尾根、なんとなく記憶にあるぞ?
そうだ!のぶさんと初対面で2011年1月に初めてご一緒したときに歩いた尾根だった。
よく似た尾根がたくさんある中で、意外と肌で覚えているもんだよなぁ。
もう6年も経つのかぁ。。
そんなこんなでダイトレにはすぐに合流し、千早峠へ。
その間、通過していったトレラン数名、登山者数名。
千早峠からは五條林道へ。
途中、ここはれんげ畑か!と思うほどおびただしい数のショウジョウバカマ群生があった。
赤?っぽいのや白、黄色と4色くらい混じってた。
いよいよ最後の登り返しの東條山へ。
以前無かった林道の分岐があって取り付きがどこなのか一瞬迷った。
取り付きを見つけてからは順調に登るも、テーブがあるへつり側と、
テープはないけど踏み跡のある尾根道とに別れる。
僕の記憶が正しければ、へつりを歩いたのを覚えているので、
そっちへ行ってみたらすっかり荒れてしまっていて、
とうとう進むことが困難になってきたので、適当なところを見つけて尾根に上がる。
さきほどの尾根道とは異なる尾根であったが、大きな障害もなく東條山の山頂に到着。
あの時の山名板はどこへいったのか完全に消失していた。
以前、よくここを訪れたのは2010年頃の事である。
今のようにスマホなんて無いし情報源も少ない時代。
山と高原地図なんてこんなせせこましい低山では役に立たない。
かろうじて当時最先端のGPSは持っていたので等高線と現在地の確認はできた。
あれから7年も経つのかぁ。。
そうそう、下山は最新のテクノロジーで村界尾根を廃隧道入口まで詰めるつもりが、
余裕かましてテープを追って歩いているうちに途中で尾根違いであることに気づいた。
村界尾根よりひとつ手前の尾根だった。
進入するときにちゃんと地図を確認するんだった。。
戻ってリカバリーするにはずいぶん進んでしまっていたのと、
このまま進んだら過去に何度か歩いたことがある赤滝谷に合流するだけなので
そのまま尾根を下っていった。
谷に着地するところはヤバくないかなぁと心配だったが難なくソフトランディングできた。
本来の赤滝谷ルートは、谷を最後まで詰めるのが一般的だった。
やや荒れた赤滝谷の沢歩きは、右へ左へと足の置き場を考えながらクリアしていくのが楽しい。
それでも大きな障害も苦労もなく、比較的スイスイと進めた。
最後に堰堤が、ここから先は行かせないとばかりに急に立ちはだかったのには
ドキっとさせられたが、それも昔の記憶を辿ってクリアして滝の落ち口へ。
そう、赤滝谷は立派な滝ゆえに、滝を巻く高所へつりが怖かったのを思い出した。
たしかに今でも危険なへつり健在で、下山に使用ともなるとやや緊張。
足を滑らしたらほぼ終わり。。
なんとか安全地帯にたどり着いたが、滝まで下るルートが掴みどころなどを考えると
ミスできないので、沢を渡渉するほうへと下りた。
渡渉もなんとか上流の浅瀬を見つけて渡れた。
あのグレーチングの滑りそうな一本橋を渡らなくて済んだ。
こんなルートを歩く人はもはや居ないだろうなぁ。。
マス釣り場を抜けて駐車地へとバス道を登り返して終了。
夏ブッシュになるまでの今の時期に久しぶりに村界尾根を攻めてみたかったが
まさかのルートミスで残念であった。。
おつかれ。。

その他の写真は以下より。

NHK 『ドキュメント72時間「金剛山 ライブカメラの山頂で」』 

20170419-0.jpg
※NHK公式ページより引用

4月1日~3日までの3日間、実際には4日のお昼まで
金剛山山頂で撮影の行われたNHKの人気番組が予定より早く放送される。
奇しくもこの日は、まさかの名残りのドカ雪となった週末だった。
この週末に限って山登りを休んでいたので居合わせることは無かったが、
こちらのサイトに掲載されているライブカメラ撮影集合風景の写真には
知った顔ぶれが何人も写っていたりで、番組の放送が楽しみだ。

放送日時:4月28日(金) 午後10時50分~11時15分

http://www4.nhk.or.jp/72hours/x/2017-04-28/21/30078/1199176/
(掲載期間限定)

金剛山 第513回 (2017.4.15) 

20170415-0.jpg
金剛山カトラ谷ルートにて  ※難所の危険度アップ中

20170415-48.jpg
グリーン山荘 千早の風   山荘ってことは、もしかして泊まれるの?!

