生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

鈴鹿山系 イブネ・クラシ・タイジョウ (2016.11.26) 

20161126-0.jpg
イブネとクラシ間のモフモフゾーン  ☆保護されるべきと思うほどみごとな苔ゾーンだった

想像以上に良かった、かなり良かった。

【ルート】
 岩ヶ谷林道起点-(林道)-ツルベ谷出合-杉峠-佐目峠-イブネ-熊の戸平(休憩)
 -イブネ北端-モフモフゾーン-クラシ-イブネ北端-イブネ-佐目峠-
 P1084-タイジョウ-(林道着地)-岩ヶ谷林道起点


平成27年9月に認定された鈴鹿10座
裏鈴鹿、と言うのかどうかは知らないけれど、琵琶湖側の、
東近江市から登ることができる山であることを前提に、
山の知名度は度外視して認定された山。
その昔、34年間も続いた登山大会が行われたことから知られることになった
鈴鹿セブンマウンテンとは山自体は5座も重複するが、
登山口が東近江市側かどうかという点ではまた山のイメージが異なるのかも。
鈴鹿10座の登山口には、滋賀県名物の飛び出し坊や「とび太くん」が設置されている。

登った山という点においてはすでにセブンマウンテンは歩いたので鈴鹿10座は今回7座目となる。
10座中、未踏5座のどれを登ろうかと考えたところ、
鈴鹿の奥座敷」「鈴鹿の名峰の眺望が良い」「コケの絨毯」というキーワードにビビッと反応。
それに、雨乞岳に登ったときに眺めたイブネの稜線がとても良く見えたので、
いつか歩きたいなぁと思っていたらあっという間に2年も経過してしまっていた。
それにしても、またしても鈴鹿の個性的な山の魅力にノックアウトされたなぁ。

久しぶりの好天の土曜日、冬がもうそこまでやってきているので、
今の季節のうちに行っておきたい京都北山か、鈴鹿か、どちらに行こうかと最後まで迷い、
行き先によって京滋バイパスかそのまま名神かというところで最終的に鈴鹿に決定。
京滋バイパス経由、名神八日市ICで着陸し、永源寺付近から甲津畑の渋川方面へ。
駐車地到着8時前にはすでに10台以上の車が止まっており、すでにスタートされている様子。
まだ準備中の方がいらっしゃったので話をすると、だいたいのみなさんは雨乞岳のほうだとか。
雨乞岳は通常、鎌ヶ岳と御在所岳の間にある武平峠を起点にするのが多いが、
琵琶湖側(東近江側)からだと渋川が起点になるようだ。
準備が終わると8時15分にもなって少々出遅れた感で、自分より後は一組だけであった。
雨乞岳に登るハイカーとは杉峠までは同じルートである。
最初はコースタイムで一時間40分ものダートの林道歩きである。
この未舗装林道にタイヤの轍はあったが、一般の車は入れないのでひたすら歩くのみ。
左手にはわりと下のほうに渋川を見下ろす感じなので、転落と落石注意といったステージ。
ほぼ水平移動に思える林道は、それにしても長い。。
屋根だけのような三角小屋が現れると林道は終了し、ツルベ谷出合があって沢は右側へ。
道幅狭めの登山道に変わって高所へつり区間、転落要注意ゾーンがしばらく続く。
吊橋を渡り、大きな登り返しからはガレてきて歩きにくくなってくる朽ちた大木ゾーン。
またまた屋根だけの三角小屋を過ぎてからは徐々に登りらしくなってくる。
掘っ立て小屋のようなものがあったので何かと確認に行ったら天然トイレだった。
そこからもしばらくすると杉峠に到着。
若きハイカーがたくさん休憩しておられたのでノンストップで通過。
そこから先は破線ルートでもありあまりハイカーが足をのばさないのか
踏み荒らされた感が少なく良い感じで、どこでも弁当広場なステージになってくる。
佐目峠へは下りとなるがそこもとても良い感じ。
もうイブネまで行かなくてもいいんじゃないかと思って諦めてしまいそうになる。(^^ゞ
そこからの登り返しは、台高の桧塚奥峰直前の登り返しを思うような最後の一踏ん張り。
ところがどっこい、イブネに着いてみたら、
「ナンじゃ、ここはぁ~!!」と絶叫したくなるほどのスーパー弁当広場が広がっていて、
鈴鹿の名峰、雨乞岳、東雨乞岳、御在所岳などなどがバーーン!と。
今まで歩いた鈴鹿の山々のみならず、すべての山を総合してもこんなええところは無い!
と思ったくらいである。
スタートしてほぼ無休憩4時間近くにもなっていてかなりの空腹。
当然、その展望をわしづかみにしてお昼するぞ!と思ったが、
風が少しあって寒そうなので、馬酔木の木の陰に隠れて食べようかと思ったりしたが、
それじゃせっかくの展望がもったいないなぁなどと考えていたら、
風の当たらなそうな、これまた良さそうな場所(熊の戸平)が反対側に広がっていたのでそちらへ。
休憩時間も含め、一般登山道から逸れた場所に来たこと、
休憩後、クラシと思って行った先がイブネ北端だったので戻ったりでロスタイムが大きくなった。
イブネを後にしたのは14時20分にもなっていて少々下山を急ぐこととなった。
下山はタイジョウのピークから林道へ着地する周回を取った。
※注意:タイジョウへは読図等の技術が必要です。
P1084まではスムーズであったが、そこから先がなかなかの難所続きで時間がかかる。
アップダウンはもちろん、右手に大きく切れ落ちてる箇所多数で苦労した。
タイジョウ到着は15時30分。
日没までに駐車場とは言わず、せめて林道に着地しなければならないのでハイペース。
黒い池の先のピークをやり過ごすのに手間取った。
なんとか明るいうちに着地ができ、駐車地に向かう林道の途中で真っ暗闇に。
それでもまだ車が2台止まっていた。
イブネでテン泊している人が居たのでその方の車だったのかも。
今日は天気も良く、たっぷりと鈴鹿の晩秋を堪能できた大満足の山歩きだった。

