生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

多紀連山 三嶽・小金ヶ嶽 (2017.3.25) 

20170325-29.jpg
多紀連山 三嶽中腹の展望ポイントにて

緩やかさと、荒々しさの全部入り

【ルート】
 丸山集落三嶽登山口-(周回合流)-鳥居堂跡-クリンソウ群生地の上-大岳寺跡-
 展望ポイント-植林帯東屋-石室-三嶽山頂-石室-大タワ-小金ヶ嶽-火打岩登山口-
 集落-三嶽登山口-(尾根越え)-丸山集落三嶽登山口

好日山荘に買い物に行った時に、好日のつじまいさんから、
三嶽(みたけ)が面白かったので行ってみてください、と教えていただいたが
三嶽ってどこ?それ?なに?だれ?ってことに。(^^ゞ
多紀連山とも呼ばれているとのこと、名前くらいなら知っていた。
機会ができたので今回行ってみたら、なかなかユニークな山だった。

中国道吉川JCTから舞鶴若狭自動車道で北上し、
丹南篠山口ICで降りる、いわゆる黒豆で有名な丹波篠山に位置する。
家から往復約230kmで、気軽に行ける距離を越えてちょっとした遠征になった。
周回する場合にみなさんがよく利用する駐車場を目的地に設定したつもりが、
わずかに位置を間違えてしまって、尾根一つ挟んだ丸山集落の最奥に到着した。
そこはたまたま三嶽の登山口だったので、軌道修正することなくそこから登ることにした。
結果的には周回下山後の疲れたカラダで、もう一度尾根越えする羽目に。。

大きなため池、丸山葆沢池の脇から、右手の尾根に向けて一気に上がり、
尾根芯のやや左側をへつりながら周回コースに合流するように進む。
植林帯は下の方だけですぐ終わり、尾根に上がると自然林ばかり。
滑落すると大怪我しそうなへつり部分もあるが油断しなければぜんぜん大丈夫。
周回コースに合流後は松の木がやたら多い印象の平和なトレールが続く。
静かで平和すぎて、歩きながら寝そうになった。(^^ゞ
地元の常連さんなのか、空身で三嶽をピストンされてる単独2人とすれ違う。
途中、クリンソウの群生地のそばを通過したり、
吉野大峯山との確執で?焼き払われたという大岳寺跡などを通過。
そのあたりから登りらしい登りステージになって展望も現れる。
周回で後ほど歩く予定の小金ヶ嶽の尖った山容などが確認できると、
あんなとこまで行くのか?遠いやん、険しそうやん、しんどそうやんとマイナス思考に。
まぁこれまでが平和すぎたので、少々あとで苦労しても仕方はないわな。
どうせなら逆周回で苦労ステージが終わってから、後半の平和を楽しむほうが良かったかも。
とにかく行ってみないことに何が待ち構えているのかわからない。
ひと山登った感十分なボリュームのはて、そろそろ三嶽の山頂かと思った直前に
まさかの植林帯がちょろっとあり、わりとキレイな簡易トイレ付き東屋から少し登ると
植林帯はすぐに終わり、石室のようなものがあるピークに出た。
と思ったらそこは三嶽のピークではなくて、ピークは周回コースとは逆方向だった。
左へと進むと、山頂の美観を損ねまくる電波中継設備のある三嶽(御嶽)山頂があった。
ヘリで運んできてポトンと落としていったと思われるハリボテの切り株風の
方角表示付きの、休憩時の椅子代わりにでも使こてくれ的なオブジェがあった。
展望イマイチという以前に、中継設備が雰囲気ぶち壊しなのですぐに移動開始。
再び石室のほうへ戻ってきた。
こっちのほうが雰囲気も良く休憩適地であったが、通過して大タワ側へ下山開始。
途中にもいくらでも雰囲気の良いフラットな休憩適地は多数あったが、
こんなところでお昼にしてしまっては小金ヶ嶽に登る気が削がれてしまうと思ったので我慢。
大したことのない鎖場が一箇所と、丸太風プラッチック階段を延々と下りきると
そこには広場や、大きな駐車場、フォレストアドベンチャー施設のある開けた峠だった。
フォレストアドベンチャー、楽しそ~やってみたい!と思いながらも通り抜け、
いざ小金ヶ嶽へ向けて植林帯からの登りへ。
ここでとある男性と出会い、山頂で再びお会いしたら一緒に食事しましょうとなった。
植林帯を抜けると少しだけまた丸太風のプラッチック階段になって、
そんなに登った感が無いまま岩稜帯の尾根に出た。
岩稜帯は鎖場多数ではあるが、緊張を強いられるようなデンジャラスなステージは無かった。
ようやく小金ヶ嶽ピークに登り着くと、わりと広いフラットな山頂。
そこにはまさかの大勢の若い女性中心のパーティーが占拠されていた。
それでもまだ十分な広さがあり、もう腹ペコでペコで隅っこのほうへと移動していると、
背後から、キバラーさん!と声がかかって振り向くと、なんとヤマレコのココペリさんだった。
ココペリさんとは、昨年7月の八経ヶ岳以来の再会であった。
ちょうどこれからお昼で?僕とは逆回りで?途中テン泊と言ってたような。。
山頂で一緒に昼にしましょうと言っていた男性がぜんぜん登って来ないので様子を見に行く。
遠くに男性が見えて座り込んでおられたので駆けつける。
鎖のない岩に登ったときに腰を痛めたとのことで、大タワまで戻るとのこと。
中途半端な場所ではあったが食事を早めに済ませて男性を見送って、
再び小金ヶ嶽山頂へ戻るとザックがあるのに人が居ない。
どこに消えたのか?! それっきりココペリさんとは再会することは無かった。
小金ヶ嶽から駐車地まではまだまだ遠いので、山頂で記念写真を撮ったら先を急ぐ。
山頂から先は鎖場一箇所くらいだったかな?という程度で、
だんだんと自然林から植林帯、沢ゾーンへと入って行き、
でっかい堰堤を過ぎれば集落に出て下山完了ではあるのだが、
僕の場合はさらに周回の登山口を見つけて尾根ひとつ越えた向こう側へと登り返し。。
なかなか精神的にハードだったけど、山は変化に富んでいたし、出会いもあったりで、
忘れられない印象に残る山行だったと思う。

