生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

北摂山系 ポンポン山 (2015.7.25) 

20150625-0.jpg
ポンポン山 山頂にて

【動画編】


山名はともかく、快適な山歩きができた

【ルート】
 駐車場-本山寺-高槻の古木-ポンポン山山頂-釈迦岳-川久保渓谷-駐車場


良いウワサを聞いていたので、ずっと気になっていたが、
そこまで行くなら六甲や他にもっと楽しそうな山があるだろう、という食わず嫌い的な思い。
軽はずみで付けたような?脱力的な名前が受け付けなかったのかも。
暑すぎるし、遠征するゆとりもないし、山なんて近場で十分だし、というちょっとバテぎみで、
忙しかったのもあって当日の朝まで無計画。
未踏の近場の山ってことでとりえあえず妙見山を目指して出たものの、
途中で地図と睨めっこしているうちに、あまりにも人口的な山を想像して気が変わり、
じゃあ、ポンポン山でも消化しとこかぁ、というまったくの行き当たりばったりだった。

本山寺に参拝して山に登らせていただくということで駐車場をお借りし、
いざスタートしたものの、いきなりコンクリート舗装路が延々である。
山と高原地図を見ると、ここからの登りは下りもコースタイムが同じである。
つまり・・もしかしてフラット?!
けど舗装路とはいえ、登ってるよなぁ。
本山寺が近づいてくると、神々しい雰囲気につつまれる。
あの日本有数のパワースポット、玉置神社を思い出す清々しさ。
なんだろ、この表現できない気持ちは?!

参拝して、本殿を右へ回り込んだところからいよいよ山道へ。
予想通りの平坦さ。(≧∇≦)
ちょっと登ったような登ってないような気がしたかなぁ?と思っていたら、またまたフラット。
金剛山の白雲岳の下あたりの大好きなダイトレ区間が延々続く感じ?
つまり、笑ってしまうほどごきげんなトレールである。
楽すぎてもぉ。(≧∇≦)
先週末の六甲山の暑さはなんだったのかと思わせる西からの風につねにさらされて、
その気持ち良さったら、もう山登りに来てるのか散歩に来てるのかわからなくなってきた。
それでもいちおうは軽い登りがあるが軽い下りもあって高低差差し引きゼロって感じなのかな。
ポンポン山は、本来は「加茂勢山」という格好良い名前があるらしいが、
このトレールを歩いている限り、もう「ポンポン山」で良いよぉ、許すって気持ちになってくる。
植林ばかりとおもいきや、自然林も豊富で、季節を変えてまたリピートしたい山だと思った。
他にはない個性がある山。

ポンポン山の山頂は360℃の展望なのに影も多く、手作りのテーブル、ベンチが多数。
ここでお昼を摂った後、ザ・チェアに身を任せて風に当たっているとあまりにも気持ちよく、
意識を失うほど深い眠りにつき、30分以上昼寝してしまった。(≧∇≦)
さぁて、そろそろボチボチ歩きだそうかぁ。。ってな調子で、
釈迦岳を経由する周回の予定で再出発する。
途中、高圧線鉄塔の下とか、寒い冬場でも暖かそうな弁当広場適地もあった。
釈迦岳のことはあまり多くを語りたくない。。
だれ?名前なんか付けたのは?おそれおおい「釈迦」とかほど遠いような。。(^^;
軽はずみすぎるよ、ったく。。
でもこのトレール、快適すぎるので何があっても許す。
「大杉」という大杉なんかあったっけ?みたいな分岐に差し掛かったところで、
山頂で出会った高槻勤労者山岳会の方と再会し、尾根ルートで帰るか
沢ルート(川久保渓谷)で帰ろうか迷ったが、尾根ルートはこれまで歩いてきたのが
延々と続くだけだろうから、ここはちょっと気分を変えて沢ルートで下山することにした。
あ、しまった。高槻勤労者山岳会の人に、沢ルートに「ヒル」が居るのかどうか尋ねるのを忘れた。

