生駒山系に連なる金剛・葛城山系の主峰『金剛山』から始めた山登り。その時々で気になる山へ、気の向くままに・・・

岩湧山 七ツ道めぐり (2015.6.21) 

20150621-0.jpg
岩湧山山頂にて

【動画編】


なかなかハードだったひと筆書き!山頂の開放感は爽快!

【コース】
すぎこだちの道-みはらしの道-ぎょうじゃの道-いにしえの道-四季彩館-
きゅうざかの道-岩湧山山頂-ダイトレ-いわわきの道-おちばの小道-四季彩館


梅雨のさなかの予想つかない空模様。
こんな時期にはいつでも撤退できる近場の山が便利。
そんなコンディションなら迷わず金剛山に行くところであるが、
ヤマレコユーザーさんのレコで最近よく見かける岩湧山の「七ツ道めぐり」という
イベントが前から気になっていたので歩いてみることにした。
きっかけになったrenn1mac2さんshi9056さんをはじめ、
かずぞうパパさんは毎月、Ikajyuさんponzuさんまで歩いてらっしゃった。

駐車地に到着時は傘が要らない程度に雨がぱらついていた。
アジサイが雨にしっとり濡れて咲いていた。
七ツ道、一日で歩けるかどうか、最後まで気力が持続できるかどうかは
スタート時点ではまだ何ともわからない、という気持ちであった。
予習をしていなかったので現地で地図をゲットし、まずは七ツ道とはどれなのか確認。
7コースのうち3コースは過去に歩いたことがあった。(ブログには掲載なし)
ひと筆書きで効率よく歩くためのコースを考えてみたらすぐに答えが出たのでさっそくスタート。
まずは舗装路を少し登って「すぎこだちの道」の取り付きへ。
岩湧山とは真逆の方向へと進出すると幅広ダート林道になっていた。
上に登って行く階段があったが、林道のほうだと思い込んでしばらく歩いたところで
GPSを確認すると登山道から外れていってたのでまた戻る。
下るだけだと思い込んでいたので、まさかの登りへ。
岩湧山へ登りに来ても、この道を歩く機会はまず無いので今回は良いきっかけになった。
だんだん明るくなって太陽光線も差し込んできて美しくなかなか良い道であった。
結果的には7コースの中では最も良かったかな。
最初のチェックポイントであるフォトスポットが登場。
見晴らしの良い開けた明るい所で、自撮りするためのカメラを置く台が設置されていた。
うっかり通り過ぎそうになったポイントでも、このカメラ置き台が目についたために
撮り忘れセーフだった事もあった。

2つめのコースである「みはらしの道」は今回最も長い登りであったが、
疲れたころに平坦となって楽になったり、大きな赤松が印象的だったりと変化があった。
いわわきの道に合流後は、ウッドデッキの展望台まで少しだけ下る。
この区間は山頂からの下山時にもう一度通ることになる。
ウッドデッキの展望台は太陽が当たらない日陰であるが陰湿な感じはなく、
いちおう遠くの展望もあり、風も当たり、湧水が潤沢に流れていたり
休憩にはぴったりである。

ウッドデッキのすぐ右脇から「ぎょうじゃの道」を下る。
この道がいちばんキライだったりする。(^^ゞ
過去にも歩いたことがあるが、湿地帯のような印象は変わらずで
行者の滝を左手に見ながら湧水の「長寿水」までとことん下る。
石畳の「いにしえの道」を登り返す頃には疲労感も。
空腹感もかなりあったので四季彩館で大休憩したいくらいであった。
しかし、志半ばで食事を摂っていては登る気が失せてしまうのでやめた。
スタッフの方に、何時までにゴールすれば認定してもらえるのか尋ねると
16時半くらいまでだとのこと。
その後も17時半までは誰かスタッフが残っているという。
つまり何時まで?(≧▽≦)
四季彩館には立派なトイレはあるが自販機が無い。
少し下ったキャンプ場に唯一ある、金庫並みに頑丈な(≧▽≦)自販機まで
冷たい飲み物を買いに行く。
どれくらい頑丈かというと、販売している飲み物がかろうじてチラ見できる程度。(≧∇≦)

