生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・
月別アーカイブ  [ 2017年02月 ] 

3年目のチェーンスパイク 

20170210-1.jpg
モンベル「チェーンスパイク」  ※3年前とパッケージデザインもまったく進化なし(´ `)

500回記念に、ささやかながらチェーンスパイクを3年ぶりに新調。
ちゃんとした爪の多いアイゼンも持ってはいるが、これまたぜんぜん出番が無い。
そんなアイゼンを使う山に行くならばピッケルも装備として必要だろう。
そうなるとカメラを手に持って、もはや撮ってなんかおれないよね、ってことで現在に至る。
ちなみにヘルメットは所有しているので、あとはピッケル・・。
どなたか使わなくなったピッケルがあれば下取りしましょうか?(≧▽≦)
以前、冬の稲村でピッケルが無くてストックでは話にならず、
トラバースが大変だった思いをしたことがあるので。
以前って・・え! もうあれから6年も経ってるの?? 3年くらい前だと思ってた!(≧∇≦)
まぁそんなこと言ってるうちに短い冬も、短い人生も終わって・・・。
ほら、春はもうそこで待ってるよ。
チャレンジ登山のカウントダウンも始まったことだし、ピッケル、もうええかぁ。。☆彡

20170210-2.jpg
左が最新の新品、右は3年落ち
わずかに色が異なるのは、退色したか、製造のバラ付きか、まぁそんなところだろう。

さて、チェーンスパイクの説明は3年前に詳しく書いているので今さら必要ないだろう。
雪質によっては思いっきり高下駄の雪団子ができるし、刃が短いので腐った雪ではまったく刃が立たないけど、
中途半端に雪があったりなかったり、凍っていたり乾いていたり、アイスバーンって時には最適。
3年も使ってると、真っ先にシリコン部がちぎれたりするのかとおもいきや、ぜんぜん平気で
シリコンのかかとあたりを引っ張り上げ足らずに地面(岩など)に接触したりして
こするようなことでもしない限り、擦り切れることはまず無いということが確認できた。
まぁ、3年も使えば、もう元取ったと思っているが、
新調したものの、もったいぶってまだまだ古いのをメインで使い続けそうなこの頃。

スパイクが前に8本、かかとに2本の計10本ある中で、最もすり減っていたのはかかと部だ。
現在のすり減り状態だと、ガリガリのアイスバーンな路面では、
体重のかけ方によってはかかと部のスパイクが、ガーっと引っ掻くように少しではあるが滑る。
でもまだ使えそうなので、新調したものは予備ってことで。(^^ゞ
スチール製なら鉄分となるのに、ステンレス鋼の削れた金属クズは山に溶け・・自然に還らないよね。。

20170210-3.jpg
3年目のかかと部の刃

20170210-4.jpg
新品のかかと部の刃
Check [ 2017/02/10 21:02 ] 登山グッズ・本 | TB(0) |   コメント(8)

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
自分とのたたかい
カウントダウンタイマー
第43回チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
01 | 2017/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -
プロフィール

こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中

ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