生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

高見山地 局ヶ岳 (2015.9.27) 

20150927-0.jpg
局ヶ岳山頂にて

20150927-25.jpg
局ヶ岳山頂マイクロウェーブ反射板から

山頂からの展望だけがすべて

【ルート】
 局ヶ岳神社-時計回り-新登山道(椿の滝コースではない)-局ヶ岳山頂-旧登山道-局ヶ岳神社


歯に衣を着せずにその山の印象をズバズバ思ったまま書いておられる方のサイトをたまに参考にしており、
その中でも今回の「局ヶ岳」はボロカスではなかったので気にはなっていた。
いちおう関西百名山ということにはなっている。
何にしろ伊勢に手が届くほどの距離で、山と高原地図は圏外、コースタイムは一時間半ほどと、
スペックを見てもわざわざ行く値打ちがあるように思えなかったけれど、
遠出気分と未踏の山を登るワクワクに期待して出発した。
晴れだという思い込みがあったが、吉野を過ぎたあたりから空模様が芳しくなく、
雨雲レーダなどで確認すると帯状の雲が、まさにこれから行く局ヶ岳を狙ってくるかのように流れてくる。
北のほうの山へ行かないとこれは雨でアウトだな、と思いつつも晴れ男を信じて
とりあえず現地に着いてから考えよう的なお気楽さで、いざ現地についていると天候は回復基調。
雨も降ってきそうにないので予定通り登ることにした。
いこか戻ろうか他の山ならどこに振り返るか車中で地図とにらめっこしていたりでロスタイムが大きく
登りだしは9時スタートになってしまった。

無人の局ヶ岳神社の駐車場を起点に、林道を時計回りに進み、新登山道とやらから登り出す。
ピストンが嫌いなので、周回できるのは楽しみである。
結果から言うと、反時計回りのほうが変化に富んで楽しめたと思う。
新登山道とやらはやたらとつづらの植林の中で、何の変化も無く、
山頂手前になってようやく局ヶ岳の個性発揮という印象を受けた。
植林が終わって自然林ゾーンになるとだんだんと急登になり、
山頂直前にもなるとさらに急となって、いかに尖った山頂かということを思い知らされる。
それもそのはず、局ヶ岳は「南伊勢の槍ヶ岳」とも言われているらしい。
山頂にポンっと出るまでは、さぞかし山頂は狭そうだろうと思っていたら、
十分な広さのフラットな山頂だったし、一段下に降りると木製ベンチがあって
南東方向の展望を眺めながらお昼を摂ることができた。
予報からして雨か曇という状況で、登っている最中の前後に人の気配は無く
熊鈴でも鳴らさないと寂しい山歩きであったが、
山頂で休憩していると20名を越える団体が登ってきたので驚いた。
団体は約40分の休憩の後、嵐が去るように下山していかれた。
それだけの人数でも収容できるほどの広さがあったわけである。
局ヶ岳には昭和20年2月海軍輸送機が激突して12人が遭難したという
痕跡のある箇所があったり、山名の由来となった哀れな物語など歴史に名を残しているらしい。

さて、せっかく360度の展望のあるかっこよく尖った山頂なのに、
マイクロウェーブ反射板があるせいで約25%の範囲には展望が無く興ざめである。
これが冬場には北風でも防御してくれるなら良いのに東側に設置されているし。

十分すぎる休憩の後、なにげに反射板を取り囲む柵まで近寄ってしげしげと反射板を
舐め回していると、おや?あれは何?と気づいた。
よく見ると、反射板を取り囲む柵は後ろと横だけで、前方には来てくださいとばかりに
アプローチの階段や展望デッキ、ベンチまで設置されている!
せっかくなので行ってみたらなかなかゴキゲンな展望台だった。(≧∇≦)