天候はすっかり梅雨が開けたかのような炎天下となっていた。
汗も乾いて落ち着いたところで、最後の登りとなる「きゅうざかの道」へ。
きゅうざかの道は、岩湧の森側から岩湧山頂へ登るのに最も最短でよく使うルートだ。
暑さ、空腹感がピークに達していたが、高度を上げてくると北側のタツガ岩方向に展望
が開けるとともに涼しい風が吹いていて心地よかった。
ダイトレ合流まで「あと40ポ」の看板を確認して数えながら登り切ったが
疲れていて歩幅が小さかったのか40歩どころか50歩以上あった。(≧▽≦)
あとは水平移動でやや下り、バイオトイレからは山頂までの登り階段。
炎天下で遮るものがないのはこの時期は厳しいものがあるが、
爽やかな風とトレードオフって感じかな。
山頂で軽い昼食を済ませた後、ダイトレを戻って「いわわきの道」から下山。
ついに四季彩館に二度目の到着を果たし、写真を見せて判定してもらっていると、
まさかの一箇所忘れが発覚。「おちばの小道」だ。
そこは四季彩館から近いところだったので、ザックをデポさせてもらって向かう。
再びの四季彩館への登り返しはキツかったなぁ。
缶バッチ、歩いた道の数だけザックザック貰えるのかと思いきや一個だけだった。(^^ゞ
欲を言えば今回の歩きボリュームならずっしり重いバッジが欲しかったなぁ。
金剛山より低いというだけで軽くみられがちな岩湧山であるかも知れないが、
久しぶりの岩湧山山頂は、金剛山なんかの比ではないほどの開放感と爽快感があった。
金剛山の回数登山の呪縛から離れ、たまには周辺の低山に登ってみるのも気分転換に良い。
そういえば金剛山、ご無沙汰してるなぁ。

その他の写真は以下より。
Check [ 2015/06/22 23:53 ] その他の山 | TB(0) |   コメント(30)

大阪府みどり公社 『金剛山の野草(Ⅰ~Ⅲ)』 

20150614-1.jpg
金剛山の野草Ⅰ(春)・Ⅱ(春~夏)・Ⅲ(夏~秋)

長く山に通っていても、花に関してはまるで素人のままである。
わかりやすい花、パッと見がインパクトのある花しか気づかないしわからない。
たまに「これはぜったい珍しい花だ」と大発見したつもりで披露しても、
ごくふつうに知られている花だったりしたこと数知れず。(^^ゞ
花って、結局は知っている人に見せて教えてもらわないとなかなか名前に辿りつけない。
Googleに画像検索というのがあるが、これに撮ってきた写真をアップしても、
色が同じなだけでまったく別の花がヒットしてしまったり。。(^ ^;

金剛山の花好きな方のブログや日記を拝見すると、
今の時期はかなり多くの種類の花が咲いていることに驚かされる。
いつまでもこのままではいけないなぁ、なんとかしたいなぁと思っていたところ、
金剛山の野草(Ⅰ~Ⅲ)」なる本があって、
金剛山ちはや園地「ちはや星と自然のミュージアム」で買えるという情報をキャッチし、
さっそく直近の山登りの際に手に入れたのがこの3冊である。
1冊だと各500円であるが、3冊1セットだと1,200円とちょっとお得だ。
ちなみに数えてみたら3冊合わせて303種類載っていた。
パラパラっと見ただけだと、みんな同じような花に見える。。(^^ゞ

花は見つけるのも難しい。
たまたま歩いていて見つかる花もあれば、決して出会えない花も数多い。
わざわざ積極的に出合いに行かなければならないものである。
花ではないけれど、ひと目見たいと思いながら三年連続氷華に出会えなかった。
とりわけ今の時期に会いたいたい花?はというと、ずばり「キツネノエフデ」である。
あの幕の内弁当とか焼き魚に付いてくる「はじかみ」しょうがみたいなヤツ。
さっそく「金剛山の野草(Ⅰ~Ⅲ)」で調べてみたところ、
なぜか載ってなかったというオチ。(≧▽≦)
菌類は載ってないみたい。

そういえば過去にはこんな本も紹介したけど今でも高いなぁ。

20150614-2.jpg
先日の丸滝谷で見つけた「ウワバミソウ」ももちろん載っていた

20150614-3.jpg
平成27年2月第一刷発行という真新しさ!