その他の写真は以下より。
Check [ 2016/11/28 22:58 ] 鈴鹿山系 | TB(0) |   コメント(6)

金剛山 第484回 (2016.11.20) 

20161120-0.jpg
金剛山 千早城址にて

曇り空のなごり紅葉

【ルート】
 登り:千早本道(千早城址から)
 下山:千早本道


生暖かい気温は寒がりの自分にとっては快適であるが、
すっきりしない空模様はどうにかならないものだろうか。。
毎年訪れている金剛山で最も紅葉の美しい場所、千早城址。
ちょっと出遅れたかなと思って駆けつけてみたら、
やはりちょっと見頃は終わりという感じだった。
過去の記事を見ると、ほぼ同じような日にちであったが
今年は少し早かったみたい。。
しかもこの週末は土日ともに曇り空で雨も。
なんとか千早城址の紅葉を愛でて
汗だくになりながら山頂に着くとまさかのガッスガスでパラパラと雨も。
もっと紅葉に毎日のようにまみれたい、と思ってみても、
週末しか休みじゃない労働者ゆえ、
一週間も経てばすっかり変化するのが残念だ。
それだけに貴重な紅葉だ。
また来年。。

その他の写真は以下より。

大和葛城山 (2016.11.12) 

20161112-00.jpg
葛城山頂にて
キバラー、orisさん、飛び入りの北別井喜会会長の吉田さん、グンちゃん、masaさん、長瀬さん、
ミッチー、おとみさん、和美さん、わたしちゃん、ぼくくん、ko-yaさん、みねごん、うっちぃさん

【動画編】


グンちゃんシリーズ第6弾!絶好の青空の下は大奈ミック!