その他の写真は以下より。
Check [ 2017/03/28 21:46 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(12)

矢田丘陵 縦走 (2017.3.19) 

20170319-0.jpg
矢田丘陵

【動画編】


ひたすら平坦・・・(^^ゞ

【ルート】
 JR法隆寺駅-法隆寺-松尾寺(本殿)-松尾山(NHK)-松尾湿原-国見台-
 池-矢田峠-頂上展望台-榁ノ木峠-竹やぶゾーン-帝塚山大-近鉄菜畑駅

あ~、外に出ると花粉症がつらい。。
クシャミしすぎて頭痛。。。春は苦手だなぁ。。
それでも、チャレンジ登山の日を節目にいつもすっかり解消し、
季節の変わり目からの脱却と春夏への適応完了となるのが通例なので、あと少しだ。

山友のorisさんが紹介されていたマリオのクッパの店が特別に気になったわけはないが、
少しは気にしつつ、いっぺん矢田丘陵しばいといたろっと思いたったが吉日。
花粉や何やらで山登りする気力の減退モードは続いており、
できればなるべく平坦なところをウォーキング程度で、
しばらく使ってなかったカメラかんかのテストも兼ねて・・近所の陶器山でもよかったけど。
情報量多いわりにビットレートが低いのか、動画にブロックノイズが出るなぁ。
暑くなると行く気のしない極低山を歩くには、今しかないかなと。
されど低山、やっぱり低山、ひたすら歩くだけのザ・裏山といった感じは
想像以上に歩きやすいトレールで、かつ、市民憩いの場ゆえに
いろんなスタイルで、いろんな人が、そこかしこから急に現れては消える感じ?
トレイルランナーや、マウンテンバイク、老若にゃんにょに・・・。
近場で言えば狭山池をグルグルと歩いているような感覚かな。
核心部らしいものは特に無かったが、だからといって矢田丘陵の全てを理解したつもりはない。
芝生広場(子どもの森)は通らなかったし、
今回の着地点である近鉄菜畑駅の最寄り以北は戻るための交通機関が無いので歩けてない。
一度歩いただけで語るにはまだまだ未熟だとは思うが、
街に始まり、街に終わる山?歩きだった。
近鉄とJRを乗り継いで法隆寺駅まで戻ってきたものの、一平ちゃん定休日。(` ´)
ザックはそれなりに重かったし、平坦でも行動時間が長くなるとしんどいね。
空身で短時間で駆け抜けたほうが同じ距離でも後の疲れがマシだったかもな。
そうすると、チャレンジ登山もマラソンの部のほうがしんどそうに思えて楽?!