京都北山 大文字山 (2015.6.7) 

20150607-0.jpg
大文字山 火床にて

【動画編】


大展望、迷える森、そして幻の滝・・

ちょっと遠くの見知らぬ山に行きたくて・・・。
比良山系まで行こうとして挫折。
もうちょっと手前の京都北山の低山を散策してきた。

大文字山といえば、毎年お盆の終わりの8月16日に行われる五山送り火の山の一つで
「大」の文字で有名な山である。
他に「妙」「法」「大(左)」「船型」を合わせて五山となる。
標高からして近所の人が毎日登山してそうな裏山なんじゃないかなぁ?
と思っていたら予想通りで、8時くらいからの登り出しにもかかわらず、
空身で下りてくる人のほうが圧倒的に多かった。
遠くの未踏の山に行きたくてプチ遠征したつもりが裏山歩きになるくらいなら
近場の二上山や岩湧山などをもっと歩いて知るべきだったなぁ。
銀閣寺界隈は観光客が多いようで土産物店が数多く並んでいるが、
まだ朝早いので仕込みの最中だ。
大文字山は銀閣寺のちょうど裏にあたる位置にある。
地元の方たちが軽快に下ってくるのに、こっちは重装備の本気の登山の格好が浮く。
いきなり戦意も気力も喪失してしまってダラダラと登り続ける。
「大」の文字の火床と呼ばれるところまでは二上山(雌岳)に登るくらいのボリュームがあったかな?
もしかしたらそれ以下かもしれない。
そしてその火床の「大」の文字のところからの展望が抜群で、開放感に満ちあふれていた。

もう今日はここで終わりでもいいくらいであったが、
せっかくなので大文字山のピークくらいは踏んでおこうと地図を見ると
火床からまだずいぶんと離れているではないか。
あまりのんびりしているとフェードアウトしてしまいそうなので山頂目指して歩き始める。
火床から上(先)はというと、自然林あふれるなかなか快適なトレイル。
しばらくして山頂に到着すると、南側(山科)に展望があって気持ちのよい明るい場所だった。
テーブルやベンチがそこかしこにあって、すでに10名以上のハイカーが休憩していた。
お昼には時間がかなり早いが、もう登り切った感に空腹感も手伝って
お昼の大休憩をすることにした。
休憩中、このあたりを歩きまわっている人のサイトをたまたま見つけた。
どうやら北側はけっこう歩き倒せるような箱庭?が広がっているようで、
さらには「幻の滝」という珍スポットがあることが判明。
食事と十分すぎる休憩をとったらかなりやる気が出てきたので
それならば!と急にやる気が出てきた。
山頂から少しだけ離れた場所で食事していたので、何やら山頂がえらく騒がしい。
様子を見に行ってみると、なんと!100名を超えるほどのハイカーで溢れかえっていた。(@@;
山頂を後にし、まずは如意ヶ嶽のほうへと下りてみて、近くまできてる林道がどんな感じか確認。
その後、適当に山の中に入って北西方向へ。
いずれ踏み跡のどこかに当たるだろうという感じで道無き道を行く。
当たった踏み跡は「ワコールグラウンド→」と書かれた目印のある尾根だった。
そのままワコールグランドとやら方向へ行ってしまうと方向違いなので、
途中の枝道っぽいところを見つけて沢へと下ってからは踏み跡が消滅。
そのまま沢にしたがって歩いていくとなにやら広い場所に出た。
どうやら迷える森に足を踏み入れたようだ。子鹿がいた。
鹿は金切声をあげて逃げることもなく静かに立ち去っていった。
あたりは静かで、深い山の中に取り残された気分を少々味わってから
本来の方向へとリカバリー開始。
迷ったら尾根に上がれの鉄則にしたがって登って行き、
GPSで方向合わせしながら進んで行くと、やがて「熊山」という看板を発見。
熊山と言われても地図に無いし。。
そこから少し山頂側に戻ると徐々にしっかりとした踏み跡となった。
あとは踏み跡を辿って火床方面へと戻っていく。
迷路のようにやたらと分岐があるが、火床のほうへと登り返しながら忠実に戻る。
アップダウンが続いての登り返しにさすがに疲れもでてきた。
朝通ったトレイルに合流したところで「幻の滝」の事をすっかり忘れていた。
これから行くには高低差100mほど再び下らなければならない。
行こかやめよか迷った挙句、課題を残して帰ったら、また来ないといけない。
せっかくなので見に行ってみることに。
幻の滝までのアプローチはこれまでよりもむしろ快適で、あっという間に到着した。
「幻の滝」・・・わかっちゃいたけれど。。予想を越えなかった。(^^ゞ 
場所的には広くてなかなか良いところであった。
秘密の隠れ家的なスポットは、弁当広場としても最適。
そんなこんなで再び朝通ったトレイルまで登り返し!
そして火床まで下ってきたら、まわりはカップルだらけ。。
逃げるように下山。
駐車地までのアプローチがやたら長く感じた。
近くに温泉も無いので上着だけ着替え、
せっかくなので近くの「出町ふたば」へ行って待ち行列に並び、豆餅を買って帰った。
かかったコストのわりにはやや不完全燃焼な山行きだったけど、
森のなかで一日過ごせたのでヨシとしよう。

