生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

京都府最高峰 皆子山(みなごやま) (2016.12.17) 

20161217-37.jpg
皆子山にて

とんでもない一般登山道だった。。(` ´)
けど、山頂周辺は良かった。


【ルート】
 平-正教院-837P-寺谷ルート合流-皆子谷ルート合流-皆子山山頂-
 山頂周辺(お昼・散策)-山頂-ツボクリ谷方面へ下山・撤退-山頂-
 (寺谷(沢)ルート)-寺谷出合(大渡渉)-林道-平


初めての山で一般登山道をふつうに歩く場合、なるべく予備知識を持たずに行き、
現地でいろんなサプライズを感じるというスタイルが好きだ。
しかし、今回だけは違った。
どう考えてもこれは破線ルート、あるいは線無しでしょうみたいな。
山と高原地図2012年版と今のとでは違うのかと思い、
帰ってから2016年版を購入したら同じだった。(` ´)

この日の近畿北部の天候予想ではグレーゾーンで、鉛色の雪雲の空を想像していたら、
前半、なかなか天気が良かった。
今年は何かと鯖街道の「平(だいら)」あたりと縁があるみたいで三回目になる。
金剛山でも初冠雪するなど昨日の冷え込みは厳しかった。
西大津バイパスを走っていると遠く向こうに比良の山脈。
蓬莱山を中心に真っ白に冠雪しているのが見えた。
ここまで来たら久しぶりに琵琶湖バレイでスキーしたくなるなぁ。
レインボーロードから裏比良へと回り込むと「冬用タイヤ着用」の表示。
12月初旬の暖かいうちに交換作業しておいて良かった。
鯖街道は融雪されているもののやや凍結気味で、夏用タイヤの車は徐行という状況。
平に到着するとあたりは雪景色。
駐車場の地主に電話するも、今日は繋がらなかったので料金だけ投入して8時にスタート。
一瞬だけ鯖街道を南下して、村の中へ入るも凍結していて立ちごけしそうになったので、
さっそくチェーンスパイクを装着。正教院のそばを抜けて植林帯に突入。
はじめから急登で高度を上げて行く。
積雪で登山道はわかりづらいが、ひたすら尾根を進むだけなので迷いようがない。
先行者2名くらいのトレース。絶好の青空に雪景色が映える。
このあたりもこの雪が初冠雪だとしたら、この冬一番の寒波直後、いきなりドカ雪の歓迎だ。
雪は滑るものであって登るものじゃないという感覚がどこかにあってあまり好きではない。
アイゼンめんどくさいわ、足を高く上げなければならんわ、濡れるわ、寒いわ、風冷たいわ。
山を歩きまわりたいだけなのにラッセルなんてとんでもない。(≧∇≦)
はっきり言って雪は足かせ以外の何者でもない。(^^ゞ
しかし、暗い植林帯の山中でも明るい雰囲気にしてくれる点だけは良いぞ。(^^)
皆子山はここ数年ずっと懸案だった。
ヤマビルシーズンは登りたくないし、春、もしくは秋は京都北部はとくに天候に恵まれない。
そんなこんなで、もう今年行っておかないと初夢にも出てきそうなので行っておくことに。
皆子山というと遭難が多いというイメージ。
2012年から相次いで、2013年にはボーイスカウトら13人の道迷い大量遭難は記憶に新しい。
迷える森はけっこう好きなのでどんな山なのか楽しみだ。
吹き溜まりの深いところでは50cmくらいの積雪があり、
ラッセルは疲れるので先行者のつぼ足の上をトレースしながら進む。
明るい自然林に出たかと思いきや、またまた植林帯に入るなど山頂までは距離を感じる。
途中、トレース主である京都からのご夫婦に追いつき写真を撮ってあげているうちに
若い単独男性が通過し、ノートレースになるところがまたまたトレース付きに。
ラッセルしなくてよいので助かるわぁ。(≧∇≦)
もっとハイカー多いと思ったのに、その後、先行者も含めて一人も遭うことがなかった。
展望ポイントからは蓬莱山や権現山、そして遠くに琵琶湖の湖面が光っている。
皆子谷ルートが合流するピークに到着。 そちらからのトレースは無かった。
山頂はやや開けたところで展望もあるが50cmくらいの積雪。
以上、終わりかと思ってまわりを見渡すとなにやら広大な感じがする。
山頂周辺は落葉しているので全体の見通しがきくのだが、その全体像はというと、
なんと表現して良いのか、あちこち歩きまわりたくなるような変わった形状をしている。
つまり、どこでもお昼のできそうな回廊というか、うまく説明できないな。。(^^ゞ
ようするに1000人乗っても大丈夫みたいな、せせっこましい山頂ではないということだ。
風の当たらない場所を選んでゆっくりと昼食を取るも、
太陽が雲に遮られるようになったとたんに急激に寒くなってきて一時間くらいで撤収。
少し散策して、その後、山頂へ戻ってツボクリ谷へと周回して下山することにした。
急な下りにトレースなし、登山道不明であったが赤テープが細かく付けられている。
雪でグリップを効かせながらどれくらい下ったか、
あと30mくらいで谷に着地という直前がかなりの急角度で、下手をすると転がって行きそう。
ここを下りないことにはどうしようもないので、ザックに入れていたダイニーマ素材のスリング
4本を組み合わせて、回収できるよう環状ダブルロープで立木4本くらいを渡り次いで着地。
これにけっこう時間がかかってしまった。
着地後、ときには谷の中を歩きながらも谷を伝いを下り始めるも、なかなか速度が稼げない。
地図を確認すると、下山開始から一時間以上経過した14時45分にして
コースタイム2時間20分の下山ルートの1/10にも達していなかった。
このままだと勝手知らない谷ルートで日没となるのは確実なので撤退して山頂へ登り返した。
再び山頂に戻ってきたのは15時15分。
登りで歩いたルートをピストンするのも距離が長く、
もう一方の寺谷ルートを周回すれば後半半分は林道ということもあり取り付きを探した。
お昼休憩している間に山頂を訪れたトレースが多数あり、そのうちの大部分はピストンした模様。
しかし、その寺谷ルートへも数名のトレースが付いていたのでそこを下山することにした。
もしそのトレースが無かったらピストンしていたころだろう。
しかしその寺谷(沢)ルートがこれまたたいへんなルートであった。
少し激下って植林帯に入って安泰かと思いきや、すぐに沢ルートとなった。
それも最初のうちはまだ沢中でも歩きやすかったが、そのうち沢沿いを巻くようになり、
高巻きあり、渡渉ありの連続はまるで無限ループのように続いてたいへんだった。
沢ルートで下山すること自体が難なのに、積雪も手伝ってそらも~。。(^^ゞ
コースタイム一時間のところ、一時間経ってもまだ半分に満たない。
林道に合流するまで、あと一時間もあればなんとかなりそうであるが日没の懸念も。
そのルートは最後の最後まで足場を探しながら歩くような難所が続いたあげく、
最後はとどめを刺すかのように水量の多い川の渡渉に阻まれた。
巻道があったので登り返してそちらから行きかけたが、
ロープの貼られた直角のようにも見えた急な下り+積雪に断念して再び戻り、
どうやって渡渉するか思案しいるうちにもゴーっという水の流れが恐怖を掻き立てる。
それもそのはず、あたりがだんだんと暗闇に包まれつつあり、様子がわからなくなっていく。
幅の狭そうなところは深そう。それより少し上流の幅の広そうなところはやや浅そう。
なんとか沢まで降りついてみたら、なんとかアイゼンのグリップを利用すればドボンせずに渡れるかも。
最悪じゃジャバジャバを水が入っても沢を歩いて渡ればいい。
川幅は10m以上はあったかな。中ほどまで岩の上をうまくわたってきたところで完全暗闇。
当然ライトを照らして川の深さと次に足を置くべき岩を確認しながら残り半分を渡りきった。
ドボン無し、浸水なしでどうにかこうにか林道に登り着くことができた。
よく見ると、林道に付いている一人分のトレースは、もっと奥から続いてきていたが
山頂から皆子谷ルートへはトレースが無かったので、どこから来た足跡なのか謎のまま。
そしてその林道がこれまた長くて怖かった。。(´ `)
で、今日歩いたルートってすべて一般登山道なんだけど、こんなのありかよっ!(` ´)
という散々な目に遭ったプチ遠征登り納めというお話。
年内はもう金剛山しか行かないからなっ!(` ´) たぶん
最後に、日没マニアじゃありませんので。。