下山は、自然林帯が終わるところまでは登ってきたルートと共有するが、
そこからは旧登山道のほうへと下る。
登りの退屈なつづら折れの植林帯に比べるとずいぶん変化に富んでいた。
終盤は、水量の多くない長い沢と平行しながら延々と下山していると、
その沢は、遡行して登るには何の障害も無い歩きやすそうなことに気づいた。
いつかチャンスがあればその沢を登りつめてみたいと思った。

帰路、登山口から和歌山街道に出てすぐ近くにある「飯高駅」(鉄道などの駅ではない)
という道の駅のような施設に立ち寄る。
地元で撮れた野菜などの販売ゾーンや、飲食店、温泉などなどがあって賑わっている。
ここでは飯高で採れた栗を買う。松阪牛のレトルトカレー(千円)や伊勢茶も気になった。
そしてそこにある温泉「肌峡温泉 いいたかの湯」で汗を流す。
貸しタオル(といってもまっさら)付きで640円は小ぎれいな温泉であった。
そんなこんなであまり歩き足らなかったので帰りに金剛山に寄れるかなと時計を確認したら
とても間に合わない時間になっていた。(^^ゞ

その他の写真は以下より。
Check [ 2015/09/28 18:16 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(6)

比良山系 蛇谷ヶ峰 (2015.9.19) 

20150919-0.jpg
蛇谷ヶ峰山頂にて

山頂からの眺望と、芝生広場だけがすべて

【ルート】
 グリーンパーク思い出の森-360.3P-蛇谷ヶ峰山頂-カツラ谷-
 柏集落-グリーンパーク思い出の森


シルバーウィークの初日、名神は宝塚方面がすでに渋滞気味。
鯖街道を北上し、武奈ヶ岳登山の起点であるボーソン(坊村)を通過、
8時くらいに「くつき温泉てんくう」のあるグリーンパーク思い出の森に到着。
8時20分にスタートし、コースタームで3時間の谷ルートを歩いてみようと
朽木いきものふれあいの里のほうへと移動。
まさかの下りで下りきったところに大きな吊橋。
橋を渡ったら登り返しで朽木いきものふれあいの里に着いてみたら何も無く、
林間の立地の良いところなのにすでに廃キャンプ場となっていた。
したがってここの駐車場は封鎖されている。
その廃キャンプ場の中にある、谷ルート(指月谷)への分岐のところに来ると、
「立入禁止」のテープがぐるぐる巻き。
最新の山と高原地図データの入ったGPSではこの谷ルートは消されていて存在しない。
スマートフォンの山と高原地図は2012年版なのでまだ実線ルートとして描かれていた。
仕方がないので谷ルートを諦め、見どころの無さそうな尾根ルートへと進出。
廃キャンプ場の外れにニオイコブシの丘を経由して山頂へ行けるという看板があったので、
林道から外れて看板に従って登り始める。
ほどなく360.3Pに到着すると、「不屈の一本松」という枯れきり腐った松の木の残骸があり、
すぐそばに「蛇谷ヶ峰展望台(ニオイコブシの見える丘)」という
よく意味のわからないスポットがあった。
ほどなく林道に合流。
しばらく進むと、山と高原地図では左ルートと右ルートに分かれるような実線になっているところに着く。
左ルートはどうやら尾根ルートである。
尾根ルートは何も無さそうなので、右ルートの沢の音聞こえるほうへと進出したものの、
踏み跡がしまいには消えてしまい、ややブッシュ気味のところを迷走。
拉致があかないので尾根ルートのほうへと寄って登って行くと、
右ルートの実線に達するまでに踏み跡バッチリな尾根ルートに出た。
そこからは果てしなく階段ばかりの登りで、花一輪すら咲いていない修行の登りであった。
自然林ばかりなので、紅葉シーズンはきっと美しいのかもしれない。(^^ゞ
その後、山頂までの間はまったく特筆すべきものは無かった。