その他の写真は以下より。
Check [ 2015/06/08 22:21 ] 京都北山 | TB(0) |   コメント(17)

シートゥサミット 『ナノ モスキート・ヘッドネット』  

20150606-1.jpg
「ナノ モスキート・ヘッドネット」  ※チキンナゲットくらいの小ささ

夏場は標準装備として欠かせないシートゥーサミット社のモスキートヘッドネット。
最初にブログで紹介したのは2010年8月の記事だった。(もうあれから5年。。)
あれからは毎夏場の山で活躍。
一度だけ山で紛失(かぶっていたらいつのまにか消滅していた)したにもかかわらず、
再び同じものを買い直して現在に至る。
先日も金剛山の狼谷でも活躍したばかりである。
もっと安いヘッドネットがある、との情報でネットを調べていると、
安いものどころか新型のnanoという高いバージョンが出ていたので、
これはさっそく人柱になって紹介しなければ!と思って購入。
ナノ(nano)という名前が付いているからして小さいのは想像つくが、
従来の普及型と大きさを比較してみてびっくり!

体積比で半分以下!である。

なんという小ささであろうか!
従来のものでも十分間に合っているのに、
これを使うことでどんなイイコトが待っているのだろうか?

ペルメトリン虫除け加工されているのは同じで、
素材が50DウルトラVISナイロンメッシュとなっている。
サイズは従来の普及型とまったく同じ。

サイズ:145×280cm

重量がさらに軽くなってしまって、
従来型が32gに対して、約11g!!
もうこれはティッシュペーパーを丸めた程度の重さである。

さっそく開封してみて従来タイプと比較してみると、
これはもう被る「黒い綿あめ
と形容してしまうくらいメッシュが細かい。(≧∇≦)
むりやりスタッフサックを小さく作って小形化アピールしている弊害として、
収納するのがめちゃたいへん。
スタッフサック小さすぎ。。
これだけ小さいと、さっと取り出すためにザックの腰ベルトのポケットに余裕で収納できる。

結論!
スタッフサックに収納する苦労を思うと・・・従来品でええわぁ。

話は変わって・・・

金剛山 第395回 (2015.5.31) 

