生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

北摂 剣尾山・横尾山 (2017.1.28) 

20170128-000.jpg
剣尾山山頂付近にて

寒いと思うことは一度もなかった

【コース】
能勢の郷林道駐車地-(舗装路)-登山口(9:10)-行者山-六地蔵-お昼
-剣尾山山頂-横尾山-頂上広場-(渡渉)-駐車地


なんでこっち(北摂方面)に来てしまったんだろ。。
寒さが緩み、霧氷も期待できない週末、あっちに行こうか、もっと近場の低山でいいか?
などと気持ちに迷いが生じつつ北摂に来てしまった。
本当は別の山の予定だったが、予習不足で現地に来てみたらしょぼすぎたので作戦変更。(^^ゞ
なんだかんだで一時間以上無駄にしてしまった。

未踏の山行きにもかかわらずブログ記事を書かなかった山がある。
ましてや二度目以上なら尚更で、写真等も撮ったりするものの、これといって特筆すべきことがなく
前回とほぼ同様だったり、事情があったりという場合はボツにすることもある。
でもしかし、後から後悔することも多い。
記事にしているのとしていないのとでは記憶への残り方がぜんぜん違う。
山なんてどこも似たようなものなのに、記事を書いてさえおけば、
文中に写真や記述をしていないことでも細部まで覚えているのが不思議だ。
例えばそれは温泉の事だ。
ちょっとでも遠出の山行きをすると、季節を問わず必ず温泉に入って帰る。
あちこちで入った温泉のことだけでも専用ブログを立ち上げれそうなくらいだ。
京都北山、西山、北摂、これらの山域には満足な温泉が無い。
循環式のたいした温泉でもないのに千円とかの高額だったりする。
北摂でいうと、ポンポン山に登った帰りのことである。
記事を読み返したがやはり記述は無かったが、
旅館というかホテルなのか、フロントは妙なニオイがしていて年季が入っており、
やたらと動物の剥製が並べてあるあまり気持ちの良い感じのしないところだった。
そこの温泉は地下にあり、ロッカーは錆びており。。。そこまでは普通だとして、
湯船の一つがまるで洗濯機の水槽のように猛烈にグルグル回っていて、
ヘリを掴んでつかまっているにもかかわらず流れに逆らえずカラダごと回されてしまうという。。
なんなんやろ、アレ。。余談でした。(^^ゞ

最終的に辿り着いた剣尾山、前に登ってから4年も経過していたので驚いた。
まだ昨日のことのように記憶が鮮明。
あれから日常生活では、スマホひとつを取ってもどんどん様変わりしたというのに、
山歩きに関しては何も成長していない自分に気付かされて落ち込んでみたり。。
そんなこんなで今回は記事にするのは完全にボツの予定であったが、
せっかくなのでちょっとだけ軽く書き留めておこう。

能勢温泉が駐車地だったかなぁと突っ込んでみたら、
デカデカと「登山者の駐車お断り!」って書かれてあって、あれ?ここじゃなかったっけ?
帰りに温泉に入ろうと思っていたので駐めさせてよ、と思いつつネットで調べる。
登山者を嫌う能勢温泉はともかく、るり渓温泉は高いし、人も多そうなのでやめた。
(この日は温泉には入らずに帰った)
能勢温泉キャンプ場への林道のかなり奥に駐車スペースがあって数台停まっていたので
そこに駐車した。6,7台は駐めれそうだった。
ただし、林道は部分的に凍結していたのでスタッドレス車限定であった。
準備を終えて、登山口までは一旦その林道を下る。
今回も反時計回りではあるが、前回とはバリエーション歩きも交えたので一部異なる。
一般登山道を忠実に歩き、下山部分は駐車地の関係で20分程度の未踏区間を歩くコース。
前回の4年前の記事を読み返してみたら、面白いほど今回と印象が一致していたので、
詳細は前回の記事に譲ると書き加えることがほとんど無い。(^^ゞ
頂上周辺は残雪がたっぷりあり、膝くらいのツボ足になるくらいだった。
昼の休憩ポイントもなぜか前回とほぼ同じ場所だった。
最近の山の昼食事情であるが、インスタント物やおにぎりなどのコンビニ食を食べなくなった。
しかし、今回は久しぶりにカップ麺にしてみたが塩辛すぎたなぁ。。
休憩中、金剛山の大日岳から、アマチュア無線の知人の声が聞こえたのはうれしかった。
山頂同士で中間に障害物も無いので出力たった1Wで直線距離で約70kmにもかかわらず、
メリット5で強力に入感していた。
下山ルートは前回よりも地味で、20分足らずで沢。
体感的にそこそこ歩いたと思いきや、高低差も距離もたいしたことなかったなぁ。
適度に気持ちよく歩けたので良かった。
そう、けんび、さん♪