山頂がすぐ近くに迫ってくると、琵琶湖の展望が開けてくる。
そして山頂に到着すると、開放感バツグンの琵琶湖を見下ろす展望や、
反対側にはグリーンパーク思い出の森などがある朽木の集落を眼下に見下ろせる
まるでゴルフのグリーンの上みたいな芝生広場があった。
その芝生広場でゆっくりをお昼にするものの、風が強くて寒かったぁ。
以前、武奈ヶ岳から縦走したときに地蔵山で敗退したので、
その続きの未踏区間を歩いて下山しようとも思ったが、
バスの時間も調べてなかったし、コースタイムを見てあっさりボツ。

下山は、登ってきたような尾根のそのまま下るだけでは面白味がない。
そういえば谷ルートが、上からだと立入禁止ゾーンを通らずに下山できると書いた看板があった。
そういうことなら谷ルートで下山してみようとそっちへ行ったのはいいとして、
なかなかの難ルートで、一般登山道だった頃の実線から大きく外れていったときには
不安になったし、立入禁止ゾーンではないのに登山道が崩落していて
そこをクリアするのに苦労したり、ヘビ三種3匹、ヒル一匹に遭遇するなど、
登りが退屈だっただけに、なかなか刺激的な下山となった。(^^ゞ
柏集落に下山してからの下道が長かった。
そしてグリーンパーク思い出の森までの登り返し。
う~ん、ちょっと煮え切らなかったなぁ。
キャンプ客でいっぱいのくつき温泉てんくうで汗を流し、
館内にあった宝牧場のソフトクリーム(これが美味!)を食べて帰途へ。

その他の写真は以下より。
Check [ 2015/09/20 22:41 ] 比良山系 | TB(0) |   コメント(14)

金剛山山麓 『手打ちそば 縁(えに)』 

20150913-1.jpg
手打ちそば 縁(えに)

営業時間:土・日・月・火 11:00~16:00 (売り切れ次第閉店)

金剛山の千早登山口のすぐに近くにある大きな民家が蕎麦屋さんになっている!
との知人から聞いたのが8月のことである。
それから一ヶ月以上経って、ようやく行くことができた。
営業時間中はどちらかと言うと山の上にいることが多いので、なかなか縁が無かったのだ。

大西さんの長年の夢だったという蕎麦屋。
自宅のはなれの一部を改築し、縁(えに)という手打ちの蕎麦屋さんをついにオープンされたという。
名水で作った手打ちそばに生ワサビでをつけて食べるざる蕎麦や、
にしんそばなどのあたたかい蕎麦メニューもある。
蕎麦は二八そばで、今回、水害の影響を受けなかった茨城県は常陸(ひたち)から
蕎麦の実を取り寄せ、自身で挽かれて手打ちをされてらっしゃる。
ほかにも随所にこだわってらっしゃって、にしんそばのにしんは自家製調理で、
蕎麦の味をスポイルしない薄目の味付けにしているという。

お店は大西さんご夫婦と娘さんでやっておられて、スイーツは娘さんの手作り。
数量限定「本日の縁セット(1,300円)に付いてくる「そば茶のブランマンジェ」にのっかっている
蕎麦の実を食べたのは初めてで、カリッサクッでお菓子のような食感だった。
店内は明るさに溢れていて、昨日、今日オープンしたかのように真新しい。
もうちょっと慣れて落ち着いたら、珈琲などカフェメニューも作りたいとのこと。

蕎麦の話ではないが、大西ご主人が見せたいものがあるとのことで
庭を見せていただくと、え?まさか!と目を疑うものがあった。
ついでに◯◯や△△もあるよ、と案内してもらったら驚きの連続。
書いていいのかどうか。。

20150913-4.jpg
数量限定「本日の縁セット(1,300円)税込」 別途デザート付き

日本百名山 荒島岳 (2015.9.12) 

20150912-0.jpg
日本百名山 荒島岳 山頂にて  赤トンボ・・

【動画編】


長いブナ林に癒されながらも、終始悪路に悩まされた

【ルート】
 勝原(カドハラ)スキー場跡駐車場-しゃくなげ平-荒島岳(ピストン)