20150531-0001.jpg
金剛山頂にて

水越側を歩き倒し、最後はナイトハイク。新発見も。

【ルート】
 登り:丸滝谷ルート-大日岳・・(狼谷)・・もみじ谷旧本流ルート-ちはや園地
 下山:ちはや園地-山頂・・・(ナイトハイク)・・・ダイトレ-水越峠


今回は、ぜったい健脚だと思しきイトコのみねごん(当ブログ初登場)をディープな金剛山にご案内。
なぜ健脚だと思ったかというと、
初の妙見谷が下山利用で、そのまま妙見尾根を登り返してババ谷下山とか、
葛城山(天狗谷ピストン)後に青崩道でセトを下りてカトラ登り返しで太尾東だったとか。(@@;
これはただ者じゃないゆえ、生ぬるいルートではダメだな。
ほぼいつもの装備、カメラ持参の重量でどこまで歩けるか?
自分のほうが歩けるか心配になってきた。。
撮影もそこそこに、歩きメインで水越側主要ルートをまとめて。

雨予報であったが、当日はすっかり回復。
まずは石筆橋を渡ってしばらくの林道歩き。
大堰堤を右手に見ながらしばらく行くと行き止まって入渓。
山中を行く従来の登山道が並行しているが、
鉄板橋が流されてから沢のほうを歩く楽しさを知ってしまった。
水越側では丸滝谷ルートがいちばん好きだなぁ。
緑のシャワーを浴びながら延々と奥に進むと、
石ブテ東谷ルート、中尾の背ルートとの分岐。
ここからは純粋な丸滝谷ルートとなる。
小滝をいくつも乗り越えて、詰め終わった先には名物「上の丸滝」の絶壁。
初めて来た人はぜったいにビビる。
こんな壁を登るのかと。
たしかに登るんだけど、難所はここだけ。
なんとかロープを頼りに登り切るとV字谷がしばらく続き、
そのうちに沢は薄くなっていつしか消えた。
ロープの垂れたアリ地獄を登りつめて、さらにさらにでようやく上の棚に登り切った。
一旦別れていた石ブテ東谷、中尾の背との合流ポイントである。
小休止後、石ブテ尾根道との合流へ上がり、そして六道の辻までのアプローチ。
その後は大日岳を目指すはずであったが、何やら右手に知らない踏み跡が続いている。
なんちゃって石ブテ西谷へと続く道ではなく、やや右ななめ前方という感じ。
せっかくなので行ってみたら徐々に下って行って・・
やっぱりこの道もなんちゃってに続いてそうなので登り返して大日岳の最終アプローチ地点へ。
左の巻き道のほうにあるという「狼尾根」の取り付きを探しながら歩くと
たしかにテープの巻かれた取り付きを発見!
ここからはKazzさんの歩かれた狼尾根の記事の記憶をたよりに進むも、
狼尾根のほうにうまく移動できないままえらいところを下って転けながら狼谷へタッチダウン。
狼谷ルートは歩いたことがあるが、こんなに荒れてたっけ?
記憶と一致したのはナメ床くらいである。
倒木だらけで進退極まるような場所があって一瞬ひるんだが、
みねごんが倒木の腐った太い枝をバキボキともぎ取ってくれて通れるようになった。(^^ゞ
助かったわぁ、ってどっちが先輩やねん!(≧∇≦)
ブヨの大群が集まってくるわで散々な狼谷もなんとかクリアして、なんとか「もみじ谷」へ合流。
小休止。
再開してすぐに第4堰堤越え、そして横飛びのナメ滝を右手に見ながら進んで第5堰堤へ。
初めて見る人にとってはなかなかの威圧感のある堰堤である。
そしてどうしてもそこで写真を撮ってしまう。
堰堤を乗り越えて少し進むともみじ谷ルート(尾根)ともみじ谷本流との分岐。
もみじ谷本流ルートへと進出すると、いつもながら奥行きのある劇場ステージ。
登りつめると、厳冬期には氷爆となる有名な第六堰堤。
無雪期のそれはなんとも地味であった。(^^ゞ
第六堰堤を越え、開けた扇状地を過ぎてしばらく進むと本流と旧本流(正面に小滝がある)の二俣。
本流の激登り急登も面白いが、久しぶりである旧本流(左俣)のほうへ進出。
小滝を越えてしばらく行くと、鳥の餌場につきあげるポイントへと進むとまた沢が二俣に分かれている。
あっさり鳥の餌場に出て終わりじゃ物足らないので、ここはせっかくなので未踏の左俣へ行ってみることに。
そしてその奥でさらに二俣に分かれていた。
左俣の奥を見ると前方奥にかすかに尾根が見えた。右俣は奥が深そう。
そんなわけで左俣へ進出。
かすかな踏み跡を見つけ、直登せずに巻くようにして尾根に取り付いた。
そうするとはっきりとした踏み跡があったのでもみじ谷ルート(尾根)に合流したんだと思っていたら、
さらに左から合流してくる踏み跡があった。そっちがもみじ谷ルート(尾根)かぁと思ったら
こんどは記憶と一致する踏み跡が合流してきて、それこそがもみじ谷ルート(尾根)だった。
じゃあさきほどの2本は?と地形図を見ると行き着く先は分かったが歩いて見るまで気になる。
それより腹ペコすぎたので、さっさと登り切って一ノ鳥居の上に出て、
ちはや園地を目指そうと思ったが、せっかくなので湧出岳三角点へ。
林道へ下りたところでちはや園地へ直行かとおもいきや、またまたややこしいところを回って大阪府最高点へ。
もう空腹が限界。。。
今度こそ、ちはや園地で遅っそいお昼。
グダグダしてたら捺印所が閉まる19時の40分前になっていたのでダッシュして山頂へ。
ヤマコーのコースタイムで山頂まで50分だったかな。(≧∇≦) 実際は20分くらいだけど。
捺印所が閉まる15分前に到着してなんとかハンコげっと。