沢ルートへは破線ルートになっているがしっかりした登山道だ。
途中、小さなおたまじゃくしがたくさん泳いでいる池や、湿地帯、沢がちょろっとあっただけで、
すぐに林道に出た。
そこから最後まで延々と、まさかの林道ルートだった。(^^ゞ
そんなことなら尾根ルートで周回すれば良かったなぁ。
そういえば沢の水はなぜか白濁していたな。
高低差がほとんど無かったような山であったが、決して裏山的なものではなく、
なかなかスケール感とボリュームのあるトレラン適地な山だと思った。
そんなこんなで、夢の中にでも居たかのような山歩きがスムーズに終わった。

その他の写真は以下より。
Check [ 2015/07/27 23:01 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(12)

六甲山系 ロックガーデン (2015.7.20) 

20150620-0.jpg
芦屋ロックガーデン ピラーロックにて

【動画編】


暑くても、やっぱりロックガーデンはオトナのジャングルジムだった

【ルート】
 滝の茶屋(高座の滝)-地獄谷遡行-C懸-B懸-ピラーロック-中央尾根クロス-
 だるま岩-五叉路-展望のある岩-(昼食)-横池-風吹岩-中央尾根-滝の茶屋


やたら水量の多い地獄谷を抜けると灼熱の炎天下。またしてもバテた。
なぜこんな時期に六甲かという話は置いておくとして、
ちょうど2年前の2013年7月20日のまさかの同じ日の暑い日にロックガーデンに来ていた。
あの頃は若かった。今より2歳も。(≧∇≦)
あの時は体調イマイチだったのも手伝って横池までが限界だった。
はてして今回は。。
六甲山には地獄谷と名の付くところが他にもあり、裏六甲の地獄谷は未踏で、
どうやら楽しいらしいので、今回歩いてみたかったが、
先週末、神戸方面に停滞した雨雲による集中豪雨で水量がかなり多いことが予想された。
水量が多いと突破できないところがあるとか。
今回は裏六甲側まで行く気力も無かったのでいつものように表六甲芦屋のロックガーデンへ。

起点の滝の茶屋(高座の滝)から少し上がったところでいつものごとく地獄谷の沢へと下る。
中央尾根は下山でしか使ったことが無い。
先行する男性が大ジャンプをして流れを飛び越えている。
思いのほか水量が多く、たしかにこれは大ジャンプするしかない。
なんとか着地したものの、水量の多さは通常時の倍以上にも思え、この先が少々不安も。
それでもなんとかカメラを濡らすことなく、楽しみながら沢を遡行することができた。
地獄谷が初めてと思われる方が多数見受けられ、沢の遡行は無理と判断したのか、
踏み跡の無さそうな高所を高巻きしている人がいた。
こっちは沢の中なので落石でも落とされたらたいへんである。
流れる水の音が大きく、わざわざ上を見上げなければ上に人が居ることに気づかなかった。
進行方向正面や足元だけでなく、常に廻りの状況に変化が無いかと意識しなければならない。
地獄谷の終点である「小便滝」からは沢を離れて炎天下の中への登りとなる。
ここからは迷路の始まりで、以前、段取八分さんに案内してもらった通りしか歩けない複雑さ。
ちょっとでも違う踏み跡を冒険してしまうとどこに出てしまうかわからない。
神戸の街並み、海、風、オトナのジャングルジム、ロックガーデンは暑くても楽しかった。
今回の目標は、あの一本松の黒岩や、こんな岩の上にもう一度行ってみたかった。
そのためには奥高座のほうに行かなくてはならず、手っ取り早く大通り(中央尾根)に復帰したかった。
記憶を頼りになんとか中央尾根に出た時にはけっこうバテてきた。
中央尾根を交差するように跨いですぐに下る。
久しぶりにあの「ダルマ岩」も見に行こうと思った。
途中、単独女性と出会う。
挨拶をすると、「目を何かに刺されたみたいで、えらい腫れてきたんです、何なんでしょう?」と
不安いっぱいの様子。
見てみるとまぶたが殴られたかのように腫れあがっている。
「ああ、それはブヨですよ。3日でほどで腫れは引きます」と教えてあげ、さらに
ブヨが黒ゴマくらいのもので、蚊とは違って・・とあれこれ説明したところ安心された様子。
「(仕事を)リタイヤしておいてよかったわ。こんな顔だと会社行けない」・・・。
この女性とは再び出会うことになる。
今度は自分のほうがあれこれ教えてもらう事になるとも知らずに。