その他の写真は以下より。
Check [ 2017/01/30 22:35 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(12)

金剛山 第498回 (2017.1.22) 

20170122-0.jpg
金剛山 山頂カマラクラ  ドーンと大っきくなっていた\(^o^)/

霧氷も無い寒い曇り空であったが、
雪があるだけでみなさんイイ顔。(^^)


【ルート】
 登り:文殊中尾根(アナグマ)ルート
 下山:馬の背ルート


午後から用事ありで午前中がメインのハンコ登山。
百ヶ辻のバス停近くの臨時駐車場が開くほどの登山客。
ツツジオ谷の二の滝も、もみじ谷の氷爆も一旦溶け気味とのことで
多少の霧氷に期待して、強い風が吹き付けることで知られる文殊尾根へ。
尾根に突き上げる手前でkosiziさんに追いついたのでご一緒させていただくことに。
先に行ってくださいって言われたけど、kosiziさんの歩かれるスピードって心地いいんだよね。
汗をかかない程度のペースで登ると、着替えたり汗冷えしたりしないからってなるほどね。
日本中のありとあらゆる山を登ってこられたのでいろいろ勉強になることが多い。
今年に入って1月は4回休まれただけで18回も登ってらっしゃった。
昨日は天気も良く霧氷も綺麗だったとか。
そんなに気温が上がってないはずなのに一日違いで大違い。
途中、富田林の田中さんやヤマレコのジュリアさん
昔青年さん(阪谷さん)と・・あれ?守る会の山本さん?じゃなくって?
あれ~、よくお見かけするのにどなたかわかってなかったかも。。(^^ゞ

山頂に到着すると大勢の登山客で賑わっていた。
気温はマイナス1℃。
小説家の誰々?さんとテレビ局のクルーの方々が来られてた。
捺印所で捺印するところを撮影されたけど放映されるのかな。。
みねごんとお連れの方や年越し登山以来、こばちゃん、フー兄弟、うっちぃさんなどなど再会。
ゴールデンタイムに登ると多くの知人との出合えるのが良いなぁ。
同じ山に登り続けることで自然と顔なじみさんが増えていくのも山の楽しみのひとつ。
下山完了後、山麓は寒い冬の雨となった。

その他の写真は以下より。

金剛山 第496回 (2017.1.14) 

20170114-00.jpg
金剛山山頂にて 今冬、初めての山頂カマクラ

霧氷をも吹き飛ばす強風で寒かったぁ。

【ルート】
 登り:シルバールート(細尾谷)

 下山:香楠荘尾根ルート

いきなり、寒すぎでんがな。。
どんよりとした空、風が強く、雪も薄く、山頂は寒いだけの予感。
この冬一番の寒波にくじけそうになる。
皮下脂肪がほとんど無いというか、
ミートテックも、ファイバーミートも身につけてないので寒い~。(´ `)
山アンダーに山シャツ、この時期欠かせないトレールアクションパーカー、
その上にソフトシェルは最初から最後まで脱げず。
ちゃちゃっと登って、さっさと下りようというつもりで百ヶ辻をスタート。
シルバー取り付きから滝の脇を登ったところで
どうせ最終的には付けるんだからと早々にチェーンスパイクを装着!
足元の凍結具合なんてどこ吹く風、ガシガシ歩けるようになった。(^^)
やや久しぶりのシルバールート、先行者のトレースも無く静かに歩けた。
遊歩道まであと少しの終盤に差し掛かったところで
ブロロロ・・とエンジンのようなあの音。
ヤマドリが羽ばたく音である。
忙しく地面をつっついていて笹藪から出てきてくれなかったが、
口笛を吹くたびに羽ばたいてくれた。
これって威嚇?
そんなこんなですぐに遊歩道へ出て山頂へ。
なんとなんと!今冬、初の山頂カマクラが登場!
やっと冬がキターって感じの、金剛山、冬の風物詩。
これからどんどん成長してくれよ!
山頂広場に行かず、氷華さがしに行くも少し積雪もあって見つけられず。
久しぶりに展望台に上がってみたり。
ログハウスはまだやっておらず静まり返っている。
そうこうしているとカラダの芯まで冷えてきたので下山を急いだ。
下山寸前、かなりの人数の団体を見かけた。
バス数台がやってきていたとか。
とにかく風が冷たかった。。

その他の写真は以下より。

金剛山 第494回 (2017.1.7) 

20170107-0.jpg
金剛山ロープウェイ駅舎ウッドデッキにて

絶好の天気で空気が澄んで青空、展望、最高!