荒島岳はずっと以前から気になっていた山で、一度は登っておかないとと思っていた。
天候やタイミングやゆとり、お財布事情などがなかなか一致せず、遅ればせながら今になった。
アクセスは琵琶湖を半周するように名神から北陸自動車道をひた走り、
福井ICで着陸、下道を延々と走って計4時間足らずで到着。
途中休憩は「多賀SA」、「賤ヶ岳SA」で計20分程度の休憩、という距離感。
勝原(カドハラ)廃スキー場の無料駐車場に着いたのは7時半ごろ。
すでに多くの車が駐車していたが駐車場の広さは十分だ。
まもなくツアーバスも到着して降りてきたハイカーたちが、
リーダーからのレクチャーを受けた後、ストレッチ始める。
準備にもたもたしていると、後から来た人がどんどん先へ行くではないか。
みんな素早いね。
ただ歩きに来て、ピークハントするだけを目的とするならともかく、
のんびりやさんの自分は、しっかり噛みしめながら味わいながら、という言い訳。(^^ゞ
午前8時ちょっと過ぎたところでスタート。
荒涼としたゲレンデ跡の舗装スロープを登って徐々に高度を上げて行く。
背後の山々の風景に、風にたなびくススキが心地良い。

スロープを登りきって右へ折れると、直射日光にさらされてたちまち暑くなる。
そこからはオフロードとなり、石ゴロゴロの足場の悪い、ややブッシュぎみで
鬱蒼としたところ(って最悪じゃないか)をまだかまだかと登る。
巻き上げ機の残骸の元リフト終点までは真夏の炎天下のような暑さにもマイッタ。
そこからほどなく自然林地帯に入っていくとようやく登山口の標識。
足場は石ゴロゴロから、滑りやすそうな粘土質へと変わる。

いつしか美しいブナ林のステージへと変化。
秋に紅葉したらさぞかしキレイだろうなぁ。
冬に落葉したらきっと明るいんだろうなぁ、と妄想。
しかし、これがやたらと長い。
木の根っ子ゾーンに加えて朽ちた階段ゾーン。
途中に小池と水場が25m行けばあるって書いてるもののスルー。
ここは大山か?はたまた氷ノ山か?
どこの山に行ってもたいして景色って変わらんよなぁ。(^^ゞ
トトロの木、白山ベンチ。白山近いし、ここまで来たら白山に行きたい!
赤兎山も登りたい!どうして今ここにいるのだ?(^^ゞ
中出ルートからの合流ポイント「シャクナゲ平」からは少し下ってまた登り。
ようやく展望が開けてきて、前荒島あたりからは展望ゾーンとなるも
「もちがかべ」あたりはさらなる悪路。
登りはまだなんとかなるけど、下りがけっこう油断転倒しそう。(したし)
そんなこんなで、まだ暑さ残る、開放感のあまり無い稜線を歩き続け、ようやく荒島岳山頂に到着。
山頂周辺には十分なフラットスペースの弁当広場があり、総勢30名くらいのハイカーがいた。
そんなこんなであまり特筆すべき特徴には気づけなかったなぁ。
もちろんこれは荒島岳のほんの一面しか見てないわけであるし、
他のルートを歩いたり、季節違えばまったく印象が異なることであろう。
鉄道の時間さえ合えば、九頭竜線「勝原」の次の駅である「越前下山」へと下る縦走ができそうなので、
そうなるとさらに荒島岳というものを知ることができたに違いない。