だるま岩への取り付きはすぐにわかり、そちらへと進出。
人の気配は無い。
水が流れていたので顔を洗う。
顔を上げると目の前に団体が来ていたのでびっくりした。
団体に追い立てられるかのように歩く。
なつかしのだるま岩が健在であった。
空腹感にバテ具合を勘案すると、横池に行ってお昼を先に摂るほうがよさそうと判断。
暑さに参りながら登り返している途中のそれたところに眺めの良い岩場があったので行ってみると、
あのブヨにまぶたを刺された女性が居た。
どうやらこのあたりに詳しそうなので黒岩への行き方などを尋ねると、懇切丁寧に教えてくれ、
さらには五叉路があってややこしいのでそこまで案内するとのこと。
すぐにでもお昼にしたかったが、案内されるままにまた登ってきた道を下った。
荒地山周辺の迷路をひとり歩きするのが好きだという女性、かつては下山時刻せまる中を
迷いかけたこともあったとかで、母親を案ずる娘さんから、
ケータイやウエストバッグ、あれやこれも買って貰ったと嬉しそう。
そんな話をいろいろ聞いているうちに、荒地山迷路を完全攻略したいという闘士が湧いてきた。
(実際、大都会の大阪市内通過することやトータルコストなども考えると、
そう簡単には六甲山に通うということにもいかないと思った)
それにしてもこんな暑さの中であっても、本格的な装備から、ほとんど空身に近いハイカーまで
さまざまな人が歩いていて賑やかなロックガーデン、荒地山周辺の人気の理由がわかった気がした。
また登り返して、日陰もある弁当広場適地を見つけて昼食の後、ついうとうとと昼寝をしてしまった。
顔を上げると小さなイノシシが鼻をクンクンさせて目の前に居た。
立ち上がったら逃げてしまった。
長い休憩ですっかり元気回復したかのように思えたが、こんどは水不足。
持ってきた水の残量があと500mlで、余力も考えると荒地山方面、黒岩を探す体力・気力無し。
横池に顔を出してから、あっさりと中央尾根で下山することにした。
今回も暑さにバテた六甲であった。。

その他の写真は以下より。
Check [ 2015/07/21 23:29 ] 六甲山系 | TB(0) |   コメント(8)

金剛山 第399回 (2015.7.12) 

20150712-0.jpg
金剛山山頂にて みんなで時計台ポーズ!

【動画編】


総勢11名!清涼感たっぷりな妙見谷へ!

【ルート】
 登り:妙見谷ルート
 下山:千早本道


ヤマレコのrenn1mac2さんpor0426さんたちが、
今年の大阪府チャレンジ登山大会の参加賞で貰ったイエローのTシャツのペアルックで
いつも山を楽しんでおられるレコを見るのが楽しみのひとつである。
なかでも、金剛山山頂での時計台ポーズは参加してみたいなぁ、と思っていた。
過去にいつだったか単独でやってみたことがあって、当ブログ記事のトップ写真にも使ったのだった。
偶然に金剛山で出会ったときにでもと思っていたけれど、わりとすぐに今回の実現に至った。
直前には8名もの参加者となったが、当日、現地で出会った3名に加わっていただいて総勢11名に。
これだけの人数での山登りは初めてであり、ちょっとしたツアーパーティーになった。
それにしても11名で妙見谷ルートを登るってどうなんだろ?一人くらい怪我人出るかも?
という心配をよそに、40リットル満杯(スイカやノンアルコールビール満載)のザックを背負ったメンバーも。
山の会やグループなどの組織に属さない普段はバラバラな者同士の集まり。
それにしてもヤマレコメンバーの横のつながりの凄さに驚いた一日だった。