その他の写真は以下より。
Check [ 2016/12/19 22:31 ] 京都北山 | TB(0) |   コメント(7)

金剛山 第486回 (2016.12.10) 

20161210-24.jpg
ちはや園地ログハウス

晩秋の・・・。

【ルート】
 登り:久留野道
 下山:久留野道


土曜の朝。
ちょ~っと疲れも溜まってきていたので寝たいだけ寝たつもり。
久しぶりに豆乳鍋を食べたくなって、奈良側の梅本とうふ店へ。
10時開店なので朝はゆっくりできた。
電話でいちおう予約しておいて、豆乳鍋セットやら持ち帰りの豆腐など。
梅本とうふ店については今年1月の記事に詳しく書いてた。
それに比べると今日の記事は写真も少なめで、なんだか気合いが違うなぁ。
店は開店直後でごった返えしていたし、試食のフルコースいただいたりで、
すっかりごちそうさまって感じで、五万人の森駐車場をスタートしたのは11時にもなった。
広域農道をビュンビュン走る車の脇を、歩道があるとはいえ排ガスにまみれて歩くのは
ちょっとした屈辱なので、できるだけ村の中を通るルートを考えると、
少し遠回りして(下って)久留野道(クソマル谷)の取り付きへ。
いつもながら整備がされている感じの久留野道は、歩きやすいがこれといって何も無いルート。
思いの外、時間がかかり、先に山頂へ行ってから千早峠を経由する周回をしようと
なんとなく思い描いていたが、コースタイムの計算などまったくしてなくて、
金剛山だからってお気楽に構えてたら、山頂へ先に行ってたらお昼が15時すぎるので、
先に、ちはや園地キャンプ場にてお昼にした。
豆乳鍋というか鍋自体はある程度の人数でワイワイ楽しむべきもので、
準備や片付けの手間ばっかりかかる割には一瞬だったという感じで、やっぱりなぁ。。
山頂へ捺印に行って戻ってきたら、アンタ、すっかりもう日没でんがな。(^^ゞ
千早峠まわりの周回なんてとてもとても。。
ピストンだけは避けたかったが他にルートの選択肢が無い。
けっこうたっぷり歩いた感あったと思ったらたっぷり歩いてた。(≧∇≦)