高低差約1,200mの長丁場のほとんどが悪路という笑うしかない一般登山道は、
ダイヤモンドトレールで言うところの、ハードルと化した朽ちた階段はやたら長いし、
滑る岩、滑る木の根っ子、転倒しないほうがおかしい。
下山では4回転倒、そのうち1回は青タンができて内出血の打撲。
わざわざ遠征してきたのに百名山がこれかい!っていうかだいたい想定内だったけどね。(^^ゞ
あ~、も~百名山なんてまったく信用できないなぁ。
これからはビビっと、インスピレーションで登りたい!と思った山に登ることにしよっと。
とか何とか言ってみたけど、あえて印象に残ったところは・・・白山の眺めは思っていたより遠かったし・・
山頂でわんさか飛んでいたトンボかな?(≧▽≦)
いや、秋に紅葉したり、冬に落葉したらスゴイであろうブナ林に尽きるかな。
帰り道の温泉に入って、福井市内のソースかつ丼で有名なヨーロッパ軒総本店に立ち寄って帰国の途へ。

その他の写真は以下より。
Check [ 2015/09/15 21:16 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(15)

金剛山 第404回 (2015.9.5) 

20150905-0.jpg
金剛山山頂にて 流行の時計台ポーズ

【動画編】


午後からの山登りはなぜかしんどいな。。

【ルート】
 登り:ツツジオ谷ルート
 下山:千早本道


夏日を思い出すとても良い天気だったのに所用があり、
午後から時間が出きたのでなんとか金剛山へ。

花でも見つけながら歩けたらと、しばしご無沙汰していたツツジオ谷ルートから。
しかしながら、アキチョウジやミズヒキばかりやたら目につくだけでこれといって収穫なし。(^^ゞ
たまにヤマジノホトトギスやクサアジサイがちょろっと。
そろそろアケボノソウが見れるみたいだし、ジャコウソウやテイショウソウ、
カリガネソウなんかも見たいなぁ。→無理でした。(^^ゞ

午後遅くなのでのんびり静かな山きが楽しめるかと思っていたが、
湿度が高くて?・・なんだろ、けっこうしんどかったなぁ。
山登りするには気力・体力・意欲・・・いろんな条件が整わないとね。
涼しくなってきたらもっとガツガツ歩けるだろうか?!
最近は数々の快適グッズのおかげで、
低山を軽く登って、休憩に2時間くらいたっぷり取る、
そして時には昼寝もする、ということに浸ってしてしまっていて抜け出せない。(^^ゞ
だんだん長距離が歩けなくなってきている予感。(≧∇≦)

腰折れ滝、一の滝、二の滝と、清涼感たっぷり。
カトラのバリエーションの豊富さも好きであるが、ツツジオ谷ルートもけっこう好きかも。
さすがにこの時間に下ってくる人もいなかった。
17時前に山頂に着くと、捺印所へ直行。
いつも気さくで愛想のよい西田さんに出迎えられた。
ライブカメラに映るチャンスが二度もあったのにうっかり八兵衛。
今日は日没まで山頂に居て、ナイトハイクして帰るつもりなので
山頂広場でまったり休みながら空撮のタイミングを待つ。
汗で古いウェアが汗でクサクサなのでブヨが寄ってきて落ち着かず。(^^ゞ
山頂気温17℃で涼しいような寒いような。
展望は霞んでいて見通し悪し。
タイムラプスを撮るも雲が流れもしない。
空撮をしていると単独の男性がやってきて興味を持っていただいたみたいでしばしお喋り。
そんなこんなで日没となったので千早本道より下山。
スマホのLEDライトがかなり明るいのでヘッデンの出番なし。
まつまさ駐車場に戻ってくると、まだ数台の車が。。
着いたばかりの車なのかずっと止まっていたのか、
人が居るのか居ないのか、最新鋭サーモスキャナーをかざすとまっ暗闇なのに人が居た。
暗闇に潜む野生動物探索に使えるかも?山グッズ認定なるかどうかはしばし実験をつづけたい。
下山完了は19時半。

その他の写真は以下より。

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
自分とのたたかい
カウントダウンタイマー
第43回チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
08 | 2015/09 | 10
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中

ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