梅雨明けを思わせるような晴天下、妙見谷は水量がいつもより多く、沢ルートだけに清涼感たっぷり。
寄ってくる虫は無く、汗だくになりながらも楽しい沢遡行であった。
我々11名でスゴイと思っていたら、先行していたパーティーが居て、なんと総勢37名!!
途中で先に行かせてもらった。
山頂では念願の時計台ポーズなどの記念写真を多数。
そういえば大阪府山岳連盟の取材を受け、8月号に総天然色カラー写真で掲載していただくことに。
お昼はレジャーシートを広げて菓子パー。
出るわ出るわの差し入れ品。(詳しくはみなさんのレコで)
スイカ、ノンアルビール、山で作るアイスコーヒー、ロールケーキ多数、冷やし中華、
その他多数の菓子寄り。
久しくやってなかった大勢での山登りは楽しかった。
出会った方すべてに感謝。

<一緒に登った方々>
shi9056さんrenn1mac2さんpor4026さんkote2さんko-yaさんNANIWANさん
ari38さん、なおさん、orisさん、うっちぃさん

<出会った方々>
ikimasseさんshu-tanさんponzuさん、アリスの父さん、kosiziさん、ゴンさん浪さん

その他の写真は以下より。

大峰山系 小天井ヶ岳 (2015.7.4) 

20150704-0.jpg
KOBO TRAIL(弘法大師の道)にて

KOBO TRAIL(弘法大師の道)はなかなか快適であった

【ルート】
 洞川温泉駐車場-小南峠隧道-高山-小天井ヶ岳-(バリエーション)-
 洞川スキー場-洞川温泉駐車場


梅雨らしい雨つづきの日々。
涼しくて過ごしやすいのですっかり慣れてしまった。
少々の雨でも低山ならそれなりに楽しめると思って出てきたが、スタート時から雨だとめげる。
洞川に用事で来たついでに、未踏で気になっていた稜線を軽く歩いてみることにした。
計画では、時計回りで大天井ヶ岳から岩屋峰の稜線に少し入ったところに
スキー場に向かう踏み跡があったのを覚えていたので、それを利用してミニマム周回しようとしたが、
雨が降り出す前に用事を先に済ませてからだったためにスタート時間が遅く、
大天井ヶ岳への登り返すの等高線を見ると登り返す気になれず、
仮に突っ込んだところでタイムアウトになりそうだったので、
バリエーションでスキー場まで下山し、ミニマムのさらにミニマム周回になってしまった。
舗装林道歩きが長かったものの、13kmも歩いたという実感は無かった。

洞川温泉駐車場は一時間100円(一日最大千円)で、温泉に入ると100円引き。
どうせ帰りには温泉に入るのでここを起点とした。
洞川の町を抜けて舗装林道を延々と小南峠に向けて歩く。
ポツポツだった雨がパラパラと降ってくるようになった。
以後、しとしと雨は一日中やむことは無かった。
小南峠隧道は昔、ツーリングでバイクで二度ほど向こう側に抜けたことがあるが、
真っ暗な素掘りのトンネルはとても怖い思いをした記憶がある。
久しぶりに来てみたところ、今となってはさほど恐怖は感じなかった。
トンネルの向こう側へ出てしまうと稜線に上がるのに遠回りになりそうだったので
入口手前右側にうっすら付いていた踏み跡を辿って上がった。
稜線に出るとやたらと「KOBO TRAIL」のテープがあちこちにくくりつけてある。
踏み跡ハッキリで快適なトレイルである。
岩屋峰側の稜線よりも良い感じに思った。
あたりはどんよりと暗く、展望のある箇所もなさそうな
ひたすら植林の中という感じであったが、周りは山ばかりに囲まれた深い山の中である
ということを噛みしめながら静寂の中を歩く。
ちょっとした物音でドキっとするくらいに静か過ぎる寂しいコンディションだ。
いくつかのアップダウンにあえぎながら到着した小天井ヶ岳ピークは
期待はしていなかったけど、思っていた以上に何の印象もない通過ピークだった。
時間にして15時30分を過ぎてきていたので焦る。
等高線の緩やかそうな尾根からスキー場に向けてバリエーションで下ることにした。
植林帯なのでブッシュなどは無くて下りやすい。
着地が近づいてくると沢の音が大きくなってくる。
降り着いたところがもし、渡渉できないような崖?もしくは深い沢なんかあったりしたら
どうしようか?という不安にかられる。
等高線地図には沢も崖もありそうな図になっていない。
下げ止まってみると左右から合流してきている沢がぶつかったポイントだった。
どうりで沢の音が大きく、大きな沢があるように思ったのだ。
そんなこんなで着地してからも少々迷走して無事ゲレンデへ。
あとは舗装林道を延々と歩いて駐車地へ向かった。
ただのトレーニングというか、とりあえず今週末も山歩きしたぞ的なやっつけ仕事になった。