もうせっかくなので夜の暗さも知ってもらうことに。
ってどう考えても今からどのルート歩いても日没確定。
さすがに今日はヘッデンは持って来なかったが、ライト類は3系統のバックアップあり。
スマホ、スプラッシュフラッシュバグリットと小粒ばかりであるが。(^^ゞ
山の夜は自分の手のひらも見えない漆黒ゆえ、ライトが無ければ進退極まって救助要請必至。
実際にはスマホだけで、電池残77%(山頂)→下山完了時65%で余裕だった。
山頂気温13℃で寒い!
とりあえず軽く山頂からの夜景を眺めてから、みねごんが未踏だというダイトレで下山。
ダイトレで水越がこれまた長いんだよなぁ。
パノラマ台からの夜景は山頂の夜景よりも距離が近くてなかなか綺麗だった。
カヤンボに下りてからは幅広林道歩き。
月明かりが山では本当に明るく思える。ライトが要らないくらいに。
こんな時間に歩いてる人なんかおるわけないよなぁと思っていたら前方からヘッドライトが!
車か?はたまたバイクか?と思っていたらトレラン風の単独男性だった。
一人でこんな暗闇平気なのか?
暗闇の恐怖感って何なのかと考える。
何に怖がっているのか?幽霊なんかおると思っているのか?恐怖心は自分の心の中であって、
実際には怖いものなんて何も存在してないぞって思うと平気になれる?!
そんなこんなでディープな金剛山を歩き倒した一日だった。
みねごんの健脚ぶりにはマイッタ。。
三脚を持って行ったけど、追いつくのに必至で自撮りしてる余裕無かった。(^^ゞ

その他の写真は以下より。

金剛山頂の気温

金剛山の一日  
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
05 | 2015/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山をメインで
登っています。
飽きっぽいのか色々やってきて
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化し、
その間、
テニスやスキーにハマった数年間。
キャンプは今でも細々と。
今は山に全力で年中夢中
ヤマ仲間
バックナンバー
月別アーカイブ