【ルート】
 登り:タカハタ谷ルート
 下山:香楠荘尾根ルート


登り出し8時前は、骨身にしみる寒さで凍りつきそう。
このとき、山頂気温はマイナス3℃。
ジオラインインナー、山シャツ、トレールアクションパーカで歩きだすも寒さおさまらず、
途中でソフトシェルも着てようやく落ち着いた。
もうちょっと脂肪を付けたいな。。
冬の寒空の下、ご無沙汰ルートのタカハタ谷道から。
根っこゾーン近くまで登ってきて、一瞬自然林になるところでようやく太陽とご対面。
空気が乾燥していて湿度低そうで霧氷すらない。
写真を撮りながらなので2時間近くかかって山頂へ。
気温は3℃も上がって0℃。
最終的にはお昼には3℃まで上がったので、滞在中に6℃も変化した。
それでもソフトシェルは脱げないまま過ごす。
昔青年さんと久しぶりの対面、キリ番直前には必ず連絡させていただきます。
久しぶりの10時のライブカメラには面識ある方が多数。
チャレンジ登山以来、再会した方も。
山頂周辺も白いものまったく無し。
ブナ林に移動すると、なんとか氷華だけには会えたが、
いつも群生しているスポットにはまったく無かった。
一の鳥居から下の遊歩道へ下り、香楠荘のほうへ。
昨年末、新たに登場した金剛山ロープウェイのウッドデッキの確認へ。
ポカポカ陽気な上に展望抜群で、ご機嫌な場所だった。
ウッドデッキは上のトイレのところにもあり、さらにその上には展望台もあるので、
駅舎の上のウッドデッキはロープウェイの時間待ち用なのか、
はたまた将来的なイベントスペースにでも利用されるのか。
テーブルと椅子などがあれば弁当スポットにもなるけどゴミ問題?
敷いてあるそれぞれの床板同士にやや隙間があるのでモノが詰まりやすそう。
これで完成形なのかな。。
下山は香楠荘尾根から。
念仏坂に着地すると、湧き水で濡れてる部分は完全に凍結していたが、
本日もついにアイゼンを使うことなく山登りできた。
さて来週はいよいよ寒波が本気を出すと言ってるそうなので
いよいよ樹氷や山頂カマクラが期待できるかも。
しかし今朝以上に寒いと僕はどうなるの?!

その他の写真は以下より。

金剛山 第493回 (2017.1.4) 

20170104-9.jpg

登山靴忘れど、多くの出合いあり。

【ルート】
 登り:寺谷ルート
 下山:文殊尾根から寺谷ハードルート


家から金剛山まで五割くらい来たところで、そういえば登山靴、積んだかな?と。
いや、積んだ記憶がないなぁ。。。こりゃ忘れたな、きっと。。。ま、いいっか。
中敷きを一度だけ忘れたことがあるが、登山靴を積み忘れたのは生まれて初めてである。
ちょっと出る時だけ慌ててたからなぁ。
今日の運転にはペダルの感触がわかりやすいようソールの薄い履き潰したトレランシューズ。

そんなこんなで足に優しい?寺谷ルートで登ることに。
ローカット、メッシュ破れかけ、ソールつるつる剥がれかけという悪条件はスニーカー以下である。
ほぼフル装備の身にこの靴ときたら、スタビリティが無さすぎてよろめく。
裸足のほうがマシなくらい。
学校で、上靴で運動場を歩いているような違和感。。
足つぼマッサージ効果を期待するとしよう。