その他の写真は以下より。
Check [ 2017/03/22 21:05 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(14)

金剛山 第507回 (2017.3.12) 

20170312-title.jpg
金剛山山頂にて
mizuiさん、もーさん、みねごん、ステイさんぽぉさんはるにっきさん
ソノナオさんコーヤさんアリさん、キバラー

【動画編】


ko-yaさん 祝50回!
mizuiさん 祝100回!
キバラー 祝 花粉症発症(´ `)


【ルート】
 登り:香楠荘尾根ルート
 下山:寺谷ルート

花粉症持ちでありながらも、ここ数年は症状がほとんど出ずで、
もしかして山登りを続けているから体質改善したのかな?なんて思っていたところ、
今回はボロボロのボロちゃん。(≧▽≦)
どうやら過去2,3年は花粉が極めて少なかったみたい。。
そんでもって本日は、おなじみのみなさんとご一緒させていただくことになり
終始、手拭いをマスク代わりにして手放せない一日だった。

ババ谷駐車場から百ヶ辻まで毎日登山の昔青年さんと一緒に歩く。
先月の私の500回登頂の日のために、手製パネルをはじめとしてたくさんお世話になった。
そんな昔青年さんと歩きながら、
 「あなたの1,000回目には付き合えないかもしれない。
  なぜなら、また10年後となると僕が生存している確率が低くなるからね。
  今度は777回目でやらないか? それは、6年後?・・7年後?・・」
昔青年さん、ありがとう!一日でも早く達成できるようにがんばります!
5年後くらいの777回達成を目標に。
僕もどうなってるかわからないので、予備の予備で555回目で。(^^ゞ
山頂での再会を願って昔青年さんとは百ヶ辻で一旦お別れ。
(その後、この日はお会いできなかった)

この日のメンバーが集まったところで百ヶ辻をスタート。
昨年12月の赤坂山行き以来の再会である。
三ヶ月、いろんなことが目まぐるしくあったけど、まるで先日からの続きのようだ。
あまりにも慣れ親しんでいる山なので、語弊を恐れずに言うと今日はピクニック感覚である。
本日の核心は、料理上手なステイさんのステイ飯をはじめ、
みなさんからの差し入れを、ちゃっかり手ぶらで頂こうという・・・。
じゃなくて、晴れて練成会入りされたko-yaさんの50回記念登山にお邪魔、
というか、平たく言えば金魚のフンみたいな者ですがナニカ質問ある?

登りの香楠荘尾根もすっかり有名になってしまって歩く人が多くなったなぁと踏み跡を見て実感。
けどね、これ遊歩道直前を右へ行くと見慣れぬ建物(廃墟?)があって、
やがてキャンプ場にスムーズにつながるってあまり知られてないけどね。。
遊歩道は季節の花を楽しめる場所で、福寿草が満開。
福寿草って開きすぎても福寿草らしくないって、開きすぎるなよって言われる花も珍しいねぇ。
それにしてもロープウェイ駅舎側はポカポカと暖かくて展望もあってノンビリ過ごすには最高。
最近出来たウッドデッキの上って、何かこう有効利用方法って無いのかな?
アイゼン禁止と書いてあるだけなので、何をやっても自由なのかどうなのか、
机とベンチくらいは置いて欲しいような。
そうなるとゴミを置いて行く人が登場したりするのかな。
街でもゴミ箱の数が少なすぎて日本に来られた外国人たちが困っている。
一見、街を綺麗に見せかけたいのか、そこらじゅうにゴミを放置させて汚くしたいのか。。
上のウッドデッキにはベンチもあって、気持ちよさそうに食事されてらっしゃったのは、
浪の金剛山散歩」の浪(なみ)さんだった。
日当たりの良い遊歩道をしばらく登った後、一の鳥居へ抜けて上の遊歩道からブナ林、
葛木神社へと登る。もう氷華は見られなかった。
転法輪寺経由で捺印所でko-yaさん50回目の捺印とプレートの掲示を見届けて山頂広場へ。
12時のライブカメラに写った後、井戸広場にていよいよ昼食タイム。
ヤマレコのもーさんも加わって、いつも期待以上のステイさんの凝った手料理や
みなさんからの差し入れをいただいて満腹丸。いつも頂いてばかりでごちそうさまです!
そうこうしているとmizuiさんと久しぶりの再会!
もしかして昨年のチャレンジ登山以来かな?!
同日、100回目記念登山とのことで、10ヶ月ほどで50回を積み上げられたとか。
そんなこんなで多くの知人や顔見知りのみなさんとお会いしてお別れした後、
寺谷ルートから下山。
春、特に3月は季節の変わり目で一年でいちばん絶不調で健弱の月である。
花粉症はもちろん、ここ数年、毎年のようにぎっくり腰になったり、風邪ひいたり。
そんなときはこうしてのんびり登って春の息吹でも感じながら、
山でじっくり過ごすのが心地いいなぁ。
ご一緒いただいたみなさんありがとうございました。

その他の写真は以下より。
Check [ 2017/03/15 00:16 ] 金剛山(動画) | TB(0) |   コメント(6)

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