FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない。その時々のナニカを発見し記憶の定着のためにカメラを持とう。
月別アーカイブ  [ 2016年01月 ] 

金剛山 第428回 (2016.1.9) 

20150109-0.jpg
金剛山山頂にて  ※時計台ポーズ

またまたナイトハイク下山になった。

【ルート】
 登り:ワサビ谷ルート
 下山:千早本道


正月早々、いろいろあってバタバタしておりました。
ちなみに「金剛山の一日」だけは毎日欠かさずチェックしている。
今日も時計台ポーズやってる人が居るかな~?ってね。(≧∇≦)
お!今日も知らない人がひとり、またひとり・・。
時計台ポーズは特にメッセージ性は無いけれど、なんだかイイね!

やっと寒波襲来でいよいよ白いものがたっぷり来るかな?と思いきや、
寒さだけで降るものが降らないもんだから積雪はダメっぽいね。
9日はマイナス2~3℃まで下がったものの、10日はまた0℃と、
氷華もなかなか拝めない温かい気温。
葛城山ではアケボノソウが狂い咲きしているとか。
1月も中旬になろうかというのに、
山頂捺印所前に「山頂カマクラ」が無いのは過去に例が無い。

3連休初日の9日の今日は朝からバタバタで、
午後遅くから山に行く時間が取れたので向かう。
登り出しが15時にもなっていたので下山は日没必至。
本道で下りるために登山口側の駐車場へ。
夕方に向けて登るので、どこか明るい雰囲気なルートは・・・?
暗い雰囲気=植林帯
と考えると、
明るい雰囲気=自然林帯(落葉していて明るい)
そう考えるとワサビ谷ルートの一択であった。
大阪側唯一といっていい自然林帯メインのルートである。
ちょうど日没の時間帯が近づいてきていて、
夕陽に黄金色に染められた木々の枝のごちゃごちゃ感が複雑でカオスだった。
山頂の国見城址広場直前でうっすら積もった雪が踏み固められてツルツルテン。
滑って転けそうになりながらもなんとか這いつくばって山頂到着。
すかさずチェーンスパイクを装着したのは言うまでもない。
大抵の場合カメラを手にしているのにアイゼンのようなものを付けたり取ったり、
取ったら取ったですぐにしまえばいいのに、またすぐ使うかもと手にもってぶらぶら・・・。
積もるなら最初からアイゼン付けたいからスタート地点から積もってて欲しいし、
積もらないなら山頂でもアイゼン不要であってほしいというワガママ。(^^ゞ
だから雪の季節はめんどうだ。
あと二ヶ月半もしたら、またほれあのそのチャレンジ登山大会がすぐそこだ。(^^)
もう今さら雪降らなくていいよ!って開き直りたくならない?
二ノ滝や、もみじ谷第六堰堤の氷爆なんてもはや都市伝説か?!(≧∇≦)
たのむから、そろそろドカ雪でも降っていただけないでしょうか?

その他の写真は以下より。

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
12 | 2016/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジコミ

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)