今日はたくさんの知人と出会った。
まずは、車走らせていたら、妙見谷に向かうアリさんナオさんが歩いておられたので車窓越しに挨拶。
念仏坂を歩き初めてすぐ、穴熊から下りて来られた花や鳥の写真が上手なSACHIさん
雪も霧氷も氷華も花も鳥も無しだったとかで、撮るものが無いので場所を変えられるとか。
寺谷ルートを登っていると、後ろから「キバラーさんやん」と
最近3千回達成された富田林の田中さんが追いついてこられた。
寺谷を登りきって、神の宿る木のそばでの自撮りを終えて登山道に戻ったらレンさんパパさんにばったり。
その後、葛木神社に直行し、喪明けの初詣をして階段を下ろうとしてたらお久しぶりの越路さん
越路さんと鳥の餌場の上に、アキチョウジの氷華をいちおう探しに行ったけどやはり無かった。
気温が氷点下にもなってない上に、風すら無かったから仕方がない。
そうこうしていると、ひろさんが登場。年越し登山でお会いしたばかり。
お二人とは分かれて葛木神社経由で捺印所へ。
転法輪寺境内ではシュータンさんと久しぶりにお会いした。
山頂気温は2℃。
捺印終えて広場に行くと、金剛山自然を守る会の方に声をおかけいただいた。
その節はありがとうございます。
下山をしようとコンクリ坂を登りかけたら恩師の深井さんと久しぶりの再会に喜んだ。
その後、文殊尾根を下っていると、登ってってこられたko-yaさんに遭遇。
赤坂山をご一緒して以来である。
靴が靴なので、文殊尾根から寺谷ハードへ入って下っていると、
ソールのグリップが効かなくて、なんでもないところで滑ってこけた。
念仏坂に着地して歩いてると、山頂で出会ったひろさんに追いついて駐車地までご一緒させていただいた。
さて、全部で何人と出会ったでしょうか?!
初登り(元旦は下山のみ)で、たくさんの知人とお会いすることができて幸先の良いスタートとなった。

その他の写真は以下より。

年越し金剛山 (2017.1.1) 

20170101-000.jpg
金剛山頂にて  ※キバラー入ってません、完全圏外やし。。

【動画編】


【ルート】
 千早本道(ピストン)


2017年、新年を賑やかに金剛山山頂で迎えることができた。
無事に年を越せるって実は凄いことなんだと思うこのごろ。
昨年は一月三日に祖母が他界してまだ喪中の最中なので?初詣は控える。
元旦の昼、出かけて外で食べたものが悪かったのか夜から胃腸炎?ノロ?で体調を崩し、
二日は発熱、食欲なし、絶食で寝たきりの一日だった。。
正月は一日中ごろ寝してのんびり過ごしたいなぁという思いが違うカタチで実現した感じ。(≧∇≦)
三日の今日は復活でようやく遅ればせながら久しぶりにブログ更新。
いちおう山は毎週登っていました。

金剛登山口を21時にスタート。
金剛山自然を守る会のariさん、ナオさん、豊田さんと、
おなじみのうっちぃさん、みねごんの6名で千早本道から登る。
過去に例がない暖かさ?で、一時間半を越えるゆっくりペースなのに汗ばんでくる。
この時期にアイゼンの要らない登山なんて初めてだ。
山頂では、テン泊のこばちゃん、フーさん、フー兄さんがお待ちかねだった。
昨年同様にわいわいと賑やかに宴会となった。
こばちゃんとは9月の遭難捜索以来、フー兄さん、フーさんとは一年ぶりの再会。
一年前と同様にこうして再び顔を合わせることができて感無量。
積もる話をする間もなく時間が過ぎてしまったのが心残り。
こばちゃん、フー兄さん、フーさんには今回もたいへんお世話になりありがとうございました!
気温はマイナス1℃からマイナス0℃に上がったが、
長時間じっとしているとさすがに寒く、どんどん着込んでいった。

そうこうしていると、「低山徘徊者の徒然日記」ののぶさん御一行が到着。
のぶさんとは早いもので実に3年ぶりの再会となった。
その後、山頂では「金剛山の夜景ブログ」の夜登さんと4年ぶりの再会。
他に、ひろさん、ゴンさん、くーさんなどなど。。
以前と変わらぬ山で、以前と何ら変わらないように見えるみなさんとの再会。
一年間だけでもみなさんもいろいろな苦労がおありだったことでしょうけど、
山で会えればそんなことはまるで無かったことのように消えてしまう。
今年はもうちょっとみなさんと会える時間が増えると良いなぁ。
初日の出まで居れなかったのが心残り。

当ブログをいつもご覧いただきありがとうございます
2017年、今年一年もどうかご無事で!
よろしくお願い申し上げます。

その他の写真は以下より。

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