今日の核心は、千早の風♪

【ルート】
 登り:カトラ谷ルート(現在、難所の危険度高し)
 下山:千早本道(自衛隊道+ささやき小道)


チャレンジ登山大会が終わってヤレヤレという思いで、
あれだけ歩いたんだから、あれ以下の距離ならどこでもOKと勢いがついて
さぁ他の山へ歩き倒しに行こう!と思うにはやや日常の疲れも溜まっていたので、
しずかに金剛山を歩いて一旦気持ちをリセットしてきた。
新緑シーズンを迎えるにあたって、
今シーズンはどんな山行きをしていこうかと考えながら。

ゴールデンウィークに、カトラ谷ルートに慣れない人たちを案内するので、
下見を兼ねて登ってきた。
わざわざ下見をしなくても、数え切れない回数を登っているルートではあるが、
直近のカトラ谷には異変があるという。
実際に行ってみたところ、鎖場、ハシゴのある難所に大きな倒木あり。
くぐるか、またぐか、少し上から乗り越えるかという大きな障害物になっている。
またいだまま、お尻からそのままバックで滑って落ちていったらギャグみたいだけど。
それより何よりその手前のほうがヤバイかも。
登山道が少しズリ下がっており、そのうち登山道が人が乗ったまま落ちて行きそう。
そうなるとまるで落ちゲーだ。
マリオか何かのゲームのステージみたいな冗談を言っている場合ではない。
今度しっかり雨が降ったら、もう登山道は無いかも。
倒木ができてから随分経つのに、チェーンソーを持ったジェイソンが未だ現れない。
仮に倒木を処理してもらったところで、元あった場所一帯の崖は今にも崩れそうなのだ。
と、多少誇張気味に書いておかないと、慣れた人にとっては大した事がなくても、
過去、ここで転落した人の数はかなりの数に登る。
ゴールデンウィークまでにあの核心部がどうなっていくのか注視していきたい。

山頂では浪さんや、10時のライブカメラでお馴染みの方たちお会いして談笑。
現時点でカタクリが咲いているところをあちこち教えていただいたり。
チャレンジ登山の認定書にて、大会の日の分と今日の分でハンコ2個もらい
金剛山さくら祭り(5月3日)参会のハガキを渡す。
10時のライブカメラに写ったところで常連さんと本道にて下山を開始。
登りは夏モードのレイヤリングでちょうど良い気温で、
山頂に滞留しているとウィンドブレーカーを足せば適温な12℃だった。

下山完了したところで、そういえばmizuiさんが絶賛していた店
「千早の風」というのが登山口の近くにあったなぁと、思い出したので行ってみた。
話に聞いていた以上に良かったので、今後、あそこを通るときは常連になるかも。

続きの写真は以下より。

第43回 大阪府チャレンジ登山大会 (2017.4.9)  

20170409-0.jpg
スタート地点にて  みねごん、アリさん、ナオさん、mizuiさん、こばちゃん親子、フーさん、キバラー

【動画編】


泥仕合いながらも達成感があった

連続10回目の出場の今日はまさかの雨。
過去9年間、大会の日は雨が降ったためしがない晴れの特異日。
10年目の今回限りでそろそろ引退しようと思っていたので、
ナニ甘えとんじゃ!と天気に叱られた感じ?!
雨は前夜から続き、トレイルのコンディションはこれ以上に無いほど最悪。
こうなったら開き直って、泥まみれになって笑い飛ばそう!
ぬかるみはハンパなく、代掻き後の田植えの田んぼの中を歩いてる状態。
雨は参加者だけでなく、山中のチェックポイントでは前夜から泊まり込みで待機の
ボランティアスタッフのみなさんもたいへんだったことでしょう。
お会いしたみなさんやお世話になったみなさんの総合力で完歩達成。
ありがとうございました!
しかし、毎度ながら厳しかったぁ。。