【ルート】
 登り:天狗谷道
 下山:ダイトレ


ヤマレコ版のレコはこちら。

前回までのグンちゃんシリーズ
 シリーズ第1回(正月の金剛山 2014.1.3)
 シリーズ第2回(樹氷の金剛山 2014.2.11)
 シリーズ第3回(10時の金剛山 2014.3.29)
 シリーズ第4回(ツツジの葛城山 2014.5.25)
 シリーズ第5回(夜明けの金剛山 2014.10.18)

二年の時を経て、グンちゃんシリーズが帰ってきた!
これまでの最大催行人員の10名を更新して、13名での葛城登山。
山頂では大奈ミックコンサートが開催されていた。
またとない暖かい絶好の晴天の下でゆっくりと一日を過ごした。
多くを語る必要がない。
それがグンちゃんシリーズ。

他の写真は以下より
Check [ 2016/11/15 22:38 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(14)

比良山系 蓬莱山(縦走) (2016.11.6) 

20161106-0.jpg
蓬莱山山頂にて
ぽぉさん、うっちぃさん、みねごん、こーじさん風音さんKazzさん、キバラー

【動画編】


まさかの小雨スタート、強風、ガス、日差し明るい落ち葉の絨毯のご褒美

【ルート】
 平(だいら)バス停-アラキ峠-権現山-ホッケ山-小女郎ヶ池-蓬莱山
 -(バリエーション)-森山岳-長池-オトワ池-(バリエーション)-
 北山直下-林道第二カーブ-坊村(駐車場)


Kazzさん、こーじさんとのセットでは金剛山でご一緒した2014年11月以来。
風音さんはというと、昨年、Kazzさんとともに武奈ヶ岳へ
そんなこんなでご無沙汰で、このたびひさびさにご一緒する機会に恵まれた。

ぜひ蓬莱山にという希望で、それならば裏比良から縦走して琵琶湖一望を!
とのことで、一度は平日に公休予定であったが天候不良で流れ、
今回こそはと、日本海側の天候がやや芳しくない感じではあったが
どちらかというと午後に向かって回復基調だったので実施することにした。
平日組だった元パティシエ風音さんとも日程が合ったので、
だったらお馴染みメンバーでワイワイと大人の遠足を企画。
第1案は蓬莱山ピストン、第2案として時間と余力があれば坊村へ下山。
車2台で向かい、それぞれ坊村駐車場と、平バス停近くの私有地駐車場へ。
私有地駐車場の看板に電話番号が書かれてあったので
電話をして断りを入れ、500円を投函。
柿を箱買いしないか?と言われたが、遅くなるのでと断った。
そういえば看板に「わさび」が必要なら連絡してと書いてたな。
わさびなら欲しかった。。

