FC2ブログ

山は歩くだけじゃもったいない、その時々のナニカを発見し、記憶の定着のためにもカメラを持とう。

六甲山系 摩耶山・シェール槍・新穂高 (2015.4.26) 

20140426-0.jpg
摩耶の大杉にて
キバラー,orisさんmetsさんIkajyuさんうっちぃさんちゃみさん



春爛漫、新緑まぶしい!良い天気に恵まれ歩き倒し

【ルート】
 阪急六甲駅-(旧登山道)-虹の駅-摩耶山-掬星台-
 穂高湖-(お昼)-シェール槍-新穂高-(トゥエンティクロス)-市ヶ原-三ノ宮


ヤマレコのmetsさんIkajyuさんと初対面!
総勢6名で軽くハイキング程度と思いきや、歩き倒してヘロヘロに。。
電車移動ならではのお疲れ生ビールは五臓六腑にしみわたる旨さだった。

午前7時30分、阪急六甲駅にて集合。
学生時代はワンゲル部だったというヤマレコのmetsさんと、
ヤマレコでその名を知らない人がいないIkajyuさんと初のご対面。
その他の3名はお馴染みのメンバー。
しばらくは住宅街を歩きつつも徐々に高度が上がって行く。
取り付きである長峰霊園近くになると住宅街であるにもかかわらず急登に。(^^ゞ
登山口で小休止してからいよいよ山中へ。
ほどなく旧登山道(マイナールート)の取り付きがあり、そこからは激登りであった。
上から若い学生グループ十数人が下ってきてすれ違い。
急登を登り切って平坦になったところで少し休憩。
楓の新緑が綺麗すぎる。
某山岳会でもベテランの域に達しているちゃみさんが今回のリーダーに無理矢理。
終始、早いのなんので追いつくのがやっとだった。(^^ゞ
後からわかったことだが旧登山道は上から下る場合には通行禁止の看板があった。
というのも廃墟で有名なマヤカンこと旧摩耶観光ホテルのそばを通るルートなので
阪神大震災の影響で崩壊の危険があるからだそうで、当然マヤカンは立入禁止。
マヤカンを避けるように迂回して「虹の駅」へ。
ここからは一般登山道である。
木漏れ日の下、幅広でごきげんなハイキング道をせっせと登って行く。
途中、昭和51年に消失した寺社跡にさしかかると、ひたすら階段の登り。
何やら登山道から少し外れたところに「摩耶の大杉」があると書いてあったので行ってみた。
幹周り8mあるというそれはひときわ大きかった。(残念なことに大火で枯れた)
登山道へ戻って階段を最後まで登り切ると広い境内跡で弁当広場適地になっていた。
そこからもこれといって変化のない六甲の植生の中を歩いてほどなく摩耶山頂へ。
掬星台に行ってみるとエイアンドエフカントリー一色のイベントの真っ最中。
ツツジや八重桜が見頃。春霞で展望は厳しかった。

しばらく眺めてまわった後、オテル・ド・摩耶、アゴニー坂を経て「穂高湖」へ。
食事をするには適地が無かったので周回路上の適当な場所を見つけて腰を下ろす。
午後から用事のあるIkajyuさんとはここでお別れとなる。
短い間のご一緒でしたがありがとうございました!
穂高湖を筆頭に、シェール槍や新穂高など、北アルプスにちなんだ
名前が付けられているところがあるおかげで行かなければ気がすまなくなった。(^^ゞ
中でもシェール槍は大人気で、渋滞気味であったがちょっとした岩場を楽しめて展望も良かった。
再び周回路に戻って周回を続けると弁当適地な日陰のある広場に出た。
こんな良い場所があるのだったらもう少し我慢して歩けばよかったが、
シェール槍を目前にして、先にお腹に何か入れておかねばと思ったことは確かである。
テーブルが空いていたので、地図を広げてこれからのルート検討作戦会議。
シェール槍に続いてもう一つのピークである「新穂高」に登るかどうかと、
下山ルートをどこに設定するかなど、低山ならではの前もって計画してこないで
こうやってみんなで考える楽しみ方ができるのは六甲山系の良いところ。
新穂高へは山と高原地図では破線ルートだけに、取り付きから様子をざくっと眺めてみて
気が向いたら登ってみようとの結論に。
徳川道から新穂高ピークへの取り付きに到着すると、熊笹生い茂るも踏み跡しっかり、
一同、迷いもなく行ってみることに。
多少のアップダウンにいたぶられながらもピークに到着。
シェール槍に比べてこちらは展望もイマイチで不人気なようである。
さてここからは徳川道へ高低差50mほどの下りであるがなかなか楽ではなかった。
最後の小ピークを左右二手に巻く踏み跡を左に行って失敗。
テープもあって下れなくもないがバリエーションルートである。
迷ったら登り返すの鉄則で、元の場所まで戻ってリカバリー。
こんどは右から巻いてみると踏み跡しっかり。
しかしながら滑りやすい砂が浮く激下りには参ってしまった。
徳川道からは快適はハイキング道でトゥエンティクロスへ。
以前とは様子が変わってしまった河川敷があり、その様子はまさに上高地の明神池のよう。
この時点で歩行距離12kmオーバーでそろそろ疲れも出てきそうな感じ。
渡渉を繰り返して市ヶ原方面へと進む。
櫻茶屋手前には当初計画の布引ハーブ園への登り返しの取り付きがあったが
さすがに疲れも溜まってきたのでこのまま下山することに決定。
櫻茶屋(トイレあり)からがまだまだ長い。。
布引滝経由で三ノ宮へ。
そして駅前近くの「王将 三ノ宮東店」へ飛び込む。
キンキンに冷えた生ビールの旨いこと!
メニューは少なめであったが、チャーハンに天津飯、餃子と
品数は少なめではあったが、味の上ではいままでいちばん美味しいと思っていた
王将河内長野店を超えてると思った。また来たい!
もっとコンパクトだと思っていた六甲の、そのスケールの大きさを再認識した感じ。
1回の山歩き目標である距離10~15km以内、高低差500~1,000m範囲内を
大幅達成しすぎて少々オーバーワークぎみになったかも?
みなさん、ありがとうございました!

その他の写真は以下より。
[ 2015/04/28 22:33 ] 六甲山系 | TB(0) |   コメント(14)

金剛山山頂の気温

山頂10分毎の静止画

(画像クリックで拡大可)


金剛山の一日

山頂30分毎の静止画

 
お役立ちツール
全国のバスルート バスルート

全国の温泉 ゆる~と

全国のお宿 やどココ
このブログ内の検索
 
更新日カレンダー
03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール
こんちくわ。
キバラー
と申します。
ほぼ毎週金剛山を中心に
登っています。
自転車→オフロードバイク→
大型バイク→登山へと変化。
テニスやスキーにもハマってました
デジタルガジェット大好きです
山は年中夢中

アマチュア無線:JO3WXQ
DCR・特小・デジ小

THE KONGOTOZAN
バージョン2
ヤマ仲間
キバラー動画
YouTube
バックナンバー
月別アーカイブ
探しものは何ですか?(^^)