その他の写真は以下より。
Check [ 2015/07/06 21:28 ] 大峰山系 | TB(0) |   コメント(10)

モンベル Helinox 『グランドチェア』 

20150630-4.jpg
Helinox社 「グランドチェア」

精密で最高の強度を持つアルミニウムポールを製造するDAC社のテクノロジーを基にして作られた
キャンピングファニチャー、ヘリノックス「コンフォートチェア」を、
セレクトショップのA&Fカントリーが大々的に店頭展示していたのがずっと気になっていた。
どうにか山グッズとして使えないものかと。

しかしながらコンフォートチェアは、
 ・約1kgと重い
 ・足が地面に刺さる細さ

という点においてすでに山道具としては圏外となってしまった。

ちなみに足が細い点については、地面に埋まらないよう先端にボールのようなものを取り付ける
オプションが販売されている。
それ以前に重さがね。。

20150630-1.jpg
いつも連れ出してるヘクサライトオリジナルチェアと大きさも重さも同等か!?

それから月日が流れ。。。
なんと、あのヘリノックスに「グランドチェア」なる製品が登場!したのはいつ?
 ・重量は615g
 ・細い足が無い
 ・モンベルが取り扱い

というコンフォートチェアの欠点を完全に克服したのである。
しかも重量615gという軽さは、クレイジークリーク「ヘクサライトオリジナルチェア」と同等(たったの1g違い)である。
だったら当然「グランドチェア」のほうが快適だろうという妄想がどんどん大きくなる。
問題は価格である。
買うとしたらヘクサライトオリジナルチェアにバージョン2のほうが圧倒的に安いのでこっちかなと。
グランドチェアを現金で買うことはまず無いだろうなぁ価格だったところ、
溜まっていたポイントが買えそうなくらいあったので、あと先考えずにポチっとしてしまった。

20150630-2.jpg
脚のポールはバラバラではなく繋がっているので、ほぼ勝手にトランスフォームする

まだフィールドに実戦投入した実績が無いが、組み立てたり畳んだり座ったりしてみた感想を以下に少し。

・組み立ては楽勝である。
 テントのアルミポールよろしく中にゴム紐が入っていてつながっているので、
 一見バラバラに見えるポールは、束ねているのを少し緩めてやるだけで、
 シャキ、シャキーン!と勝手にトランスフォームする感じ。
 あとはシート部の四隅を差し込むだけというイージーさ。

・片付けはやや面倒
 アルミポールをうまくコンパクトになるように束ねないとかさばってしまう。
 さらにそれを包むようにシート生地でうまく海苔巻きしないと
 買ってきた時よりも太くなったりする。(^^ゞ

20150630-3.jpg
ほとんど組み立てる作業をしなくても簡単にこの状態になる。あとは座面シートを差し込むだけ。

最近はレジャーシート(2畳敷)を敷いて、靴を脱いでくつろぐことにハマっている。
シート上だと敵(虫)の発見もしやすく、すぐに追い払えるなどのメリットも。
まるでお堀の中心に建てられた天守閣(自分)のイメージか?!
そんなグランドシートの上にこのグランドチェアを置くなるとどうなるか?
ふつうに考えるとすぐにレジャーシートが破れてダメになりそうな予感しかしない。(^^ゞ

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
自分とのたたかい
カウントダウンタイマー
第43回チャレンジ登山大会
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
06 | 2015/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中

ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