今回、不覚にもカメラの電池もギリギリで。(^^ゞ
さりとて、これといって見どころもなく。。
なんだかこんな中身の無い内容を書いているようだと、このままフェードアウトしそう。。
正直、今回は記事にするのをやめようと思っていた。。
晩秋なのでね。。センチメンタルに。
それにしても奈良側のナイトハイクは怖かったぁ。

その他の写真は以下より。

比良山系 赤坂山 (周回) (2016.12.4) 

20161204-0.jpg
赤坂山山頂にて
orisさん、みねごん、こーやさんステイさんぽぉさん、うっちぃさん、キバラー

【動画編】


メタセコイヤ並木と晩秋の赤坂山に魅せられ、豪華ランチ!

【ルート】
 マキノ高原(登山口)-武奈の木平-粟柄越-赤坂山山頂-粟柄越-休憩地
 -寒風-西山林道出合-マキノ高原(登山口)


ヤマレコの今回レコはこちら

ヤマレコko-yaさんのお誘いで「メタセコイヤ並木と赤坂山」という企画に参加。
道の駅「藤樹の里あどがわ」に6時30分集合のところを早く着きすぎたけど仮眠できた。
なんてったって2時半起き。寒くなってくると朝が苦手なんだよなぁ~。(^^ゞ
コンビニのローソンが併設されていて、ご当地のものが売られていた。
中でも黄金色の石焼き芋(安納芋)が美味しそ~で~も~。
本日登る赤坂山の登山口であるマキノ高原
(夏はキャンプ場、冬はスキー場、通年は登山)
という温泉施設併設の施設があって、その手前直前にメタセコイヤ並木がある。
2013年に来たときは見物客はほとんど居なかったメタセコイヤ並木は、
最近テレビで報じられたこともあって、早朝にもかかわらず人出が多かったのは驚いた。
色づきは終盤ながらも、なかなか見事な紅葉っぷりであった。

並木からはすぐに高原到着し、午前8時に登山開始。
まずは朝日に照らされた、だだっぴろい芝生広場の高原を気持ちよく歩き始める。
いま流行のマネキンチャレンジという動画撮影なんかやってみたり。。
久しぶりの赤坂山は、以前、時計回り周回をしたが、今回は反時計回りの周回だ。
どれくらい記憶と一致するかを楽しみだった。
そして今回はお昼がかなり楽しみなので、食べるまではがんばって歩くぞ~。(≧∇≦)
空は青空、気温も暖かめ。
稜線までの登りはウィンドブレーカーいらずだった。
粟柄越に到着する頃から風が出始めたがそれほど強くはない。
高圧線の鉄塔だけが美観を損ねるが、みごとなススキの海。
赤坂山山頂はそれなりの風でじっとしていると寒く、それでもウィンドブレーカー着用程度。
明王ノ禿は、この先の天気の変化も予想されるのでパス。
山頂で記念撮影していると合計8人くらいのハイカーが登って来られたが、
休憩するには時間的に早く?寒かったのか、我々が再出発してすぐに下りてこられた。
昼の大休憩適地を目指して移動開始。
当初、リーダーko-yaさんの計画では寒風直前でお昼の予定であったが、
コースタイムで寒風まで30分ほど手前に、三峰山の八丁平にも似た
フラットな場所を見つけ、空腹も相まって待ちに待った大休憩となった。
ヤマレコstaygoldさんの手料理「ステイニンニクしおバター鍋」をはじめ、
高級バゲットで食べるアヒージョを作っていただく。
女性陣からも差し入れ多数、どれもこれも手作り超豪華なランチのひとときだった。
材料調達から仕込み、歩荷までたいへんな労力に感謝して。

休憩後、寒風(かんぷう)までの移動は、登りもあるものの開放感たっぷりの稜線歩き。
眼下には、朝に立ち寄ったメタセコイヤ並木や琵琶湖が見下ろせるごきげんな展望。
なるほど寒風手前に風の当たらなさそうな休憩適地があった。
寒風からはメタセコイヤ並木がもっとも間近に見下ろせた。
下山も終盤に差し掛かった頃からポツリポツリと傘が要らない程度の雨が落ち始める。
そして本日も無事に下山完了。
いやぁ~楽しかった、美味しかった。
ご一緒いただいたみなさん、リーダーko-yaさん、ありがとうございました。

その他の写真は以下より。
Check [ 2016/12/07 21:51 ] 比良山系 | TB(0) |   コメント(8)

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