今回はなんと!スタート地点まで知人に送迎してもらえた。
近鉄当麻寺駅からのハンディが無いからかどうかはわからないが、
え?もう岩橋山?
なんや、もう葛城山やん。
ってな調子で、ぬかるみまくりにもかかわらずなぜか調子が良い。
雨で蒸し暑くて汗だくで歩けないかと思いきや、むしろ寒いくらいであった。
おまけにこんな天候なので参加者が少なく感じる。
あとで聞いたところによると、例年より1,000人も少なかったとか。
岩橋山と葛城山で、梅ぼし入りおにぎり各1個とミックスナッツ。
それでも昨年のタイムより20分ほど早いだけという。。
なぁ~んだ、錯覚か。
金剛の水場で小休憩、旧パノラマ台でも小休憩。
休憩してしているとたちまちカラダが冷えてきて寒い。
金剛山の中級ゴールは、今回から「ちはや園地」になった。
ちはや園地では多くの知人から応援をいただき、
ありがとうございました!
カメラが回ってなくてヤマレコPonzuさん、Ponhimeさんが撮れてなかった。。
ぽぉさん、昔青年さん、差し入れありがとうございました!
これまで絶好調だったにもかかわらず、
千早峠に着く頃には急激に疲労感が出てきて、
行者杉に着いた時には足が攣りまくってしまっていた。
ついにアミノバイタルでドーピング。
はたして今回はどれくらい効果あることやら。
歩いているうちに足の攣りは無くなったが、ちょっとした登りがだんだん辛くなる。
たんぼ山で小休止していると、男性から声をかけていただいた。
その節はありがとうございました。
たんぼ山からのラストスパートは無口になるしんどさ。
今回もmizuiさんとゴールを共に・・。
みねごんは30分も早くゴールしていた。
どうがんばっても追いつけないはずだ。。
民家ゾーンに出たところで30分遅いスタートのリンデさんが追いついてこられた。
なんとか今回も完歩できたもののグダグダな疲れ。。
いつも撤収が始まった頃にゴール到着だったが、
今回はまだ出店などがあっておつかれさんムードが良かった。
ビールやカレーなど、かなり魅力的だった。
あと30分くらい早くゴールして、ゆっくりしてみたいなぁと思った。
そうなると、休憩時間を詰めるしか無いよなぁ。。

受け付けを済まされる前に集合写真に写っていただいた、
こばちゃん親子、フーさんとは最後まで出会えずでした。
参加されたみなさん、おつかれさまでした!
スタッフのみなさん、ありがとうございました!

※使用した傘は山用の特殊な傘で、耐風仕様、ホネはプラスチック製で先端は丸く、
 他の参加者に迷惑がかからないように十分配慮しました。

ヤマケイ新書 『日本の山を数えてみた データで読み解く山の秘密』 

20170404-2.jpg
一等三角点  ※約40km間隔にあるという  ※写真は先日登った三嶽のもの

三角点(一等~四等)は全国に約10万8,000点もある中で、一等三角点はわずか974点だという。
ちなみに、一等三角点の場合だと一辺の大きさが18cmで、一等~四等でいちばん大きいという。
大きさが異なることすら知らなかったし、実のところ三角点にあまり関心が無かった。
それは単にそれについて、よく知らなかった、わかってなかっただけである。
そんなこんなで、山の事をもっと知ればさらに興味深く山を見ることができて、
登ってみたい山がもっと増えるかもしれない。

この本を読むと、日本の山がどうなっているのかが随分とわかる。
伊能忠敬の測量技術は現代でも通用するほど凄いという話や、
2014年以降に標高が変わった山にあっては、地殻変動や測量技術の向上によるもので、
身近な山だと、京都府最高峰の皆子山は1mも標高が◯がったとか。
奥穂高岳にある3mもの高さのケルンの先端は、
日本第二位の高さの北岳と同じ高さになるけど標高としては当然除外などなど。
近畿(三重・滋賀・京都・兵庫・奈良・和歌山)には難読山名が31座もあると紹介されている。
その中で、自分が登ったことのある山はなんと!たったの1座だけだったり。
あまりアレコレ書いてしまうとネタバレになってしまう。(^^ゞ
なかなか興味深い情報が盛りだくさんで楽しい。
目次については後ほど下のほうで紹介。

書籍版(861円)はもちろんのこと、電子版(kindle版)(691円)もあり、
PCアプリ、スマホアプリ、E-Ink(電子ペーパー)読書専用端末のKindle等で楽しめる。
書籍版より電子版のほうがやや安いし、amazonだと半額セールになることもあるが、
中古書籍があれば、電子版よりかなり安く手に入ったり、
それを言うなら図書館だったらタダだけどどうよ?ってね。

20170404-3.jpg

Check [ 2017/04/05 20:40 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(9)

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