まさかの小雨でスタート。
平バス停から取り付きの林道入口までのアプローチは、
ハイスピードで車が通過する、歩道が無い区間の鯖街道歩きとなる。
道路脇を歩くのは危険なので、なんとかならいかと地図を見ていたら
回避できそうな道を発見し、村中を通って林道入口前に出られた。
真新しいアスファルトの舗装林道をしばらく歩き、ドン谷から入山。
天気は回復基調のはずなので、コースタイムで約2時間ほどの
権現山に到着する頃には吹っ切れてくるだろうと思いきや
そんな様子はまったく無さそうなどんより空だった。
小雨ぱらつく植林帯の登りは無言になりたくなるようなひたすらの登り。
権現山ピーク直前で植林限界から抜け出したら、まさかの強風。(≧▽≦)
もちろんガッスガスで、視程30mくらいか?!
展望のある山なのかどうかわからないまま稜線歩きを開始。
山と高原地図では距離の割にコースタイムが短いことから
アップダウンはかなり緩やかだと思われる。
小女郎ヶ池の少し南まではうっちぃさんを除いて未踏である。
本来なら右手眼下に琵琶湖を見下ろしながらごきげんな縦走が楽しめるところ。
眺めるものは無く、ひたすら歩くしかないのでコースタイム短縮になるか?
前に蓬莱山に登ったときに時間切れで行けなかったあのホッケ山に到着するも
空模様は変わらないどころか、かなりの強風でカラダ持ってかれそうになる。
最近こんなパターンが多いので、体感温度測定用に風速計を買わないとなぁ。
(^^ゞ
展望が無いまま小女郎峠に到着すると防寒着を着用中のハイカー多数。
せっかくなので小女郎ヶ池へと向かう。
近くにお越しの節はぜひお立ち寄りくださいって感じで、
何をするわけでもないのについつい誘われてしまう不思議な池。
琵琶湖が見えないので、せめて小女郎ヶ池の水面でも眺めとけって感じ。
いつもは穏やかな小女郎ヶ池は、強風で水面が波立っていた。
防寒着で温度調整をしたところで小女郎峠まで戻り、
最終アプローチ、蓬莱山までコースタイム約30分の登りをノンストップ。
蓬莱山山頂はあいかわらず展望無しで超絶強風であったので、
なるべく風の当たらないリフト駅舎の陰を選び、シートを広げて食事。
みなさんから差し入れ。
うっちぃさんの大学芋は味付けがバージョンアップ。
みねごんケーキは、Kazzさんの迷彩柄イメージに合わせて作ったパウンドケーキ。
風音さんからは、もう買えなくなった幻の風音バウム。
それにしても持ってきたウェアをぜんぶ着込んでも寒いくらい。
ネットに当たる風の音がまるでジェット気流のようにゴーゴーと当たる。
さすがにリフトは止まっていた。
当然止まっていると思われた日本最速を誇る巨大なロープウェイのゴンドラは、
強風?なにそれ?って感じで涼しい顔して動いていた。(@@;
こんな日でもハイカーはそこそこ多かった。
食事が終わる頃には空模様が徐々に回復へ。
琵琶湖の展望もバーンっと広がってきたので一同、テンションアップ!
お手洗いのあるリフトの麓駅まで下山し、そしてすぐ登り返し。
今度は展望のありそうな稜線歩きでピストンもいいけど、
せっかくなので落ち葉の絨毯の森山岳周辺を案内したいと思ったので、
時間はタイトながらも第2案を実行することにした。
ここを歩く際は地図は携帯、できればGPSまたはスマホも。
地図読みはもちろん、ルーファイのスキル要で、道迷い遭難も発生している山域なので要注意
期待通りの真っ赤な秋が待っていたので来てよかった。
昨年、arajinさんの案内で歩いてから早いものでちょうど一年経った。
まるで先日の事のようであるが、月日はそんなに一瞬ではなく、
日常生活においていろんな出来事があってそれらをくぐり抜けてきたのに、
ここは昨年と何ら変わっていないのでまるで時間が止まっていたかのようだ。
そんなこんなで短い秋を感じながらオトワ池に到着。
さてここからは全員未踏のバリエーションでの下山となる。
白滝山を経由する伊藤新道だとコースタイム通り歩いても日没アウト。
下山ではワサビ滝周辺がやや危険で、遭難事故も発生しているエリア。
裏比良山麓にお住まいのFLATさんから、林道第二カーブからオトワ池に直接上がれる
安全なルートがあると聞いていたので、そこをルーファイにて下山に利用。
小さなミスであるが、北山P695を通ればスムーズだったかもしれないのに
登り返したくない(楽しようと)と思った結果、余分に時間がかかってしまった。
日没までにぜったい下山することを最優先としたのでややハイペースとなったが
みなさんのレベルが高く、全員怪我もなく無事着地で終えることができた。
天候全部入り、寒い一日ではあった比良の魅力に気づいてもらえたら幸いだ。
ご一緒いただいた皆さん、ありがとうございました。

その他の写真は以下より。
Check [ 2016/11/08 22:19 ] 比良山系 | TB(0) |   コメント(18)

鈴鹿山系 御池岳(T字尾根) (2016.11.3) 

20161103-0.jpg
御池岳テーブルランドにて

終始強風、そしてまさかの雨、雪混じりのみぞれ、ホワイトアウト・・・。

【ルート】
 君ヶ畑駐車場(無料)-(林道)-取り付き-P878-P918(T字尾根クロス)-
 御池岳テーブルランド徘徊(お昼)-土倉岳-ノタノ坂-駐車場


鈴鹿の山はどれも個性的で「こんなの他の山には無い!」という驚きが多い。
中でも過去に印象的だったのが御在所岳、霊仙山、
そして、鈴鹿山系の最高峰、御池岳だ。
夏場はヤマビルが多いので、実質的に春または秋が鈴鹿のシーズンである。
未踏で気になる山はあるが、以前から歩いてみたいと思っていた御池岳はT字尾根。
落ち葉サクサク、落葉が始まって明るい尾根を、ルーファイをしながら
深い鈴鹿の山中を静かに歩けるかとおもいきや、行ってみたらなんとメジャーな。。
駐車場8時前に続々と車がやってくる。
それでも付近に少なくとも3箇所は駐車場があった。
山と高原地図では破線すら無く、マイナーでマニアックに楽しめると思ったら、
踏み跡ハッキリ、手製の案内板もあったりでT字のクロスポイントも
地図すら要らないくらいの親切さだった。
最初しばらくは舗装林道歩きで、取り付きからは植林帯、
その後、植林限界(≧∇≦)を越えて稜線に取り付くとと快適落ち葉の絨毯ゾーン。
しかしながら空を見上げるとどんより曇り空で強風。
あれ?今日はこんな天気だったっけ?
やがてT字尾根のクロスポイントに到着して御池岳テーブルランドを仰ぎ見ると
上はガスがかかっている。
快適でどこでも弁当広場なのは、今、歩いているこのT字尾根だけでは?
というイヤな予感がした。
しかしまだ往路の途中であるし、せめてテーブルランドに上がってから以降でないと
お昼するには早すぎる時間である。
T字尾根、クロスポイントからテーブルランドへは登り基調かとなんとなく思いきや、
激下ったり、超細尾根だったり、木の根っこゾーンだったりのアップダウン。
最後はヒーヒー言いながら、粘土質の(いかにも夏場はヒルの居そうな)
激登りの果にテーブルランドにたどり着くと、久しぶりに見るだだっ広さ。(≧∇≦)
空がどんよりなので荒涼感が漂っている。
そうこうしていると空はさらに鉛色となって、ついに小雨が降り出してきた。
なんということだ。。
この広大なテーブルランドを眺めながら青空の下でノンビリお昼と思いきや、
強風吹きすさぶ試練のステージとなった。
雨雲は強風により一時去ったのを見計らってお昼にするも、
ダウンジャケット、薄いフリース、ウインドブレーカーを羽織っても震えが止まらない。
寒い、、寒すぎる、、まだ寒さ慣れしていないのだ。
あまりに寒いので、駆け足で運動場一周ならぬ、テーブルランドを走り回ったが
カラダは温まるどころか強風でたちまちお体温を奪う。
さすがにもう下りようと撤収したところで急にガスが濃くなってホワイトアウト。
ピストンはしたくないので、下山の土倉岳方向へ向かうも、ガスで見えにくい。
テーブルランドの淵はまるで直角のように切り立って見える。
GPSでは取り付き付近にたどり着いているのはわかっているが、
どこからどうやって下るのか、ホワイトアウトでまるで見えない。
そうこうしていると若い単独男性が後からやってきたので一緒に考える。
都合よく土倉岳の方向を示すものがあって、
その矢印の示す方向は違うだろうと思いつつも確認すると、
どうやらかそこからしか下りれそうにないことが判明し、
土倉岳までの間、その男性と一緒にルーファイしながら歩いた。
まさかこんなところでルーファイになるとはね。
高度が下がってガスが吹っ切れたゾーンに入った。
男性には急いでいる様子だったので先に行ってもらった。
そんなこんなで下山続行。
あれ?どっちかな?というポイントがあるので地図やGPSは必携である。
終盤ではまさかの悪名高い関電道(中部電力なので中電道)が出現。
例のプラッチック階段である。
これが現れるとこれまでロクでもない思いをしてきてる。
まさかと思ったが、一箇所高所ヘツリのヤバそうな箇所があったりの難所であった。
そんなこんなで下山完了。
T字尾根から登るルートは、御池岳の魅力の本質を味わえるものであったと思う。
それにしてもサブかった。。

その他の写真は以下より。
Check [ 2016/11/04 23:27 ] 鈴鹿山系 | TB(0) |   コメント(9)

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